2008年08月29日

フロリダ:湖畔にて…夕焼け色に染まる頬

クリスタルさんのお宅にお邪魔した時、おねだりして、とっておきの場所に連れていっていただきました。それは、「湖」… クリスタルさんの数々の美しいネイチャー写真の中でも、特にわたしの心に響いていた風景。いつか行ってみたい、そこに立ってからだで感じてみたい。と強く思っていました。ちょうど黄昏時で湖は茜色に染まり…そこは、想像以上に素敵な場所でした♪

何せボケカメラ(マン?^^;)に加えて、メモリーがあと数枚しかない(なんと約35枚しかストアーできない)、という悪条件の中で撮ったので、そのときの感動は全然再現できてません。しかも写真のサイズも小さいし。日本の母が、全部全部ぜ〜んぶカラー印刷して製本しているので、あまり大きい写真は載せないようにしてるんです。インク代もったいないでしょ^^;(って母は何も言ってないのだが、わたしが勝手に心配) でも、雰囲気だけでもちょこっと伝わったらうれしいです。ホンモノは、クリスタルさんのページでごらんください(笑)

bg080828-1.jpg

クリスタルさん撮影。 少し切なさそうな表情ですが…多分3歳って言ってます(笑) 夕焼けに照らされた頬と、指から来ている陰影がナイスバランス。

bg080828-2.jpg

湖に近づいて最初に撮った写真。まだ空は青いです。こんもりとした木々が、湖面にだまし絵のように映っています。

bg080828-7.jpg

長く続く古い遊歩道。何でも絵になります^^ 森の中を散策できるようになっていて、多分ぐるりと一周まわれます。わたしたちは時間がなかったので、途中で引き返してきました。奥が入り口で、これはある程度歩いてから振り返って撮影。

bg080828-3.jpgbg080828-4.jpg

湖のまわりには、こんな白いものがぶらさがった木が沢山。これも木の一部かと思ったら、モス(苔)なんだそうです! 一体化してて、ここの雰囲気に見事溶け込んでいます。

bg080828-5.jpg

そのモスを透かして眺めた夕焼けの写真をふたつ。遊歩道の奥から。夕日はまさに雲に隠れんとして、最後のまぶしい光を放っています。

bg080828-6b.jpg

そして数分後。雲に隠れ、あたり一面穏やかなオレンジ色に。

bg080828-8.jpg

雲は横に長い形だったのですね。波止場の方へ歩いて行ったら、また、顔を覗かせました。でも、もうさっきのような勢いはなく、静かにお別れを告げているかのよう。空と湖は、淡いサーモンピンクに包まれています。

bg080828-9.jpg

クリスタルさん撮影。 これは、帰りがけのショット。さびた水道で遊ぶViolet。明るく見えますが、あたりはすっかり薄暗かったです。

さ〜て、どうでしたか? 湖を歩きながら思ったこと。わたしも写真が撮りたい! この息づく空と大地と水の変化を、カメラに収めたい! 感動を残したい!! …そんな衝動にかられる大きな自然がここにはありました。もし、4年後にこの地に住むことになったら、わたしも一眼レフを手にしているかもしれません!?(笑)

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(8) | 旅行

2008年08月26日

フロリダ:World Golf Hall of Fame (世界ゴルフ殿堂)

bg080823-12.jpg

St.Augustineの市内観光を早々に切り上げて向かったのは、こちら。郊外にある、「World Golf Hall of Fame」(世界ゴルフ殿堂)です。「Hall of Fame」とは、優秀な成績を残した選手や、スポーツ界全体の発展に大きく貢献した選手を称えるために作られた組織で、他にも、野球、バスケットボールなどがあります。ゴルフの殿堂もここだけではありません。

bg080823-13b.jpgbg080823-18.jpg

<左>真ん中の部分。ここはまだ10年という新しさなので、全てが立派できれい。ロゴマークもピカピカです。柵のついた展望台(外には出られません)までは、外が見える高速エレベーターで。中には主だったトロフィーがずらりと展示されていて、トロフィータワーと呼ばれています。余談ですが、このエレベーター、ものすごい速さで足がガクガクになり、帰りは「Emergency Only 緊急時のみ」と書かれた暗い階段を娘の手をひいてひたすら下りるはめに。弱虫の母を持つと、娘も苦労するよね(苦笑) <右>展望台から外を眺めたところ。下には世界地図、広がるのは二つあるチャンピオンシップコース。右の方にちらっと見えているのはVilla(宿泊施設)。ここは、他にもリゾートホテル、ショップなどが集まる「World Golf Village」となってます。次回は、ゆっくり泊まって、プレイしたいな〜♪

bg080823-14.jpg

エントランスホールを入ったところ。写真の真ん中には「世界のアオキ」が。

bg080823-19c.jpgbg080823-22b.jpgbg080823-21b.jpg

オリンピック同様、世界の人種が一堂に会する状況になると、急に200%日本人に戻るわたし(笑) 特にこの選手たちが好きなわけでもないのだけれど、愛国心丸出しで日本人選手にしぼって写真撮影してきました。殿堂に受け入れられるには、厳しい基準をクリアーしないといけません。だから、ここに名を連ねるということは、選手にとって、大変名誉あることなのです。左から、青木功選手、岡本綾子選手、樋口久子選手。

bg080823-20.jpg

1974年から2007年までで、約110人の選手がいます。日本選手たちは、みな比較的新しく殿堂入りしたからか、全員、個別のショウケースが展示されていました。全部で20人ほどじゃなかったかな。青木選手は2004年に殿堂入り。赤いゴルフクラブが目だってますね。

bg080823-24.jpgbg080823-23.jpg

<左>岡本選手は2003年。著書が沢山あるのが印象的。 <右>樋口選手は2005年。たまたま先日TVで見たのですが、彼女は、日本での女子プロ選考1年目の選手で、LPGA Championship(全米女子プロゴルフ選手権)を日本人として初めて制し、現在は日本女子プロゴルフ協会会長という立場で後継者の指導に尽力しているそう。愛称チャコもネームプレートに刻まれてました。 

bg080823-15b.jpgbg080823-17.jpg

ここは、選手の功績をたたえる展示物以外にも、ビジターが参加して楽しめるものが沢山あります! <左>スコットランドの「Old Course」にある有名なアイコン「The Wilcan Burn Bridge」の現物大レプリカ。石の橋の上で、パチリ。またまた不思議なポーズ。柔軟体操ですか?(笑) <右>パターの練習。それなりにサマになってる?^^;

bg080823-16.jpg

これまたパター。背景がおしゃれです^^ ワンホール思いっきり打てるシュミレーションゴルフもあって、そっちはダディが挑戦してました。いつか、3人でコースを回る日が来るかな〜?

bg080823-25.jpgbg080823-26.jpg

<左>ランチは、敷地内の「CaddyShack」で。中は天井が高く広々していて、壁には写真や有名選手のキャディーエプロンが沢山。おいしかったし、ウエイター(キャディーと呼んでました)のサービスもとてもよかったです。 <右>このレストランは、俳優のBill Murrayがオーナー。彼の映画にちなんで、ワニがマスコットになってます。入り口の大きいのと記念撮影。

ここはゴルフ好きにはたまらないし、ちょっと興味がある程度でも、十分楽しめます! わたしたちは3時間ほどしかいられなかったけど、IMAXや屋外パターコースもあるので、丸一日でもつぶせそう。近くに行かれた際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね♪

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(9) | 旅行

2008年08月23日

フロリダ:アメリカ最古の街「St.Augustine」

旅行から帰ってきてから早2週間! いまだに旅行記を書いてます… スピードUPしなくちゃね^^;

オーランドからNJに向けて北上しながら、アメリカ最古の年、St.Augustineに寄りました。ここも、Jが昔から1度は行きたかったところ。時間がなかったので、観光名所をひとつ訪れただけで、あとは車中から街の雰囲気を見るにとどめました。

bg080823-9.jpg

車から撮ったので映りが悪いですが、街中の美術館。St.Augustineは1565年にスペイン国王により建設。紆余曲折を経ながらも、1821年まで、300年近くもスペイン統治下にあったことから、建築にもスペインの影響が深く見られます。

bg080823-1b.jpgbg080823-2.jpg

<左>「Fountain of Youth Arcaeological Park」の門。スペインの有名な探検家、Ponce de Leonは、1513年に、この若返りの泉を探していて、偶然にフロリダを発見したのだとか。そのLeonが立ち寄った場所として、公園が作られ、歴史的名所になってます。 <右>Leonとパチリ。相変わらずのくねポーズ(笑)

bg080823-8.jpg

泉の水を飲めるようになってます。Jが一口飲んで「まずい〜」と言ったのでわたしは迷いながらも遠慮してしまいましたが、彼を見る限り、別に効力はなかったようで(笑) 娘が立ってる後ろの地面には、記念碑となっている十字架が。

bg080823-7.jpgbg080823-11.jpg

記念塔。シルエットになって、きれいでしょ? ゴールドのはPonce de Leon。

bg080823-5.jpg

あちこちにあった古い大砲。

bg080823-3.jpgbg080823-4.jpg

ここは、植物もきれいでした〜。いかにもフロリダっぽい、木と花。こんなのが庭にあったら素敵なんだけど。

bg080823-6b.jpg

こーんな大きなヤシの木軍団も。Violetがちっちゃく見える!

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(3) | 旅行

2008年08月21日

3人以上だと上手く遊べない…

bg080821-1.jpgbg080821-2.jpg

旅行記はまだ続きがあるのですが、最近、肝心の子育てについてあまり書いてないので、今日はちょっと中休みでその話題を。写真は、6月くらいのもの。掘り出しました(笑) うさちゃんをしょっちゅうおんぶしてたんだけど、ずり落ちる、と文句を言うので、浴衣のひもでしばってあげました。うさちゃんと一緒にお外を見てます^^

さて、Violetは比較的問題のない、簡単な子です。1歳までは寝なかったので苦労したし、2歳までは男の子並のやんちゃさでそれなりに大変だったけど、その後は、どんどん楽になってました。なんでも自分で学んでいくので、お尻を叩く必要もないし、だんだん1人遊びもできるようになってきたし。

悩みらしきことはないに等しいのですが、この夏の間、少し気になることが出てきました。それは、3人以上のお友達と上手く遊べない、ということ。元々オープンで明るい性格なので、誰でも仲良くできる娘。でも、それは一対一の時に限られるのです。

例えば、夏の初め。ナタリーと公園で遊んだとき。最初は2人べったりだったのですが、そのうち、他の子供たちが団体で来て、ナタリーはその子たちと遊び始めてしまった。娘は、一緒に入ることもできず、かと言って他の子達と遊ぶこともできず、1人、ぽつねん。知らない子達の中心になって、ずっと元気に遊んでいたナタリーとは対照的。

先日。シャノンと我が家のプールで遊んでました。そこへ、隣のミタちゃん登場。最初は3人でプールに入って…と見えたのですが、たちまち娘は取り残され1人に。シャノンとミタちゃんはかなりお転婆で、特に水にまだ弱い娘より、お互いに面白かったんでしょうね。でも、わたしから見る限り、2人が意地悪したとか仲間はずれにしたとかはなく、娘が勝手に引いてるだけ。二人がプールにいるのに、プレイセットのハウスに登り、「Shannon, Come here!」と呼んでいる。シャノンが来ないとなると、いじけて家の中に入ってしまう始末。

そして昨日。とても気持ちのいい日だったので、お友達4人と公園へ。そうしたら、他の知っている人たちも来ていて、大グループに。最初は、1人の女の子と走って遊んでいたですが、みんなでボールを蹴り始めたら上手くできなかったらしく、途中でやめてこっちに走ってきた。それから勝手にくさってしまい、誰とも遊ばず、わたしにまとわりつくか1人でいじいじ。娘は普段の活発な印象が強いらしく、他のママたちも、「今日はどうしたの?」「こんな暗いムードのVioletは初めて見たわ。」とびっくり。実際は、いつものことなんだけどね〜(苦笑)

こうなってしまうと、何を言ってもダメ。3歳になってから、娘のムードをコントロールするのはとても難しくなりました。「どうして?」と聞いても、上手く説明できないのか、言いたくないのか、教えてくれない。自分でも、初めての感情で、よくわからないのかもしれません。「お友達と遊ぶために来たんでしょ? ママと遊ぶならおうちの庭でいいじゃい。ほら、行っておいで。」と正攻法で攻めてもだんまり。「じゃあ、もう帰る?」と言うと「いや。帰らない〜。」って言うんですけどね。

昨日は、2時間弱いましたが、そのうち、遊んだのは、ベビーカーの赤ちゃんと5分、もうすぐ2歳の女の子と10分、ジェームス(3歳)と15分、ブライス(4歳)と15分。ジェームスは、群れを抜け出て階段を登り始めたのを追いかけたもので、結局一対一。ブライスは、もうほとんど他の人が帰ってしまってからで、やはり一対一に近いものでした。

シャノンとミタの件は、翌日聞いたら、「シャノンと遊びたかったのに、ミタが来たから遊べなかった。」と。思うに、何かしら、嫉妬みたいな感情があるようなんです。ナタリーをとられた、シャノンをとられた。ナタリーも、シャノンも、自分を置いて他の子たちと遊び始めた、自分が一番じゃない、みたいな。昨日のは、他にも、ボールが蹴れない、恥ずかしい、っていうのもあったかな。元々、したいことが上手くできないと、よくキ〜っとなる子でした。でも、根性でがんばって、だからこそ、上達も人一倍早かったのだけど、最近の、このくさって投げ出すモードには困ったものです。

「一番じゃなくてもいい。上手く出来なくてもいい。頑張る姿勢が大事なの。それをママは見てるし、うれしいし、少しでも上達したら、一緒に喜ぶよ。」と、いつも言ってるし、態度でも示していると思う。無理に押したことも、他人と比べた発言をしたこともないはずなのだけど、結局、生まれ持った性格なのかなあ。

嫉妬に関しては、この年頃の子供たちにはよくあることなのかもしれません。例えばミタ。ママがVioletをちょっとでも触ったりすると、もう大変。突っ伏して大泣きすることも。あるいは、友達の誕生パーティで。4歳の子達だったのですが、主役の女の子の親友だと自認していた女の子が、パーティで主役の子が他の友達と遊んでいるのを見て大ショック。泣き出してしまい、最後まで、輪の中には入れませんでした。

子供は本当にどんどん変っていくので、これも、多分、一時のものだとは思うのですけどね。嫉妬という感情は、本当にやっかいで、一瞬にしてわいて出てくるし、一旦出てきたら消し去るのは難しい。わたし自身、すぐ他人と比べてしまいます。流石に大人なので、理屈で封じ込めたり、すぐに気持ちを切り替えることはできるけれど、子供には難しいですよね。

さ〜て、どうしたもんでしょうね。あまりとやかく言うと逆効果な気もするし、基本的には様子を見るしかないと思うんですけど。似たよな経験のあるママさん、いらっしゃいますか? 子育ても、今までの体力的な面から、精神面へと移り変わる時期に来ているようです…。

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(9) | 育児(3歳-3歳半)

2008年08月20日

フロリダ:クリスタル家のDeliciousランチ♪

ぐっと涼しくなりました。日中は日差しの下にいるとまだまだ暑いけれど、朝晩は寒いくらい。エアコンがいらないどころか、寒くて窓をあけられません。プールの水も、かなり冷たい。残りわずかな夏を楽しまなくちゃ、とスプレイパークだ、プールだと毎日精力的にお出かけしてます。そんなわけで、相変わらず滞りがちな更新^^;

さて、フロリダ旅行の続き。オーランド最終日に、ブログでお友達になったクリスタルさんのお宅で、ランチにご招待していただきました♪ とても素敵な写真と心温まるポエムで、みなの心を癒すクリスタルさん。メールや電話では話していても、実際会うとなるとドキドキでしたが、すぐに打ち解け、とても楽しいひとときを過ごせました。時のたつのも忘れ、あっという間の7時間! 話は尽きず、名残り惜しい中、暗くなってきたので渋々お別れしました…(苦笑)

bg080817-1b.jpg

こんな素晴らしいランチを用意してくれてました。メインはチキンマルサラ。チキンにはハムとチーズがはさんであります。このソースが絶品。マルサラソース自体は何度かお店で食べたことがあるのですが、それよりずっとおいしくて、全く違うソースだと思ってました(笑) 近いうちに挑戦しなくては! 焼きたてのフォッカチアは、パリパリ、ふんわり最高。パンもプロ並のクリスタルさん。もっと近かったら、修行におしかけちゃうのに、残念〜^^

bg080817-2.jpgbg080817-3.jpg

デザートのパンナコッタとチーズバー。もちろんどちらもお手製です。クリーミィーなパンナコッタ、わたしのお気に入りデザート#1になっちゃいました!

bg080817-5.jpg

クリスタルさん撮影。 食事の後は、真新しいプールにザブン! フロリダの夏には、プールは欠かせません。娘は、最初は怖かったらしく、浮き輪のままボートに乗ってます。後ろに写っているのは、クリスタルさんの次男君。

bg080817-4.jpg

クリスタルさんのぼっちゃんたちの真似をして、ヌードルの穴から水を噴出そうと一生懸命な娘。

bg080817-7.jpg

クリスタルさん撮影。 わたしは、ボートの上で、ビール片手にへらへら。一瞬の有閑マダム気分を味合わせていただきました^^

bg080817-8b.jpg

クリスタルさん撮影。 おいしいランチをよそに、一心不乱になめているのは、EPCOTで作ってもらった緑猫のあめ。直後から食べたくてしょうがなかったのに、「クリスタルさんに見せてからね。」とお預けを食らっていたのでした(苦笑) 

bg080817-9d.jpg

クリスタルさん撮影。 貸していただいたマグネットブロックに夢中。ばっちりツボにはまったらしい。

bg080817-10.jpg

プールの後、次男君と仲良くDS? なんか、いいムードですね〜(笑) わたしは古典的なのか、まだまだ娘にボーイフレンドなんて早すぎる、絶対作ってほしくない!! と思っているのですが、こういうのはなんとも可愛くて微笑ますい。次男君は、すご〜くモテるそうなのですが、この様子を見ていたら、納得、納得^^

ご主人からお子さんたちから、ファミリーを挙げて歓待してくださったクリスタルさん。本当にありがとうございました♪ わたしも、お客様がいらしたときには、帰りたくない、またすぐ戻ってきたい、と思われるようなおもてなしがしたいものです^^

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(6) | 旅行

2008年08月17日

フロリダ:ディズニーワールド「EPCOT」

今回は、ディズニーは雰囲気だけ、しかも娘はまだ3歳でどうせ覚えていないだろう、ということで、大人向けの「EPCOT」に一日だけ行きました。ろくに下調べも何もしないで行ったら、非常に効率悪し^^; しかも太陽ぎらぎらで眩暈がするほど暑い!! Violetは一旦パビリオンに入ると「出たくない〜」と泣くし、なだめすかして何とか出ても、私自身が一瞬にしてぐったり。いや〜、夏に行くもんじゃないです。(わたしたちは、移住できるかどうかが目的だったので、わざと最悪の季節に行ったんですけどね。) 他にも死にそうなお客さんたちを沢山見かけました(苦笑) 

「EPCOT」は近未来都市と世界旅行をテーマにしたパーク。ディズニーらしいきれいさはあったけれど、それほどの感動はなかったかな^^; ディズニーは長くいればいるほど一日当たりの入場料が安くなる仕組みなので、一日だけだととっても割高。1人$80(TAXこみ)だから3人で$240! 暑さのあまり、途中で投げて帰ってしまったし(笑)、約束していたミッキーマウスに会わせてあげることもできず(写真撮影の場所に行ったら2時間待ちくらいの列だった)、なんとも中途半端でした〜。ま、次回は、ディズニーに集中して、1週間くらい行きましょう。

bg080816-13.jpg

高速にあるディズニーのゲート。よりによってぼろいトラックがすぐ前に。これでも出来るだけゆっくり走り、離れてもらって撮りました。真ん中のシンデレラ城と両脇のヤシの木がかわいいでしょ? 「Walt Disney World - Where Dreams Come True」と書かれています。

bg080816-6b.jpg

「The Seas with Nimo and Friends」の前で。まぶしい〜とすでに泣きそう^^; メインは乗り物に乗ってニモワールドを探検。さすがによく出来てたけど、列のわりにはあっという間。館内には他に大きな2階建ての水槽があって、娘はそっちの方が喜んでました。
 
bg080816-4.jpg

さめの口から顔を出して記念撮影。わたしは写るつもりじゃなかったのに、娘を抱っこして、「ほら、ダディーの方見て笑って〜」とやっていたら写ってた。しかも骸骨みたいでショックー(笑)

bg080816-8.jpg

池の向こう側の日本館をバックに。ここは木陰だったので、なんとかポーズしてもらえました。こうも暑いと、写真も撮れない。

bg080816-7.jpgbg080816-9.jpg

<左>日本館の看板。サムライ(歌舞伎役者みたいだけど)が、刀を一振りして、じゃがいもの皮をむき、マックのフレンチフライを作っちゃった、っていうことらしい。妙な日本文化の解釈だけど、まあ、ユーモラスなのでよしとしよう。 <右>鳥居の向こう側に、EPCOTの目印、巨大ゴルフボールみたいなドームが見えます。

bg080816-10.jpgbg080816-12b.jpg

<左>日本館の前でやっているあめ細工ショー。この方は、うわさにたがわず、見事な技の持ち主でした。暑い中陣取りした価値は十分。小さいはさみと指先ひとつで、たちまち、あらゆる動物を作ってくれます。娘のリクエストは「緑の猫」。簡単すぎたのが裏目に出たか、正直たいしたことなかったのですが、「イーグル」と「スコルピオン」は芸術品。イーグルなんて今にも飛び立ちそうだったし、スコルピオンはしっぽの先に赤い毒々しい針まで。それはそれは絶妙なはさみ捌きで、観客からも思わず「ほ〜っ」とため息が漏れてました。日本の伝統芸をこういう形で世界中の方たちに紹介してくれるのはうれしいこと。同じ日本人として誇りにすら思いました。 <右>出来たのは乾かした後、ふくろをかけてプレゼントしてくれます。千歳あめと同じ材料だそう。娘もにっこり大喜び。

bg080814-12b.jpg

こっちは、別の日に寄った「ディズニーダウンタウン」 入場料はタダ…のはず。巨大野外ショッピングモールでした。写真のは「プラネットハリウッド」。NYなどアメリカの都会にはあるお店ばかりなので、特に目新しさはなし。唯一、「LEGO」のお店は面白そうだったのに、うっかり行き忘れてしまいました。

bg080814-14b.jpgbg080814-13c.jpg

お店の中で、かぶって撮影したミッキー帽子。ケチって買わなかったけど、かぶってEPCOTで写真撮ったらかわいかったかな〜。ま、これも次回に持越しってことで。

次は、お友達のおうちでのランチ編で〜す。

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☔ | Comment(6) | 旅行

2008年08月15日

フロリダ:オムニリゾート花火大会

宿泊したホテルは、「Omni Orlando Resort at ChampionsGate」でした。ディズニーの南西、車で20分かかるので、ディズニーがメインならオススメしませんが、ディズニーはちょっとでリゾート気分を味わいたい、という方にはぴったりです! まだ4年と新しいので全てがきれいで気持ちよく、プール以外にもラグジュアリアスな雰囲気が味わえます。ホテルの横にはコンドミニアム(分譲マンション)もあるので、一応お値段を聞いてみたのですが、とてもとても手の出る金額ではありませんでした(苦笑) 世の中には、お金持ちが沢山いるんですね。は〜。

bg080814-1.jpg

このリゾート開発のために作られた町、Champion Gateの門。敷地内には、セブンイレブン、マック、レストラン、クリーニング、リカーショップ、スーパー、ドラッグストアなどが立ち並び、とっても便利。ホテルは、一番奥に、でんと構えています。

bg080814-2.JPGbg080814-3.JPG

<左>大人用のプールからホテルを見たところ。 <右>エントランスホール。

プールに加えて、ここは、ゴルフ場も充実。Greg Normanデザインの18ホールがふたつと、ライトアップされた9ホールがひとつあります。今回は何せ暑すぎだったし娘もいたので、わたしたちはしませんでしたが、プレイしてた人たちも沢山いました! そして、Jも、残念だ、こんなにそばに見ながら指をくわえていなくちゃならないなんて…とぼやいてました。ゴルファーがクレイジーなのは日本だけじゃないわ(笑) 

bg080814-7.jpgbg080814-6.jpg

そのゴルフ場では、木曜の夜に花火大会が! みな芝生に寝そべり、ビールを飲みながらゆったり鑑賞。

bg080814-4.jpg

写真が下手でしょぼいのですが、何より近くでやっているので迫力満点。音もすごいし、ぱらぱらと紙のかけらも飛んでくる。もしもの時用に、横に消防車も待機してました。本格的な打ち上げ花火をこんなに近くで見たのは初めてで、貴重な経験。娘はフィナーレでは、「うるさいー、こわいー!」となってましたが(苦笑)

bg080814-11.jpg

花火の後は、ライトアップされたゴルフ場を3人で散歩。涼しい風が肌に心地よく、とってもリラックス。だーれもいないゴルフ場を夜にそぞろ歩けるのも、ここならでは! サンドにある丸い塊はブッシュ(木)。こういうのも、初めてで面白ーい。

わたしたちは、今回は、本当に低予算の旅行だったので、ご飯はできるだけ外で食べてました。せっかくステキなホテルにいて残念だけど、ホテルのレストランは高いのでねえ^^; 例外はプールサイドでのランチと最後の夜のみ。娘が車で寝てしまったので、面倒になり、ルームサービスを頼みました。

そして今回は、10日間もご飯なしでは我慢できない、と炊飯器とおコメ、のり、ふりかけ、即席味噌汁も持って行きました。2回炊いて、おにぎりを作っただけでしたが、それだけでも胃がほっとする〜。炊飯器は電気なので、キッチンがなくても使えて便利! ロードトリップならではですね^^  

次は、ディズニーワールド編で〜す。

※ 昨日の記事に、今朝、写真を4枚足しました。よかったら見てくださいね!

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(4) | 旅行

2008年08月14日

フロリダ:ヤシの木に囲まれたパラダイスプール♪

今回は、厳しい予算+早期リタイヤ後に移住できるかどうかを見定めるのが目的の旅行。なので、ディズニーとは離れた場所の、三ツ星ホテルを予約してました。そして、娘には、プールともディズニーとも言わず、「フロリダに行くの。ほら、ここだよ。」と地図で指し示しだけ。

ところが、どうしたことか、出発直後から、「フロリダのプール! おっきいプールに行きたい!!」と10分おきに繰り返す誰かさん…。Jもわたしも、逃げ場のない車中でのこのプール攻撃には耐えられず、急遽ホテルを変更。普段は聞き分けいいんだけどねえ。今回は負けた(笑) 道中のホテルでネットをにらみながら、大きなプールのありそうなリゾートホテルを検索し、当日の朝、なんとか見つけました。もうバタバタよ…(苦笑)

でも、その甲斐あって、娘はもう大喜び。わたしも、プール自体は食傷気味だったけど、フロリダのはやっぱり違う。ヤシの木いっぱいのトロピカルプールで、思いっきりバケーション気分を満喫できました。

bg080813-4c.jpg

ホテルの部屋から見たところ。右から四角い大人向けプール、流れるリバープール、ファミリープールと3種類。向こう側に広がっているのはゴルフ場。

bg080813-6.JPGbg080813-7b.JPG

<左>3つしかないのにタイミングよくゲットできた、テント下のチェア。ちょっと奥まったところに位置していて影もばっちり。ミニテーブルもあって、とってもくつろげました。 <右>裏にはこんな風に白砂がしきつめられ、ビーチバレーのネットが。海はないけど、プライベートビーチの趣。かんかん照りの日差しの下で、なぜか白い砂はひんやりと足に心地よく、娘もからだを埋めて遊んでました。

bg080813-5.jpg

テントのチェアに寝そべると、前にはこんなスプレイが。滅茶苦茶暑い日だったので、チェアで休んでるときも、時々飛び込んでは涼んでました。

bg080813-91.jpgbg080813-8.jpg

<左>わたしが一番気に入ったのはこの流れるプール。両側にヤシの木いっぱいでいかにもトロピカル〜♪ <右>最初は、ダディと一緒に黄色い浮き輪に乗ってぷかりぷかり。

bg080813-92b.jpg080813-93b.jpg

<左>そのうち、自分の浮き輪でも入れることが判明。うちの近くでは、自分の浮き輪を持ち込めるリバープールはないので、これはうれしい。その方がからだは水の中なのでずっと気持ちいいし、泳いでいる感覚もあるし。娘も「ひとりで行くの。わたしが先ね!」と我が物顔ですいすい〜。浮き輪も本人も軽いのでどんどん進んでしまい、真剣にバタ足しないと追いつけない^^; <右>泡やキャノン、滝など仕掛けもいろいろ。これは、両脇から時々出てくる噴水に見事当たっているところ。

bg080813-91c.jpg

何より感動するのがこの光景。鮮やかな花や様々な植物に囲まれ、まるでアマゾンかなんかの川くだりをしてる雰囲気が味わえます。

bg080813-10.jpg

広々したファミリープール。右側(写ってない)と向こう側が浅瀬で、真ん中の深いところは6フィート(180センチ)。

bg080813-11b.jpgbg080813-13.JPG

<左>ファミリープールの奥にあるスライダー。ここはスライダーはこのひとつだけ。Violetはヤル気まんまんでダディと上に行き、わたしは下で待機していたのですが、身長制限にひっかかりダメでした^^; <右>プールのあちこちに咲いていた、美しい大輪のトロピカルフラワー。これ、何て名前の花なんだろう? 

bg080813-95b.jpgbg080813-96.JPG

ぎゃーぎゃー叫びながら走り回ったり、滝の下で水に打たれたり、おおはしゃぎ。

bg080813-99.JPG

おさかなさんから出る噴水に当たりながら。

bg080813-97.JPG

この笑顔が全てを物語っていますよね? 丸一日いても、いつまでも去りがたいパラダイスでした♪

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(8) | 旅行

2008年08月12日

バージニア:Thomas Jefferson's Monticello

昨日の夜遅く帰って来ました〜。今日はJも仕事だし、もういきなり普通の日。朝一番でガーデン、芝生の手入れ、お弁当作り、旅行の後始末、洗濯、明日からのスケジュール調整(遊びのね^^;)、もろもろ休む間もなくバタバタしてました。明日はまたGreat Adventureだし、土曜日まで予定がいっぱい。義妹メアリーからは、またまたアイルランドからの従姉妹たちを迎えてのパーティの話が舞い込み、週末も忙しくなりそうです。

フロリダ旅行は一言で表すなら暑かった!!(笑) 元々、夏の蒸し暑さに耐えられるかを体感するのが目的のひとつなので、予想通りでしたけどね。そして道中が長かった。次は飛ぶぞ〜。

今回は数週間前に決めたこともあり、ロードトリップだったので、途中、バージニア州の「Thomas Jefferson's Monticello」に寄りました。第三代大統領、トーマス・ジェファーソンの邸宅です。ジェファーソンは独立宣言を起草したことで有名らしい。アメリカの5セントコイン(ニッケル)の表には彼の肖像、裏には家が描かれてますよ!

アメリカ人なら誰でも知ってる歴史的な名所で、Jは前から1度行きたかったそう。前回のフロリダ旅行の際に行った、初代大統領、ジョージワシントンの邸宅「Mount Vernon」(記事はこちら)  に続いて、2回目の大統領邸訪問。わたしはもちろん特に思い入れはなかったのですが、ツアーガイドの話も面白かったし、庭も広くきれいだったし、何より天気がよかったので、Mount Vernon より楽しめました。(前回は、冬で寒かったの〜!!)

bg080812-5.jpg

邸宅を裏から見たところ。コインに描かれているのもこっち側。中はツアーのみ、写真はダメです。建設開始の1768年から完成まで、実に40年を費やしただけあって、家自体はそんなに大きくないのですが、あちこちこだわりの装飾や工夫がされてました。

bg080812-6.jpgbg080812-8.jpg

<左>最近、カメラを向けると、こんな変にくねくねしたポーズばっかりとります。(自分ではすっごくかわいいと思ってるらしい^^;) <右>東側正面の時計の前で。短針しかついてませんが、連動している裏側(エントランスホール)の有名な時計「Great Clock」には、長針、秒針、そして曜日まであります。ジェファーソン自らの設計だそう。

bg080812-1.jpg

広大な敷地の中に広がるプランテーション。最近、菜園かぶれしているわたしにぴったり!? 敷地は5000エーカー、150人の奴隷が仕えていたとか。左下を歩いているのが娘とダディ。

bg080812-3.jpgbg080812-4.jpg

上の写真で真ん中あたりに写っている、がけっぷちに立った展望小屋みたいなところ。下の山々が見渡せて気持ちいい。大きな窓とイスが調和してきれいだったので写真を撮ってみました。

bg080812-2b.jpg

滅多にやらない、母娘で記念撮影〜♪ わたし、ヘアカットしないとね^^;

次は、オーランドホテル&プール編へと続きま〜す。

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(8) | 旅行

2008年08月08日

フロリダに来ています!

すっかりほったらかしにしてしまいました。ごめんなさい^^; 実は今、フロリダに来ています。先週末にコメントのお返事とお知らせを書くつもりだったのですが、出発前に予定をつめこみすぎてしまい、バタバタとものすご〜く慌しく出発する羽目になっちゃいました。

今年はバケーションはなし、のはずだったのですが… 詳細は、また帰ってから書きますね。PCは持ってきているのですが、写真を取り込むのと現地の情報を集めるので精一杯。2年半前にフロリダに来たときは、娘がまだ赤ちゃんだったから夜はたっぷり時間があったのですが、今回は、11時、12時まで一緒に遊び歩いているので、とてもとても… 部屋に帰ってきたら3人揃ってバタンキューの毎日です。

今日はこれから、ホテルのプールに行ってきます。娘はすでに水着姿で浮き輪を抱え、「ママ、早く〜!!」と大騒ぎ(苦笑) では、またあとで!!


posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(4) | 旅行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。