2007年08月25日

効果のない?タイムアウト

タイムアウトを始めて3ヶ月。効果は現在のところあまり出てません。特に、おもちゃを片付けないとか、するべきことをしないときに罰としてさせても全然ダメ。「やらないんだったらタイムアウトだよ!」と言うと、「たつ〜、Vちゃんたつ〜♪」と嬉々として走っていき、自分で立っちゃいますからね。しばらくすると歌をうたったり「ミミズさん、いっちゃったね〜、ばいば〜い…」とか何とか、想像の世界で遊び始めちゃって、反省どころかとっても楽しそう。

bg070728-1.jpg

これはカメラを向けたからポーズをとってるわけじゃなくて、こんな風に遊び始めたので開きなおって撮ったもの。もちろん、タイムアウト中。カメラを見たらさらに調子に乗り…

続きを読む
posted by エリー | ニューヨーク 🌁 | Comment(0) | 育児(2歳-2歳半)

2007年08月23日

そろそろ一人寝!?

母乳育児だったのと1歳まで全然寝てくれなかったのとで、うちはアメリカなのにわたしたちのベッドで添い寝。実際日本人ママはこちらでも添い寝派がほとんどですけどね。Jは最初は反対だったものの、慣れてからは「結構いいよね〜」なんて喜んでました。でもこれは女の子だからかな? 男の子のアメリカ人パパは嫌がるのが普通みたいです。

今までずるずると続けてきたのですが、娘もどんどん大きくなるし、相変わらず寝相も悪いので、夜中に蹴られるわ、ベッドから落ちそうになるわ(ママパパがね)で全然安眠できない。オムツもとっくに外れてるし、完全卒乳を促すためにもそろそろ自分のベッドで寝るクセをつけよう、と2週間くらいから移行作戦を開始してます。

急に自分の部屋のベッドへ寝かして、「はいオヤスミ」と言っても寝るわけないので、今までどおり一緒に横たわってオッパイで寝かしつけた後、そっと抜け出します。歯磨きが終わると、「あっちのベッドいく〜」と必ずわたしたちの部屋を指差しますが、「ダメダメ。こっちがVちゃんのお部屋でしょ。Vちゃんのベッドでおねんねだよ。」と連れて行くと、たいして抵抗もしないしすんなり寝てくれます。が…問題はこの後。

最近夜泣きはトイレを含めて1−2回まで減っていたのですが、移行してからは5-6回に急増。最初は泣くたびに部屋に行く、廊下の途中でつかまえて連れ戻す、わたしたちのベッドの横に来たところで抱きかかえて連れ戻す、を繰り返していたのですが、なんかもう限界。わたしが寝不足で疲れて果ててしまっていて、よじ登ってこられるまで気づかず、気づいてもそこで起き上がる元気がもうない。娘も泣けば連れ戻されることがわかってきたので、わたしが横にいないとまっすぐわたしたちのベッドに来てもぐりこんじゃうんですよね。しかし、なんでこんなに何度も起きちゃうんだろう? もしかしたら、眼を覚ますたびにわたしが消えているので、それが心配で安眠できないのかしら?

ここ2日は、すっかりだらけモード。一昨日は3回目であきらめて朝までわたしたちのベッドに寝かせちゃったし、昨日は連れ戻した後わたしが起き上がれず、朝まで娘のベッドで一緒に寝ちゃいました。ポティもわたしたちのベッドルームにあるトイレから、娘の部屋のすぐ横のトイレに移したのですが、毎日いつの間にか元に戻ってるし…(苦笑) まだ娘の心の中では準備ができてないってことでしょうね。ま、無理に押しても上手くいかないだろうし、気長にやってみます。それにしてもねみーよ。ふわわわわわ…。(気の抜けたアクビ)
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(4) | 育児(2歳-2歳半)

2007年08月20日

お隣の町営プール

これもリタの滞在中の話。お隣の町の町営プールに行ってきました。ここは今年2回目。20センチくらいのベイビープールから、ボートの流れるプール、2メートルの大人用のプールまで、6種類ものプールがあり、パラソルやデッキチェアも揃う充実ぶりですが、お値段もそれなり。特にわたしは町民ではなく、そこの税は払っていないので、大人$17+子供$14、〆て$31(3500円強)。しょっちゅうは行けません。ちなみに町民であれば半額。最初はリタも高いね〜と驚いてましたが、着いてからは「$17だけのことはある。十分元はとったし楽しんでる。」と何度も言ってくれたので、まあ相場なのかなあ?

bg070731-5.jpg

娘がほとんどを過ごすキッズプールで。リタと仲良くツーショット。浅瀬からだんだん深くなり、立つとちょうど首のところまで水が来ます。足が立たないのはまだまだ怖いようで、浮き輪やボートがないとわたしにかじりついて離れませんが、足さえ立てばへいちゃらなので、この深さは娘には最高! こういう中途半端な深さのところってわたしが知る限りここだけ。普通はもっと浅いか深いか。わたしにとってはそれがここの一番の魅力です。

続きを読む
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(3) | おでかけ

Sandy Hook ビーチ

昨日、今日と雨が降り続き、気温は最高でも17度。トレーナーを着ていても肌寒いくらいでした。遡って書いているのですっかりとんちんかんな話題になってますが、日本はまだまだ暑いようなのでちょうどいいかも? 海やプールを見て涼んでください(笑) さて、しばらく前に義姉のリタが休暇で3日間泊まりにきてくれていた時の話。4人で久しぶりにSandy Hook ビーチへ行ってきました。ここも2年前に行ったっきり。どうも去年はジャージーショアには行かなかったみたいですね。

bg070730-3.jpg

バケツをさして「洗濯じゃぶじゃぶ〜♪」と喜んでます。どういうことかと言うと…

続きを読む
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | おでかけ

2007年08月15日

ちゅうちゅうたこかいな

日本はまだまだ暑いのでしょうか? こちらは早くも秋の気配。昼間の気温はそれなりでも、真夏のぎらぎらした太陽とは違うし、空気も爽やかです。今日はお友達に招待されて会員制のスイミングクラブ(プール)に行ってきましたが、本格的な水遊びはこれが今年最後かもしれません。

さて、最近、娘のお気に入りTVにも変化が出てきました。まず英語版。英語にはなるべく触れさせないように、と以前は「Sesame Street」だけでした。でも、いまだにほとんど日本語で英語はさっぱり。結局、プレスクールに通い始めて周り全てが英語の世界になるまでは、そんなに神経質になる必要もなさそうと判断したので、3ヶ月くらい前から「Curious George」も見せています。きっかけはたまたまついていたら娘が食い入るように見ていたから。以来、「サルみる〜、サル〜!!」とうるさくて(笑) ジョージの突拍子もない行動は、猿ならでは、というよりも子供ならではの発想から来ていて、とってもユーモラス。わたしも十分楽しんで見ちゃってます。

そして日本語版。以前はNHK教育の「いないいないばあっ」と「おかあさんといっしょ」でした。ところが最近「いないいない」の方はそろそろ卒業らしくあまり見ない。たまに見たいときも「ふうかみる〜。ことちゃんきらい〜」とか言うし。ちなみに「ふうか」は3月までの女の子で、4月からは「ことちゃん」にバトンタッチ。「ことちゃん」がかわいくないわけじゃないんだけど、「ふうか」があまりにも素晴らしかったので、正直見劣りしちゃうんですよね。2歳児にとっても「ふうか」独特のフワフワほんわかムードは忘れがたいらしい。

そこで替わりに登場したのが「ピタゴラスイッチミニ」「にほんごであそぼ」。「ピタゴラ…」ではシュールな「アルゴリズム体操」と「今日の手順」が好きで、「にほんご…」では、おじいちゃんおばあちゃんが方言でべらべらしゃべるコーナー(何言ってるんだかわたしにもわからん)以外は全部大好き。最初に見せたときにちょうど「ちゅうちゅうたこかいな」という言い回しをとりあげていたのですが、これが妙に気に入ったらしく、以来この番組の名前は「ちゅうちゅうたこかいな」になってます。最近、せがまれてこればっかり見せているので、「おかあさん…」すら影薄し(一日の視聴時間は1時間以内に押さえています)。NHKのサイトによると、4歳から小学校低学年を対象にしているそうですが、程度はかなり高いです。「中喜利」のコーナーで「ものの数え方」をやってましたが、わたしでさえ知らないものがあってぎょっ。たんすは一棹、二棹、引き出しは一本、2本と数えるらしい。…引き出しは一段、二段かと思ってました。わたしに学がないだけ??? まあいずれにせよ、勉強になりますです、はい(汗)。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(0) | トライリンガル教育

2007年08月10日

甥っ子エイダン2歳の誕生会

エイダンの誕生会は去年と同様に今年もビーチクラブで。生憎わたしは体調が優れず、ダディはプール大嫌い(海だけじゃないのよね〜)なので二人とも水着はなし。最近なつき始めたリタに期待したのですが、娘はどうしてもわたしと一緒でなければプールには入ってくれず、この日はほとんどビーチハウスのある砂浜で遊んでました。慣れない場所、大勢の知らない人っていうのもあったかも。物事がわかり始めた分、気後れしたり恥ずかしがったり、ということも多くなりました。人見知りとはまたちょっと違う反応です。

bg070726-6.jpg

主役エイダン。のんびり屋で娘とは正反対の性格。カメラを向けるといつもにっこり。ケーキをむさぼり食った結果、口の周りがドラキュラもどきになってますが、金髪の巻き毛に青い眼、とまさにエンジェルルック。

続きを読む
posted by エリー | ニューヨーク ☔ | Comment(0) | ファミリー

2007年08月08日

おばあちゃんがくれた〜

また1週間近くあいちゃいました。時間が全くないわけじゃないのですが、暑さのせいか年のせいか(!?)すぐ疲れてしまい、娘が寝付いたあとはカウチに寝そべってTV見ながらぼ〜っとしちゃうのが常。娘はと言えば、水着で生活してるんちゃう?っていうくらい元気に水遊びの日々。海、プール、スプレイパーク…どこも出かけない日はデッキのベイビープール、と水着なしの日は1週間に1度あるかないか。プレゼントもいれると今年は5種類の水着を持っていますが、もうフル回転。

タイトルの「おばあちゃんがくれた〜」。ここ数日間の娘のお気に入りのフレーズです。日本の絵本をおばあちゃんが契約して送ってくれているので、娘が乱暴に扱うたびに、「おばあちゃんがくれた本だよ。大事にしないとダメでしょ。」と言っていたのから来たんだと思うのですが、突然、家中のものに対して、「これ、おばあちゃんがくれた〜。」を連発。母は他にもいろいろ送ってくれているので、実際そのとおりのものもあるのですが、それも10回に1回くらい。何せ、ペットボトルの水、手を洗うために最近買った台所のステップ、果てはイスなどの家具まで手当たりしだいですからね。最初は「それはリタおばさんが持ってきてくれたの。」「これはママがこの前お店で買ったの。」と言い直していたのですが、もうキリがない。「おばあちゃんが送ってくれるのは日本のものだけよ。アメリカのものはこっちでママが買ってるの。」と説明したところで、全然わかってないし。そのうち、世界地図を見せながら、ママは日本で生まれて、アメリカに来てVioletが生まれて…と教えてあげないとね。さて、どれだけ理解できるやら?

ついでに最近の娘の口癖をいくつか。

「ぼく」「ぼくの」 日本人の友達は男の子が多いせいか、名前以外では自分のことをこう呼び始めました。「ぼくは男の子。女の子は”わたし”。」と言うとその時だけ治りますが、すぐまた「ぼく」… ちなみに英語では「I」や名前では呼ばず、「Baby」と呼んでます。

「ピシピシッ。ピシピシッ。」 指で撃つマネをしながら。甥っ子か友達か、いずれにせよこれも男の子からですねえ。キュートだけど、マジメに叱っているときに顔に向かってされると本気でむかつきます。

「あっちいって!」 叩いたりしたときに叱ると言います。自分が言われる前に言っちゃえって感じ。あとはトイレに行ったとき。最近トイレにもステップを買ってあげたので自分でよじ登れるようになり、気づくといつの間にか一人で行っていることが多くなりました。でもちゃんと拭けずにかぶれたりするので、一応チェックしようと様子を見に行くとこれ。かわいくないね〜。

「なにやってんの!」「じゅんばんこでしょ!」 咎め口調です。わたしがいつも言うのとまったく同じで笑っちゃいます。ビール飲んでたり、お料理してたり、娘にはさせられないことをしていると、「Vちゃん、ばん。じゅんばんこでしょ!ママ、ダメ!」と怒られます。う〜ん、なんか変…

「ぴいぴいぴいぴいなかない」 あまりにも些細なことで泣くクセを止めさせようとその都度言っていたら、自分で言うように。でも泣くのを我慢して言うんじゃなくて、泣きながら言うんですよねえ。意味ないって、それじゃ。「Vちゃんなきむし〜」とも。周りの人に「自分で言ってりゃ世話ないよね。」と笑われてます。

「まえみて、したみて。」 コケたり、足をぶつけたりする度に泣きながら。これもわたしの「歩くときは前見て、下見て。周りをよく見れば転ばないよ。」の受け売りです。「言ってるだけじゃダ〜メ、ちゃんとやらないと。」と教えてますが、まだまだ無理そうですねえ(苦笑)
posted by エリー | ニューヨーク ☔ | Comment(0) | トライリンガル教育

2007年08月02日

キティちゃんバッグ

娘はしょっちゅうママのバッグを肩や首にかけて走り回ってはいても、実際にバッグを持っての外出はできませんでした。持たせてあげてもすぐにポイっ。ところが、先日、甥っ子エイダンのバースディパーティの朝、おもむろにキティちゃんバッグを取り出しかと思うと、いそいそお出かけの用意。

bg070726-1.jpg

バッグは義妹アンジェらから2歳の誕生日にいただいたもの。中身はセットになっていたキティブラシ、髪留め、ブレスレット、セサミストリートのバンドエイド、擦り傷につけるお薬…とここまではよかったのですが、なぜか「Candy's Apple House」のお人形と小物たちも詰め始めました。そんなの持ってってどうすんの〜?(笑)

続きを読む
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | 育児(2歳-2歳半)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。