2008年01月31日

怒鳴らず子育てできれば理想なんだけど…

怒鳴らず、カリカリせず、いつも笑顔でほんわか子育て…な〜んて、理想的だけど、とても無理。少なくとも娘とわたしの場合には(苦笑) 

娘はかな〜りやんちゃです。生まれたときからそうでした。かわいい顔?に似合わず、きいきいぴーぴー、カンが強いタイプ。ちょっと見にはわからないけど、他の方のお宅へお邪魔したりすると、あっちこっちドタンバタン、ありとあらゆるものに触りまくり、「まるで男の子みたい。これじゃあ大変だね。」とよくあきれられてました。

怒鳴りたきゃないけど、何度普通に注意しても聞かない。結果、最終的には怒鳴るしかない、というパターン。環境が変わって調子が狂ったか、日本に里帰りしたときが一番ひどく、しょっちゅう怒鳴ってて、母にも「そんなこわい声出しなさんな。」とたしなめられてました(苦笑) それでも最近はだいぶ会話が成立し、聞き分けられるようになったので、怒鳴る回数も一日平均1-2回まで減ってほっとしてます。(叱るのはもっと多いですよ〜。) 

一応、わたしなりに、怒鳴っていいときと悪いとき、というのがあります。しょうがない、と思うのは、娘が異常に興奮してて、普通に言っても全く耳に入らないとき。例えば、「ぎゃ〜っ」と叫びながら洗濯ものをたたんだ山に突入し、蹴散らすとき。出かける前にコートを着せようとすると、奇声を上げて逃げまくるとき。ハイパーになっていて、注意するとますますエスカレートし、大声出さなければわれに返りません。

逆に失敗した、と思うのは、明らかにわたしの忍耐が足りなかった、またはこっちの勝手な理由で怒鳴っちゃったとき。例えば、お菓子作りの最中。3回ふるっておいておいた粉類を、ちょと目を離したすきに、ぐちゃぐちゃに。周り中に撒き散らし、コーヒーメーカーも粉だらけ。「触っちゃダメって言ったでしょ! 言うこと聞けないなら、もうケーキ作るときは近くに来ないで! あっち行ってて!!」 かっとして一喝。

わたし自身、慣れないことやっていて余裕がない中、一緒に作りたがる娘のために、いちいち説明しながら、出来ないところも無理してさせながらやってるわけです。一人でやった方が、本当はずっと簡単なのに。なんでそれがわかんないの! とカチンときたのですが、よく考えたら(考えんでも?)、お菓子作りは自分の道楽なんですよね。娘が作って、と言ったわけじゃない。彼女は本当はパズルやレゴや塗り絵をして遊んでほしいのです。それをわたしが自分の趣味につき合わせているだけ。卵を見れば割りたいし、砂糖を見ればなめたいし、粉を見ればかき混ぜたい。2歳児の当然の欲求です。

「娘と一緒に楽しくお菓子作り♪」のつもりだったのに、逆にストレスためてるんじゃ、意味ないです。やる資格もない…と反省。今のわたしの一番大切な仕事は、子育て。それをちゃんと踏まえた上で、娘のせいで失敗しても、それはそれ、娘がまたひとつ新しいことを経験したんだから、いいじゃん、くらいに思ってやらないとダメですね。結果を追求するのは、娘がもう少し大きくなってから、あるいは夫に見てもらってて一人でゆっくり出来たとき、にしようと割り切りました。

ところで、怒鳴りそうになったときに怒鳴らなくてすむ方法。当たり前みたいなことなんですけど、「深呼吸」する。かっ、いらっと来たら、すかさず深呼吸! これが簡単なようで、意識しないと出来てないもんなんです。そして、意外と効くんです。コツはゆっくりすること。座っていたら、「ふう〜っ」と声を出して。立っていたら、手をつけて大げさに。そして深呼吸してるときはそれだけに意識を集中。たった数秒のことだけど、し終わると不思議と落ち着いているし、2歳児相手に真剣に怒ってどうするよ、と思えるんですね〜。しかも、最近は娘も「いやいや、きーきー」言ってても、わたしが「は〜っ」と始めるだけで大人しくなることもあり! ここで止めないと次は怒鳴られる、って空気で感じるのかしら(笑) 反抗期その他でカリカリしている方、試してみて〜♪

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(22) | 育児(2歳半-3歳)

2008年01月30日

膨らまず! チョコレートカップケーキ

bg080130-1.jpg

Teapotさんのレシピを拝見し、簡単そうだったので作ってみましたが、大失敗! 全然膨らみませんでした。最初の卵と砂糖を混ぜるところで、「ふんわりもったり」まで持っていけなかったのが敗因。卵を冷蔵庫から出したばかりだったので、湯せんにかければよかったんだと思います。粉類を振るい入れ、溶かしバターを入れて混ぜたら、たらたらと流れるような生地に。あちこちにボタボタこぼしたながら型に入れ、これはおかしいと感じながらもとりあえず焼いてみました。結果、案の定、膨らまず。紙からもきれいにはがれませんでした。

写真のように、先日のロールケーキのあまりのクリームをホイップして添えてみたら、けっこうおいしかったです。でも、今までで一番の失敗作でした(苦笑) 近いうちにリベンジしますよ〜!!

ところで、何度か書いていますが、夫は好き嫌いが激しいです。食べれるものがほとんどなく、すっかり料理熱が冷めていたのですが、マフィンを焼いたら、ぱくぱく。フレッシュでおいしい、と大喜び。それがうれしくて、お菓子作りが楽しくなってました。でも、問題はカロリー。ものすごい砂糖とバターの量ですよね。甘いものは一切買わないようにはしたし、市販のものより甘さは控えているけど、元々わたしも娘もお菓子をあまり食べないので、どうしても普段より摂取量が増えてしまいます。作ったら、やっぱり食べちゃうしね。

さ〜て何か考えなくちゃ、ということで、とりあえずジュース類は水に変えてみました。でも、だからってやっぱり毎日のようには作れない。しかも、夫はお菓子にも結構うるさかった。果物やクリームを使ったものは嫌い。先日の苺ロールケーキも一口も食べなかったし、今度作ろうと思っているブルーベリーマフィンも聞いただけでパス。すると、もっとわたしと娘が食べる羽目になっちゃいます。

そう考えると、一番いいのはパンを焼くことなんですよね。うちは朝はパン食だし、夫は昼や夜食にもよく食べます。結果、パンは大量に買っているので、それなら毎日焼いてもOK! ただ、パンはお菓子よりもっと難しいのでは? わたしにはまだ早いと思うのですが、どうなんでしょう? 実は凝り性なので、週に2回くらいしか作れないお菓子では、どうも間が持たないんです…(苦笑)

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(21) | 手作りお菓子

2008年01月29日

またまた治療済みの歯が虫歯に(泣)

bg080129-2.jpg

恐竜ちゃんの口をこじ開け、「がしがし」と歯を磨く娘。「右の奥の外側、内側、上、ハイ次は前ね〜。」と練習するのにぴったり…。そう、ま〜た歯医者に行ってきたのです。去年は根幹治療を含め、計5本もの歯を治療。うちは歯の保険に入ってないので、20万円以上かかりました。(詳しくはこちらの記事をどうぞ。) 今年は歯医者には行かないゾ!と気合を入れていたのに、早くも奥歯の銀キャップがぽろっ。もうがっかり。

今回は痛みもないし、とれたキャップをまたかぶせてもらえるかな、なんて甘い期待を抱いていたのですが、見てみたら、トンネルのような深く長い虫歯が発覚。とりあえず普通の詰め物をしてもらいましたが、歯髄ぎりぎりまで削ったので、痛みが出るかもしれない、そうしたら根幹治療しかない、と言われました(泣) 昨日の夜は痛み止めを飲んでも痛くて痛くて。でも今朝は収まっているので、大丈夫かもしれません。お願い、何とか持って! また根幹治療なんて精神的にも経済的にも打撃が強すぎです。

しかし、歯は怖いですね。去年から歯磨き、フロス、リステリン、と可能な限りのケアをしていますが、治療済みの歯は中から悪くなってきます。歯医者さん曰く、きちんと治療していれば30年たっても大丈夫、でも完全にきれいにしないままで蓋をしたりすると、こういう風に中からまた悪くなるとのこと。特にキャップをしている歯は、レントゲンでも写らないので痛みがないと見つけるのが困難。今回は、キャップがとれたおかげで逆によかったのですが、とれないと痛みが出るまで気づかず、痛みが出ていれば歯髄まで侵されているので自動的に根幹治療、となるのです。去年のパターンがこれでした。

bg080129-3.jpgbg080129-4.jpg

さて、歯医者はNYだったので、帰りに甥っ子たちのバスケットボールの練習を見に行きました。公立小学校の体育館を借りてやっています。週に2回、コーチはボランティアのお父さん。この日は義妹メアリーの夫ジョンの番でした。こういうの、日本とは違いますよね? <左>コートの外でドリブルする娘。ボールが重く、空気があまり入ってなくて弾まないので難しい。すぐ前に行ってしまい、3回くらいしか出来てませんでした。しかもボールが固いので、何度も「手が痛い〜」と泣きべそ。だったらやめればいいのに、懲りずに繰り返す。いかにも頑固な娘らしい行動^^; <右>弟たちのつきあいで来ていた11歳のジョンと2歳のエイダン。ジョンは最近ぐっと大人になって、ちびっ子たちの面倒をよく見てくれます。わたしに対してもよく話すようになりました。

この後は義妹アンの家に行き、義姉リタが持ってきてくれたアイリッシュソーセージで簡単ディナー。前はクイーンズまで行かないと手に入らなかったのですが、最近、ブルックリンでも売り始めたそう。これ、クセになるおいしさなんです。外がガチガチの焼きすぎだったのですが(なぜかリタの料理はいつも焦げている…笑)、滅多にありつけないJとわたしはすごい勢いで平らげちゃいました。今度、わたしたちも買いに行こうっと。

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(8) | アメリカンライフ一般

2008年01月27日

プリKから始めることにしました

アメリカは一般的に、小学校以前は、プリスクール(3歳保育)、プリK(4歳保育)、キンダー(5歳・幼稚園)になってます。プリスクールは場所によって途中から入れるところもあるみたいですが、普通は9月からで、そのためには今、レジスターを済ませないといけません。アビーたちプレイグループの子も、甥っ子エイダンも、仲のいい子たちはみなすでに登録。顔見知り程度だと、行かせない子たちも数人知ってますが、最近では珍しいです。

わたしも、周りに押されてしばらく迷っていたのですが、行かせないことに決めましました。うちは、来年の9月、プリKから始めるつもり。娘は3月生まれなので、来年の9月には4歳半です。

行かせないことにした主な理由。

1.必要性を感じない。娘は十分社交的だし、友達もいるし、覚えも早い。それほど学ぶことはなさそうだし、集団行動など遅れていても、多分すぐ追いつくはず。(←ほんとか?笑)

2.英語の上達を抑えたい。プリに行けば、わたしはいないので、全てが英語。ただでさえ、どんどん英語を話し始めてる娘。今年の9月時点では、一体どうなってるんだろう???

3.面倒(笑) 何曜日の何時に、と決められるのが苦手なんです。いずれ嫌でもそうなるので、今のうちはもう少し自由でいたい。わたしのテニスやプレイデートなど、すでに決まった曜日に予定が入ってます。これ以上いれると、お友達と時間を合わせるのが難しくなってしまうので。

4.娘とできるだけ長く一緒にいたい。これは微妙なんですけどね(笑) ず〜っと一緒に居ると疲れます。でも、あっという間にもう3歳! こんな風にしていられるのもあとちょっとです。次を作らなければ、子育てはこれが最後。可能なうちに、うんざりするほど楽しんでおいた方がいいかなあ、と。単に子離れできてない、という話も…^^;

ちなみにわたし自身は、あの当時は珍しかったミッション系の三歳保育に行きました。ぼんやり覚えているのは、聖書の時間、おやつの時間、お昼寝の時間。お昼寝は、母が寝袋とタオル地のくまちゃん枕を作ってくれました。寝袋は紺に小さいお花模様だったはず。くまちゃん枕はお目目がくりっとしていて、かわいかった。いつも一緒に寝ていたし、悲しいときは涙をいっぱい吸ってくれました。ライナスの毛布状態。真っ黒ボロボロになってもしがみついていて、最後はあまりの執着ぶりを心配した両親にとりあげられちゃいました(苦笑) わたしはだいぶ大きかったはずだけど、いったいいくつだったんだろう?

教育熱心だった両親のおかげで、その後、幼稚園受験をして国立大付属に入り、そのまま内部受験を経て高校まで。大学は一般受験で東京の私立へ行きました。出来る限りのよい教育を受けさせてもらって、両親には感謝。でも、娘は、ちょっと違った感じで育てようかな〜と思っています。今のところ、小学校-高校は公立に行かせ、多分大学も州立へ(←気が早い?)。 この辺の学区は特によくもなく悪くもなく普通なので、私立に行かせている人や、ハイレベルな隣の学区に引っ越す人もいます。でも、わたしたちは、普通で十分、と思うのです。もし、娘に何かしらの才能があれば、いずれ娘の方から、もっといいところへ行きたい、と言うはずだから。それを待てばいいかな、と。

友人の子供で、とっても優秀な男の子がいます。彼も普通の公立に行っていたのですが、どうしても周りのレベルの低さに我慢ができず、高校から受験して私立に変わりました。本人曰く、「今はよいライバルに囲まれて、毎日が刺激的。とても楽しい!」んだそう。わたしにとっては、理想的なパターン。親にやらされたわけではなく、自分で望んで努力した結果だから、モチベーションも高い。高校に入ってからもその先も、ますます頑張れると思うのです。

わたし自身は、親の敷いたレールを歩かされている、というネガティブで息苦しい気持ちが拭いきれず、大学入試を突破した時点で燃え尽きてしまいました。結果、ぜ〜んぜん勉強せず。日本の大学は甘いから何とか卒業はできたし、大学の名前に助けらたことも多々あったけれど、恥ずかしくて専攻はとても人には言えません(苦笑) せっかく受けさせてもらった教育だったのに、本来の「学ぶ」という意味では無駄にしてしまいました。今考えると、もったいないことをした、両親に申し訳なかった、と思います。

小さい頃から、才能を伸ばすベストな環境を整えてあげるか、特別なことはせず、リラックスした中で自然に「ヤルキ」の芽が出るのに見守るか。どっちもどっち、一種の賭けですよね(笑) 「栴檀は双葉より芳し」「玉磨かざれば光なし」というのが両親の口癖でした。でも、「大器晩成」っていうのもあるしね〜。ま、のびのび育って! 別に世間一般的には成功しなくても、自分の道をしっかり持って、生き生きと輝いてくれていたら、母はそれだけで満足♪ ただ、くれぐれも、変な男にだけはひっかからないようにね〜!!(←これが実は一番心配だったりする。女の子だからね^^;)

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(19) | 育児(2歳半-3歳)

2008年01月25日

ストレス発散! キッズジム体験クラス

近所に新しくオープンしたキッズジムが、$3で体験クラスを開いてくれたので、行ってきました。25人くらいのママと子供たちが来てました。うちは習い事は5歳くらいから、というのんびり派なのですが、とりあえずの下見+話の種+気晴らしに、体験ものは積極的に行っています。

ここは冬は寒くて外遊びが出来ないので、「キャビンフィーバー」にかかった子供たちは大喜び。娘もたまったエネルギーを少しは発散できたかな? もう、ここのところ毎日、「ママ、走って!」と家の中をぐるぐるぐるぐる走らされ、「きゃ〜っ」と追っかけまわされているのです。「疲れたよ〜」と言っても「もっと、もっと!」とキリがない。へとへとだったのですが、今日はさすがに言わなかった(苦笑)

bg080125-1b.jpg

鉄棒にぶら下がってぶら〜ん、ぶら〜ん。

bg080125-2.jpgbg080125-3b.jpg

マットの上で、どたんばたん跳ね回る娘。どれもこれもピンボケ。いいカメラが欲しいよ〜。

bg080125-4.jpg

空気を入れて膨らませる、大きなふかふかベッド? 列をついて一人ずつぽんぽん走るだけなので、待つ時間が長く、あっという間に終わる。娘は、これでは物足りませ〜ん。もっと高度なことして(笑)

bg080125-5.jpg

お揃いのボールを持って、半年下の男の子といい雰囲気。しばらくこんな感じでイチャイチャしてました(笑)

これ以外にも、パラシュート、鈴、歌など、スタッフが仕切って盛りだくさんでした。ここは、何より、全てが新しく清潔! 窓も大きくて明るいし、スタッフもよく教育されていて親切。いずれ行かせるなら、ここかな〜、なんて思いました。

実は、1年近く前にも、別のジムの体験クラスに行ったことがあります。最近は英語がわかってきたのもあって、そのときよりはマシでしたが、まだまだ指示に従えず、個人行動が目立った娘。まあ、そのうち、プリK(4歳保育)に行くようになれば、嫌でも集団行動がとれるようになるでしょう。遅れてても、周りの子達が教えてくれるさ。と、あくまでのんきな母でした^^

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(13) | 育児(2歳半-3歳)

2008年01月24日

お・絵・描・き・上手かな〜!?

タイトルは「歯・み・が・き・上手かな〜?」の節回しで読んでください。「おかあさんといっしょ」を見てない人には何のことやら…ですが(笑)

さて、娘のViolet。1歳半くらいからクレヨンを持たせ始め、2歳前には、もう簡単な顔を描いてました。周りにも早い、すごい!なんておだてられ、絵の才能ある〜?と思ったり(←単純バカ)。ところが、その頃からテーブルや壁やじゅうたんに落書きするようになり、何度言っても止めない。うちはじゅうたんも壁も白いので掃除が大変。それからは、クレヨン禁止→ちょっとやらせてみる→落書き→禁止→やらせてみる→落書き→禁止、っていうのを2週間ごとに繰り返してました。

そのせいか、娘のお絵描きは全く上達せず。いつまでたっても丸い顔に目と口しか描けない。この前、里帰りした時、母が年齢別にきちんと整理してとっておいてくれた、わたしの子供の時の絵を見せてもらいました。すると、2歳半で、すでに髪の毛、からだや手足、お花も描けている! なんだ、わたしの方が上手かったんじゃない、娘には別に才能も何もないんだわ〜、とがっかり(苦笑)

里帰りから戻り、やっと落書きしなくなったようなので、またクレヨンを好きなときに使えるようにしてみました。すると、突然変化が! 花、バナナ、など顔以外にも簡単なものを描くようになり、色も今までの一色から多色使いに。やっぱり、やらせないとダメなんですね。って当たり前か(苦笑) 顔にはこっちが飽き飽きしていたので、バラエティが出てきたのはとってもうれしい。

bg080124-1b.jpgbg080124-2b.jpg

上のは、心配無用のお絵描きボード。まず線を引いて、さめの包丁とぎをぺたっ。それを3回繰り返し、何をしているのかと思ったら…

bg080124-3.jpg

じゃ〜ん! 「ペロペロキャンディー♪」だそうです。なるほど、さめの包丁とぎの裏はマグネットになっているので、押し付ければ痕がつくんですね。たまたま遊んでたら発見しただけでしょうけど、子供って頭が柔らかいわ。わたしには全然思いつかないワザでした。

bg080124-4.jpg

オマケ。これでも娘にしては上出来なの。顔が丸から四角になって、ほっぺた、鼻、耳もついたんだから(笑) 最近は、手と足も、顔からだけど出るように。からだを描き始めるのはいつかな〜? 
------------------------------------------------------------

ところで昨日の苺ロールケーキ。今日、残りを切ってみたら、昨日よりクリームが固まっていてしっかりしてました。沢山入れた苺もよく見えていたので、TOP写真のみ、差し替えました。こっちの方が、ずっとおいしそうでしょう???^^ (形は三角だけどね)

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(12) | 育児(2歳半-3歳)

2008年01月23日

甘酸っぱい春の香り! 苺ロールケーキ♪

bg080123-10.jpg

とうとう作りました、ロールケーキ! プロの目から見れば一目瞭然だと思いますが…失敗でした(笑) スポンジはぼこぼこ、クリームはだれだれ。どっちも初挑戦のわたしには、やっぱりハードルが高かった〜。しかも丸じゃなくて三角だし(苦笑) 12時前から始めて、途中お昼作って食べたりもしましたけど、巻き終わって冷蔵庫に入れたのが4時すぎ。もう、ぐ〜ったり、でした。

(注)翌日切ってみたら、クリームがもう少し固まってしっかりしていたので、上の写真、差し替えました。当日はもう疲れていて写真どころじゃなかったし、せっかく沢山入れた苺も見えてなかったし。ね、苺いっぱい、おいしそうでしょ〜?(笑)

bg080123-4.jpgbg080123-5.jpg

<左>まず天板が大きすぎ。計算したつもりだったのに(涙) 9x13インチのものでちょうどよかったです。使用したのは10x15インチ。小麦粉は3回ふるったものの、入れるときにふるい忘れたのがたたったか、上手く混ざらず。不安なまま流しいれたら、案の定、気泡だらけじゃ〜。 <右>180度で12分くらい。うすべったくなってしまい、表面もでこぼこな焼き上がりに。

bg080123-6.jpgbg080123-7.jpg

<左>ハンドミキサーで泡立てるつもりが、低速にならず、周り中にクリームが飛び散って大変。買ったばかりのミキサーはもう壊れたらしい。安物はこれだらかね〜。しょうがないので、Jの年代モノのスタンドミキサーにかけてみました。写真は苺ピューレを入れたところ。これがまた苺を煮詰めずそのまま混ぜたせいだと思うけど、クリームがゆるゆるで固まらない(涙) <右>流れるようなクリームをヤケクソ気分で塗り、苺をおき、なんとか巻いてラップしたところ。クリームがしっかりはみ出してます。表面にデコするのなんて、夢のまた夢。

今日もVioletはず〜っと一緒。卵を割るところから始まって、ふるった小麦粉になめたスプーンを突っ込んだり、苺やクリームを盗み食いしたり…お手伝いって言うより邪魔しまくりでした。マフィンなど簡単なものはいいけれど、私自身があーでもない、こーでもない、おかしい、なぜ!?と四苦八苦するものは、一緒にやるとやっぱり気が狂います(苦笑) スムーズにお膳立てしたり、構ってあげたりできないので、娘も飽きてくるんでしょうね。

途中で放り出したいのを我慢してなんとか最後まで終わり、さて、いざ試食。切り分けようとしたら、思ったとおり、柔らかくて上手く切れない。どうするよ!?とまたPCとにらめっこし、包丁をお湯につけて暖めてから切ったら、あら不思議、きれいに切れました。この裏ワザ、使えます。ただ、元々クリームがべちょべちょなので、あっという間に室温で溶け出してしまい、ケーキがフラフラ。写真の構図を考えるどころじゃな〜い。

でも…でもですね…味だけは、おいしかったんです!!! 甘さ控えめのふわふわスポンジに、フレッシュな苺クリーム。苺もごろごろ入れたし、みずみずしい甘酸っぱさが口いっぱいにふわ〜っ。お客様には出せないけれど、自分たちでいただく分には十分いけてるかな?^^;

娘も、「おいしいね〜っ。すごくおいしいね〜っ。」とにこにこ、パクパク。しかも、ちょっと落ち込み気味のわたしに、「ママちゃん、今日はがんばったね。えらかったね。よちよち。チュッ。」なんてしてくれました(笑) 単にわたしのマネなんでしょうけど、それでもうれしくて元気が出ました。親のわたしでさえそう感じるわけだから、子供が、親に誉められてヤル気になるっていうの、当然だな〜、って改めて納得しちゃいました。

スポンジの気泡を減らして滑らかに焼くにはどうすればいいんだろう? 何枚も焼いてみて、コツをつかむしかないのかしら? いくつか反省点もあるし、近いうちにリベンジしてみたいけど、次回はバナナロールにします。苺はわたしの腕にはもったいない^^; 今日のレシピは、Marimoさん とTeapotさん のところからお借りしました。ありがとうございました♪

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(14) | 手作りお菓子

2008年01月22日

週に1度のテニスでリフレッシュ!

今日は週に1度のテニスドリル(レッスン)の日でした。1クラス4人、1時間半で35ドル。室内だし、この辺の相場だけど、高い… ゴルフならともかくテニスに月に140ドル? それでもまだ上手くなればいいのだけど、これがもうぜ〜んぜん上達しない(涙)

先週はすごく調子がよくてスマッシュもバンバン決まったのに、今日はまたミスの連続。そもそもメンバー4人のうち、わたしは一番下手なのです。ゲイルはパワーヒッター、ルバータはスピンをかけるのが上手、リンは手のわずかな動きのみでアングルをつけられる、と皆、何かしら武器があります。わたしはと言えば、以前は走って何でもとるのがせめてものとりえだったけど、最近、みな上手く球が早くなってきたのか、わたしが鈍くなってきたのか、それも追いつかず。たかがテニス、されどテニスで、今日みたいに調子が悪かった日は一日気分が沈みがち。逆に上手く出来た日は、ずっとルンルン♪(苦笑)

娘がまだ0歳のときに始めてかれこれ2年あまり。途中でクラスがなくなったり、コーチやメンバーが変わったり、いろいろありました。一時は、休んだ場合のお金のことでメンバーたちともめたことも。何度もやめようと思いましたが、そのたびにJに、「テニスは、君にとって、子育てを忘れられる唯一の自分の時間だから大切にすべき。そのためなら全然高くない。」と言われて続けてきました。今では、ごたごたも一段落し、コーチとメンバーも最高、と安定しています。

たしかに、週に1度、娘のことをすっかり忘れ、ただ白い球だけを追いかけられる時間があるのは幸せです。買い物をして、帰ってきてシャワーを浴びると、心もからだもリフレッシュ。午後は、ゆったりした気持ちでキーキー娘と向き合えます^^ それもこれも、思いやりのある旦那様のおかげですね。感謝しなくちゃ。 あーでも、これでもうちょっと上達すれば、最高なんだけどなあ…(笑)

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。今日も読んだよ、とついでにポチっとお願いします♪ ただいま「ハーフ育児」に参加してます。今日は4位でした^^
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(8) | テニス

2008年01月21日

A,B,C,D,E,F,G♪ もう英語は止まらない

娘の英語が急に伸びてきてから1ヶ月あまり。プレスクール(保育園)も行かせてないのに早すぎる、こんなはずでは…と焦りました。でも、こっちがどう思ったところで、娘の英語吸収を止めることはもうできないんですよね。

「ABC」の歌も、歌い始めたな〜と思っているうち、あっという間に全部できるようになっちゃいました。「L,M,N,O,P」のところは早いのでもたついてますが、最後の「Now I know my ABCs, next time won't you sing with me?」もちゃんと歌います。ちなみに日本のバージョンはこちらのとは別。日本のは全部均等に歌ってますが、アメリカのは、LMNOPと一気に続けて歌うのです。ついこの前まで、「ちょうちょう」「おおきなくりの木の下で」「げんこつやまのたぬきさん」とかだったのに、「ABC」やら「Twincle, twincle…」やら最近は英語の歌ばっかり。

まあ、英語ができるようになって、よかったな、と思うこともあります。まず、ダディと会話ができるようになった。今まではわたしと娘だけが話していたので、しつけはほぼ100%わたしの役目。わたしが厳しく叱っているとダディは全く蚊帳の外になってしまい、わたしとJの間で、多少誤解や摩擦もありました。わたしも感情的になっているときには娘と向き合うことで精一杯で、いちいちそれをJに訳している余裕はなかったのです。でも、今はJが直接娘に聞けるからか、自然に、2人が同じスタンスで娘に対することができるようになりました。

娘と友達のかかわり方も変わってきました。先日、アビーが遊びに来たとき。ちゃんと2人で会話をしながら、一緒に遊べてました。「チキンを買いに行くの、次はジュースを買いに行くの。」と言いながら電車ごっこをしたり、「お腹すいている? ピザ作ったよ、食べて。」と言いながらキッチンで遊んだり。3歳になると、大人とだけではなく、子供同士で話せるようになり、並行遊びから交わり遊びに変わって行きます。もし英語ができなければ、娘は仲間に入りづらくなってしまったかもしれません。

あとは、いかに日本語をキープするか、です。最近、わたしに対する返事も、「はーい」から「OK」に変わってきました。小さいことだけれど、わたしは毎回、しつこく言いなおさせてます。最初はイヤイヤからか「Vちゃんは英語話すの!」と拒否反応でしたが、粘り勝ちだったようで、ここ数日は「OKはダディちゃんにね。ママちゃんには日本語だからハイね。」と自分で言ってます。カウチに横並びに座っていて顔を見ていないと、突然、英語で何やら話し出すこともあるけれど、必ず言い直させます。「ママちゃんは日本人だから。日本語しかわからないよ。英語で言っても返事しないからね。」とそのたびにしつこく、ねちこく…(笑)

週末の日本語の補習校。思い切って3歳の幼稚部から行かせようかとも考えたのですが、それはとりあえず止めました。というのも、実際に通わせている方に話を聞いてみたら、定員15人のうち、13人がうちと同じ国際結婚組み。ほとんどの子が英語が第一言語になっていて、クラスでは英語が飛び交い、先生が、「ここでは日本語だけです〜!!」と怒鳴っている状態だとか。それじゃ意味がないですよね。国際結婚の場合、母親が日本語で通していない、あるいは働いているのでデイケアや夫の両親に面倒を見てもらっている、という家庭が多いらしく、うちのようなパターンは珍しいのだそう。一気に熱が冷めてしまいました(苦笑)

人間、誰しも得意、不得意分野があるように、言語にも、長けている子、苦手な子がいます。娘の場合、同じ環境下で比べると、日本語、英語ともによく話せるし、平仮名、アルファベットも早くマスターしました。もしかしたら、言語に強いのかもしれません。だったら、母親のわたしだけの努力でも、大丈夫かもしれませんよね!? …と、ここは楽観的に考えて、見守ることにしました。日本の絵本を読んで、日本のTVを見せて、日本食を作って、日本のおもちゃで遊ばせて、日本の季節行事もして…総合的に、「ねちこく」攻めてみたいと思います!!(笑)

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。今日も読んだよ、とついでにポチっとお願いします♪
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(12) | トライリンガル教育

2008年01月19日

こんがりしっとり! チョコチップマフィン

bg080119-1.jpg

今週はお客様が多く、ほとんど毎日誰かをお招きしてました。今日は大人の方たちだったので、ロールケーキに初挑戦しようと昨日材料を全部買ってきたのですが、今朝になって断念。な〜んと天板がなかったんです(笑) いかにも初心者の失敗ですよね。使おうと思ってた天板はガスオーブンに付属のもので、測ってみたら42センチ四方と巨大、しかも底が平らじゃない。分量どおりじゃないと失敗しそうだったので、急遽、チョコチップマフィンにしてみました。

bg080119-2.jpgbg080119-3.jpg

<左>前回のカップケーキが今ひとつだったので、今回はお菓子向きのパウダーを買ってきてみました。いろいろあったけど、「Aunt Jemima」のホットケーキミックスがとてもおいしいので、これにしてみました。 <右>チョコは、ハーシーズのと迷ったけど、節約してPathMark(スーパー)ブランドのものに。甘すぎないよう、セミスィートをチョイス。

bg080119-4.jpgbg080119-5b.jpg

<左>焼く前はこんな風。生地にもチョコを混ぜ込み、上に3個ずつデコレーション用のをちらしました。これはもちろん娘の役目^^ <右>180度のオーブンで30分。前回と違って、ふくらみは少なめだけど、とてもきれいな焼き色が。

さ〜て、肝心のお味の方は…お、おいしい!!! 感動のおいしさ! 今回はじゃ〜ん、大成功♪♪♪ でした。

わたしが勝手にお菓子作りの師匠と仰ぐ、Teapotさんや、クリスタルさんのアドバイスに沿い、今回はいくつか改善してみました。まず、レシピを変更。今回のはこちらから。レシピ自体で一番違う点は、今回のは牛乳が加わること、焼き時間が180度20分から30分になったことです。

そして分量どおりに。前回は勝手に砂糖を減らし、無塩じゃなくて有塩バターを使用。しかも前回は全てまとめてフードプロセッサーでかき回したのですが、今回はバターと砂糖をまず練り、卵を少しずつ加え…手順どおり手間暇かけてみました。卵を加えたときに分離したので焦りましたが、昨日買ってきた電動ミキサーを超高速にしたら、なんとか乗り切れました。電動ミキサーはやはり強し! 必需品ですね。

わたし自身も、お客様も、そして娘も、「おいしい、おいしい」と2個目、3個目に手が伸び…あっという間になくなっちゃいました! 前回のは、長い時間かかって、お互いひとつずつ食べるのがやっと(苦笑) こうも反応が違うとは、笑っちゃいます。これで、ますますお菓子作りが楽しくなってきました! この勢いで天板を買って来て、次はロールケーキ、いっちゃいますよ〜♪

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。応援クリックいただけるとうれしいです♪
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(14) | 手作りお菓子

2008年01月18日

かにさんはさみチョキチョキ

bg080118-1.jpg

うちの冷蔵庫の扉の一番上です。アメリカでは、冷蔵庫にべたべたマグネットでいろんなものを貼るのが一般的。たしかに便利なのですが、なんだかごちゃごちゃして見苦しいので、わたしは横だけに貼ってます。例外はこの一番上の部分。母が送ってくれたキュートなものだけを飾ってます。手足が自由に曲がるポーセリンのお人形、カニのはさみ、さめの包丁研ぎ、スヌーピーの輪ゴムかけ。

bg080118-3.jpg

そしてこのかにのはさみ、最近娘のマイブームになってます。「かにさんはさみチョキチョキ、やってもい〜い?」というのが娘の口癖。今まではさみは危ないので持たせなかったのですが、あまりにかわいく、小さくて娘の手にちょうどよかったので試しにやらせてみたら、あっちチョキチョキ、こっちチョキチョキ。とっても上手に使いこなしています。

bg080118-4.jpg

もちろん、左手を切らないように、横にぴったりついてやります。ちなみに写真で切っているのは、母が送ってくれた、昔懐かしい昭和レトロ調THEきいちのぬりえBOOK。あっという間に全部塗っちゃったので、ちょっともったないないけど、端をフリンジにしてみました。他にも広告とか切らせて見ましたが、持ちやすく、紙が薄く切りやすいみたいで、これが娘の一番のお気に入りです。

「はさみは必ずママに聞いてから使うこと」がお約束。ちゃんと聞いてくれてたし、はさみはステップに乗っても届かない冷蔵庫の一番上につけてたし。安心していたのですが… 先日、PCに向かっているわたしのイスの後ろによじ登っていた娘。「ママ、ジャケットに穴あいてるよ。」と背中をつんつん。「穴なんてあいてないでしょ〜?」「あいてるよ。ここ、ここ。」またつんつん。「えっ、何?」「Vちゃんがあけた。ほら、穴、穴〜♪」 はっと振り返ったその目に入ったものは…かにさんはさみを握ってる娘の手!! え〜っ、何したのあなた!! 慌てて脱いでみたら、背中がしっかりL字型に切られてました〜(涙) Akkoさんにいただいたちゃんちゃんこ(どてら?)、すごく気に入ってたのに〜。しくしく。

そう言えば、前日娘が使ったとき、自分で届くところにもどしてたっけ。あとで上に移さなきゃ、って思ってたんだよね〜。大失敗。「切っていいものと悪いものがあるの、もう穴があいちゃったら元に戻らないんだよ! 大体怪我したらどうするの!」…と叱ったことは叱ったけど、一番悪いのは、ちゃんとしまわなかったママです、ハイ。ごめんなさい。よく考えてみたら、切ったのが手じゃなかっただけ、よかったんですよね。やっぱりはさみはまだ早いかも〜(苦笑)


にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。応援クリックいただけるとうれしいです♪ ずるずる降下して現在10位。なんとかこのままキープできるかな? 応援、ありがとうございます☆
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(10) | 育児(2歳半-3歳)

2008年01月17日

カップケーキに挑戦! まあまあかな?^^;

bg080117-1.jpg

お友達が遊びに来てくれたので、これはいいチャンス、とばかりに朝からカップケーキに挑戦してみました。ふくらまなくて固くなった、という失敗談を聞いていて不安でしたが、ぷっくりふくらみ、見た目はなかなか! 

今回も材料を揃えてる段階から興味深深のViolet。混ぜ混ぜやトレイに紙カップを入れるのや、できるだけ手伝わせて一緒に作りました。オーブンから出てくるや否や、「食べていい?」 ダディ、マミィ、自分用に、大、中、小のスプーンを出してきて並べたのには笑っちゃいました。友達が来るまではとても待ちきれない様子なので、とりあえず、焼きたてをひとつ、3人で試食。なかなかおいしい!? ふんわりしっとり、甘さ控えめ。やっぱり家で作るとフレッシュでおいしいね〜♪ と大喜び。大成功!と思ったのです、このときまでは…

bg080117-2.jpgbg080117-3.jpg

<左> 8個分の材料で9個作ったのですが、10-11個作れたかも。表面が割れているのは焼きすぎ??? <右> チョコレート味のは、無糖ココアを混ぜてみました。母に頼んで送ってもらった「Van Houten」。うちは子供のときからココアはこれなので、スーパーで売っているのはとても飲めません。ピュアで濃厚。すごくおいしい! 

さて、お皿の上で冷ますこと3時間ほど。お友達と一緒にお茶を入れて食べてみたら、アレ? なんかあまりおいしくない(苦笑) まず甘さが足りない。元々、砂糖の量にびっくりしてしまい、カップ3分の2をカップ2分の1に減らしたのですが、焼きたてを食べたときにはほどよい甘さと感じたのに? それからぱさついている。これも朝試食したときにはもっとしっとりしてたような…

レシピどおり、180度に余熱したオーブンで20分焼いたのですが、15分ですでに十分ふくらんでました。長く焼きすぎたのかな? 特にココア生地のものは、お砂糖を大目に入れたほうがいいのかな? パウダーじゃなくて板チョコを溶かしたものを入れたほうがいい? う〜ん、よくわからない。

マズイわけじゃないけれど、ケーキっていうよりパンみたい。お誕生日には生クリームとイチゴを乗せる予定なので、甘さはともかく、ぱさついているのはダメですよね〜。改良の余地ありです。

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。応援クリックいただけるとうれしいです♪
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(10) | 手作りお菓子

2008年01月16日

ナタリー&エミリー姉妹が遊びにきました

bg080116-1.jpg

2日もさぼっちゃいました。ちょっと忙しかったというか疲れていたというか。ママ友たちとのディナー、テニス、プレイデイトと盛りだくさんだったのに加え、TVの人気ショウ「LOST」のDVDにはまってしまい、空いた時間は全部これ見てました(笑) 飛行機が墜落して無人島に漂流、島には不思議な力があり、一人、また一人と消えていく…謎とスリルが一杯。しかも恋愛も混ざっていて、正直バカバカしいんですけど、一旦見出すと止まらなくなる麻薬のようなショウなんです。

それはさておき、娘と6日違いの友だちナタリーが久しぶりに遊びに来てくれました。ナタリーは4ヶ月前にエミリーのお姉さんになったばかり。ナタリーとエミリー、前から見るとそっくり。横顔はちょっと違うかな。この写真から、わかるでしょうか。

ナタリーは1歳半くらいから、娘に負けない強い子になってましたが、今日はもっとパワーアップ。おもちゃもシェアするどころか、娘の分までとっちゃうし、飲み物もお菓子もさっとかすめとる。娘が抗議するとどんっと実力行使の一押し。一緒にいると、むしろ娘がとろく見えるほど(苦笑) ママが言い聞かせても全然聞かないし。でもママが甘いわけではないのです。2歳前からタイムアウトもやってるし、今日もこの寒い中、外の車まで連れて行ってタイムアウトしてました。エミリーはこれまた正反対で、大人しい。よく寝る、泣かない、いつもニコニコ、とおっとり型ですご〜く楽だそう。こういうのを見ていると、やっぱり持って生まれた性格って強いなあ、と思います。

ま、しかし、娘にとってはナタリーはよい存在です。彼女以外に、まわりで娘より強い女の子っていないですからね。いつも泣かせる側だったので、妙な話、ちょっとほっとしたり。キカンのはうちの子だけじゃないなあ、と(笑) 

ナタリーは今年1月からプレスクール(保育園)に行くはずでしたが、結局オムツがとれず延期になったそう。意外と女の子でも、3歳近くなってもとれない子って多いです。プレイグループのケイトもまだ。娘はとれてそろそろ1年なので、そう思うと、ちょっと不思議な感じもしますが、本当に個人差なんですよねえ。オムツがとれると、ナタリーも少しお姉ちゃんぽくなったりするのだろうか? 先が楽しみで〜す。

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。応援クリックいただけるとうれしいです♪
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(4) | 育児(2歳半-3歳)

2008年01月13日

とってもクリーミィ☆初めてのカスタードプリン

bg080113-1.jpg

今年の抱負は手作りお菓子とパン、なんてブログで宣言?してから早10日。一向に始まらなくて自分でもプレッシャーを感じていたのですが…とうとう、第一弾を作りました! 最初はロールケーキかカップケーキと思っていたのですが、とりあえず、手元にある材料と用具で作れるものにしました。プリンは娘の大好物だし☆

結果は大成功♪ と〜ってもクリーミィで、自分でもびっくり。ショップで買ってくるものと、味は全く変わりません。こんなに上手く簡単にできるんだったら、もっと早く作ればよかった(笑) ただ、カラメルソースは最初は大失敗。分量どおりやったのに、がちがちの飴になっちゃいました。出だしからつまづいて、またかよ〜と意気消沈しそうだったのですが、ためしにお湯を足して再度沸騰させ、猛然とかき回したら、溶けてくれたのでほっと一息。

bg080113-2.jpgbg080113-3.jpg

<左>オーブンから出したところ。150度で40分ほどじっくり焼きました。 <右>翌日冷蔵庫から出したところ。表面がこんな風にしわしわに。裏返せばどうせ見えないし中身は問題なかったけど、防ぐ方法、あるのでしょうか?

bg080113-4b.jpg

うっかり娘に「プリン作ろうね〜」なんて言っちゃったら、もう大変。カラメルソースを鍋にかけた時点で、「もうできた? もう食べれる?」(苦笑) 「あ、失敗した。飴になっちゃった。」「え〜、なんで? Vちゃんもう食べれないじゃん。」と本気で泣きべそ。「大丈夫、もう一度作るから。」お湯を入れてかき混ぜ、「あ、上手くいったみたい。」と言うや否や、目を輝かせ「できた? 食べていい?」…もうこの後、1分おきに聞かれ続けました(笑) 写真は待ちに待ったプリンが、とうとうオーブンから出てきたところ! すっとんでいってスプーンを両手に持ち、「食べていい? もういい? 食べれるよね?」 見よ、この期待に満ち溢れた笑顔を。まだ熱々なのに、今にもスプーンを突き刺しそうで焦りました。プリンひとつにここまでワクワクできるって、子供ってすごいわ〜。

bg080113-5.jpgbg080113-6.jpg

本当は翌日食べるつもりだったんだけど、とても無理そうだったので、冷めたのを夕食後にひとつだけ。 <左>「おいしい?」と聞いたら、ぶんぶん首をたてに振りながら最初に出た言葉が、「Soft!!」 なんで〜??? もうずっこけました。「Softって何よ」と言ったら「Softは英語で”やらかい”、だよママ。」…いや、そうじゃなくて。なぜ、とっさの感動を表現するのが英語なの?って聞いてるんだけど。 <右>あっという間になくなっちゃった。「もうひとつ。」「だ〜め。もうないの。」「あるもん、あそこにあるもん。冷蔵庫にあるもん!!」 ついさっきまでニコニコだったのがぶーたれ顔に。とってもドラマチックな2時間あまりでした。ちゃんちゃん。

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。応援クリックいただけるとうれしいです♪ 
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(8) | 手作りお菓子

2008年01月12日

ねぎと根菜たっぷり! トン汁でぽかぽか♪

bg080112-4.jpgbg080112-1b.jpg

日系スーパーで買ってきた豚コマと太ネギが残っていたので、昨日の夜はからだの芯からあったまりそうなトン汁にしてみました。日本ではしょっちゅう作ってましたが、なぜか存在をすっかり忘れていて、こっちにきてからは初めて! 

bg080112-2.jpgbg080112-3.jpg

<左> タイトルに根菜たっぷり…なんて書いちゃったけど、なかなか入手しにくいので、今回は日系スーパーで買った冷凍の和風野菜を使用。煮物用なのでしいたけなんてトン汁にはミスマッチなものも入ってるけど、れんこん、ごぼう、さといもはぴったり。大根、にんじん、ネギは生で足しました。 <右> 本当は板こんにゃくがおいしいけど、これも手抜きで乾燥いとこんにゃくを。これは母が送ってくれたもの。お湯で戻すだけ、トン汁や鍋にはそのままポンッ。あまりに便利でおいしいく、軽くて送料も安いので、母に再度リクエストしたほど。特にアメリカにお住まいのみなさま、これ、本当にオススメですよ! わたしは鍋は基本的にしないけど、肉じゃが、肉豆腐はよく作るので重宝しています。

Jは最初からあきらめてたけど、娘は、しいたけとネギ以外はまあまあ食べてくれました。しいたけは「ちょっとだけ食べてごらん。」と小さなかけらを口に入れ、「どう?」と聞いたら、「どうじゃないよ。まずい〜!!」とすぐ吐き出し、その後も独特の味が残ったらしく、水をがぶ飲み(苦笑) 今日のお昼はこのトン汁に卵を割り入れ、半熟程度でごはんにかけてみました。卵大好きの娘は大喜び。昨日の晩より、ずっとよく食べました。子供にはこの方法がいいかも?

とてもおいしくできたけど、反省点がひとつ。お肉を早く入れすぎてしまい(長く煮過ぎてしまい)、だしはよく出たけど、肉自体はかすかすになったこと。ただ、今日のお昼に食べたときには、かなり柔らかくなってました。一晩置くと、汁を吸い戻して肉は柔らかくなるものなのでしょうか? 実はビーフシチューでも同じことが起こりました。当日はかすかす、翌日はしっとり。昔よく料理していたころは、肉がかすかすになる失敗自体があり得なかったので、ちょっと戸惑っています。詳しい方、教えてくださ〜い。

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。応援クリックいただけるとうれしいです♪
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(8) | クッキング

2008年01月11日

屋内プレイジムで旧ママ友と再会!

今日は朝から夕方まで、ずっと同じ屋内プレイジムにいました。

ママ友グループと2時間ほど遊び、マックにお昼ご飯を食べに行こうとした瞬間、なんだか見覚えのある顔にばったり。でもはっきりしない、誰だっけ? 「Vママじゃない! 元気だった?」と言われ、「ハーイ!」と返しながらも、まずい、名前が出てこない…と焦っていたら、運良く息子がやってきた。「アントニオよ。大きくなったでしょ?」と言われて、あっ、ルーシーだ!! でもなんか雰囲気が違う。「髪型変えたの?」と聞いたら、「そうよ、でもそれより30キロ痩せたのよ。」と言われ、納得〜!! どうりでわからないはず。実際、前は超アメリカサイズだったので、今でも太っていないわけじゃないけど、顔なんかずいぶんほっそり。メイクにも気を使うようになったみたいで、とってもきれいになってました! そうか、元々美人だったんだなあ、なんて(苦笑)

ルーシーとは、1年半ぶり。以前はグループで出かけていたりしたのだけど、おうちのことでいろいろ忙しくなって彼女がグループを抜けてからご無沙汰。たまにメールのやりとりはあったものの、計画するたびに子供が病気になったりなんだりで実現せず、最近メールも途絶えていたのです。そして、しばらくしたら、今度はもう一人仲良しだった、マイカが登場。彼女も同じグループだったのですが、引越ししてから疎遠に。思わぬ再会に大喜びで話が盛り上がり、マックでのランチはパスして、ルーシーたちのピザランチに入れてもらいました。

実は今日は一日中嵐の天気予報。プレイジムに行くのはよそうかと思ったのですが、来てよかった! ルーシーともマイカとも、偶然ばったりがなかったら、多分もう自然消滅でした。二人とも、とても気さくで話しやすくいい人たちなのです。

時々、子供が子供を選んでる、ママが気の合う相手を選んでいるわけじゃない、だからママ同士は本当の友達じゃない、なんて聞きます。わたしはそれじゃ寂しい、ママ同士がまず友達でいたい、と思っています。でも、それは、まだ娘が小さくて、自分で遊び相手を選ぶ年齢じゃないからなのかな? 幼稚園に行き始めて、自分で友達を作るようになったら、そのお母さんたちと仲良くするしかないですものね? 自分の母親はどうだったかな?と考えると、わたしが遊んでいた子とは関係なく、仲良しグループがあったようだけど。わたしも、子供云々以前に、できるだけママ同士のレベルで、本当の友情を育てていきたいなあ。ルーシーとマイカは、もうファミリー同然よね、って言い合えるステキな関係で、見ていてと〜っても気持ちよかったです^^

bg080111-2.jpg

ジムに着くなり、走りこんでいったお気に入りの部屋。1年ぶりに来たのに、よく覚えてますねえ。

bg080111-3b.jpg

船に入って持ち上げ、「Vちゃん、海に行くの。」「ホイホイ、行ってらっしゃい^^」 

bg080111-1b.jpgbg080111-4.jpg

<左>最初のグループの仲良しくん、ナザニエル(1歳上)と。写真を撮る寸前まで押し合いしてました(苦笑) <右>ルーシーの息子アントニオ(左)とマイカの息子スカイラー。2人とももうすぐ4歳。

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。応援クリックいただけるとうれしいです♪
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(6) | 育児(2歳半-3歳)

2008年01月10日

楽しい…でも長〜い寝かしつけ

あ〜あ、早くも更新さぼっちゃいました。ランキングの応援もしていただいてるし、今年は毎日更新を目指してたんですけど(苦笑) 昨日は屋内プレイグラウンドと友人宅でのプレイグループ、とダブルで出かけてしまい、帰ったら6時。大急ぎで夕食の支度をして食べて片付けて、一息ついたらもう8時。絵本を読んで、ぐずる娘を寝かしつけに入ったのですが、ぜ〜んぜん寝ない。添い寝しているうちにこっちが先に寝ちゃいました。予定ではその後下に降りてゆっくり自分の時間を楽しむつもりだったのですが、2時間後に目が覚めたときにはもうだるくて。そのまま自分のベッドに直行。

娘はここ3週間ほど、すっかり一人寝が板に付き、歯磨き後にはさっさと自分のベッドへ向かいます。わたしたちのベッドを指差して、「Vちゃんはあっちでは寝ないんだよ。もう大きいから。」な〜んてしたり顔で言っちゃうほど。寝入るまでの添い寝は必要ですが、寝たらママは抜け出すっていうのはもうわかっていて、夜中に起きても騒いだりしません。とことこっとママのベッドに来るだけ。泣くのは悪夢でも見たときくらいです。トイレに連れて行くと、一人でまた自分のベッドに戻ってわたしが行くとすでにすやすや寝息を立ててる時も。

ただ、問題はこの添い寝時。どういうわけだかここ1週間ほど、寝ない寝ない。昨日も昼寝なしで外で遊びまくって疲れているはずなのに、9時になってもお目目パチクリ。同じ枕に頭をくっつけて寝て、こそこそ内緒話。娘の支離滅裂トークに時々大笑いしながら、リラックスして過ごす時間はとても楽しい。「お鼻とお鼻でチュッ、おでことおでこでチュッ」なんてしてくれて、最高にかわいかったりするひとときなのですが…最近はあまりにも延々とこれが続くため、疲れてきました(苦笑) 最後はいらいらしてきて、背中を向けて寝たフリをしているうちに本当に寝てしまう、すると娘もあきらめて寝るってパターン。娘にしたら、あまりにも楽しすぎちゃって、目が冴えてくるのかもしれませんね。今日からあまりお話しないでみようかな。

わたしはわたしで、早く寝すぎると夜中に目が覚めてなかなか寝に戻れないんです。朝まで寝返りを打ち続けてようやく明け方に寝入る。だから、起きるのも娘と一緒。一日12時間近くベッドの中に居たんじゃ、何もはかどらないですよねえ(苦笑) 

bg080110-1.jpg

記事とは関係ないオマケ画像。義姉リタが出産時にくれたプレゼント。最初はずっとわたしがかわいがってましたが、一年ほど前から娘のベストぬいぐるみフレンドに。大きいから友達みたいな気がするのか、よく横に並べてはお絵描きしたりしてました。

bg080110-2b.jpgbg080110-3.jpg

最近はおんぶしたり、世話を焼くことが多いです。<左>これは逆におんぶされちゃってます。 <右>うさちゃんたちを一緒に寝かしつけ。いいこいいこ。

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。応援クリックいただけるとうれしいです♪ ちょっと不調の6位です。なかなかランクアップは難しい! 応援ありがとうございます^^
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(6) | 育児(2歳半-3歳)

2008年01月08日

Tatooで遊んでみたよ

先週は最高がマイナスっていう寒さだったのに、今日は20度以上のぽかぽか日和。久しぶりのテニスからもどってきたら、ダディと娘はデッキで日向ぼっこしてました。娘のいでたちはなんと半そでシャツに毛糸の帽子とマフラー! ダディに任せるといつもとんでもない格好になってます。こんなのまだいい方。1度、庭で泥仕事をするのに、オニューのカバーアップワンピ(水着の上にはおるのだけど、でも真っ白!)を着てたこともあった。飛んでって脱がせたら、「なかなか着る機会がないから(わたしが)喜ぶと思って」… 男の人って、な〜んでこんなにトンチンカンんでしょうね(笑) 

もう夜中の12時。眠くてまぶたがくっつきそうなので、簡単なネタを。

bg080108-1.jpg

娘の腕にはなにやら白い紙がついています。これはいったい何でしょう? 注射したわけじゃないよ〜。

bg080108-2.jpgbg080108-3.jpg

じゃ〜ん! 答えはTatoo(刺青)でした。な〜んて、日本にもある? こっちは子供の間でこれが大人気。もちろんホンモノの刺青じゃなくてシール。絵のついた方を下にして水に濡らし、30秒おいてそ〜っとはがすと、こんな風に絵が肌にうつるんです。キラキラ光ってきれいでしょ? 1回シャワーを浴びたくらいじゃとれません。とる時は、ベビーオイルでとるんだったっけな? わたしはほったらかしておいたら、3日後くらいにはなくなってました。

8個入りのが3箱あったのですが、初めてやった娘は、もっと、もっと、と止まらず、わたしの腕まで刺青だらけになっちゃいました(笑) 別に肌もかぶれなかったし、また買ってきてあげようっと。

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。応援クリックいただけるとうれしいです♪
 
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | 育児(2歳半-3歳)

2008年01月07日

アビーがお姉ちゃんになる!?

昨日、うっかり書きわすれちゃいました。アビーと言えばビッグニュースがあるのです! なんと、アビーは5月に、双子の男の子のお姉さんになります!! 

わたしは水疱瘡で出かけられなかったので、最初に知らされたのはメールで。読んだときの第一感想は、正直ちょっと複雑でした。まず、とにかくびっくり。2人目はわたし同様迷っていた感じだったので、心のどこかで、うちが一人っ子でも、アビーも一緒だからいいかあ、なんて思ってました。(人は人、自分は自分なんですけどね、なかなか…) そうか、がんばってたんだなあ、と。

それから、双子!? 初めての子が双子ならともかく、2番目に双子はきついだろうなあ、大変だなあと。それは避けたいってアビーママ本人からも聞いていたし。本人もショックだったかも?って思いました。

そして、去年の夏は一緒にいろんなところに出かけたけど、今年はもう無理だなあ。アビーママはフットワークが軽くて(ドライブも上手)、行動的。いろんなところに行ってみたいっていうタイプだったから、ぴったりの仲間だったんです。去年はアビーがまだ昼寝をしていたので時間が限られていたけど、今年は一日中でも遊べるね、なんて話していたのに。

…とここまでぼんやり考えた後で、はっとしました。いけない、一番の友達なのに、な〜んて自分勝手なことを考えてるんだろうって。Jにも、最初は双子でびっくりしたかもしれないけど、実際できてしまえばうれしいはず。アビーママは心配なんかしてない、喜んでると思うよ、って言われて、そりゃそうだ、母親だものね、と今更ながらに納得。で、それからは、100%祝福しなくちゃ、と気持ちが切り替えられました。

この前、久しぶりに遊びに来てくれたアビーママ。大変よ〜、いろいろ買わなくちゃ〜、っと興奮気味に話してとってもうれしそう。それを見たら、わたしも心からうれしい、おめでとう♪って気持ちが自然にわ〜っとわいてきました^^ 自分が双子の子を産むみたい?とまではいかないけど、こっちまでワクワク。「できるだけヘルプするね。一緒にがんばろうね♪」って本心から言えて、気持ちよかった〜^^

アビーも楽しみにしているそう。アビーは、どちらかと言えばちょっと神経質で怖がりのタイプ。でも弟が2人も一気にできれば、いやでも強くならざる得ない!? アビーのためにも、とてもとてもいいことですね♪

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。応援クリックいただけるとうれしいです♪ 女の子育児で、一瞬3位でしたが結局4位。3,4,5,6位がほぼ1クリック差で団子になってます(笑) 予断を許しません!? 応援、ありがとうございます^^
posted by エリー | ニューヨーク 🌁 | Comment(2) | 育児(2歳半-3歳)

2008年01月06日

3歳のお誕生日おめでとう、アビー♪

Violetの親友、アビーちゃんのお誕生会に行ってきました。「Swirtz」というアイスクリーム屋さんのパーティパックなので、向こうが全部仕切ってくれます。親戚、プレイグループ、習い事のお友達たち、計50人くらいが来ていました。またまたろくな写真がとれませんでしたが、雰囲気だけでもお伝えしますね。

bg080106-2.jpgbg080106-4.jpg

しばらく会わない間に、髪が伸び、ぐっと女の子らしくなったアビーだったのですが、この写真じゃ伝わりませんね(苦笑) ただ小さな部屋に大勢の人がいたからか、実際アビーは緊張していたようで、あまり笑顔が見られませんでした。アビーの横にいるのはプレイグループのケイトちゃん。

bg080106-1b.jpgbg080106-5.jpg

<左>ディスコタイム。娘は、無心にツイストみたいな踊りをしてました。横の男の子はプレイグループのケビンくん。 <右>細いプラスチックの筒に、カラフルな粉を入れて行きます。それぞれ、チェリー、アップル、ルートビアー、と味がついています。きれいに出来たけど、色付き砂糖でからだに悪そうだったので、あとでこっそり捨てちゃいました^^;

bg080106-3.jpg

これは輪になってボールを横の人に手渡してまわす、というもの。どんどん回して音楽が止まったときに持っていたら負け、らしいのですが、3歳前では誰も意味がわからず、みなホールドしてしまって全然進みませんでした。全体的に、ゲームはどれも、もう少し上の子向きかも。でも、アイスクリームは甘すぎずとてもおいしかったし、リラックスできたいいパーティでした! ちょっとびっくりしたのが、みなとてもカジュアルだったこと。クリスマス後で、ドレスは持っていただろうに、誰も着てきませんでした。娘が浮いちゃった(笑) 主役のアビーからしてセーターにジーンズですからね。アイスクリームパーティだから汚れる、って思ったのかもしれません。

bg080106-7.jpgbg080106-8.jpg 

うちに帰ってきた後、娘はこのアイスクリームシューターを何度もわたしに向けて発射して喜んでました。お土産のグディバッグも「Swirlz」が用意してくれるようで、他にもアイスクリームパーラーが作れるステッカー集とか、オリジナリティのあるもので心憎い。

あと2ヶ月半あまりでVioletも3歳。お誕生日会どうしようかな? そろそろ考えないといけませんねえ。うちでやるなら、カップケーキくらいは自分で焼きたいと思うけど、さ〜て、どうなることやら!?

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。応援クリックいただけるとうれしいです♪ おばあちゃんがVioletが消えた〜!とびっくりして電話してきましたが(笑)、「海外育児」を一時抜け、「女の子育児」に参加してみました。現在3位です! 応援、ありがとうございます^^
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(6) | 育児(2歳半-3歳)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。