2009年02月28日

最近びっくりした話3つ

ここ一ヶ月で驚いた話を3つ。

1.口座から$4000盗まれた!

結局もどっては来たのですが、詐欺被害のレポートを作るために電話で一時間以上も事情聴取(?)されました。疲れた〜。キャッシュカードを使って、別の銀行口座に送金するという手口。$1000ずつ4回に分けて振り出されていたのですが、謎なのは、なぜPINナンバーが分かったのか? どこにも書いてないし、推測できる番号でもない。しかもATMマシンで使ったことも一度もなかった。(買い物は全てクレジットカード、滅多に必要のないキャッシュはいつもJからもらっていたので) 

気づいたのは、バンクから、「送金依頼がありましたが、疑わしいのでキャンセルしました」というメールが実に8通も来たから! つまり、計12回トライしたうち、4回成功したということ。全部成功してたら、$12000も盗まれてたわけです。メールは、分単位まで同じ時間に送られていたので、手動ではなく、マシンの仕業。最近は詐欺も最先端のテクノロジーを駆使しているので怖い、怖い。

$4000と言えば、もちろん大金!! なのですが、なにせ盗まれた口座はモーゲッジやクレジットカードの支払いなどで、しょっちゅう残高が変動していて… 定期的にチェックはしていたものの、メールが来なかったから気づかなかったかもしれません。危なかったです… みなさまも、詳細までこまめに目を通した方がいいですよ〜。クレジットカード詐欺はわたしたちも過去2回あったし、周りでもよく聞いていたのですが、キャッシュカード詐欺は珍しく、落とし穴でした。

2.ANAのカスタマーサービスが恐ろしく無知だった

日本行きのチケットを購入するためにANAに電話。日本語を選んだつもりがなぜか英語につながってしまい、女性が英語で応答。日本語をと言ったら、日本語に変ったのですが、今ひとつなめらかさがなく、アメリカンジャパニーズだなあという印象。

仕方なく話し始めたのですが、この女性が、なんと恐ろしく無知。返金されるはずの燃料サーチャージのことなど、ひとつ聞くたびに「確認します」と言って5分ほど戻ってこない。これを実に8回ほど繰り返され、わたしのマイレージのチケットの日付変更と、娘のチケット購入、国内線のチケット購入のみで、1時間以上経過。しかも確認しているにも関わらず、言うことが二転三転でわけがわからず。結局全て白紙に戻してもらい、1時間は全くの無駄。

気を取り直して、日本語デスクにかけ直したら、天と地の差。立て板に水を流すがごとくの説明に加え、先に何度念押ししても返金はないと言われたサーチャージも戻ってきたし、国内線も娘のチケットに足してくれて、合計で、$200ドル以上も安くなった! エージェントによって値段に差が出るなんて、こんなことあっていいの? しかもサービスには定評のある日本のエアラインで…

わたしの運が悪かっただけなのか、英語ラインの方はエージェントの質が低いのか? いずれにしても、今後、絶対に日本語デスクとしか話しません。みなさまも、英語が得意でも、その方がいいかも…

3.約束の時間を過ぎてからテキストメッセージでキャンセルされた

近所のお友達。母子ともに仲良し。ママはとてもいい方で、食事をご馳走してくれたり、旅行先からお土産を買って来てくれたり。暖かい人柄で大好きなんだけど… どたキャン癖がある。多分これで3回目かなあ。

一回目は連絡もなしに現れず。翌日聞いたら「疲れちゃってねえ。」と。二回目は、一回目で懲りたので、少し前に確認の電話を入れたら、「実は都合が悪いの。」と。だったら早めに言ってくれ。

そして昨日。15分過ぎて、携帯にテキストメッセージ。「疲れちゃったから来週行くわ。Cheers!」 なんじゃそれ。そもそもわたしは携帯の電源はほとんど入れてないし、彼女も、いつも自宅に電話してくる。昨日はたまたま入ってたから受け取ったけど、明らかに直接話すのを避けたってことですよね〜。

それなりに用意もしてたし、娘も楽しみにしてたのに、がっかり。他の友達やJはそんなことないから、アメリカ人がみなそうなわけじゃない。でも、ここでは、こういう「なんで?」って思うことが多いし、思ってもなかなか言えない。いろんなカルチャー、価値観の人たちがいるからかなあ。彼女も移民。だから、彼女が生まれ育った環境では、それが許されるんだろうなあと思うしかないというか… 

ちょっと話は違うけど、テニスのドリルで、ボールをちょっとしか拾わない人がいる。とても大きくて力のある人なのに、他のメンバーの10分の1しか拾わない。でも、誰も何も言わないんですよね。日本だったら、そうは行かないと思うのだけど… こういうところ、慣れてきたけど、やっぱり時々不快になります。そういう経験、ないですか???

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(4) | アメリカンライフ一般

2009年02月23日

わたし、ずーっとママのベイビーなの♪

…と言うのが最近のVioletの口癖。ただいま第2次赤ちゃん帰りの真っ只中です。

「食べさせて。」「靴下はかせて。」「シートベルトつけて。」 今まで自分でやらなきゃ気がすまなかったことでも、何でもかんでもぜーんぶ、「ママがやって!」

「一緒にお絵描きする?」「一緒にTV見る?」 相手なんかいらないことでも、なんでもかんでもぜーんぶ、「一緒にやって!」 TVなんて、つけてあげるとリモコンを手に勝手にポーズ(一旦停止)し、「ママが来るまで待ってるからね。」とニコニコ。

「わたし、ママのベイビーだから。4つになっても、100歳になっても、ずう〜っとベイビーなの。」 う〜ん、娘が100歳になったらさすがにわたしはバイバイだよ(笑) でも、これって、ある意味、正解ですよね? 

面倒くさいな〜と思いつつ、こんなのも今だけさ、とできるだけつきあってあげてます。時々「自分でやりなさいっ。ベイビーでも出来ることは出来るの! キ〜ッ」となっちゃうこともありますが(笑) 

思い起こしてみれば、3歳になった頃から、娘は「ママは好きじゃないの。ダディが好きなの。」と言い始めました。意味もわからずただ言ってるだけとは思っても、やっぱり聞くのはつらかった。ジェラシーもすごくて、わたしとJが並んでカウチに座ってるだけで、「わたしのダディ! 触っちゃダメ」と怒って間に割って入る。(ちょっと前までは「わたしのマミィ」だったはずなのにぃ〜) 

それが、3-4ヶ月前くらいからかなあ? 今度は、どちらということなく、2人共にヤキモチを焼くように。2人で話していると、「誰とも話せない…」と泣き出す。朝起きて、わたしだけなら元気に「おはよう〜!!」とやってくるのに、2人でいると、階段でめそめそ泣いて降りてこない…

そして同時に第4-5次反抗期勃発(苦笑) 言うことを全然聞かず、「嫌だ、ノー」の連続。どーでもいいことを頑として譲らない。わたしは大声を出してばかりだったし、一緒に過ごす時間が少ないダディでさえウンザリしてました。

だから、そんなのと比べれば、多少手がかかろうとも、ず〜っとマシなのです(苦笑) 甘えん坊でも素直なのが一番! 家に居る時は、「Vちゃん、ママが一番好き♪ ママは?」「ママもVちゃんが一番だよ〜♪」「どうして?」「Vちゃんがママのお腹からぽこんって出てきたから〜^^」と一日中、2人でべたべた過ごしています(笑) さあ〜、次はどんなステージがやってくるのか? 女の子だし、ますますややこしくなりそう? 何にせよ、どうせ一時期、ママはめげないよ。どーんと来い!
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(9) | 育児(3歳半-4歳)

2009年02月19日

お雛様を飾りましたよ〜

先週末に、飾りました^^ いつも、節分の翌日に、と思ってるのだけれど、なかなか出来ません。来年こそは! 

お雛様が我が家にやってきた経緯とお雛雅自体のUPの写真はこちら、去年の飾りつけの様子はこちら、2007年のひな祭りはこちら、2008年のひな祭りはこちらをご覧くださいね。今、2007年の写真(2歳直前)を見てて、我ながら、「ひゃ〜、Violetかわいい〜♪♪♪」と思ってしまいました(笑) やっぱりベイビーは、問答無用の愛らしさがあります。この頃に比べたら、今やもうすっかりお姉さん。女の子になっちゃったな〜^^;

さて、娘の写真中心にぼんぼんっとUPです。

bg090216-1.jpg

今年は、自分でいそいそとお道具を箱から出します。「これな〜に? あっ、こんなのあったよ!」と興味津々。

bg090216-2.jpg

お内裏雛を抱いて「かわいいね〜♪」と満面の笑み。まだまだ、とんでもない持ち方をするので危ない、危ない。これも、最初は頭の辺りを片手でひょいと持たれてぎょっ(笑) 白いふくふく顔に糸目のお雛様と娘、なんだかそっくり〜^^

bg090216-3.jpg

去年と違った点は、写真を見ながら、自分である程度飾れたところかな? 高いところはわたしがやりましたが、お人形さんに小物を持たせたりも喜んでやってました。

bg090216-4.jpg

bg090216-5.jpg

bg090216-6c.jpg

ぼんぼりに灯をともして、記念撮影〜♪ さて、今年のひな祭りは未定です。せっかくだからまた簡単なパーティをしたいのだけど、日本人の女の子って周りには本当に少ないし、みなもうスクールに通っているのでどうかなあ? 娘と一緒にひなあられを食べるだけになっちゃうかもしれないけど、わたしたちは飾れただけで十分楽しんでいるので、おばあちゃん、がっかりしないでね〜^^;

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☔ | Comment(12) | シーズンイベント

2009年02月16日

Tengo hambre! スペイン語がんばってます

育児(3歳半-4歳)のカテゴリーのところを見たら、たった7つしかない! もうすぐ4歳になっちゃうのに、これじゃあ後で読み返した時に寂しい、と思ったのですが、今日のはバイリンガルネタなので、結局違うカテになっちゃいました(笑)

さて、娘のバイリンガル、というかトライリンガル教育、今のところ順調。最近の様子を記録しておきま〜す。

まず日本語。平仮名とカタカナ。練習という形ではさせておらず、勝手に遊ぶのに任せているので100%確かじゃないですが、平仮名は読みは完璧、書くのは半分ほどできるよう。苦手でキーキーうるさかった「あ」もマスターしてくれてやれやれ。カタカナの読みは「ソ」と「ン」、「ツ」と「シ」、「チ」と「テ」以外は完璧。でも書くのは滅多にやりません。カタカナの方が簡単なのにね(笑) 漢字は、数は読めるし書けます。他にも、曜日(カレンダーから)とか、「川」「山」「目」など簡単なものはあっちこっちで拾って覚えて来てます。

話す方は、ごくたま〜に英単語が混じることがあり、混じると日本語に言い直せません。例えば「ポット」を「鍋」、「フロア」を「床」とは言えない。わからないから英語に置き換えてるんでしょうね。でも、わたしや他の日本人に対して英語で話したりすることはないので、今のところ定着度はいいようです。

ただ、先日、たまたま日本人の5歳の子と遊んでいた時。気づいたら二人とも英語になってました! 相手は両親共に日本人で日本語の方が強いので、どうも娘が始めたらしい。その後も日本語と英語を行ったり来たり。娘は、基本的にアメリカ人の友達しかいません。だから、遊ぶ時の言葉は英語のみ。日本語のレベルの方が圧倒的に高く、英語ではまだまだ複雑なことは説明できないのですが、多分、子供同士で簡単な言葉を使って遊ぶ時は、英語の方が楽なんだと思います。

次は英語。2歳半すぎから話し始め、ほぼ1年半。同年齢の子供同士で遊ぶ分には不自由しないみたいだけど、平均よりやはり劣ってはいます。特に年上の言葉のたっしゃな女の子たちと話しているのを聞いていると、よく、とんちんかんな答えを返してます(笑) 

でも、面白いことに、読み書きに関しては、平均より進んでいるのです。こちらも、特に練習させたりはしていないのに、大文字は完璧に書けるし、小文字もほぼ完璧。(形は変ですけどね〜) そして、読む方も、今年に入ってぐんと上達。前から単語をぽつぽつと読んではいましたが、今や、簡単な文章なら自分で読めます。

同年代の子達は、話せても書けない子が多いです。だから、手紙を書くとなると、子供が作った文章をママが書くパターンが一般的。でも、娘は逆なので、去年のサンタへの手紙も、わたしが言う文章を娘が書いてました。

娘の場合、英語への露出は、他の子に比べたら極端に少ないです。絵本も99%日本だし、TVもほとんど日本語。話すのは友だちやダディから学ぶにしても、読み書きに関しては驚きました。子供って、好きなことは何もしなくても勝手に覚えるものなんだ、とつくづく思います。娘は道路や店のサインやチラシ、リモコン、とにかく身の回りにあるものを片っ端から「これなんて読むの?」と聞きまくってました。多分そこから、自然に「Phonetic」(音声法則)を学んだんだと思います。(知らない単語でも推測して読むので)

そうそう、数日前、初めて娘に英語を教えてもらいました! 「Tushy」子供の言葉で「お尻」だそう。初めはそんな言葉ないわよ、と取り合わなかったのですが、「ジムの先生が、”Please sit with your tushy”って言ったの!!」と言い張るので、調べてみたら、あらびっくり本当にあった。以来、「わたし、ママの英語の先生なの。」と得意そうです(笑)

そしてスペイン語。一緒に始めたのは3歳直前からで、娘もすぐに10まで数えたり色を覚えたりはしたものの、そのあとはさっぱり。何せ、先生であるわたし自身が上達してなかったので、これは当然(苦笑) 

でも、娘は語学に強いみたいだし、せっかく興味を持っている今を逃してはもったいない、と、年末からわたしもがんばって勉強しました。図書館から借りてきた本とDVDだけの独学でどこまで行けるやら…だったのですが、なんとか、ごく簡単な文章は、娘の口からも自然に出るようになりました!

Tengo hambre. (I am hungry.)
Me gustan las manzanas. (I like apples.)
No puedo correr. (I cannot run.)
Me duele la caveza. (I have a headache.)

などなど短いものだけですが、時々、スペイン語だけで会話がしばらく続いたりすると、とっても楽しい^^ 娘も、「I love Spanish!」と周りの人たちに言ってます。一山超えた感じなので、まさにここが正念場。このまま順調に伸ばして行って、来年あたり、ヒスパニック系の方たちと会話が出来るくらいになれば、定着しそうな気がします。な〜んて、甘いかな?

わたしの目標は、英語、日本語、スペイン語、全てネイティブなみ。早くから他言語の習得させるのには賛否両論あるし、大人になってからでも、もちろん本人のヤル気次第で可能です。でも、娘がやりたいと思うかどうかはわからない。今だったら、わたしの努力だけで、娘は苦労せずに自然に身につけていける。日本語は、自分自身のアイデンティティの確立や祖父母との会話などが目的ですが、スペイン語はあくまで役に立つから。日本で、英語を学ばせるのと同じ感覚です。アメリカはスペイン語が第2共通言語。スペイン語が堪能であれば、将来何をやるにしても、可能性はぐんと広がるのです。

ま、そうは言っても、あくまで本人次第。今後、日本語や英語が弱くなってくるようであればそちらに集中しなければならないだろうし、いずれ、スペイン語より他の言語をやりたいと言うかもしれないし? 様子を見ながら、その時その時で、一番いいと思うことをやっていってあげたいな〜と思っています^^

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(7) | トライリンガル教育

2009年02月05日

結果発表…優勝ならず! 

bg090205.JPG

残念ですが、Violetの優勝はなりませんでした。一日だけですが、明日の告知に先がけてこちらで発表しますね。

BabyGirl部門の優勝は、ジェイシー(黒人と白人のハーフ)でした。

他は、BabyBoy:Caleb、KidsGirl:Jovana、KidsBoy:Kellenです。

結果的に、FAB4と名づけてチームアップした子達からは、CalebとKellenの2人が優勝。Sidneyと娘は×という風に結果は別れてしまいましたが、2人だけでも優勝できてうれしいです。誰もできなかったら、ちょっとむなしくありませんか?(笑) ストアに貼り出される写真を見るのも、少しは楽しみです。

さて、ジェイシーですが、わたしは娘がダメであれば彼女に勝ってほしかったので、それなりにほっとしました。オードリーだったら、PRのせいじゃないか、とヤキモキしてしまったと思うけれど、ジェイシーは実力だと納得できます。前にも書いたように、写真とビデオはそれほどの仕上がりではなかったのですが、実物は、本当にゴージャス。はっとするような存在感のある子なんです。

ちなみに、人種的には、去年は3人白人で1人だけが黒人x白人のハーフでしたが、今年は、なんと3人が黒人系で白人は1人だけでした。「オバマ効果」でしょうか!?(笑)

応援してくださったみなさま、投票してくださったみなさまには、申し訳ない結果となってしまいましたが、改めて御礼を言わせてくださいね。一緒に興奮してくれて、励ましてくれて、本当にありがとうございました! と〜ってもうれしかったです。いい経験、思い出になりました^^

そしてVioletはと言えば、「GAPのコンテストに出たの。SFで写真撮ったの。」と周りにうれしそうに言いながらも、結果うんぬんについては全然わかってなくて聞こうともしないので、助かってます。娘がもっと大きかったら、精神面のケアも必要だったしもっと大変でしたよね。

これで、わたしたちのGAPジャーニーは幕を閉じました。ちゃんちゃん。でも、来年トライしようと思っている方たちの役に少しでも立つかもしれないので、応募写真のことを少し書きたいと思います。

TOPの写真が、最終選考をパスしたものです。が、応募要項に5枚まで可、と書いてあったので、5枚送りました。全身(微笑んでいる顔)、全身(伏目がちのまじめな顔)、アップ(ふざけている顔)、アップ(笑っている顔)、そしてこのまじめな顔のアップです。いろんな表情のものを送ったのは、子供らしいパーソナリティを伝えるため、全身を送ったのは、それなりにスリムでバランスがとれていることを伝えるためです。

写真は、3ヶ月以内のものだったので、全て夏に撮ったもの。たまたま2回もフロリダ旅行に行ったため、写真は山ほどあり、ほとんど全てそこからピックアップ。この年頃は、いざ撮るよ、と意気込むと自然な表情が出ないことが多いです。だから、わたしはそのための写真撮影をせずに済んだことが、とてもラッキーでした。

ちなみに、TOPのものは、フロリダから帰った翌日。ブログにも載せた、200個以上のミニトマトの鉢を撮影中に、乱入してきた娘を撮ったもの。下をずばっとカットして顔と足だけにしたのですが、実は、娘は鉢を抱えているのです! そんなわけで、トマトにも感謝です^^

店舗でカメラマンが撮ってくれるイベントがあることは、ファイナリストに選ばれてから知ったので、当然行きませんでしたが、ファイナリスト20名のうち、店舗での写真で応募したのは、1人のみ(ジェイシー)でした。今年の投票にはSFでのプロ写真が使われたわけだし、フィナリストに残るためには、イベントに行くより、むしろ応募の3ヶ月前から、ナチュラルな状況で、できるだけ多くの写真を撮りまくるのが一番いいような気がします。

そうそう、コスチュームがGAPのものかどうか、気になさる方が多いようですが、関係ないと思います。娘の場合、5枚のうちGAPの服は2枚のみ。しかも、両方とも一昨年のものでした!(笑) あくまでGAPはカジュアルイメージなので、フリフリドレスやフォーマルなものはやめた方が良さそうですが、シンプルな服であれば何でもいいようです。

それから、これも、ファイナリストに選ばれてからよくよく応募要綱を読んで気づいたのですが、選考のポイントは、以下の3点でした。

1.全体的な外見
2.写真から伝わる性格
3.写真そのもののクオリティ

わたしの写真は、4年ほど前に買った4メガのコンパクトデジカメで撮ったものですが、選んだ写真は、全てピントが合っていました。娘自身がかわいくても、ぼけたものや、レゾルーションの悪い(画質の悪い)ものは避けました。結果的にそれもよかったのだと思います。

さて、こんなところかな? 何か他に疑問に思うことがあれば、聞いてくださいね。わかることであればお答えします。

早いもので、Violetは、来月、4歳になります。あと6週間。それまでは、初心に戻って(?)、育児ネタを中心に書いて行きたいと思います。3歳最後のときを記録に残さなくては! 

最後にもう一度。応援しくてくださって、宣伝してくださって、楽しみにしてくださって…本当にありがとうございました♪

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(21) | GAP Casting Call

2009年02月04日

サンフランシスコ:くねくねロンバードストリード

またまた間が空いてしまいました。先週末から娘の鼻水が復活し、やっと今日の午後、少し止まって来たところです。たんのからんだ咳は相変わらずで、もう春になるまで完治はしないような気がしてきました。そして、昨日の夜からまた雪。結構積もりました。雪かきと運転は面倒だけど、窓から見る木立は幻想的でとってもきれい。Violetも「木に雪の飾りがいっぱいついてクリスマスみたい!」と喜んでました^^

さて、サンフランシスコトリップの最終章です。ケーブルカーとアルカトラス以外のものを集めてみました。写真中心にささっとご紹介しますね。

bg090204-6b.jpg

Lombard Streetという住宅街の一画。絵葉書や絵本などにもよく登場します。8つの急カーブがあるくねくね道で構成された急斜面。お花がびっしり植えられているので、もう少し早い時期の方がもっときれいです。行った時は少し枯れかけてました。車でスリリングに降りて来られるところがまたひとつの特徴。くねくね加減がよくわかるのもあって、プロの写真も、こんな風に車の入ったものが多いです。

bg090204-7.jpg

道を渡ったところで記念撮影。

bg090204-8c.jpg

上から見るとこんな絶景。向こうの方の海まで見渡せます。

bg090204-9.jpg

坂の途中にあるお花のきれいなおうち。こういう場所に住むのってどんな感じなんだろう? 有名でいい気分? でも毎日わんさか見物人が訪れてうるさいだろうなあ。車をガレージから出し入れするだけでも大変そうだし。お値段は高いのかしら? などなど、いろいろ考えてしまいました(笑)

bg090126-1.jpg

フィッシャーマンズワーフ。港を観光地っぽくアレンジしたところ。NYで言うと、サウスストリートシーポートですね。アルカトラスの船に乗るために行きました。娘は木の葉を並べて遊んでます。港らしさも何もない写真なのですが、後ろのアイスクリームの看板がかわいくて、なんとなく絵になっているので載せてみました。

bg090204-1b.jpgbg090204-3.jpg

<左>ジャパンタウンにあった五重の塔。夜、しゃぶしゃぶを食べに行った時のもの。昼間も見たのですが、ライトアップされてる方がきれいでした。 <右>ストリート名も日本語で。別にどうってことないのですが、NYにはジャパンタウンがないので、物珍しくて。SFはさすが西海岸だけあって、日本のレストランもいたるところにあったし、日本人も多かったです。ホテルの前にも小さなラーメン屋さんがあって、着いた日の昼食はそこで食べました。かつおだしが効いてておいしかった!(Jは、なんか臭いって言ってましたが^^;)

bg090204-4.jpg

ケーブルの発着所にあったGAPストア。古い建物がおしゃれです。

bg090204-5.jpg

せっかくなので前でパチリ。何といっても、今回はGAPトリップだったので。

さ〜て、お粗末ながら、これでサンフランシスコ旅行は終わりです。1週間弱のものを、2ヶ月もかけてUPしたことになりますね(笑) 気長におつきあいいただき、ありがとうございました。あとは応募写真のことだけですね。発表までぎりぎりのタイミングとなりましたが、明日、UP予定です!

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(4) | GAP Casting Call
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。