2006年11月28日

せっせと公園通い

朝晩は冷えますが日中は20度近く、と11月末にしては暖かな日が続いています。風もなく、ぽかぽか日和でセーターを着ていると暑いほど。でもこんなときも長くは続かず、来週は最高6度、最低0度と一気に寒くなります。NY/NJの冬は厳しいので、今のうちに、とスミレを毎日のように公園に連れて行ってます。11月中にとりためた写真、まとめてUPしますね。

bg061030-2.JPG bg061030-3.JPG
チューブ。前はハイハイで通ってましたが、今はさくさくっと歩いて抜けてます。

bg061102-3.JPG bg061102-4.JPG
つり橋。夏から1人で渡ってますが、最近は真ん中でわざと跳んでゆらしたり、トトトっと走ったり。この月齢でこういう風に軽く渡れる子はまわりにはいません。普通はママが手をひいて一緒に渡ってます。

bg061124-1.JPG bg061102-2.JPG bg061030-4.JPG
ブランコ。これはなぜか怖がっていてデビューが遅かったですが、一度出来るようになったら病み付き。なかなか降りようとしません。<左>高くても平気。もっと押してー。 <中>後ろに反り返ってリラックス。さかさまの景色もおつなもの。 <右>年長の子向けのガードのないタイプにも乗りたがり、乗るまで収まらないので乗せてゆっくり動かしてます。この前いきなり手を外して落っこちそうになったので、まだまだ危なっかしいですが。

bg061124-2.JPG bg061125-1.JPG bg061125-2.JPG
滑り台。<左>大きい子用のプレイグランドもほぼ制覇。急な階段も上手に登ります。以前のように右足で上って同じ段に左足を揃えるのではなく、両方の足で交互に上るので、早いです。 <中>高い滑り台も、曲がってるのも、こぶこぶも、何でもござれ。 <右>実は安全度は高いのに、スミレはなんとなく苦手だったチューブ。周りが見えないから不安なのかな?でもそれもこなせるように。洋服についている黄色のピースマークのシールは自分で服に付けたもの。シール大好きで、ちょっと油断するとわたしの肩や背中もシールだらけだったりします(笑)

bg061124-3.JPG
オマケの飛行機。家にあるお馬ロッカーと一緒でまたがってギッタンバッタンやってます。楽しそう^^

スミレは今のところ手足のコーディネーションが発達していて、運動神経もいいように見えます。でもねえ…たしかわたしも子供のころは男の子顔負けだったはず。飛んでも登っても走っても近所で一番。それが小学校あたりからどういうわけかすごーく鈍くなって…中学のころには学年一運動音痴だったんですよね^^; こんなマミィに似るなよ〜(笑)
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | 育児(20-21ヶ月)

2006年11月27日

Thanksgiving Dinner

数日前の話ですが…Thanksgiving Dinnerは例年どおりロングアイランドに住むJの弟の家で。クリスマスは義妹Mary宅、Easterは義妹Anne宅、と最近役割が決まってきたので、うちは特に割り当てもなく楽チンです。ターキーやロースとビーフなど大量に作れるオーブン料理、まだまだ苦手なんですよね^^;

スミレはHalloweenでも着たインディアンの衣装で登場。元々Thanksgiving(感謝祭)とは、イギリスから来た清教徒-ピルグリム達が先住民のインディアン達に農業や漁などを教えてもらい、翌年共に最初の収穫を神に感謝することから始まったとされています。なので、インディアンはThanksgivingのコスチュームとしてもばっちり。「かわいいー。ポカホンタスみたい!」とみんなに大好評でした♪

bg061123-2.JPG bg061123-1.JPG bg061123-3.JPG
<左>いつもながら素敵に飾りつけたテーブル。真ん中のターキーのセンターピースはお花を買ってきてAngelaが自分で作ったそう。 <中>巨大なターキー。匂いがきつくて苦手なのですが、今年のはとってもおいしく食べれました^^ <右>最近のスミレの一番ファン、Brendanと。甥っ子たちと一緒くたになって走り回って遊んでいたのですが、動きがめちゃくちゃ激しくてろくな写真が撮れませんでした。

bg061123-4.JPG bg061123-5.JPG bg061123-6.JPG
お決まりの従兄弟妹勢ぞろい写真。<左>PhilipとAidanがデザート時に現れたため、すっかり疲れていたスミレは大泣き。もう昼寝をしないので、夜遅くまでは持たないんですよね。 <中>インスタントカメラを持たせてなんとか撮影。 <右>左から年齢の順に並んでみました。スミレの羽かざりはなぜかBrendanの頭上に^^;

ホリディシーズンに入り、いろいろ行事も重なり慌しくなってきました。スミレが寝ているときは片付けなきゃいけないことが山積み。更新ペースは上がりそうにありませんけど、ちょこちょこがんばりますので、またのぞいてみてくださいね^^
posted by エリー | ニューヨーク 🌁 | Comment(4) | ファミリー

2006年11月19日

San Antonio 観光

Austinから南へ車で1時間半ほどのところにある観光都市San Antonio。うさ友ベリンダ夫妻はここの出身。彼らもいずれは地元にもどるので、末永く遊んでもらえそうです。せっかくなので一日は羽を伸ばして遊んできました。

bg061109-1.JPG bg061109-2.JPG
途中で朝食のために寄った高速I-35沿いのDenny's。今回の旅行では飛行機の中からホテルの部屋からレストランまで、このクレパス&お絵かきノートがめちゃくちゃ役に立ちました。これなしではどこへも行けなかった、と言っても過言ではないほど。スミレはなぜかこれを「ガガ」と意味不明の単語で呼んで催促。クシャ笑いはテキサスでも炸裂してました(笑)

bg061109-3.JPG bg061109-4.JPG bg061109-5.JPG
メキシコ軍とアメリカ軍が激突した有名な「アラモの戦い」。アメリカ反乱軍が独立を目指し立てこもったのが、ここ「アラモの砦」です。メキシコ大軍に攻められ凄絶な戦いの末、アメリカ軍は全滅したのですが、結局のちにテキサス州はアメリカの一部となったわけです。砦はほんの一部しか残っていませんが、いろいろ展示されていて、お庭もとてもきれいで落ち着きます。

bg061109-6.JPG bg061109-7.JPG
San Antonioのもうひとつの名所「リバー・ウオーク」。川沿いにレストランが立ち並んでいる、というのでジョージア州サバンナみたいなのかと思っていたら、予想以上にとても風情があってびっくり。ネットで一般人の評価を見たとき、「ロマンチック」という表現を使っていた人が多かったのにも十ぶん納得です。

bg061109-8.JPG bg061109-9.JPG bg061109-10.JPG
川は四角くつながっていて、観光ボートが何台もぐるぐる回っていました。ゴンドラでゆらゆら行くイタリアのベニスみたいです。川岸にはレストランやバーがテーブルを出していて、わたしたちもそのひとつに座ってのどをうるおしました。お店特製の「アラモ・マルガリータ」を頼んだのですが、これが柑橘系でさっぱりしてと〜ってもおいしかった! そうそう、San Antonioは元々メキシコ領で今もメキシコ国境から近いので、町中メキシカンムードが漂っています。ここにきたら、やっぱりマルガリータ飲まなきゃね。右のは「リバーウオーク」の端にある野外劇場横の階段。きれいでしょ。

San Antonioの印象は、活気があって面白い町。Austinより規模も大きく、刺激的で土地も安い。でも大学や人種などもろもろ考えると、Austinに住んでSan Antonioには時々遊びに行くのがわたしたちにはベスト、という結論に達しました。Austinの方が、DallasやHoustonにも近いしね。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | 旅行

2006年11月18日

Austinの様子

せっかく写真を撮ったので、いくつか簡単に紹介しますね。まずはAustin。

bg061106-1.JPG bg061106-2.JPG bg061108-1.JPG
<左>空港にあった、テキサス大学の名門アメフトチーム「Texas Longhorns」のお店。ロングホーン自体は角が横に長く伸びたテキサス牛。街のいたるところでオレンジカラーの牛ちゃんマークを見かけました。 <中>乗るより押したいスミレ。これでぐるぐるさせとくと結構大人しいので、乗らずとも必須アイテムです。 <右>ホテルの部屋から見た風景。高速の出口がこんな風に高〜いところで交錯してます。高所恐怖症のわたしには…運転できるかどうか不安。Jの横に乗ってるだけでも落ち着きませんでした。

bg061107-1.JPG bg061107-2.JPG bg061107-3.JPG
テキサス大学のキャンパス。<左>裏手の噴水。人どおりもあまりなく、とても静か。 <中>正面の時計台。学生がわんさか。にぎわってます。 <右>池を越えて階段を上っていくと、木陰の芝生で学生たちが思い思いにくつろいでました。ストローラーを押すわたしに道を譲ってくれたり、スミレに手をふったり笑いかけてくれたり、みんなマナーのよいきちんとした子達だな、という印象。緑も多くて環境もよし。わたしの大学は都心部の狭いキャンパスで有名なところだったので、こんなにゆったりした、いかにもアメリカの大学っていうキャンパスには憧れてしまいます。スミレ、いいなあ(笑)

bg061108-2.JPG bg061108-3.JPG
オースティン南部にあるとてもきれいな「Barton Square Shopping Mall」。商品の整頓の仕方も、店員の対応も、フードコートの清潔さも、NY/NJよりはるかにハイレベル。地域によってこうも違うか、とアメリカの大きさ、多様さを感じる時です。 <左>ハロウィーンがすむと、一斉にクリスマスムード。 <右>スミレの大好きなキャンディガチャガチャ。こんなに大きいー!と目を輝かしてました^^
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(4) | 旅行

Austinで土地探し

のんびりしてまーす、なんて書いてましたけど、そんなの最初だけ(笑) ここなら将来住めるかもと思い始めてからは、毎日土地探しに奔走、夜はホテルでPCにかじりついて情報集め、と大忙しでした。実は先週の土曜の昼に帰るはずだったのですが、出発間際にフライトをキャンセル。8万円ほどペナルティをとられましたが、それでもまたスミレを連れて飛行機に乗るよりは楽なので思い切って滞在を延長。戻ってきてからは当然たまった用事や約束ごとに追われてしまい、今日やっとちょっと一息ついてます。ふーっ。

オースティンは住みやすそうなところでした。期待したシティライフはマンハッタンと比べてしまうと限りなくゼロに近い印象でしたが(笑)、郊外にはそれなりにきれいなショッピングセンター、レストランもあります。日本のスーパー(すごい小さいけど)や日本語学校もあるし、市内のテキサス大学は全米で47位、と州立にしては高水準です。スカラシップでもとれればアイビーリーグでもどこへでもどうぞ、と言いたいところですが、アメリカの私立大学の学費は4年間でなんと1200万円以上! 現実的にはスミレは州立大学に行くことになります。できるだけ長〜く一緒にいたいので、家から通える地元に質のよい州立大学がある、というのは大事なポイントです。そして何よりうれしいのは温暖な冬^^ 夏はかなり暑いのですが、プールで涼めばいいですからね。NY、NJの冬は長くて厳しい。とにかく寒いのは大嫌いなので、暑い夏と寒い冬、どちかを選べと言われれば迷わず前者です。

土地付き一戸建ての値段はNY,NJの約半額。わたしたちは今住んでいる家を売って移住することになるので、オースティンなら土地を買ってドリームハウスを一から建てるのも夢じゃありません。ただ最近、IBM、DELLなどIT企業の進出で発展目覚しく、第2(3?)のシリコンバレイと呼ばれているほどだそうなので、土地もどんどん値上がりしています。テキサス州自体はアラスカに次いで第2位の大きさを誇るのですが、オースティン市内まで30分以内となると土地も限られてきますからね。今回滞在を伸ばして精力的にまわったおかげで、なんとか気に入ったところが見つかりました。まだ検討中ですが、のんきに様子見している場合ではなさそうなので、買っちゃうかもしれません!?
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(0) | 旅行

2006年11月07日

Austinに来ています!

なんとも突然ですが…実は親子3人でテキサス州のオースティンに来ています^^; きのうの夕方NJから飛んできて、土曜の朝戻る予定。前々から準備はしていたのですが、出かける前に自宅でプレイデイトを開いたり、友人が遊びに来たり。慌しく出発してしまったのでお知らせする時間がありませんでした。

今回はバケーションというよりも、メインの目的は、Jが早期退職をしたあとのリロケーション地探し。まだ少し先の話ですが、Jの長年の夢の実現に向けて、しばらく前からあちこち見ています。オースティンはテキサスの他の街とは違い、緑が多く自然も豊か。夏は暑いけれど冬はとても温暖。シティライフを楽しみながら郊外の生活が送れる全米でも数少ない街、ということで期待していました。

観光はほとんどなしで、暮らしていけるかどうかの感触を掴むために、街をそぞろ歩いたり、レストランに行ったり、ドライブしたりしながらのんびりしてます。今日は、テキサス大学のキャンパス→敷地内にある大統領Lyndon Johnson美術館→まわりの学生街ぶらぶら→The Best Burgerでバーガーランチ→お友達のお宅に招んでいただいて夕食、というコースでした。お友達にはいろいろ生のお話も聞けて、とても勉強になりました。おうちも南欧風?でNJ近辺の家とは一味違った雰囲気。温かみがあって開放感があって… ここに引っ越してくればこんな素敵なおうちにも手が届くかも?と想像するだけでいい気分(笑)

そうそう、PCは持ってきたのですが、カメラとPCをつなぐコードをうっかり忘れてきちゃいました。なので写真はあとでUPしますね。
タグ:旅行
posted by エリー | ニューヨーク 🌁 | Comment(0) | 旅行

2006年11月01日

Trick or Treat!

きのうはいよいよハロウィーン。例年にもれず、今年もぱーっと晴れてとても暖かい一日でした。この前日本人ママたちと公園で集まったときはすごく寒くて、写真撮影以外はしっかりコートをはおらせ、ドレスの下に同じ赤のTシャツを着せていたのですが、きのうはそんなの全然必要なし。背中が大きく空いているので肩がしょっちゅうずり落ち、「あら、セクシー!?」って感じでしたけど(笑) 

bg061031-1.JPG bg061031-2.JPG bg061031-3.JPG
Trick or Treatに繰り出す前に、家の前で記念撮影。キャンディーを入れてもらうバッグは日本人らしくハローキティちゃん。こっちで買ったのに、同じのを持っている子はいませんでした。イエイ♪ 後ろにはちゃんとデビルのしっぽがついてます。

bg061031-4.JPG bg061031-5.JPG
「おうちの前で写真撮るよー」と言ったら自分から階段に歩いていって下の段にちょこん。一度もどってきたので、「もう1回だけ!」とお願いしたら、今度は階段を上ってちゃんと違う背景ではいポーズ! うーん、モデルの才能あるかも???(チンクシャ笑顔は別にして…笑)

bg061031-6.JPG bg061031-7.JPG bg061031-8.JPG
Trick or Treatは2ヶ月上のお友達Abbyと一緒にショッピングモールでのイベントに参加したあと近所を周りました。上の写真はモールで。まだTrick or Treatって言えないし、コンセプトもわかってないので、結局車に乗ったりガチャガチャで遊んだりするのが一番楽しかったみたい^^; それでもバッグに色とりどりのキャンディがたまっていくのはうれしそうでしたけど。来年は元気に「Trick or Treat!」って叫ぶんだろうなあ… 2人ともバラバラの方向に脈絡なく走り出すし、とにかく動きが激しくて、右のが唯一のツーョット。Abbyちゃんはとってもユニークなお魚^^ この月齢で2人揃ってしまうといつもこう。どちらか1人が年上だとなんとか撮れるんですけどね。来年に期待!^^
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(7) | アメリカンライフ一般
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。