2008年07月30日

南国ムードたっぷり! ハイビスカス

ハイビスカスと言えば、南国の花★ でも、最近は、越冬できる品種がどんどん生まれ、この辺でも手軽に楽しめるようになりました。わたしたちも、「トロピカルムードを味わいたい!」と、枯れてしまったフロントのモミの木の替わりに、今春、ハイビスカスの木を植えてみました。

bg080719-f4.jpg

7月の初めから、ひとつ、またひとつと花が開花。きれいでしょ?^^ これは「Rose of Sharron」という品種。直径12-3センチほどと小ぶり。近所では、大人の顔ほどもある、大輪ハイビスカス(しかも真っ赤!)を持っている人たちも多いです。(でも鉢なので、冬は室内に入れないといけないかも)

bg080719-92.jpgbg080719-7.jpg
bg080719-93.jpgbg080719-94b.jpg

五分咲きのやら、つぼみやら。花びらには、独特の、しわしわ感があって面白い。つぼみは、ひとところに6個くらい固まってついてます。夕方になると、右下の写真のように、薄紫になって閉じてしまう。どうやら一日しか咲かないみたい。そのままの色と形で数日間ついていて、やがてポトンっと落ちます。2メートルくらいの木なのですが、毎日、10個ほど新しい花が開き、つぼみや閉じた花も沢山ついているので、とても華やか。

bg080719-91.jpg

半開きの花は、また全開のものとは違って、繊細な趣。長い花芯には蜜がいっぱいらしく、ハチたちにも大人気。この花にも、奥深くまで、クマンバチが丸まって入り込んでました。一緒に写真を撮ってあげようとピントを合わせていたら、ブ〜ン!とこっちに飛んできてぎょぎょっ。虫くんの撮影は、10倍ズームくらいじゃないとムリだわ^^;

ハイビスカスは常緑ではないので、冬には葉が落ちて枝だけになってしまいます。そうしたら、一年中、美しいピラミッド型を保ってくれていたモミの木が恋しくなるかなあ。特にクリスマス時期 !?(笑) でも、逆に夏は、平凡なのよね… なかなか、四季を通して楽しめる、パーフェクトな木はありません。とりあえず、夏の間は、お花を十分楽しもうと思います♪

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。  
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(7) | ハウス&ガーデン

2008年07月27日

Wild Safari でポニーライドに初挑戦!

「Wild Safari」から出て横のピクニックエリアに行ったら、ポニーライドがありました。いろいろなところで何度か見かけていて、そろそろ試そうと思っていたところだったので、早速挑戦。

bg080714-9.jpg

メリーゴーランドでさえアップダウンするものは怖がる娘。これも「やるやる!」と言ったものの、いざとなると乗る段階でしり込みするんじゃないかな〜と思っていました。でも、係りのおじさんはさすがプロ! 目にも留まらぬ早業で、あっという間にベルトをしめてくれ、気づいたらすでに馬上の人。怖がる暇もなかった(笑)

bg080714-10b2.jpg

ぽっくり、ぽっくり。大人しい馬だし、ゆっくりなんだけど、始終緊張の面持ち。「Violet、笑って〜。」と言っても、スマイルどころか、こっちもろくに見ない。

bg080714-11.jpgbg080714-13b.jpg

<左>かすかな笑み??? <右>一方、すでに数回目のシャノンは、堂々たるもの。前かがみの娘とは違い、背筋も伸びてます。

楽しんでいたかどうかはよくわからないけど、泣かなかっただけ上出来。これは別料金で$5なのですが、その割りには時間が長く、馬も比較的大きくお得感がありました。(娘には逆効果だったかもしれないけど^^;)

bg080714-12.jpg

ポニーライドの後は、いつものようにお隣の遊園地へ。今日は、「Tazmanian Devil」の前でパチリ。馬から下りて生き返ったのか(笑)、張り切ってポーズしてます。

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(8) | おでかけ

2008年07月25日

Six Flags Wild Safari (サファリパーク)

これも6月中の話ですが… 「Great Adventure」に隣接する、「Wild Safari」に行ってきました。シーズンパスで、両方入れます。わたしは、サファリパーク自体、初体験だったのでワクワク。結果は思った以上で、感激しました。窓越しなので、シャープじゃないのですが、動物君たちの写真を。

bg080714-5.jpg

きりんさん、近くで見ると大きい! 横の車の向こうだったけど、かえって全体の入ったいい写真が撮れました^^

bg080714-6.jpgbg080714-3.jpg

<左>きりんさんって、こーんなに優しい顔だったのね。はるか高くから見下ろされてても、全然圧迫感がありません。 <右>ぞうさんは、流石に道路には出てこれなくなってました。車つぶれちゃうよ^^;

bg080714-1.jpgbg080714-2.jpg

<左>ダチョウ!? 車の前に来て、わたしたちをじ〜っと、じ〜っと見つめてました(笑)

bg080713-4.jpgbg080714-7.jpg

<左>ラマかなんか。列を作って、車の前をゆっくり横切ってました。超マイペース。 <右>立派な角。何十頭もの群れは、緑の草にまだら模様が生えてとてもきれいでした。

bg080714-8.jpgbg080714-15.jpg

<左>お昼ね中の子供たちを、優しく見守ってるママしまうま。 <右>くまちゃんも、のしのしすぐ近くまで。シャノンママは、もっと寄らせるつもりだったのだけど、わたしの側の窓でちょっと怖かったのと、ピカピカの新車に傷でもつけられたら…と気遣ってしまって、この後すぐ移動。

bg080714-14.jpgbg080714-16.jpg

<左>バブーン。おサルさんの一種。とにかく動きが激しくて、見ててあきません。写真には上手く撮れなかったけど、子供をおんぶしたまま、一気に柱を駆け上ったり、抱っこしたままタイヤスィングをしたり。子供たちはどれも自力でしがみついてて、よく落ちないな〜って感心しました。 <右>オマケ。遊園地の方で買った「Smiley Potato」とか言うもの。揚げたて、あつあつ、ふっくら…で、こういうところのスナックとしてはとてもおいしかった。子供たちもニコニコ^^

サファリは、とにかく動物が近い! 動物園だと、動物が寝てたり疲れてたりして、せっかく行っても全然見れないこともありますよね。ここはそれがない。放たれた環境だからか、元気もよく、のびのびしていて、見てて気持ちいいです。動物園は、特に夏場だと、子供づれで歩き回るのも大変だけど、それも車だからラクラク。一気に大ファンになっちゃいました! しかも、シャノンママ曰く、ディズニーワールドのサファリパークより、ずっと充実してるそう。ここ、とってもオススメです♪ 

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(6) | おでかけ

2008年07月23日

蕎麦屋ランチとSOHOショッピング

Jに娘を預け、朝の9時半から夜の8時半まで、女友達とマンハッタンに出かけてきました。いつまでここにいられるかわからないので、NYには行けるうちに出来るだけ行っとこう、と思ってます。

しかし、こんなに一日中出歩いても平気だなんて、やっぱり娘は楽になったな〜。つくづく感じます。前から、夫は、月に一度は息抜きに出かけて来いと言ってくれてたけど、ご飯のこととかやっぱり気になって。出るときも大泣きされてたし。

今回は、先にお気に入りのDVDをつけておいて、「行ってきます」のチュ。「Violetもマンハッタン行くの」と一瞬わななき声にはなったものの、「今度ね。すぐ帰ってくるから(←また嘘つき!)。泣かないで待ってて。」と言ったら、渋々キスを返して、視線はつつつとTV画面へ。ちょい拍子抜けでした(苦笑)

さて、マンハッタンでは、まず「蕎麦屋」でランチ。冷やしざるうどんとお弁当セットにしました。お腹一杯、デザートまでついて$15。やっぱりランチはお得です。お弁当の中身は、エビと野菜のてんぷら、シャケのグリル、サラダ、筑前煮。シャケは家でもよく料理するのでちょっと残念だったけど、筑前煮はうれしかった。久しぶりに食べた味。煮物もJが食べないので、なかなか我が家では登場しないのです。デザートは、パンナコッタ。うどんは、流石、看板メニューだけあってシコシコツルリ。初めて見て興味半分にオーダーした「そばビール」もすっきりしてておいしかった。ここは、またぜひ行きたいな。

その後は、NOHOとSOHOでショッピング。わたしはアッパーサイドとミッドタウンに住んでいたので、ダウンタウンは苦手。しかもしばらく来てなかったので、すっかり忘れてしまっていた&変ってしまっていて、何度も道端で地図を広げ、まるでお上りさん状態でした(苦笑) やっぱりもっと頻繁に行かないとダメだわ。

bg080721-1.jpg

ダウンタウンの消防署。あまりにかわいいので思わずシャッターを押しちゃいました。Cityでは何でも絵になる〜。(ゴミゴミしたところももちろんあるけれど)

暑い中を歩き回り、無駄も多かったけど、とっても楽しかった!! いつもながら、いろいろ発見♪ 今回は、特に子供服のお店を物色しました。いくつか印象に残ったお店を。

「Lucky Kids」 Lucky Brand JeansのKids版。いかにもアメカジ、かっこいい。ジャージーのワンピで$70くらい。

「Z'Baby Company」 はっきりした色が多いけど、がちゃがちゃしてない。適度に目立つ感じで個性的。ワンピで$100。

「Sense of Wonder」 スカートにてんとうむしのアップリケがついてて、アレ?と思ったら、なんと日本のブランドでした。オーガニックを売りものにしてるみたいだけど、わたしはそれには興味なし。もう3歳だし、アトピーも出ないし。シンプルで品のいいお店とデザイン。ワンピで$100。ひとつ、赤のタータンチェックのワンピが、ものすご〜く気に入りました。でも夏ものは山ほど持ってるので、パス。

SOHOの子供服=オシャレでないわけがない! 今まで、娘の服はほとんどGAP。人気なだけに友達とよくかぶるし、3年目ともなると、パターン化してきて飽きてきた。マンハッタンのブティックで買えれば理想的なんだけど、問題はお値段^^; 大体、GAPの3倍。娘は3歳になってから、服の汚し方が激しくて…。ワンピに$100は痛いよねえ。でも、1シーズンに数点なら買えるかも!? そもそも今までは、数を買いすぎて、ほとんどが新品状態でサイズアウト。それよりは、本当に好きなもの数点を、何度も着た方が意味があるかもしれない。ま、とりあえず、秋になったら、娘を連れてまた行ってみようと思います。

さんざんウィンドウショッピングをした後、お気に入りの有名ブランド食料品店「Dean & Deluca」へ。ロゴ入りトートバッグとフルーツティを買いました。そして、日系スーパー「Sunrise Mart」に寄り、ひじきや焼肉のたれを買って帰途へ。それにしても、マンハッタンには日本食レストランやスーパーが増えました。それだけブームなのか、日本人が増えたのか? 駐在員の数は減ってるはずだから、自力で勝手に来てる人が多くなったってことですよね。(わたしのように)

ところで、帰宅してからの娘の反応。「マミィだ〜」と走って抱きついてくれ、その後、寝るまでハイパー、ハイパー。大はしゃぎまくり。一体何事? と驚いていたら、J曰く、「マミィが帰ってきたからだよ。昼間はずっとローキーでつまらなそうだった。」とのこと。本当かな? だったら、ちょっとウレシイかも(笑)

娘にも約束しちゃったし(最近よく覚えているのサ)、次回は娘連れのマンハッタンかな。さ〜てどこへ行こうか。すでに楽しみ♪

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(13) | おでかけ

2008年07月19日

来年もまた咲く★夏のペレニアル

前回ご紹介した、新しいシュラブたち。とてもきれいだったけど、6月半ばには花は全て散ってしまい、庭はまたまた殺風景に。とは言え、これ以上、木は植えられないので、安上がりなペレニアル(多年草)でカラーを追加してみました。

bg080719-1.jpg

フロント。プラムの木の下には、ジュニパーが茂っていました。それを2株抜き、すっきりさせたところに、デイリリーを5株植えてみました。木陰の暗い部分に、ぱっと光が差したよう。強烈なオレンジが映えます。

bg080719-3b.jpgbg080719-3c.JPG

花は2-3日しか持ちませんが、つぼみが沢山。毎年、株が増えていくそうなので、来年が楽しみです。

bg080719-11.JPGbg080719-10b.JPG

メールボックスの横には、青いサルビアを、前には赤いCelosiaを。この赤いの、日本名を調べてみたら、「ケイトウ」でした。見たことない、きれい、と即購入したのですが、「ケイトウ」ってよくある花ですよねえ。すっかり忘れていました。

bg080719-4c.jpgbg080719-4e.JPG

これは、デッキに置いています。紫色のクレマティス。木製の鉢も、合わせて購入。ダークカラーのデッキに、明るいブラウンがよいコントラストになりました。つる性の植物なので、うねうねと動きがあって面白い。今は、手すりに絡まって伸びてくれるように、デッキの両角に置いています。手すりから垂れ下がるように咲いてくれるのをイメージしているのだけど、上手く行くかな?

bg080719-5d.JPG

花は直径10センチ以上で、ベルベットのような触感。花だけ見ていると、なんとなく、高貴な感じもします。これも、一目ぼれして持って帰ってきちゃいました。

シュラブでは、珍しいものに手を出しすぎてちょっと失敗したので、今回は、近くのナーサリーやホームセンターで調達。やはりケアが楽で、水遣りだけで元気に成長。デイリリーは、残念ながら終わってしまったのですが、他の三つは夏中、彩りを添えてくれそうです^^ 

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(8) | ハウス&ガーデン

2008年07月18日

ドルフィンと泳ぐ!?@お隣プール

お隣さんは、とっても素敵なイングラウンドプールを持っています。過去2年、「いつでも使ってね」と夢のようなことを言われ、お言葉に甘えてきましたが、その方たちは去年の秋にお引越し。新しくきた家族もとてもいい方たちですが、流石にプールはあきらめてました。ところがなんと、一月ほど前、同じオファーが。しかも「これはあなたたちのプールも同然だから。電話もいらないから。」と以前よりもっと気前よし!! 

プールで一緒に遊びましょう、と招待してくれることはあっても、「勝手に使っていい」というのは、ほとんど有り得ない話です。2回も続けてこんなことを言ってもらえるなんて、ラッキーの極み。アメリカは、個人同士ですぐ訴訟沙汰になります。プールは、怪我や溺れる危険も多いため、みな特に慎重。「何かあっても絶対に難癖をつけたりしない」とわたしたちを信用してくれているということでもあり、そういう意味でも、ありがたいなあと思います。

そんなわけで、毎日のように使わせてもらっているプール。ミタちゃんがいる時は声をかけて3人で、いない時は娘と2人で。前のご家族もそうだったのですが、共働きなのです。だから、平日は使い放題。いくら「いつでも」と言ってくれても、ママが家にいたら、プレイデイトをするかもしれないし、遠慮しちゃいますよね。ま、そもそも、共働きだからこそのオファーだとも言えます^^

さて、去年の勇ましさはどこへやら、今年は、ライフジャケットをつけていても、わたしにしがみついて離れない娘。せっかくプールが使えても、わたしは泳ぐどころじゃないし、たいして楽しめない。これじゃいかん! せっかくのきれいなプールが泣く!!と、一大決心(?)して、新しいベストや浮き輪の類を新調。効果のほどは…???

bg080717-2.jpg

着込んでいるのは、水着にフロート板が縫いこんであるタイプ。筋肉ムキムキ、超人ハルクみたい(笑)ですが、普通のライフジャケットみたいにせり上がってこないため、着心地は◎。ドルフィンが2匹ついたバタ足フロートも持たせたので、そのまま行くか、と思いきや、結局ベビーボートから出ず。イルカはペット状態で意味なし(苦笑)

bg080717-3.jpg

「絶対沈まないから。ジャケットだけでも大丈夫なのよ。なのに、ドルフィンちゃんもいるでしょ? 2つもあるんだから沈めようと思ったって沈まないって!!!!!!」と何度も説得。渋々ボートから出て、まずは、足のつく階段付近でうろちょろ。

bg080717-4.jpg

自分なりに、足を上げてみて、これは本当に沈まないらしい、と悟った娘。20分後にはこんな感じ。リラックスしてふわーっと浮くことができるように。

bg080717-5.jpgbg080717-7.jpg

そしてさらに20分後。一気に慣れたらしく、バタ足にトライ。膝が曲がってるのでなかなか進まないものの、猛然と水を蹴る、蹴る。

bg080717-8.jpgbg080717-6.jpg

「すご〜い! 上手い! 泳いでるよ〜。」おだてに乗せられ、あっちバタバタ、こっちバタバタ。気づいたら、あら、こーんなに遠くに来てました。…と言う訳で、この日のうちに、とりあえず、1人で楽しめるように。ドルフィンちゃん、ブラボー。娘曰く、左はダディ、右はママ。3人で一緒に泳いでるんだとか。子供って何が効き目があるか、わかんないもんですねえ。

bg080717-10.jpg

そしてこれは、今週、買ってあげたフィッシュ浮き輪。中に入れて安定感があるのか、フロート水着なしでも大丈夫。気持ちよさそ〜にプカプカ。お昼ね中!?

bg080717-9c.jpgbg080711-d.jpg

相変わらずカメラを向けるとふざけてばかり。まあ、それだけ余裕ができたってことで、メデタイよね。

そんなこんなで、今や、わたしも、ゴーグルつけて泳げちゃってます。やった! これで、夏中、プールを満喫できる〜♪ 娘も、毎日、ちょっとずつ慣れていて、今日は、フロート水着だけで、わたしの指一本に片手でつかまり、移動できるように。このまま行けば、夏の終わりには、フロート水着さえあれば自由自在! になってるかもしれない。優しいお隣さんに感謝・感謝です★

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(4) | 育児(3歳-3歳半)

2008年07月16日

揺れる瞳とフレッシュトマト♪

bg080716-1.jpg

今日は、親ばか写真館です(笑) もぎたてトマトを撮ろうとカメラを構えたら、例のごとく、ふざけて写真に入ろうとする娘。「あっち行きなさ〜い!」と言いながらも仕方なく適当にパシャパシャやってたら、あら、意外とかわいく撮れてるジャン!? ちょうどお風呂上りだったので、ヘアもふんわり。いつもの構えた写真より、ず〜っと自然に写ってて、イイ感じ^^

bg080716-3b.jpgbg080716-4.jpg

bg080716-6.jpgbg080716-5c.jpg

bg080716-2.jpg

同じ洋服、同じ構図だけど、いろんな表情。2番目の「口を横に広げて舌をベロー」は、実は1年以上やり続けている、娘のカメラ向けNO1ポーズ。とうとう、お披露目になってしまった(笑) わたしは、↑の、目線を外してる笑顔が一番好きかな? みなさまはどう?

トマトはこんな風に、毎日、平均10-15個とれるようになりました(写真のは2日分)。でも、娘もわたしもトマト大好き。それに、やっぱりうちのは一味違うの♪ 甘さはほどほどだけど、実がしまってて、ジューシー、おいしさがギュッとつまってる。だから、いつもとりあいで〜す^^;

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(8) | 育児(3歳-3歳半)

2008年07月15日

図書館のストーリータイム

市立図書館ではいろいろキッズプログラムがありますが、夏休みの間は特に充実。わたしたちのところでは、「Catch the Reading Bug!」というタイトルで、虫にちなんだストーリータイムを毎週、年齢別にやってます。3-4歳のグループに、昨日、初めて参加してきました。

図書館のプログラム自体は、以前に何度も行ったことあるのですが、そのころのは低年齢向けの、親も一緒に踊ったり歌ったりするものでした。娘ももう3歳だし…とストーリータイムに連れて行ったのがちょうど3ヶ月ほど前。親は後ろのイスに座って見ていて、子供のみが先生の周りに輪になって座るパターン。娘は、何度注意されても、他の子の前に立ったり、本に触ったりをやめない。先生は、と〜ってもいい方で、優しく注意してくれてるのに、何度かは泣いて戻ってくる。それ以外にも、何かあるたび、私の方を振り返って「ママ、xxxだって!」と日本語で言ったり、いちいち何か見せに来たり。そのうち、もう1人の男の子とわたしたちが座っているイスの間を走り始め、参加できてないどころか、他の子たちの迷惑。先生は、「3歳になったばかりだからしょうがない。特に他言語が第一言語の子にはよくあること。そのうち慣れるから、どんどん参加して。」と言って下さったのですが、なんとなく遠慮してしまって足が遠のいてました。

で、昨日。また同じだろう、と思っていたら、これがまるで別人! じっと座っているのが苦手らしく、何度か立ってましたが、注意されればすぐ座る。途中でこちらをちらちらと見ることはあっても、「先生を見て」と指で合図するとすぐ従う。何より驚いたのは、先生の問いかけにきちんと反応できてたこと。答えは「I don't know!」とかでしたけど(笑)、物怖じせずに英語で返せるだけ大きな進歩。手や口でこういう風にマネをして〜というのも、他の子たちと一緒に出来てました。以前は、自分だけ別世界にいる感じだったんです。途中で大好きなお絵描きがあって、それをわたしに見せには来たけど、それ以外はずっと輪の中で楽しそうにやってました。1時間弱、集中も切れなかったし、大変化です。

この3ヶ月の間、特に何もしていなかったので、やはり年齢でしょうね。娘の場合は、英語も大きかったと思います。最近は、公園でも、「What's your name?」と自分から話しかけてるし、ダディ以外の人にも英語が抵抗なく口から出るようになったみたい。そもそもストーリータイムは、話がわからなかったらつまらないですしね。

しかし、びっくりしました。と言うのも、1ヶ月ほど前に、シャノンママと一緒に、ダンスとジムナスティクスの体験レッスンに行ったのですが、その時も、ぜ〜んぜんダメだったんです。タップ10分、バレエ10分、ジム30分のクラス。タップとバレエはついていけないし、部屋から1-2分置きに泣いて出てくる。ジムは元々好きなので楽しんでたけど、やっぱり指示には全く従えてなくて、勝手に遊んでる感じ。シャノンもちょっとマシだったけど大差なく、こりゃあまだまだだね、と2人で笑ってたところでした。

この年齢の子供って、本当に変化が激しいですよね。しばらく同じだったり、後退すらしたりするのだけど、特にその後退のあとは、ジャ〜ンプって感じで急成長。昨日、スクールカウンセラーのママから、「キンダー(幼稚園)からじゃ遅い、少なくとも来年はプリスクールに入れないと、Violetがついていけなくて苦労する、特に英語が第二言語なんだから」と強く言われたのですが、どうなんだろう? 今のところは、自然に順応していってるようだけど? わたしたちの市立キンダーは半日じゃなくて全日のフルタイム。いきなりだとちょっときついかなあとは思っているのですが、それでも娘は大丈夫かも。楽観的すぎる?(笑)

それにしても、日本語は大切だけど、そろそろ、英語も出来ないと生活に支障をきたす(?)年齢になってきたみたいですね。英語はどうせ追いつくんだからできるだけ長く日本語オンリー、を目指してたんですけど、現状そうも行かないみたいです。実際、英語を使ってみんなに溶け込んでいる様子を見たら、わたしもすご〜くうれしかったし(苦笑) 昨日は、誇らしささえ感じてしまいました。「Mommy is proud of you! よくやった!」。…って、たかが図書館のプログラムなんですけど(笑)

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(4) | 育児(3歳-3歳半)

2008年07月14日

Great Adventure 3回目・走らせないよ!

6月中の話。3回目のGreat Adventureに行ってきました。このときは、シャノンたちに加え、シャノンの従兄弟たちと。シャノンママは、他に行く人がいても、わたしが自力で行けないのを知っているので、必ず声をかけてくれます。ほ〜んとうに、いい方! 

bg080713-1.jpg

エントランスにある、バッグズバニーの植え込み。ここのもうひとつの魅力は、とてもきれいに整備されている木や花たち。特にガーデニングにはまっているわたしには、たまらない。種類も多いし、結構珍しいものもあって、本やネットでしか見たことのないものに、ここでお目にかかることもしばしば。ランドスケープもプロがやっているので、勉強になります。

bg080713-2.jpg

このバッグズバニーの顔の周りに、それぞれのキャラクターの刈り込みが4つあります。Tweetyの前でにこっ、のはずが、またまた全然笑えてない。シャノンはいつもスマイル〜。こういうところは、やっぱりお姉さん。

bg080713-3.jpg

ケンカにならないよう、必ず2個ずつ同じスナックを持ってきてくれるシャノンママ。気配りもばっちりの方です。わたしも見習い、ジュースやビール?は必ず2個ずつ。(注:本当は食べ物、飲み物は持ち込み禁止。ゲートで見つかったら、没収です^^;)

bg080713-4.jpg

壮大なスケールのジェットコースター。足がすくむ〜。通るたびに、「あれ乗る。乗りたいっ!!」と叫ぶ娘。ティーンになったら、お1人でどうぞ!

bg080713-9.jpg

Wigglerよりも、もう少し大きい子供向けのコーナー。大人と一緒だったら、娘でも乗れるものが沢山あります。

bg080713-5.jpgbg080713-6.jpg

シャノンママが一緒に乗ってくれてます。助かる〜。右のは、「乗るっ!!」と勇ましく行ったものの、ものすごいスピード。最初こそ手をふってましたが、最後は引きつった顔で降りてきました。去年、違う場所で同じようなものに共に乗った時は、泣き叫ぶわたしの横で、娘はへいちゃらりんでした。今年の方が怖がるようになったもののひとつ。

bg080713-7.jpg

飛行機。シャノンは平気でしたが、娘はびえー。これも、去年、ダディと乗ったときは大丈夫でした。

さて、Great Adventureは刺激的なものがいっぱい。娘は興奮のあまり、あっという間に走り出し、大声で呼んでも全く止まらない。いちいち追いかけて捕まえるのも大変だし、転ぶのも困るし、迷子にでもなったらそれこそ一大事! 1回目で懲りたので、2回目行った時には、走るたびに、横に連れて行き、厳しく注意。「走らず歩きなさい。常にママがどこにいるか確かめながら移動して。勝手に走っても、もう追いかけない。ママには二度と会えなくなるよ。」と、しつこく、しつこく。(と言いつつ追いかけないわけにはいかず、説得力薄し…^^;)

「わかった」と頷くも10分で忘れるので、20回は繰り返しました。こりゃあ、夏中かかるなあと覚悟していたのですが、意外にも効果は早く表れ、3回目に行ったこの日は5回ほどで済んだし、1度も転ばなかった!! これは快挙です(笑) このまま行けば、ショートパンツをはかせられる日も来るかも!? 

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(4) | おでかけ

2008年07月12日

グレープトマト、暴走中!?

bg080712-5b.jpg

我が家のミニミニ・ベジガーデン。成長してくれるのはうれしいものの、一番左のグレープトマトが暴走し、手の付けられない状態になってきました(苦笑) たった2週間前の写真と比べてみてください。茂りまくってもうギチギチです。真ん中のナスとピーマンちゃんが両方から押され、いかにも窮屈そう。一番右のミニトマトの勢いもすごいのですが、これはまた違う種類で、太い茎が力強くまっすぐ立ってるからまだいいんです。でも、最初に植えた左のは、細い茎でつるのようにうねうね。しかも、葉っぱ同士、トマト同士も絡み合うので、どうにもならん。お互いに引っ張り合って、助け合えばいいのに、実際は共倒れ状態。ポールも沢山立ててるのですが、それさえ、全体の重みでかしいできちゃいました。このままだと、ある朝起きたら、全部倒れてボッキン、なんてことになりかねない。大変だ!!

…と言うことで、今日は暑い中、立て直し作業にかかりました。写真は、なんとかそれを終えたあと。斜めになっちゃった既存のポールを太く長いものに差し替え、茎を引っ張り上げて留めなおし、新たなポールを加える。もつれた枝をほどいたり、切ったり。トマトも案外弱くて、ちょっとムリに押すと折れるので、神経を使います。何せ、180センチと、わたしの身長より高くなっちゃってるので、扱いにくい〜。悪戦苦闘すること3時間。結果、青いトマトや黄色い花をボトボト落としたものの、何とか完了。上に向いたし、かなりの枝を切り落としたので、すっきりしました。以前は躊躇していた「わき芽」も、今日は、それこそ「わき目」も振らずつまみまくり。もう、これ以上、茂らんでいい! 実だけならせろ! って感じです。来年は、この品種はやめておこう(苦笑)

bg080712-1.jpgbg080712-3.jpg

<左>トマトの枝(葉)が絡み合ってるの、わかるかしら? 色づいている実は、完熟するまで待っていると、鳥につつかれるか、ひびが入って割れちゃう。このくらいで収穫し、真っ赤になってから食べてます。 <右>今更ですが、水の蒸発を防ぐため、マルチをしきました。ちっちゃいお手手を活かして、根元の方まで入れてくれてる娘。トマトは収穫も、小さい方が奥まで届くので娘の仕事。

bg080712-4.jpgbg080712-2.jpg

<左>ナスはこんな感じ。常時9本くらいなってます。すでに7本収穫済み。一番大きいのは30センチでした!! デカっ。ナスは来年2本と思ったけど、ダディは食べないので、1本で十分かも。 <右>病気にはなってないようなのですが、とうとうこんなのが。鳥か、虫か? ピーマンは、不思議なことに、6個実がなった後、花は全部枯れてしまいます。できてる実は10センチ以上と大きいのだけど、どうしてだろう? 

初挑戦なのに、何の問題もなくすくすく〜♪ なんて、今までが調子よすぎたみたい。蒸し暑い夏はこれからが本番だし、コミコミだからきっと病気にもなりやすい。でも、娘にも食べさせるものだから、なんとか、無農薬で乗り切りたいな〜。ガンバレ、野菜たち!!

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(3) | ハウス&ガーデン

2008年07月11日

Children's Museum of Manhattan

スプレイグラウンドだなんだと、暑い中、相変わらずお出かけしてるものの、更新が全く追いつきません。これもしばらく前の話ですが、記念日にマンハッタンに行けなかったリベンジを!、と、娘と3人で繰り出してきました。娘にとっては、多分4回目のNY・Cityです。(前回はSt.Patrick Day Parade) どうしても娘中心のコースなので、CMOM(Children's Museum)→セントラルパーク→日本食レストラン。以下写真で〜す。

bg080709-9d.jpgbg080709-9.jpg

<左>地下鉄の駅からMuseumへ向かって歩くダディと娘。「お手手つながないの、ひとりで歩くの」とのことですが、のろいのよ〜。一緒にちんたら歩いてたら当日中に着かないので、ダディが先に歩いては時々止まってせかしてます。地下鉄は娘には初体験。「電車、電車、でんしゃっしゃー♪」(いないいないばあより)と喜んでました^^

<右>セントラルパーク内で、ストローラーを押してます。背中にしょってるバタフライリュックは、先日Jと二人で出かけた「Liberty Science Center」でお土産に買ったもの。最近、ピロウケースに腕を通し、「ちょうちょう」にもしょっちゅう化けているので、ちょうどいいかと(笑) 去年までは、バッグ類は、結局わたしが持つ羽目になってましたが、この日は移動中はずっと自分でかついでました。中はセーターとクレヨン、ノート、絵本。

この日は、このバタフライのおかげで、久々に、街行く人たちに声をかけられました。「かわいいねー」「いくつ?」などなど。わざわざ立ち止まって見てくれた人たちもいて(マンハッタンではすごく珍しい)、ちょっとうれしかったです。(←親ばか、ばかばか〜^^;)

bg080709-1.jpg

bg080709-2b.jpg

Museumでは、ちょうど「Adventures of Dora & Diego」をやっていて、それを目的に行ったのですが、今ひとつ。ドラの絵があちこちにあるのと、スペイン語が踊っている以外は、特に新鮮味はなし。色が派手でかわいかったけどね。

bg080709-4c.jpgbg080709-4b.jpg

<左>つむぎの棒みたいのを回すと、画面の羊ちゃんの毛がそられ、みるみるうちに丸裸?になっちゃいます。 <右>ハンドルを回して、ブロックを運びます。単純だけど子供には面白いみたいで、他の子にも人気でした。

bg080709-7.jpgbg080709-6.jpg

消防車の横にあった、火消しマシン。火の下にホースもどきを向けると火が消えます。重いので調節が難しく、真剣な面持ちの娘。

CMOMは、建物の一角にあります。NJのMuseumと比べると、場所が限られるので、どうしても迫力には欠けます。全体的に、どれも新しくきれい。センスのよさは流石マンハッタン。でも、1階のエジプト関係は娘には難しく、2階、3階は物足りない、と実質的にはちょっと中途半端でした。外の水のコーナーが、時間切れ(1時間早く閉まるのを知らなかった)で見れなかったのですが、そこに行けてたらもっとよかったかも。2時間ちょっとしかいなかったのに、帰る時も特にごねませんでした。

bg080709-8.jpg

CMOMがウエストサイド、レストランがイーストサイドなので、セントラルパークを横切りながら散策。Reservoire(貯水池)に続く、太鼓橋がきれい。

bg080709-12.jpgbg080709-11.jpg

セントラルパークは、そこかしこに、絵になる風景が一杯! わたしのポンコツカメラ(焦点が上手く合わない)とへぼ腕でも、それなりの写真が撮れちゃいます。NJのだだっ広いばかりの公園とは、一味も二味も違う。子供がいると、庭なし、電車移動のマンハッタンでの生活はやっぱり考えられない。でも、世界の先端を行く都会でありながら、ここまで広大で趣のある公園が真ん中にどんっとあるところは、他にないのでは? 古い町並みも、光り輝く高層ビルも、エンターテイメントも、世界各国の一流の味も、人間も、刺激も、怪しさも、そして自然さえ合わせ持つ街。それがマンハッタンです。つくづく、魅力的な街だな〜と感じずにはいられません。(最近、ニューヨークシティ賞賛ブログになってますね^^;)

ディナーは、「Gajumaru」に初トライ。行きなれた日本食屋はいくつかあるのだけど、最近新しいレストランのオープンが目覚しく、浦島花子状態のわたし。レストラン開拓に燃えたい気分なのです。ここは新しいかどうか知らないけど、思いっきりアッパーイーストなので、行く機会がありませんでした。

自家製豆腐(のりの佃煮つき)が一押し。とろとろで、最高! あじとトロの刺身は、おいしかったけど、値段が… トロ、小さいの二切れだったのに、$16!! 一切れ8ドル(1000円弱くらい)だよ!!! お会計見てびっくり。メニューに書いてなかったので、時価だとは思ったけど、聞けばよかった。他の値段がそれほどじゃなかったので、油断してしまったの。知ってたら、もっと味わって食べられたのに〜。あじのしょうが醤油につけてぺろっと食べちゃったのよね… あじは$18。丸ごとで、盛り付けも粋だったけど、「たたき」を注文したのに、なぜか「刺身」。刺身系はわたししか食べられないので、もったいないオーダーでした。お会計はチップ込みで$140(15000円ちょっと)。ビール計4本頼んだけど、Jはほとんど食べてない(日本食ダメ)ので、1.5人前くらい。思ったより高くつきました。

お客さんは、日本人1人にアメリカ人が4人。テイクアウトが多いお店みたい。混んでないので、子連れで行くにはいいかも。でも、場所がネックだし、多分、もう行かないかな…

bg080709-9c.jpgbg080709-9e.jpg

<左>デザートのカボチャプリンに舌鼓を打つ娘。生クリームとほろ苦いカラメルのバランスがよかった。料理自体、ここは結構おいしい。デザートを持ってあるお皿がいかにも日本風。NJに住んでいると、こんなことでもうれしくなってしまう。 <右>付きだしのひじきから豆腐、鶏のポン酢おろし、てんぷら、つけもの、プリンとフルコースで食べて大満足。「おいしかった〜。おなかいっぱい〜♪」 よかったね。

娘を連れてのマンハッタンも、ずいぶん楽になりました。ストローラーも、ほとんど使わないし。これからは、もっと頻繁に出かけられそうです^^

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(2) | おでかけ

2008年07月08日

絵本、わたしが読んであげるね♪

bg080708-1.jpg

以前は、大人しいなあ、静かだなあと思うと、100%イタズラしていた娘^^; ところが、最近は、こんな風に1人で絵本を読んでいることが多くなりました。平仮名自体は2歳半で全部読めていたのに、絵本となると、単語をひとつ、ふたつ読む程度。どうなってるの〜?と訝しがっていたら、3歳ちょっと前から、わたしが読んであげてると、「今のどこに書いてあるの?」と聞いては、繰り返していました。おお、いよいよ興味が出てきたか!? と思っているうち、今では、「ママ、絵本、わたしが読んであげるね。」と持ってくるように。

bg080708-2.jpgbg080708-3.jpg

<左>写真のは、大好きな「はらぺこあおむし」。ちっちゃな指でひとつひとつ文字をなぞって、たどたどしく…ですが、一冊読みきります。聞かれるままに教えていたら、「は」を「わ」と発音すること、小さい「つ」、「ぎゃ」「じゃ」などもすぐ覚えました。カタカナは、里帰りした時100円ショップで買った本で、いつの間にか半分くらいマスター。あとは、このまま絵本を読むうちに学んでいけそうです。結構、几帳面で、作者や訳者、出版社の名前なんかも読みたがります。(漢字は読んであげてます)

<右>時々、自信のない音は、ママの顔を見て確かめながら。間違えを指摘しても、前のように癇癪は起こさないかわり、ページの最初に戻って読み返さないと気が済まないので、1冊読むのに30分以上かかります。最近、寝る前にベッドで絵本を2冊読み聞かせるのがお約束。昨日の夜は、長めの本だったのに、全ページ、「今度はわたしの番」と読み直し、なんと1時間! 娘が読んでいるところでは、わたしがうつらうつらしてしまい、「ママ、ちゃんと聞いてよ!」と叩き起こされてました。今晩は短い絵本を選ばないと(苦笑)

話す方は、会話が楽しめるようになった反面、口答えも多くなりました。前は単なる「イヤイヤ」でしたが、最近は、いちいち変な理屈をつけてごねます。「今、疲れてるから」(片付けなさい)、「それは4歳になってからね」(自分でやりなさい)、「あおむしみたいに、食べ過ぎておなかが痛くて泣きました、ってなったら大変だから。」(ご飯を残すとき)。悪いこと、危ないことを注意しても素直には聞きません。「ファンに触らないで。指が切れちゃうよ。」と言えば、外側を触りながら「ここは大丈夫だから。」 わざとちょっと違ったことをして、「これならいいでしょう。」と挑戦的な態度。かわいくないっ(笑) たま〜に「ハイ」って言われると、「えっ、どこか悪いの?」って心配しちゃいます(苦笑)

英語は、日本語に比べるとまだまだ。アメリカ人の子達とも、同年齢なら遊ぶには不自由しませんが、公園で、4歳半ー5歳の女の子2人と会ったときは、会話についていけず、仲間に入れてませんでした。でも、以前の、日本語しか話せなかった印象が強いらしく、July 4thの時には、「今やパーフェクト・バイリンガルだねえ」とみなに感心されました(笑) アルファベットは大文字、小文字ともに全部読め、簡単な単語いくつかや自分の名前はスペルを言えます。読み書きに関しては、今のところ、アメリカ人の子に比べてもあまり遜色はなさそう。

数は、日本語では200まで、英語では100まで数えます。オマケのスペイン語は20まで。こっちは、わたし自身の勉強がストップしているので、当然、進みません。あとは、最近、曜日がわかるようになりました。朝起きると、「ママ、今日はXX曜日だね」と必ず言います。日月火水木金土がわかっているので、きのう、明日もすらすら。英語ではThursday とSaturdayがまだ苦手。時間は、デジタル時計なら読めますが、普通の時計はまだ。「今何時?」と半年以上聞かれ、そのたび教えてはいるけど、頭に入らないみたい。

言葉に関しては、こんな感じです。娘との会話は、いまだに「日本語オンリー」。でも、さすがに、英語の本も頼まれれば読むし、「これは英語(スペイン語)でなんと言うの?」と聞かれれば教えています。友人は全員アメリカ人、の環境下では、もう避けて通れないというのが実状。何とか、日本語の補習校に通い始めるまで(あと3年)、持ってくれればいいのだけど。

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(3) | トライリンガル教育

2008年07月07日

Fourth of July 2008

独立記念日は、義弟マイケル宅でのBBQでした。アイルランドからちょうど来ていた従姉妹や、義妹アンジェラの家族、マイケルの友人たちも加わり、とっても賑やか。娘はこういう集まりに行っても、子供たち同士で遊べるので、もう全く手がかかりません。へらへらと白ワインを飲んでいたら、すっかりいい気分になっていたようで、気づいたら、後半は全く写真を撮ってませんでした! なので、ワイワイとした雰囲気は全く伝わりませんが、以下、ちらほらとご紹介。

bg080704-1b.jpgbg080704-2.jpg

<左>マイケル宅は、古いおうちとお庭なので、つたがからまったりして情緒たっぷり。蚊よけのタイマツも似合います。 <右>このトーテンポールはなんと飲み物のクーラー。これまた庭に溶け込んで?オシャレ。

bg080704-4.jpg

そのトーテンポールの横で、はい、ポーズ。珍しく、かわいく決まりました。この日は、アンジェラからいただいたハワイ土産のドレス。髪飾りにも同じ色の花をつけたら、みんなに「ハワイアンみたい〜♪」と好評でした^^

bg080704-3.jpgbg080704-5.jpg

<左>ロブスター。大きいっ。おいしいっ。記念日らしく豪華だ〜。 <右>ベリーパイとマシュマロ。どちらも国旗を意識した配色。

bg080704-6.jpg

木に吊るさなくてもいい、下置きタイプのハンモック。これがもう気持ちいいの、なんのって。寝転んでたら、隣の喧騒もなんのその、うとうとしちゃいました。うちにも大きな木陰があれば、絶対買いなんだけど、残念ながらないのよね〜。日当たりだけは最高だけど(笑) マイケルのところは、隣家の巨大ポプラが、柵を乗り越え、ハンモックの上に涼しい陰を作ってくれているのです。

bg080704-7.jpg

子供たちにも大人気。とっても優しい従兄弟のトミーと。おおはしゃぎでじゃれあってました。足は威勢よく振り上げながら、顔ははにかんだような表情、とアンバランスな娘。

夜には、花火も見に行きました。日本のやマンハッタンのとは比べ物にならないけど、気軽にふらっと歩いて行けるのは楽チン。特に子供づれにはありがたい。フィナーレはなかなかの迫力でした。エイダンは大音響に大泣き、娘はぽかーんと見とれてました。

さて、この日は、わたしたちファミリーにとっても、特別な日となる、ビッグニュースがありました。それは… なんと、アンジェラがついに妊娠♪ 結婚8年目、待ちに待ったオメデタ。アンジェラの顔は、まさに内面から喜びに輝いていました^^ 彼女が通ってきた、プレッシャー、焦り、ストレスの道のりをよく知っているだけに、自分のことのようにうれしかったです。イスから飛び上がっちゃいました(笑) 実は今、アンも3人目を妊娠していて、9月に出産予定。アンジェラは来年2月、とベイビーラッシュです。

そしてわたしは、次はあなたよ!とまた肩を押されてしまった^^; 妊娠できるかどうかより、育てられるかどうか、が最近ネックでなかなか決心がつかない二人目。去年の秋から病気続きだったしねえ。年齢的にも、これからまたオムツ替えや夜泣きにつきあうのはキツイ。…といくら説明しても、「あなたは若いから大丈夫よ!!」の一言で片付けられてしまう。あの〜、「若く見える」と「実際若い」のは別なんですけど? 複雑な気分よ(苦笑)

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク 🌁 | Comment(5) | ファミリー

2008年07月03日

「ママ、おはよ〜っ!!!」今日も朝からスーパー元気♪

bg080703-1.jpgbg080703-2.jpg

朝目覚めると、2階から「ママ〜!!」と呼び、おんぶして降りてこないと梃子でも動かなかった娘。(結構長く) わたしも、かわいくてほいほいやっちゃってたんだけど、最近、さすがに面倒になり、泣いても知らん顔を決めこんでいたら、ここ3週間ほどこれが定着。ドタドタドタっと地響きを立てて階段をかけおり、「ママ、おはよ〜っっっ!!!」と叫びながらキッチンに飛び込み、満面笑顔でドンッとポーズを決めます。髪の毛ばっさばさ(笑) いつもはもっとひどくて、ライオン丸みたいです。(←って誰だっけ?) 

ポーズも毎日ちょっとずつ違って笑えるし、何より、子供らしく、元気いっぱいなので、気に入ってます。こっちも思わず、「おはよ〜っっっ!!」と両手を広げると、ぼーんと飛び込んできて、大きなチュー。朝から元気をもらえる気分^^ いつまで続けてくれるかしらん?

めちゃくちゃ眠いので、今日はスーパーショート。明日は「4th of July」(独立記念日)ですね。アメリカの方たちは、よい祝日をお過ごしください。では、おやすみなさい^^

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(5) | 育児(3歳-3歳半)

2008年07月02日

ついに購入! ツリーハウス&スウィングセット

プール同様、この辺では珍しくない庭のプレイセット。子供がいる家庭では半数以上が持ってます。でも、これもピンキリ。$1000くらいからあるけれど、近くで見ればちゃちいし、カスタマイズもできず、組み立ても自分でしなければなりません。大人が使っても揺らがないほど頑丈で、好きな用に組み合わせが効き、設置もプロがやってくれるものとなると、最低限の小さなものでも$3000、大きなものでは軽く$10,000を超えます。

去年までは、周りがどんなに持っていようが、お金の無駄、公園に行きゃあいいじゃない、と思ってました。子供が2-3人もいればともかく、うちは娘1人だし「あり得ない」。ところが、どういうわけか、今年の春、急に公園に行くのが面倒になってきたんです。行くとなれば、たとえ歩ける距離でも、水やスナック、日焼け止め、おもちゃだなんだとパッキングしないといけないし、トイレのこともある。庭にあれば、思い立った時にすぐ遊べるし、朝一番や夕方、10-15分でも使える。わたしがガーデニングしている間の暇つぶしにもなるかも… どんどん妄想はふくらみ、Jを説得して、とうとう買っちゃいました!! 

実は1ヶ月以上前の話ですが、結果は、今のところ大当たり。本当に買ってよかった♪ 以下、写真でご紹介しますね。

bg080629-1b.jpg

一般的な、ツリーハウスとスィングセットがコンボになったデザイン。できるだけ庭に溶け込むように、色はグリーンのみ。屋根の下にはVioletの大好きな小さな窓がついていて、オシャレです。娘はすでに3歳、しかもお転婆なので、できるだけ長く使えるように、モンキーバーをつけました。今は、下から足を抱っこする形でやってます。

bg080629-12c.jpg

サンデッキから、バンザ〜イ♪ スィングや滑り台が高くなるように(大きくなっても十分なように)、ハウスより一段高い、6フィート(182センチ)のサンデッキをつけました。

bg080629-3b.jpgbg080629-9b.jpg

<左>ブランコは未だに苦手な娘ですが、低く吊るしたら全然平気。今や大好きで、かなり強く押しても大丈夫。公園のは、高くて自分で止められないのが怖かったみたい。そういう意味でも、調節自在な我が家のスィングセットは◎。

<右>一番お気に入りなのは、この乗り方。多分自分で押せるから。だだ〜っと助走をつけ、ブランコにぶつかるような形でそのまま飛び乗ります。最初はあまりの勢いに、頭から落ちるんじゃないかと冷や冷やしました。

bg080629-7b.JPGbg080629-8c.JPG

普通のスウィング2つの他には、トラピーズバーをつけました。今はまだまだ写真のようにぶらさがる程度ですが、将来は、前転したり、逆上がりをしたり、鉄棒のように使ってくれることを期待してます。向かいのクリスティーナ(運動神経抜群・7歳)は、あっという間に逆さになってぶら下がり、ぐんぐんこいでました。いつもながら、彼女はすごすぎる。よい意味で、まるでモンキー。

bg080629-6.jpgbg080629-5.JPG

よじ登るのが大好きな娘のためにつけた、クライミングボード。6フィートのサンデッキについているので、傾斜はほとんどないのですが、クライマーの娘には軽い、軽い。サクサク登っちゃいます。写真は厳しい表情になってますが、それはたまたま。

bg080629-10.jpgbg080629-11.jpg

滑り台も、ロケットスライドにアップグレード。わざと5フィート用のものを、6フィートのサンデッキにつけ、傾斜が急になるようにしてます。ビューンと滑り降り、大笑いの娘。どんなに速くすべっても、最後にお尻を打たないよう、先が細くなってます。

bg080629-4.jpg

そして、女の子だから、とピクニックテーブルもつけました。もうここで、何度もティーパーティをしています。それ以外にも、ジュースを飲んだり、本を読んだり。備え付けだと動かせなくて不便かなあ、と迷ったけれど、ものすごく活用できてます。

暑くなってからは、もっぱら朝か夕方に使用。朝起きてすぐ、あるいはご飯を食べた直後。夕方は水遣りしている間、夕食後。夏時間なので、9時前まで薄ら明るいんです。そして今年も我が家のベビープールは健在。プール開きをしてからは、日中、水着のままで、プールとスウィングセットを行ったり来たり。どれも、公園では出来なかったことですよね。

一人っ子なのにもったいない、という懸念も、翌日には解消。なぜなら、わたしも毎日使ってるから(笑) 高めにつるした方のスィングに座って、毎日、娘と並んで揺ら揺ら。今まで公園に行っても、ブランコなんて滅多にやらなかったし、やりたいとも思わなかったのだけど、自分の庭だと、なぜかすご〜くリラックスできるんです。3日後には、やりすぎで腰が痛くなったほど。Jにも「うちには子供が2人いるんだっけ。忘れてたよ。」と言われちゃいました(笑) 

それに、娘の友達も、前よりもっと来てくれるように。裏や向かいの子達も見かけたら一緒に遊んでくれるし、プレイデイトも、公園よりうちでということが多くなりました。運転嫌いのわたしにとっては、助かる! 

と、今のところいいこと尽くめですが、計画外の大出費だったので、今年はバケーションはなしです^^; でも、どんなに楽しくても、バケーションはたった1週間。それと比べたら、むこう7年間(10歳まで使えるタイプ)、毎日のように使えるプレイセットの方が、価値は高いはず…ですよね!?

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(10) | 育児(3歳-3歳半)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。