2006年01月31日

ヒンギス117位へ

オーストラリアオープンでベスト8進出の結果、ヒンギスのランキングは349位から一気に117位までUP! 今は東レ・パン・パシフィックで来日中。今日第一試合なんですよねー。残念ながらうちのケーブルでは試合中継はなし。日本の方たちいいなあ(笑) ダベンポートがキャンセルしたりであまりぱっとしない顔ぶれのようですが、それだけにシャラポバと対戦できる可能性は高そう。ヒンギス本人もぜひ戦ってみたい、と言っていました。

そうそう、ヒンギスはオーストラリアオープンの混合ダブルスでは第6シードのロシアペアを破って見事優勝したのです。ダブルスが得意=ボレーが上手の図式どおりです^^ しかしこれもまた放映されず見れませんでしたー。テニス専用チャンネル契約しないとね(笑)

スミレの写真を載せたかったのですが、どうもサーバーが重くてUPできません。このブログのサーバー、あまり調子よくないんですよね。今のように日本が昼間でアクセスが混んでいると開かないことが多いです。わたしはできるだけ日本の明け方にやってるんですけど、日本在住の方たちはどうしているのかしら?疑問です。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(0) | テニス

2006年01月28日

離乳食NO.7

スミレの後追いが少し収まってきた分、最近料理にまわしていて、結局なかなか更新できてません…ここ10日くらいの間にとりためた写真で離乳食をまとめてみますね。

私自身が生後6ヶ月からひどいアトピーだったので、離乳食はゆっくりゆっくり。シリアル、野菜、果物のみでたんぱく質、肉、魚は1歳すぎてから始める予定。ところが1週間ほど前からスミレの右腕のひじの内側に直径1センチ強の赤いかさかさが出来ちゃいました。ステロイド軟膏は自分用に持っていますが、非常に強い薬で頼ると他に何も効かなくなるので、とりあえずオムツかぶれクリームを塗ってます。痒がっている様子もないんですけど、消えもしません。アトピーじゃないといいんだけどなぁ・・・心配。

bg0127-1.JPG
さて、典型的な食事です。色とりどりできれいでしょ?^^ 便秘がだいぶ落ち着いたので、Gerberのジャーと手作り半々。写真のは右上から左回りにりんご、スカッシュ、ほうれん草、プルーン、にんじん、ブロッコリー、ミックスシリアル。日本は離乳食=手作りですが、こっちでは=ジャー。それでアメリカの赤ちゃんの方が病気がち、ってこともないので、郷に入りては・・・でわたしも超手抜き。手作りと言っても水煮のペーストのみです。写真ではにんじんとブロッコリーが手作り。ジャーで足りるものはできるだけそっちを利用し、匂いのきついもの(にんじん)やないもの(ブロッコリー、アスパラ、カリフラワー、キャベツ、みかん、いちごなど)は手作りしてます。できるだけいろんな色、味をバランスよく組み合わせること、決まった時間にあげること、の2点以外はテキトーです。Gerberでも野菜、果物を5色に分けていて、一日に5色全部からとるように指導しています。量は1日で2.5ジャー分だそうで、ちょうどスミレもそんな感じ。ちなみに今まであげても食べられなかったのは、セロリ、玉ねぎ、グレープフルーツ、トマトでしたー。ごく普通?

bg0127-2.JPG  bg0127-3.JPG
Finger Foodsはいろいろ上げていましたが、日本のボーロは卵が入っていたので、用心して1週間くらい前にやっと始めました。ハイチェアのトレイの上に出してあげたら最初から器用につまんでパクついてました。這い回り始めたころから床に落ちてるすごく小さいゴミをしょっちゅう拾って練習してましたからね(笑) 右の写真ではダディにあげてます^^

bg0127-5.JPG  bg0127-6.JPG
パンも1週間前から。塊であげると自分でちぎって食べてくれるのですごーく楽。まつわりついてウルサイときの時間稼ぎにもなります。写真は大好きなBaby EinshteinのDVDを見ながら食べてるところ。食事はキッチンのハイチェアと決めていますが、パンだけは例外でファミリールームでもあげちゃってます。

bg0127-4.JPG
昼寝は相変わらず時間がかかるのですが、その反面、食べている途中でこんな風にいきなりがくんっと寝ちゃうことがあります。しかしからだやらかいですねー。いつごろから固くなっちゃうんだろう?小さいうちから柔軟運動させておけば保てるのかな?わたしは人一倍からだが固くてマット運動もヨガも全部ダメだったので、スミレには挑戦させたいです^^
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | 育児(10-11ヶ月)

2006年01月25日

ヒンギス準決勝進出ならず

ああ、もう残念ー(涙・涙・涙) がんばったんですけどね。3-6、6-2、4-6とフルセットの末、惜しくも敗退でした。1セット目はClijstersのパワーに押されていいとこなし、でも2セット目は心理作戦で自分のペースに巻き込んで相手のミスを誘い逆転、このまま行けるかと思ったのですが、3セット目は実力に勝るClijstersが立ち直りを計ってそのまま持ってっちゃいました。

今回のカムバックを見ていて思ったこと。やはりパワーなくしてTOP10に勝つことは難しい。下位選手の場合はパワーで勝っていても、ヒンギスの今まで見たこともない複雑なプレイに翻弄され、混乱して自滅してくれるのですが、上位選手は心理的にも強いです。精神的に弱くてTOP10に入れるほど甘くないですからね。一旦は崩れても土壇場では盛り返してくる。男子のNO.1選手Federer(同じスイス人)が、ヒンギスはすぐにTOP20に戻ってきてそこから上位に上がれる、と言っていたのに対し、女子NO.3のMauresmoは、TOP20-15はもしかしたら行けるかもしれないがTOP10は無理、とばっさり切っていました。

以前の女王がカムバックする以上、TOP10への返り咲きが目標なのは当然。でもそのためには早いサーブ、パワフルなショットが不可欠のようです。ヒンギスのような天才的な勘、センスというのは持って生まれたもので、他の選手が練習でマネできるものではありません。これをパワー不足というだけで眠らせてしまうのはあまりにももったいない。それは中継で興奮しまくっていた解説者たちや、このオーストラリア・オープンで新たにファンになった人たちも同じ気持ちだと思います。まだ25歳ですからね。筋トレに励み、試合を重ねて相手のパワーにも慣れてくれば先は明るいはず!

次の4大タイトルは5月のフレンチ・オープン。また応援するからがんばってねー! さて、わたしは今日からやっとゆっくり寝れます。正直体力の限界でした(笑)
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | テニス

2006年01月24日

10ヶ月になりました♪

ヒンギス+テニス熱に浮かされているせいで肝心のスミレ更新が全然できてません^^; 

1週間近く過ぎちゃいましたけど、ざっと最近の様子をまとめます! 身長、体重は28.7インチ(=73センチ)、20パウンド(9.07キロ)。1月前は28.7インチ(=73センチ)、19パウンド(=8.6キロ)なので背は伸びず、体重だけちょっと増えました。ぽっこりお腹の分かしら^^;

◆ 離乳食はまた別に書きますが、ジャーと手作り半々。オートミール中心のシリアル、野菜、果物のみで肉、卵などはまだです。2-3日前にパンを始めました。固まりであげると自分でちぎって食べてくれるのでこれはすごく楽です。便秘もどきは治ったようで毎日1-2回ウンチしてくれます。血が出ることもなくなりました。

◆ 相変わらず3歩どまり。どうしても歩いてみたくてやってみたけど、やったら結構しんどかったのでもう少しのんびりしよう…ってとこでしょうかね?(笑) 家具から家具へ移るときに2,3歩そのまま歩いて移動(前はハイハイ)、立ち上がってマミィに抱きつくときにもとっとっと2、3歩進んでから来ます。

◆ 50センチ弱のカウチから自分で降りれるようになりました。カウチに抱きつきながら足からずるずるっとからだを滑らせて降ります。最初の5-6回はするたび得意満面。今は慣れちゃって普通にやってます。上るのはマミィのからだやクッションなどステップがないと無理です。

bg0124-1.JPG bg0124-2.JPG bg0124-3.JPG
◆ 2週間ほど前からひつじやおうまに乗せても泣かなくなりました。特にひつじはファミリールームに置いてあるので押したりキスしたりかわいがってます^^

◆ 靴を買って外出時には履かせています。靴下を脱いじゃう防止策でもあります。でも歩きにくいみたいで、靴だとつたい歩きはせずにすぐ床に手をつきます。まだ足の指を曲げているので、靴があると床の感覚がつかみにくいんでしょうね。

◆ 夜泣きは平均4-5回に。後追いも落ち着いて、マミィが見えるところにいれば機嫌のいいときは1人遊びもできるように。前のようにファミリールームの床にべったり座っていないと泣き叫ぶ、っていう極端なことはもうありません。滅茶苦茶楽になりましたー。

◆ 手を前に出して「ちょっと待ってて、すぐ戻ってくるからね。」と言うと待っていられるように。ベッドの上でも同じ位置で待っています。2-3分以上すると泣いて探しにきますが^^;

bg0124-4.JPG bg0124-5.JPG bg0124-6.JPG
◆ さんざん悩んだ挙句、MAXコーナーに柵をして、スミレの機嫌が悪いときは台所に入れることにしました。うちは基本的に放し飼いで、台所=MAXの部屋だったので、以前はどうしても入れられなかったのです。キャビネット開けまくり、柵からMAXをつんつん、と気は抜けませんが、それでも料理はずっとしやすくなりました。ただもう少しでガスコンロのスイッチに手が届きそうなので(今必死に手を伸ばしています)、こうしていられるのも今だけですね。

◆ オムツ替えのとき、めったに泣かなくなりました。泣いても「オムツ替えるだけよ」って言うとすぐ大人しくなります。ほとんどの場合は終わるまでじっとしています。何なの、この変化は?

◆ お風呂はしつこくまだ台所。頭から水をかけても泣かなくなりました。やたらむせることもなくなり、調節の仕方がわかったみたい。でも水面をばんばんたたくので、入れ終わるとそこら中水浸し。マミィも上半身ぐっしょりです。

◆ 2,3日前から、やっと「ダダ」って言い始めました。よかったー。あんまり言わないので最近ダディがかわいそうになっていたのです(笑) いない間にこっそり練習させたりしていました。ダディはもちろんニコニコです^^

◆ 何でもくれたがりは加熱してきて、絨毯の目に見えないような小さなゴミまで拾ってくれます。とるものがなくなると毛をむしってでもくれます。ひつじちゃんもたまにむしられています。時々とるまねだけして、何もないのに指の形を作って差し出します。もらわにゃ悪い気がして「ありがとう」ってやってますけど、なんじゃいな?

まだまだいろいろ忘れてそうですが、また別に書きますねー。

posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | 育児(10-11ヶ月)

2006年01月23日

ヒンギスベスト8進出!

きのうも明け方のゲーム。寝たの朝の6時です。ふー。こういう時は西海岸だと時差で3時間早いからいいですねー^^;

タイトル通り、ヒンギスは無事クオーター・ファイナリストとなりました。欲を言えばベスト8、なんて言ってましたけど、ここまで来たらもうファイナルまで行くしかない!(笑) ウィリアムス姉妹やピアスが前半で負ける波乱もありましたけど、結局ヒンギス以外は皆TOP10と順当な顔ぶれ。難しいでしょうけどね。

きのうの試合も、勝ったものの危なかったです。相手は98位と下位選手なのですが、上り調子の若手21歳でしかも地元オーストラリア人。1セットは6-1とあっさり落としたので簡単に終わるかと思いきや、2セット目からスタンドの応援を一身に受けてまるで別人の活躍ぶり。

ヒンギスの特徴には、ここでこのショット?と驚かされるバラエティ豊かな頭脳プレイに加え、並外れた正確さがあります。ファーストサーブもスピードはそれほど速くないのですが、80%を超える確率ですし、ダブルフォルトも滅多になし。ストローク、ボレーのミスも非常に少ないのです。しかも常に冷静沈着で精神的に崩れることもまずない。ところが昨日の2セット目はずるずる崩れだし、タイブレークにもつれ込まれた挙句、紙一重の差でなんとか逃げ切った形。もう見ててハラハラドキドキ息苦しくなっちゃいました(笑) 相手の選手に比べてスタミナ切れも目立ってましたね。リタイヤでカムバックと言ってもグランドスラムで優勝しだしたのが16歳ですから、リタイヤも21歳。現在25歳でまだ若いんですけどね。

ま、そんなこんなで不安は残りますが、明日はNo.2のKim Clijstersと対戦。単純に数字だけ見ると無理そうですが、彼女は今背中を痛めていて本調子ではないらしい。ひとつ前の試合もかなり苦戦していたし、ヒンギスの調子がよければ行けるのでは? 過去の女王ヒンギスが、今のパワーテニスのトップにどこまで通用するか? 結果はともかく見ごたえのある試合になりそうですよー。持てる力を出し切って、ガンバレ!
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(0) | テニス

2006年01月20日

ヒンギス4回戦へ

今日も徹夜覚悟でしたが、オーストラリアの午前中に始まったので、中継はこちらの夜でした。結果はまたも勝利! 相手はランキング42位ながら、ピアスを破っただけあってコートに鋭角につきささるストロークを持っています。前半は危ない場面もありましたが、1セットをヒンギスがとると2セット目はダブルフォルトをはじめミス連発の自滅状態。精神面の弱さが表に出てました。

しかしヒンギスのゲームは見ごたえがあります。今やコメンテーターも他の選手もみんなヒンギスファンになってしまい褒めちぎり(笑) 多彩なストローク、ショット、ボレーを臨機応変に使い分けるスタイルは今や彼女だけですからね。あとはシャラポバも含め皆パワーテニス。どれだけ早い玉をラインぎりぎりに打ち込めるか、それだけじゃ飽きてしまいます。

ただ、ヒンギスのスタイルで優勝できるか、というとそれも難しそう。パワーテニスの傾向が顕著になってきたのは筋肉もりもりウィリアムス姉妹が台頭してきたころからで、実際にヒンギスも彼女たちには歯が立たなくなっていました。今回くじ運がよくて下位選手ばかりとあたっているのですが、TOP10と対戦するようになると危ないかもしれませんね。でもこのまま勝ち続けて欲しい。そしてテニスの流れを変えて欲しいなー(←甘い?) 
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(0) | テニス

Natalieが遊びに来ました

TheresaとNatalieが久しぶりに遊びに来てくれました。最近外で会ってばかりだったのです。

以前はNatalieの方が顔もからだも大きかったのですが、背はスミレの方がわずかに高くなり、顔は「かなり」大きくなってました。しかしどういうわけかNatalieの方が足は長い。これって…典型的な日本人体型ってこと??? うーん、顔とプロポーションはJ似の予定だったんですけど上手くいきません(笑)

Natlieはまだつかまり立ちもしないのんびり屋さん。顔がハーフのスミレよりも黄色くてちょっとびっくりしたのですが、なんとにんじんの食べすぎなんだそう。子供のころみかんを食べすぎると手が黄色くなることがありましたけど、同じ理屈なんでしょうね。スミレもにんじんは大好物ですが、手作りのみでジャーはあげてないのです。ジャーのにんじんは色も匂いも味も強くて。その違いでしょうか?あと気になったのは湿疹が出てること。アトピーという病名はアジア特有ですが、小児湿疹はこちらでも一般的。Theresaは4ヶ月過ぎから離乳食を始めていて、5ヶ月でチキンなどお肉もあげてるんですよね。そのせいかどうかわからないけど、ちょっとドキッとしました。でも担当の小児科医の指導の下で進めているし、わたしがアトピー予防で離乳食をゆっくりやっていることは彼女も知っているので特に話はしませんでした。首のやわらかい皮膚に出ているところなどわたしの子供のころにそっくり。ひどくなると本人もママも大変なので、早く治ってくれるといいです。

bg0120-1.JPG  bg0120-2.JPG  bg0120-3.JPG
さて、肝心の2人の遊び方はと言うと…相変わらずスミレがNatalieからものを奪う形で進行していました。この日のヒットだったのはNatalieのおしゃぶり。先についてる取っ手みたいなところをすばやくつかんでぱっと取っちゃうのです。自分はおしゃぶり嫌いで使えないくせに。「そんなことしちゃダメ。はい」って返してあげてもまたぱっと取る。おもちゃも同じ。いっぱいあるのに、Natalieが手にしているものが欲しくなる。で、とってどうするかと思えばTheresaにあげてるんですよ(笑) あげたいだけだったら床に落ちてるほかのでいいのにねー。全く変なやっちゃ。Natalieは前回まではとられても反応なしだったのですが、今日は流石に怒ってました。でも「んーっ」と静かに唸るのみのささやかな抵抗。スミレはてんで無視。こんなきかん坊ですが、これからも懲りずに遊んでやってねー^^; 
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | 育児(10-11ヶ月)

2006年01月19日

ヒンギス2回戦突破

眠い…ヒンギスのライブ中継見てて寝たの朝の5時半だったのです。昼夜逆のオーストラリアですからね。始まったのが朝の4時半。Jにあきれられながらコーヒー飲んでがんばりましたが、その甲斐あってヒンギス快勝! サーブもストロークも非常にシャープで、相手の選手とは雲泥の差でした。ネットに積極的に出る得意の試合構成で、変化があって見てても楽しい。やっぱりテニスはこうじゃなくっちゃ。3回戦は無名ながら第5シードのメアリー・ピアスを破ったチェコの選手。でもピアスはすごく調子が悪かったので、ヒンギスがこのままの調子を保てれば軽く勝てると思います。明日の夜はまた明け方まで寝れません!(←よーやるわ・・・笑)
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | テニス

2006年01月18日

なかなか歩きません

一旦歩き出したら、立ちまくりのときのように歩きまくりかと思いきや、そうでもないもんですね。一昨日、今のうちにハイハイをムービーに収めないとっ!と焦っていたのですが、その後2日間ハイハイばっかり^^; 拍子抜けしちゃいました。別にゆっくりでいいんですけど、一旦見てしまうともっと見たいのは母心(笑)

bg1118-1.JPG
歩いている写真は撮れないままなので、遊んでいる写真を。一昨日の朝、これまたお隣からいただいたキッチンセットで遊んでいるスミレ。キッチンにつかまって立っています。

bg1118-2.JPG  bg1118-3.JPG  bg1118-4.JPG
今度は歩いたあと、同日の夜撮った写真。キッチンにはつかまらず自分の力だけで立ってます。数歩歩いただけで、いきなりこれも出来るようになってびっくり。前はバランスをとりながらがんばって立つという形で、こういう風に無意識のうちに立って遊ぶということはできませんでした。3枚目のように、床にあるおもちゃをとるためにそのままかがんだりもしていました。

さて、そんなこんなでスミレも今日で10ヶ月。あと2ヶ月で1歳ですよー。なんて早いんだろう。スーパーボウルパーティや旅行の計画もあるし、お誕生会もしたいし、大忙しであっという間に終わりそう。改めて気をひきしめて、一日一日大切にしないとです。2,3日中に最近の様子、まとめますねー^^
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(3) | 育児(10-11ヶ月)

2006年01月17日

Australian Open

テニスの4大大会、グランドスラムのひとつです。オーストラリアは今真夏なのでここが皮切りで、今日は2日目。昔好きでよく応援していたころの選手はみなリタイヤしてしまい、最近はろくに見てもいなかったのですが、今年は熱の入り方が違います。テニスドリルを毎週始めたからというのもありますが、なんといっても一番の理由は「マルティナ・ヒンギス、カムバック!!」 

テニスに興味のない方はなんのこっちゃ、でしょうが、ヒンギスは16歳で史上最年少のウィンブルドン優勝を成し遂げた天才少女。彗星のごとく現れ、あれよあれよと言う間にランキングNO.1に上り詰め、美貌と巧みな試合攻勢でマスコミの寵児でした。生意気、とたたかれたりもしてましたけど、顔と才能と若さが揃ってるんだから当然、謙虚な方がわざとらしいさ(笑) 今でいうとロシアのシャラポバみたいなもんですね。でも彼女と言えどウインブルドンは17歳で優勝。ヒンギスの華麗な記録はまだ破られていないのです。(のはず) 

ヒンギスが大好きだったので、怪我でリタイヤする前はUSオープンに行って応援したり間近で練習を見たりもしてました。彼女はなんといっても品がよく知的! 最近は女子もパワーテニスになってきて、超高速サーブとハードヒットがないと勝てなくなってしまいましたが、ヒンギスが全盛のころはもっと頭脳プレイだったのです。あのころはよかったなあ。ほかの選手が派手な衣装やじゃらじゃらしたアクセサリーをつけ出す中、クラシックにシンプルなウエアで通していたのも好感がもてました。

さて、今日はそんなヒンギスの1回戦がTV放映。ちなみにアメリカの方、「ESPN2」で放送してます。相手は30シードのロシア選手。ヒンギスは現在なんと349位、ストロークにも以前ほどの切れはなく、3年のブランクはやはり大きいかも、とちょっと心配しましたが、結果はあっさりストレート勝ち。試合後にスタンドに手を振ったときの笑顔は最高。きらきら輝いて見えました。2回戦は87位の選手なので大丈夫なはず。どこまで行けるかわからないけど、がんばってほしいです。そして欲を言えばベスト8には進出してほしいなー。今年は久しぶりにUSオープンも行かないとね!
posted by エリー | ニューヨーク ☔ | Comment(0) | テニス

2006年01月16日

最初の3歩★

スミレがとうとう最初の3歩を踏み出しましたー。オメデトウ♪ つかまり立ち→伝い歩きまではとんとん拍子でしたがそのあとぴたっと止まってしまい、1歳まで歩かないかも?と思い始めていたところでした。ハイハイが上手な子はそれで十分こと足りるために歩行はむしろ遅いそう。スミレのハイハイ、はっやいですからねー(笑) 他のママたちにもよく驚かれます。

さて、事の発端は3−4日前。立っているわたしのパンツにつかまり立ちした姿勢から、わたしが歩くと突然くっついて来るように。今まではわたしが動き始めるとぐらぐらっとしてその場に倒れてたんですね。あれれ?と思っていたら、今日の夜、最初の一歩は台所で。床から立って一歩踏み出してわたしにつかまりました。はっとしたのですが、その時はハズミかも?と半信半疑。その後ファミリールームに移り遊ばせていたら、今度は2歩! おお、これは間違いない、歩こうとしているのだー^^ 自分でもうれしかったらしく何度か繰り返し、最大で3歩まで進みました。

まだ10ヶ月前だし、スミレの性格から言って歩けたら歩けたですごーく大変そうだったので(笑)、特に練習はさせずのんびりだったんですけどね。お気に入りのLights & Soundsも自分で勝手に入っているだけだったし… でもでも、我が子の”二本足歩行”はやはりビッグイベントでしたー。しみじみ。目の前で見たら「きゃー、スミレちゃん、すごいすごい!歩いてるよー!!」とダディと一緒に大騒ぎ(笑) まだ数歩なので写真は間に合わなかったのですが、記念すべき初日なのでしっかりムービーには収めました^^ 写真が撮れたらのっけますね。まずは興奮冷めやらぬうちにご報告。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | 育児(8−9ヶ月)

2006年01月15日

夜泣きたった3回!

後追いが急に普通なみになってきたと思ったら、同時に夜泣きも落ち着いてきました。5-10回から4,5回に減ったあと、なんと昨日はたったの3回!! 目を覚ましたらすでに朝だったのでびっくり。今までは起きても起きても夜だったのですよー^^; しかもスミレは横でグースカ。こんなことは5ヶ月来です。

後追いと同時期ということは、やっぱりスミレの夜泣きは精神的なものだったみたいですね。マミィを常にたしかめていないと不安。これまで寝ても覚めてもずっと泣かれていて、昔はまった「東京ラブストーリー」のリカのセリフ、「24時間ずっとわたしを見てて!ずっと考えていて!」というのを疲れた頭でぼーっと思い出したりしていました(笑) このままスミレも私たちもゆっくり寝れるようになるといいです。でもまた波があるかな?
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | 育児(8−9ヶ月)

2006年01月12日

Tatum Park

bg0112-4.JPG  bg0112-2.JPG  bg0112-3.JPG
またまたとっても暖かかったので、疲れたからだにムチ打ち(笑)、今度はTatum Parkに行ってきました。ここも初めて。とにかくNJは公園と自然には恵まれているのでなかなか全部行ききれません。ゴム敷きの大きなプレイグラウンドがあって子供たちで一杯、でしたが、なんといっても目玉はハイキング・トレイル。山の林の中をくねくねとアップダウン激しく続く道は、特にストローラーではかなりアドベンチャー。Jがいなかったらあきらめてましたね。こういうところは涼しいときに歩くに限ります。虫がいないし、空気は澄んでるし。陽射しも柔らかくてまさに森林浴、でした。葉っぱは落ちてましたけどね。春先にまたもどってきてみたいです^^
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | おでかけ

2006年01月11日

プレイデイト

更新たまっちゃいました。スミレが少し楽になったので、これまで伸ばし伸ばしにしてたことをかたづけるのに一生懸命で逆に時間がとれませんでした。

bg0111-1.JPG bg0111-2.JPG bg0111-3.JPG
この日はアメリカ人ママ友とのプレイデイト。子供たちが一緒に遊んでいる間にママ同士もゆっくりおしゃべりできるおいしい会です(笑) 

ここのお宅は広いプレイルームがあり、おもちゃも立派なものが沢山! お庭も池ありプールありガゼボあり…夏にまた呼んでほしいです。さて、他の子たちは全員男の子だったのですが、甥っ子に慣れている(?)せいかスミレは全く物怖じせず、とってもマイペース。3歳くらいにならないと実際一緒には遊べず、同じおもちゃを触っていてもそれぞれで遊びます。こちらでは”パラレル・プレイ”と呼びます。日本語だと平行遊び? スミレも基本的にはそうでしたが、他の子がやることにも興味を示したり、気に入った男の子(?)には自分から積極的にアタックしたり。男の子たちも、押されたり引っ張られたりされながらも優しく受け止めてくれてました。無視されていた=相手にされていなかった、とも言えますが(笑) 新しい環境とおもちゃに刺激されてはしゃいでいたので、帰りの車ではぐったり、よく寝てくれましたー^^ 

あまり写真がよくありませんが、実際こういう場でカメラを出すのは難しいのです。こちらでは日常的に写真を撮るというのは珍しく、いつもわたしだけ。特に他のお宅や他のお子さんも一緒だとかなり気をつかいます。雰囲気だけでも伝わるとうれしいです。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | 育児(8−9ヶ月)

2006年01月10日

Baby Einstein DVD

bg1010-3.JPG  bg1010-1.JPG  bg1010-2.JPG 
赤ちゃん用の教育本やDVD、おもちゃで有名な「Baby Einstein」。 かの有名なアインシュタイン博士をもじってるんだと思います。ちなみにディズニー傘下。クリスマスにお隣からこのメーカーから出ている「Baby Mozart」と「Baby Beethoven」をいただきました。それぞれモーツァルトとベートーベンの交響曲DVD。子供たちがおもちゃの楽器を演奏したり、ぬいぐるみたちが踊ったり、いろんな仕掛けおもちゃが登場したり、カラフルに次々変わる画面は赤ちゃんの興味をそらさないようにとてもよく工夫されています。「Michaelはうっとりと見とれていた、イスに座らせてストラップしておけばその間に何でも出来る。」と聞いていたのですが、スミレはぜーんぜん。写真のようにパッケージを噛むばかりでたまに一瞬見る程度。義妹Anneも偶然買っていて、「Aidanも大好きでずっと見てる、でもスミレは動きまわれるからもうダメなんじゃない?」と言われてあきらめていました。ところがきのう、突然変化が!

お気に入りのLights & Soundsに座ったところでつけてみると、じーっと見入ってます。何事?どっか悪いんじゃないの?(笑) ダディと顔を見合わせ無言で「びっくりだねー。」 このあとまず遠くに居たマミィがそーっとファミリールームを抜け出し、ダディに合図を。10秒後にダディもこっそりキッチンへ。まだそのままです。しばらくしてやっと1人になったことに気づき、マミィ&ダディを探してきょろきょろ。「あ、だめだっ」と思いましたが「ハーイ、ここにいるわよー」とにっこりすると安心してまた画面に。時々確かめるようにこっちを見ながらもとうとう最後まで約30分、見続けてくれました! まー、晴天の霹靂ですね。いきなりこんな日がやってくるとは。「信じられない」を繰り返すおうまに、Jは「なんでも極端なのは一時期。成長とともにすぐによくなるって言ったでしょ。」いやー、そのとおりでした、まいった(笑) これからは少し楽になりそう。実はこのブログもDVDをつけてフェンスすぐ横のキッチンで書いています。途切れ途切れですが、それでも今までは「あり得ない」ことでした。

ところで、自力で動かせなかったLights & Soundsですが、突然こっちも出来るように。写真でも移動しているのがわかると思います。なぜかバックから始め、前進、何度かぶつかっているうちに左右に方向転換もマスター。狭いファミリールームを自由自在にくるくると運転?していました^^
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | 育児(8−9ヶ月)

2006年01月09日

Cheesequake State Park

bg1009-1.JPG  bg1009-3.JPG
今日はきのうよりもっと暖かだったので、Cheesequake State Park に行ってきました。うちから15分ほどですが、まだ行ったことなかったのです。全体的には広いだけで特にきれいでもなかったのですが、泳げる湖を発見! 小さいながらちゃーんと偽砂浜も(笑) べたべたしないし波はないし、実際泳ぐには海より湖の方がずっと気持ちいいはずなので、これはうれしいです^^ 今年の夏は早速試してみなくちゃ。

帰りはこの辺のチェーン店「Ruby Tuesday」でランチ。きのうの失敗に懲りて今日はリーズナブルに。ここは雰囲気も味もサービスもこの手のレストランにしてはまあまあ。特に今日行ったところは新しくてきれいでした。おうまはサラダバーが好きでよく利用しています。アメリカのサラダバーは食べれるものが意外となかったりして要注意。マッシュルーム、ピーマン、ブロッコリー、全部生ですからね。ここはほかにもゆで卵、オリーブ、ハム、プチトマト、果物各種…と揃っているし、セサミドレッシングもあるので◎。

最近スミレはよく食べるので、わたしたちが外食する際には離乳食とFingerFood(クラッカーなどのお菓子)を両方持っていってます。フォーミュラ(粉ミルク)だけじゃもう持ちません。写真のはGerberのステップ2「にんじん、じゃがいも、青豆のミックス」。外出時にはこのジャーフードがとっても便利。カーシートに座ったまま、今日は大人しかったです。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | おでかけ

2006年01月08日

New Brunswick

日本は大雪で大変みたいですね。新潟の頭のはるか上を雪かきする様子がこちらの地元紙「NY Post」の3面にも大きく出ていました。Jはびっくりして「お母さんが危ない。すぐ電話を!」と大騒ぎ^^; 郷里(金沢)はもともと雪国だし、実家は鉄筋なのでつぶれないし、母とは3-4日おきに電話で話しているので大丈夫。でも雪に慣れていないJには一大事だったみたいです。

NYは…というと打って変わって今週はとても暖かいのです。これが最後のチャンスかも?と早速でかけてきました。うちから車で20分ほどのNew Brunswick。前に日本人ママ友たちとランチをしたところです。ストローラーを押して街をぶらぶら。週末だったのでお店はほとんど閉まっていてとても静か。冬なのもあるのかな?ここはRutgerというマンモス大学がある所謂学生街。Princetonもそうですが、あちらに比べるともっとカジュアル。大学の格と比例しているようで面白いです。Rutgerも地元では有名校だし、街のシアターには世界的人気マジシャン、カッパーフィールドが来月登場するそうなのでそれなりの規模みたいですが。

bg1008-1.JPG  bg1008-2.JPG
お昼は前回と同じエチオピアンレストラン「Makeda」に。あの不思議な味が忘れられなくて。詳しくは10/7の日記を読んでくださいね。写真はおうまが食べたベジタリアン。Jはマトンを食べていました。香辛料を沢山使っていながらマイルドなのでJもOKでした。ただ前回はランチだったのでチップ込みで1人$15程度だったのですが、この日は2人で$90。(ランチは平日のみ) うっかりワインも飲んでしまったのもあるけど、ちょっと痛かった。というのもスミレ連れだと「味や雰囲気をゆっくり楽しむ」のとは程遠いのです。最初は写真のように大人しかったのですが、お料理が来るやむずかりだし、結局1人が抱いて歩き回っている間にもう1人がかきこむ、というせわしなさ。デザートメニューを見るどころではなく、ほんと、落ち着かないです。次回はシッター頼んでJと2人で来ないとね^^;
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | おでかけ

2006年01月07日

ハーイ♪

またいくつか新技?が増えたので書いておきますね。

◆ 手を上げて「ハーイ♪」と言うようになりました。「ハー」だったり「アー」だったりすることもありますが、マネじゃなくて自分から手を上げます。そのポーズが好きみたい(笑) 先日モールで歩いていた時。見ず知らずの若い女性に追い越しがてらに「ハーイ」と笑いかけられてびっくり。一瞬、え?と思いましたが、実はスミレがマミィの肩越しに女性に向かってにこにこ手を振っていたのです^^ 相変わらず誰も抱っこはできないのですが、知らない人に近づいたり話しかけられたりしても泣くことはいつの間にかなくなり、逆に愛想振りまくようになっていました。

◆ リモコンがTVを操作するものだとわかるように。マミィがリモコンを手にするとさっとTVを見ます。自分でリモコンを持ったときも、以前は齧るばかりでしたが今はTVを見ながらボタンを押します。よりによって特殊なボタンを押してくれるので、画面が妙なことになって修復するのにすごく時間がかかったりします。(←わざとか?笑)

◆ TVをばんばんたたいている時に「スミレちゃん、ダメダメ!」と言うとぱっとやめるとようになりました。前は繰り返さないとダメでした。でも怒鳴っているわけでもなんでもないのに、「ぎゃーっ」と床に突っ伏して泣くのはやめてほしい… マミィがいじめっ子みたいじゃん^^; 泣きながらこっちに来るのですが、途中にLEGOなんかを見つけるとすぐ忘れて遊びはじめます。2メートルもないんだから最後までちゃんと来てよ。

◆ ものをマミィにくれたがるようになりました。催促しなくても、おもちゃとかクラッカーをマミィの方に差し出します。「くれるのー?」と言って手を出すとぽんと置いてくれます。「ありがとー」ともらって「今度はスミレちゃんにあげるねー」と言って差し出すとまたとります。かわいいー^^ スミレが飽きるまで何度もやっちゃいます^^

◆ 技じゃないですが、後追いがほんのちょっぴり落ち着いたようです。ファミリールームのフェンスを超えても、すぐ見えるところにいれば、5-10秒くらいは持つようになりました。前はマミィが立ち始めるとすぐに心配そうにこっちを見、超えるやいなや必ず泣き始めてたんです。まだ2回に1回くらいですが、これでも大きな進歩! このまま30秒、1分、10分…となっていくことを期待しています。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | 育児(8−9ヶ月)

2006年01月06日

1人で入れた!

bg1006-1.JPG bg1006-2.JPG bg1006-3.JPG bg1006-4.JPG bg1006-5.JPG bg1006-6.JPG
最近のヒット”Lights & Sounds”。キッチンでは邪魔なのでファミリールームに置いておいたのですが、つかまってボタンを押しながら遊んでるなーと思ったら、びっくり1人でよじ登って入っちゃいました。途中からですが写真に撮れました。イス部分にある2つの穴にも上手に両足を入れてちゃんと立ってます。スミレも得意満面。「すごいねー♪」と褒めたら「いやー、それほどでも。照れるなあ」って頭かいてます。(←ウソウソ…笑) 最後のはマミィに向かって「イエイ!」

コーヒーテーブルやカウチは高いので、マミィのからだなどステップがないとまだ上れませんが、おうまのオフィスの箱の上(30センチ強)には気づくと乗っています。上っても降りられないので泣くか落ちるか^^; 上の”Lights & Sounds”でも5分ほどしたら飽きてべそかいてました。でもまたすぐ上るんですよねー。懲りんやっちゃ。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(0) | 育児(8−9ヶ月)

2006年01月05日

ちゃんちゃんこ

”ちゃんちゃんこ”って何度も口にしたくなるかわいい響きですね。なーんて日本に居たときは考えもしませんでしたけど(笑) 単語をいくつか知っている程度のJは、「かわいいかわいい子なのか!?」と混乱してました。「ちゃん」は「かわいい子を呼ぶときに名前の下につける言葉」とインプットされているのですよ。あはは。

bg1005-1.JPG  bg1005-2.JPG  bg1005-3.JPG
お天気がとってもよかったので、久しぶりにストローラーで近所をお散歩。このちゃんちゃんこは外出時にとっても便利。軽いし大きくて脱ぎ着が楽なので、郵便受けを見に行くときなんかにもさっとはおらせてます^^ 実はこれは郷里のうさ友Akkoさんからのクリスマスプレゼント♪ なんとうさぎちゃん柄なのです! 写真で見えるかなー? Akkoさんはマミィ&ダディにもチェックのお揃いちゃんちゃんこを送ってくれました。おうまは家の中でも座っているときははおってます。スミレを抱くときにお布団みたいでちょうどいい。オッパイあげてるとうつらうつらすることもあります^^ 

これってほんとに重宝。だからって日本では全然着なかったし、(どちらかというと田舎くさーとバカにしていた^^;)、不思議なものですよね。離れているとよさを再認識する、あるいは懐かしくなるっていうことでしょうか? 「いいでしょー」と周りのアメリカ人みんなに自慢しています(笑) Akkoさん、ありがとう♪
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | アメリカンライフ一般
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。