2009年03月29日

Please Touch Museum @ Philadelphia

娘の誕生日当日。何か娘の好きなことを…と思い、親子3人で、ペンシルバニア州はフィラデルフィアにある、「Please Touch Museum」に行ってきました! 「Lion King」や「Mary Poppins」など、ブロードウエィミュージカルも検討したのですが、来年でもいいし、マンハッタンならわたし1人で連れて行くことも可能。せっかくJが休みを取ってくれたので遠い所へ、ということで決定しました〜。

以下、写真のオンパレード(笑)

bg090318-1.jpg

最近、街中から移転したばかり。広大な公園の中にでんと構える、Memorial Hallの中にあります。1876年にArt Galleryとして建てられたそうで、威風堂々。動物園から10分くらいのところです。

bg090318-2b.jpg

とてもお天気のよい暖かな日でした。お日様も「Happy Birthday!」って言ってくれてるよう^^ 入る前にダディとちょっとお散歩。

bg090318-4.jpg

サインを見た娘。「どうしてPlease Touchなの?」「どうしてPlease don't touch museumはないの?」「Please don't touch museumに行ってみたい」… 相変わらず、べらべら訳の分かんないことを言い続けてました(笑)

bg090318-5.jpg

エントランスを入ると、広々としたとても美しいホール。その真ん中に、この巨大な、自由の女神のたいまつオブジェが聳え立ってます。道路標識や、スキー板、マネキンの足など、身の回りのあらゆるものがコラージュされてます。

bg090318-6.jpg

かわいい女神の誕生♪

bg090318-7.jpg

全てが新しく、天井が高いので気持ちいい。車もピカピカ。壁に書いてある細かい絵を見てるだけでも楽しいです。

bg090318-8.jpg

バスの運転手さん。発車オーライ?

bg090318-10b.jpg

ハンドルをうんしょと動かすと、水が出て水車が回ります。

bg090318-13.jpg

何でもないけどかわいかったので。スワンに乗ってどこへ行くのかな?

bg090318-14.jpg

これ分かります? 古典的な童話「Goldilocks and the three bears」の1シーン。

bg090318-15.jpg

アマゾンみたいな森にある数々の楽器たち。

bg090318-16.jpg

足で踏むと音が出ます。

bg090318-18.jpg

大きな象さんのドラム。

bg090318-17.jpg

色とりどりのフロッギーちゃん。並んでいるものを見ると、まだまだ数えたくなっちゃいます。

bg090318-19.jpg

「Alice in Wonderland」コーナー。そう、不思議の国のアリスです! うわあ、なつかしい〜、とわたしも一緒に楽しめました。

bg090318-20b.jpg

ここではトランプのクィーンに。男の子用にキングのもありました。

bg090318-22c.jpg

有名な一シーン、”Mad Hatter”と”March Hare”とのティーパーティを再現。

bg090318-23.jpg

お茶を入れてあげてる娘を、March Hareがちろりんと見てます(笑) 

bg090318-23b.jpg

不思議不思議。奥へ入っていったら、娘が大きくなっちゃった! 身をかがめないとドアに入れませ〜ん。

bg090318-25.jpgbg090318-26.jpg

<左>後ろに写ってるわたしの足が長〜い^^ <右>あらら? 娘の胴が長〜い^^;

bg090318-27b.jpg

マクドナルドの店員。「バーガーはいかが?」

bg090318-28.jpg

足で押してまわします。下の方を持ってしまうので難しい。てこずってました。

bg090318-29.jpg

空飛ぶ自転車。こちらもつま先がぎりぎりペダルに着く状態なのできつい。係りの人に少し手伝ってもらってふわり。

これ以外にも、アート教室、ブロック部屋、飛行機を作って飛ばす部屋、大きなスーパーマーケットなど、盛りだくさん! 一日中、たっぷり遊べます。特によかったのは、フリーシアター。わたしたちが行った時は、「There is something under my bed!」という指人形劇でした。客席を走り回り、子供たちに質問して答えさせる参加型のショウでとってもよかったです。

Children's Museumも、これで5つ目ですが、今まで行った中で最高でした。ここ、超オススメですよ〜。機会があったらぜひ行ってみてくださいね♪
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(4) | おでかけ

2009年03月26日

4歳のバースディパーティ♪

すみません、また間があいてしまいました。最近、時間がないだけではなく、心身共に少しでも疲れていると、ブログが書けなくなりました。なんでしょうね? 以前は、ストレスをブログで解消したりもしてたのですが(笑) でも、また上向きモードになってきたので、里帰りまでに、頑張って少し更新したいです。

さて、Violetは、先週、無事に4歳の誕生日を迎えました♪ 「4歳になったらガム食べるの」「4歳になったら赤い大きい滑り台すべるの」「4歳になったらママにご飯作ってあげるの(?)」「4歳になったら学校に行くの(?)」…とまあ、いろいろ勝手に言ってました^^

当日の朝、「4歳になったからもう1人で寝れるの!」と言うので、「じゃあ、今日はママ、電気消しておやすみ、って出て行くからね。」と言ったら、しばらく固まったあと、「やっぱり明日まで4歳にならない…」 あら? さっきまでの勇ましさはどこへ?(笑) 結局、そんなことはすっかり忘れてしまったようで、昨日も当然のように一緒に寝てます。アハハ。

今年のバースディパーティは、数日前の週末、屋内プレイグラウンドを2時間ほど借り切ってやりました。と言うと何やらすごく聞こえてしまいますが、こちらではごく一般的なパターン。去年までは家でやっていて、今年も本当はそうしたかった。会場でやるものは、どれもありきたりでせわしない… でも、去年は、20回ほど誕生会に行きました。招待してくれたお友達はみな招き返したい、となると、外でやるしかなかったのです。まだ小さいから、親も一緒に来るわけだし、うちにはとても収まりきらない。

当日、病気になったり、たまたま本人の誕生会と重なってしまったりで来れない方もいましたが、それでも、25人の子供たちが集まってくれました。親戚や、日本人のお友達など、NYからはるばる来てくれた方たちもいて、感謝、感謝です。

あっという間の2時間は、みなと話すのと写真を撮るのでわけわからず(笑) 来年は、4月にずらして外でやるとか、何とかして人数を絞るとか、やはり家でやりたいな〜というのが終わった後の本音です。でも、娘はたくさん集まってくれて満足したようだし、ゲストの子達も、顔を真っ赤にして走りまわり、ものすごく楽しんでくれてました^^

さて、以下、同じような写真ばかりですが、当日の娘の様子。

bg090315-1.jpg

中に空気を入れて膨らました大型遊具で、ボンボン跳ねて遊びます。いろんなタイプがありますが、これは、目玉のビッグスライド。

bg090315-2.jpg

お隣のミタちゃんと。

bg090315-5.jpgbg090315-4c.jpg

<左>ツイン型の別の滑り台。 <右>恐怖の逆さすべり。よい子のみんなは真似しちゃダメよ。

bg090315-3.jpg

「車だ、早いぞ〜。のけのけ〜!」とは言ってないけどそんな感じ(笑)

bg090315-14b.JPG

お友達とボンボンッ。手をつないで跳ねてました。

bg090315-6.jpg

張り切りすぎて疲れたかな? トンネルの下でちょっと一休み。

bg090315-15.jpg

こんなバスケットボールフープもどきもあります。

bg090315-7.jpg

プレイタイムが終わって、別のお部屋に移動する前。「楽しかった人は〜?」というお兄さんの掛け声に「ハイハイハイ〜♪」と手をあげて応えてる娘。

bg090315-8.jpg

会場が用意してくれたアイスクリームケーキ。見た目、ぱっとしませんが、味はグッド! アメリカで食べたバースディケーキの中では一番おいしいくらい。カステラにバニラアイスがサンドされていて、苺ソースが入ってます。ゲストの方たちからも誉めていただきました^^

bg090315-9.jpg

主役イスで。いったい、いくつになったらこのベロ出しをやめるんでしょう、この子は?

bg090315-10.jpg

甥っ子たちと。まずは主役の娘だけがケーキをほおばってます。エイダンはぶーたれ顔(笑)

bg090315-13.jpg

ニコニコ。

bg090315-11b.jpg

クリーム、なめちゃえ、ペロリ。

家族と何人かの友人は、この後、家にも来てくれました。ディナーはケータリングと今年は楽々。ジャスティンとママは泊まってくれたので、この日から本番の誕生日までしばらくバースデー気分が続きました。

bg090315-17.jpg

家に帰ってから。カードの花の冠をつけて、プレゼントの「漢字えほん」を読みふける娘。ちょうど簡単な漢字を覚え始めたところで、とってもタイムリー。しょっちゅう手にとって、あれやこれや質問してきます^^ 他にヒットだったのは、キティちゃんの四角い筆箱。大きくていろいろ入り、鉛筆削りもついている。娘は、しばらく、家中の鉛筆を持ってきてこれで削りまくってました(笑)

何はともあれ、「Happy 4th Birthday♪」  もう4歳!? 信じられない… と相変わらず複雑な気持ちはありますが、親子3人、元気に誕生日を迎えられたことは、本当にありがたく幸せなことですよね! 来年は5歳。9月には幼稚園に行ってしまうのですね。それまでの一年半、より一層、充実した日々を過ごしていきたいな〜と改めて思いました。誕生日当日の様子は追ってUPします♪
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(10) | 育児(3歳半-4歳)

2009年03月11日

イーゼルでのペインティング

前回の記事では、沢山誉めてくださってありがとうございました♪ 塗り絵は単純作業なので、好きでやればやるほど、どんどん上達する気がします。娘に芸術のセンスがあるかどうかは?ですが、とにかく手先は器用です。実は、わたしもそうでした〜。やっぱり母娘なんですよね、と最近よく思います^^

さて、お絵描きネタはまだ続きます。去年の秋に買ってあげたイーゼル。おばあちゃんのお誕生日プレゼントの記事で登場したので、写真はそっちを見てくださいね。これがもう大活躍! おもちゃの中ではLEGOに続くヒットで、毎日必ずなんかかんか描いてます。

表は白いマーカーボード、裏は黒板。間にロール紙をとりつけれるようになっていて、クレヨンや絵の具を使う時は、写真のように、紙がホワイトボードの方にするすると出てきます。終わったら、上の木の部分に沿って斜めに引くと、きれいに切れます。紙の質はよくないけれど、ロールだから大量にあるし、いちいちとりつける手間もなく娘にも簡単に扱え、とても便利。もっと早く買えばよかった! と思ったほど大当たりでした。お絵描き好きな子には超オススメです♪

しょっちゅう使うのはマーカーと黒板。ペイントはある程度準備もいるので3日に一回くらいですが、やはり絵の具が一番好きです。一旦「ペイントやりたい!」と言い出すと、やらせてあげるまで壊れたレコードのごとくずっと言ってます(苦笑)

bg090311-1.jpg

さて、そのペイント。イーゼルには付属品はなかったので、別に一そろい買ってあげました。大きなボトル5色、大小の筆24本セット、プラスチックボトル6個。ボトルが6個なのは、イーゼルのトレイの穴が6個だから。本当は10個くらいあるといいのだけど、置けない。トレイは仕切りのないものの方が使い勝手はいいです。

絵の具が5色しかないのはケチったから^^; 緑、紫、オレンジ、ピンク、水色、茶色、グレー… 他の色は、全て混ぜ混ぜして作ってます。意外と絵の具の配分が難しく、最初は戸惑いましたが、娘も喜んやってるし、わたしもよい勉強になりました。例えばピンク。赤と白だけを混ぜると思っていましたが、実は青も少し足さないと、きれいなピンクにはならない。オレンジは、黄色に赤をちょっと足す感じ。じゃないと限りなく赤に近くなっちゃいます。緑も黄色に青をちょっと。青と赤って強い色なんですよね。

bg090308-5.jpg

今までに描いた中から3枚選んでみました。真ん中のは一番最初に描いたもので、わたしは見てただけ。うさぎになったVioletが、くさっぱらでにんじんと一緒に寝っころがって、虹を見てるんだそうです。左のはいろんな形の窓と木。たしかバレンタインのころに描いたので、木にはハートが。木はわたしが手伝ってあげてます。右のは「Flower Shop」。左側のゆりやひまわりはわたしが描いたものですが、お花を箱に入れてお花屋さんにするアイディアは娘のもの。

マーカーやチョークもそうですが、子供の発想は面白い。よく精神科医が絵を書かせて深層心理を計りますよね。娘の絵を見てると、なるほど、子供の考えてることってそのまま絵に表れるんだなあと思います。

例えば、「女の子がエレベーターで非常ベルを押してる絵」 周りには火が燃えてて煙も出てます。そのころ、娘はエレベーターに乗るたびに赤いベルを押したがってて、わたしは、火事のときしか押せないのよ、と言っていた。よっぽど押したかったんでしょうね(笑)

他にも、カラオケパーティをした翌日には、「カラオケマシンからマイクが5本出ている絵」を。実際には2本しかないのですが、もっとあれば順番を待たずにみんな歌えるのに、と思ったみたいです(笑)

この前は、漫画のコマのように、1,2,3…6と番号を振って、女の子が踊りながら、どんどん興奮し、最後は疲れてひっくり返っちゃう絵。「これね、ドレス教室なの。(ダンス教室では?笑) こうやってね、くるくる回ったの。次はとんだの。足を広げたの。これはハアハア言ってるの。でね、疲れちゃってね、もう帰ろうかな〜って思ってるの。」 すごく簡単な絵なのですが、表情もたしかにだんだん疲れてきてる。最後のなんて、泣きそうな顔。最近、毎日一緒にNHKの「今日の体操」をやっているのですが、娘は無駄に飛んだり跳ねたりしすぎて、たった5分なのに、最後はへとへとなんです。それと、ダンス習いたいっていうのが合体したような気がする…

いろいろ勝手に想像しながら、楽しませてもらってます♪
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(3) | 育児(3歳半-4歳)

2009年03月08日

お絵描きの本、大事に使ってますよ〜

0歳のころから大好きだったLEGOとパズルのピークは3歳直後。今でもよくやっているけど、あの頃の執着はもうなし。3歳になってから、打って変わって前面に出てきたのが、お絵描き、塗り絵、工作。4歳までにその辺の記録を残しておきたいので、少し似たような記事が続きそうですが、おつきあいくださいね^^;

bg090308-1b.jpg

わたしは、昨日も書いたように、ほとんどマテリアルは買いません。だから、たまに母が気を利かせて送ってくれる本はとても重宝。でも、もらいっぱなしで報告もしておらず、母も、「いったい役に立っているのやらいないのやら?」とつまらないと思うので、ご紹介がてら中身をUPしてみますね。

bg090308-6.jpg

まず、左の「一日3分でお絵描き上手になる本」。娘はこの本を使い始めてから(3歳半ごろ)、急に絵が上手になりました! わたしもなんとなく一緒に描いてあげたりはしてたけど、こういう風に簡単な基本形をなぞって学び、その後すぐに変化形を真似て書くやり方は、子供の身につきやすいのかもしれませんね? 一旦、基本形を覚えると楽になるのか、どんどん違う形やパターンを、他の紙にも描くようになりました。別に画家になるわけじゃなし、上手くなくてもいいと思っていたのですが、やっぱり、上手く描ければ描けるほど自信もついて、楽しくなる、というのは自然な流れのようです。

bg090308-7b.jpg

こちらはちょうちょう。いろいろ変化してるでしょ? ガもどきの不気味なのやハチみたいなのもいますが…^^; 他には、ぶどう、アイスクリーム、カエル、ぶた、きりん、ことり、さかな、バスなど。どれも身近なものが取り合えげられてます。

bg090308-2.jpg

そして、右の、「五味太郎の”いつでもらくがき”」 春、夏、秋、冬と四季に分かれ、それぞれのシーズンならではの素材が出てくるので、季節感も抜群。塗り絵と終え描きが合体している本でページ数も多く(3センチくらいの厚さ)、とってもオススメです! 上のは、去年の秋に描いたじゃがいもとさつまいも。まだちょっとはみ出してますね。

bg090308-3.jpg

これも秋。最初のお絵描きの本をやり始めて少したったころかな? それなりにどんぐりとか、バナナとか描けてます。

bg090308-3b.jpg

こちらは、最近。もうほとんどはみ出してないし、クレヨンの圧力も強くなってます。複数の色で塗ったイチゴの、色の分かれ目もきれいです。

bg090308-4.jpg

これも最近。さくらんぼの間もかなり隙間なく塗れてるし、土台にも赤のストライプが入っていて、細かい。左のショートケーキも、白でびっしり塗られています。塗り絵は、この1年で、別人のように上達しました。2歳半のころは、単色のぐじゃぐじゃ塗りでしたからね。おばあちゃんも、「とっとこハム太郎」の塗り絵、覚えてるでしょ?(笑)

bg090308-8b.jpg

そして、これも、おばあちゃんが送ってくれました。昔懐かしいレトロ塗り絵、「THE きいちの塗り絵 BOOK-2」と、24色の色鉛筆セット。

bg090308-9.jpg

色鉛筆なんてま〜だまだ、と仕舞ってあったのですが、お嫁さん特集なので、着物の柄など、クレヨンじゃ塗れないほど細かい。試しに使わせてみたら、あらびっくり、こんなにきれに塗れました^^ 先が細いから、小さいな部分もはみ出しません。以来、大まかなものはクレヨン、ちまちましたものは色鉛筆、と使い分けてます。色鉛筆、便利!

bg090308-10.jpg

さて、オマケ。3歳少し前に、唯一わたしが買ってあげた、キティちゃんの塗り絵+アクティビティブック。288ページもあって、なんと$3.99。ただみたいな値段です(笑) 紙質はわら半紙と悪いのですが、子供にはこれで十分。迷路や番号つなぎ、間違い探しなど、夢中でやっていたので、まさにボロボロ。おばあちゃんが送ってくれた貴重な(!?)本に挑戦するためのいい練習にもなったし、我ながらよい買い物でした〜。フフフ。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(8) | 育児(3歳半-4歳)

2009年03月07日

クラフトママにはなれないけれど…

Violetは、ものすご〜く工作好きです。

はさみは2歳半すぎから使い始めてどんどん上達し、3歳からは自由に使わせても大丈夫になりました。自分の髪を切ったりするから届かないところに置いてある、という話をよく聞きますが、娘は、3歳以降は切る前に必ず聞いてくれるので、安心して任せています。

結果、チョキチョキ、チョキチョキ、しょっちゅういろんなものを切って、色塗って、貼って、折って、テープでくっつけて… 広告やメモ、何かの切れ端などその辺にあるもので、指人形やらおアクセサリーやらぬいぐるみの果物やら… よくそんなもの思いつくな〜という頭の柔軟さでどんどん作っては、「ハイ、これママのプレゼント♪」と持ってきます^^ 

かたや、わたしは頭の固〜い大人。子供のころにあった想像力はとっくに空の彼方へ。どんどん子供をリードして、教えながら作品を作っちゃうママたちも沢山いるんですけどね。特に、以前スクールの先生だった人たちに多く、カラーの紙やグリッターなど、面白そうな工作用の素材もわんさか持ってたりします。すごいな〜、えらいな〜、そんなママたちの子は楽しいだろうな〜とは思いつつも、どうにもクラフトママにはなれない…

でも、そんなわたしでも、娘が作ったものを見ると、こうしたら、ああしたら? もっと面白いよ、くらいの助言をしたり、もうちょっと上手く作り直してあげたりは出来ます。ダディも同じ感じかな。以下、そんな例ふたつ。

bg090306-4.jpg

ダディの作品。紙ナプキンとダンボールで作ったパラシュート。2階の踊り場から娘が投げてます。娘が最初に作っていたのを見て、ダディが一から作り直してくれました。

bg090306-2.jpgbg090306-3.jpg

これ、上手く投げると、ふわふわ、結構上手く飛ぶのですよ。今度はダディが投げて、娘がキャッチ! 

bg090306-6.jpg

これはわたしのアイディア。発泡スチロール板を切ってはお魚を書いていたので、じゃあ、お池を作ってあげよう、とボールに水を張って浮かべてみました。赤いのはタコとカニ、真ん中の大きいのはカエル、右下のマッチ棒みたいのが沢山並んでいるのはおたまじゃくし(笑) 潜水艦や船もいます。これで2時間くらい遊べました^^

豊富なマテリアルがあったり、キットを使うのもいいけど、こういうのも素朴で楽しいです。全部自分で一から作らなくちゃならない分、イマジネーションも広がるし、手先も器用になる。材料費もタダだし…一石三鳥か!?^^
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(6) | 育児(3歳半-4歳)

2009年03月04日

桃の節句★おひな祭り

昨日は、桃の節句でしたね〜。こちらは前日の雪で一面銀世界のところに太陽がぱーっとさして、輝くばかりのまぶしさ! 寒かったのですが、妙にすがすがしく気持ちのいい日でした。

さて、今年のおひな祭りですが、うちで開催するのは諦めました。なにせ、知り合いの日本人の女の子が30-40分の距離に2人しかおらず、どちらも学校や習い事が忙しくて予定が合わなかったのです。なので、そのうちの1人が近所の日本人たちを集めてしたお祭りに参加させてもらうことにしました。こちらのお宅にも、ご自身が使っていた7段のお雛様があるのです。

bg090228-2.jpg

当日は、わざわざミツワで、イタトマのショートケーキと甘酒を買って来てくださいました。日本のケーキは本当に上品。かなりの大きさのカットをぺろり、と平らげてしまいました(笑) 

bg090228-3b.jpg

お友達とお雛様の前で記念撮影。1人、早めに帰られてしまったのですが、娘を含めて、計5人の女の子が集まりました。みな、4歳前後と年頃も同じ。わたしたち以外の4人は5分ほどの距離に住んでいる仲良しグループで、うらやましい限りです。うちの近くにも、誰か住んでいるのかもしれないのだけれど、駐在でもなく日系人会にも入っていないとなると、なかなか巡り会えないものなんですよね。公園やお店で、アジア人の母娘連れを見かけるたびに耳をそばだててしまうのですが、聞こえてくるのは中国語か韓国語ばかり。いまだに日本語にはお目にかかっていません。残念! ところで、写真がボケボケなのは、わざとです。部分的にモザイクをかけるソフトウエアはないので、全体的にぼかしました〜。

我が家のは「木目込み人形」というタイプで、衣装は地味めなのですが、こちらのお宅のは「衣装人形」と呼ばれるだけあって着物も豪華。一般的にはこのタイプが多いと思います。わたしは、我が家のおっとりふくふく顔のお雛様に目が慣れているため、一目見て、「顔が小さくてスタイルがいい!」と思ってしまいました(笑) 10頭身?^^;

bg090303-1.jpg

そして昨日は、お正月パーティをした方たちが来てくださって、ささやかにお祝いしてくださいました。左のフルーツたっぶりタルトはお友達の手作り! ふわふわクリームに春の香りが満載で、と〜ってもおいしかったです♪ 右のは母が送ってくれたお雛様様お菓子と娘の大好物のうちわ。去年に負けず、バキバキとむさぼり食ってました(笑) 今年も、健やかにおひな祭りの日を迎えることができて、何よりです^^

さて、よく、「お雛様は翌日片付けないと婚期が遅れる」って言いますよね? 調べてみたのですが、だらだらしないという意味のしつけらしく、実際そんなことはないのだとか。地域にもよるようですが、一般的には、3月半ば-4月3日(旧暦の桃の節句)までに仕舞えばいいそうです。特に湿気の多い日本では、日にちにこだわるより、からっと晴れた乾燥した日を選ぶのが大切だそう。ここはもともとドライで、箱には保湿剤を入れているくらいなので、関係ないですが(笑)

暗い地下室から、一年ぶりに目を覚まして出てきてくださった我が家のお雛様たち。そんなわけで、まだしばらくわたしたちの目を楽しませてくれそうです^^ 

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(3) | シーズンイベント

2009年03月03日

ふんわふんわ雪遊び♪

bg090302-1.jpg

きのうはスノーストームでした。と言ってもたいしたことなかったのですが、こんこんふり続き、15センチほど積もりました。「ああー、また雪かきだ〜」とぼやくダディを尻目に、しっかりてぶくろをはめて小躍りしてる誰かさん… そんなわけで、午後は父娘仲良く表で雪遊び(仕事?)^^

bg090302-4.jpgbg090302-3e.jpg

積もりたてのふんわふんわの雪! 「ママ、こんなにやわらかいよ〜!」と差し出してます。

bg090302-2c.jpg

「はい、あなたにもど〜ぞ♪」 触ってみる?(笑) はじける笑顔を見ていると、雪(寒い冬)もたまにはいいもんだ、と心から思えてしまう。

わたしはこの後、カメラのバッテリーがなくなったと同時にさっさと中へ入っちゃったのですが、娘はお山を作ったり、葉っぱを埋めたりしてたそうです。雪だるまも作りたかったみたいだけど、あまりふわふわの雪って固まりにくいみたいですね? 翌日くらいがちょうどいいらしい、ってことで断念したよう。1時間くらいがんばって、「足冷たい〜。」と入ってきたので見たら、短いブーツに雪が沢山入って、タイツもびちょびちょ。しもやけになっちゃうよ〜と、氷のような足を手ですりすりして暖めてあげました。

bg090302-6c.jpg

庭のデッキのテーブルに乗ってるふくろうの置物。「見て見て! ふくろうちゃんが帽子とえりまきしてる。雪さんが、寒いね、ってつけてくれたんだね♪」なんて、つじつまは合わないながらもかわいいこと言ってました^^

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(2) | 育児(3歳半-4歳)

2009年03月01日

習い事終了 & プリスクール

去年の秋から始めた娘の習い事ですが、一旦終了となりました。

まずシャノンと一緒に通っていたスイミング。2ヶ月後の進級テストで、シャノンは合格、娘は不合格だったことは前に書きましたが、そのまた2ヵ月後のテストも同じ結果でした。一応、「テスト、がんばるぞ〜」と声をかけたら、「お〜!!!」とこぶしを振り上げてはいたのですが、気合だけだったようです(笑) つまり、シャノンは、現在2級上のクラスに進級。

シャノンとは元々年齢にもスタート時のレベルにも差があったし、娘は2セッション目は全然上達していないのは明らか。しかも、1週前は悪天候で行けず、2週前は病気の子がプール内ではいたため10分で終わり、と間も空いてたので予想通りの結果。落胆は全くありませんでした。でも、その後シャノンは1ヶ月フロリダに行くことになったため継続しないことに。そもそもシャノンママに誘われて始めたクラスだったし、自分で運転して行くのは大変、娘も年齢的にもう少し上にならないと上達しそうにないし、好きでもない。だったらもういいや〜と年末にあっさり止めました。

シャノンは多分3月からまたやると思うけど、わたしは来年の春まで待つつもり。シャノンのように家にプールがあるわけでもなく、外のプールでは常にわたしが一緒なので、安全上の理由でも5歳で十分かなあと。

そしてジムナスティクス。こちらは娘が自分でやりたいとごねただけあって、大好き。最初は飛んだり跳ねたりしてただけだけど、最近、吊り輪で身体を持ち上げたり、少しずつ技術(?)もついてきてました。

小さい子専門のジムじゃなくて、大人用の本格的な施設で、先生たちもコンペティションなどで活躍している方。特に娘の先生は、順番を守る、トイレなどで離れる時はまず先生の指示を仰ぐ、など規律もある程度教えてくれます。両親以外からの初めてのタイムアウトもここで経験。ショックだったらしく大泣きしてたけど、プリスクールに全く行ってない娘には、こういうことも必要。よい勉強になったと思います。

これからってところでちょっと残念な気もしたのですが、何せ4月ー5月は里帰り。1セッションが3-4月、5-6月と中途半端なので、こちらも一旦終了。夏は外遊びで忙しすぎるのでパスですが、9月か、寒くなる11月からまたやるかもしれません。でも、そのころは、「ダンスがやりたい!」って言ってるかな〜?^^

実は最近、ダンス好きなんです。前からTVの前で踊ったりはしていたけど、外でも、ステージっぽいところがあると(レストランや店の前とか階段の上とか)、「踊っていい?」と聞いては踊り始めます… が、これが、すんごく妙。変なリズムでからだと足をただくねくね動かすだけで、まるでタコちゃんみたい(笑) いったいどこで覚えたんだ? ちょっとセクシー系も入っているような、何ともむず痒くなる中途半端な動きで、はっきり言って恥ずかしい(苦笑) 通りがかりの人も、物珍しそうに振り返っていくし… このブームは早く去って欲しいなあ^^;

ちなみにプリスクールですが、キンダー(幼稚園)までは行かせない方針です。娘の場合、来年の9月からなので、まだ1年半あります。理由はいろいろですが、一番大きいのは、2人の時間を大切にしたいということ。わたしたちの市ではキンダーは全日なので、通いだしたら、ゆっくりできるのなんて週末だけ。そう考えると、「まだ一年半」は「たった一年半」と思えてくる(笑) 

最近、普通のプレイデートのことはもう全く書いていませんが、娘は幸いにも近所のお友達は沢山いて、ほぼ毎日誰かと遊んでいます。午前、午後、ダブルで予定が入ることも多いし、6人ほどで構成している回り持ちのプレイグループも3つあるので、複数で遊ぶことにも慣れてきました。去年の夏、「3人以上だと上手く遊べない」という記事を書きましたが、あれも一時期のことで、秋には解消。あとで思えば、英語力不足がひとつの原因だったようです。

ただ、3人という奇数は、一般的に難しいみたいですね。大人でももめやすいので、子供だったら当然か? 人間って、誰かとよりくっついて誰かを仲間はずれにすることで優位に立ちたい、安心したい、という本能みたいなのがあるんでしょうか。特に女の子に多いみたいだけれど、男の子でもよく聞きます。娘は、まだ年齢的に、自分から進んで誰かを仲間はずれにすることはないのですが、ちょっと年上の子と遊んでいると、リードされて結果的に誰かを仲間はずれにしていることや、入れてもらえなくて泣くことはたまにあります。

まあ、こういうのを繰り返して、痛みも覚え、いろいろ学んでいくのでしょうね。泣かされることがなければ、なぜ相手に同じことをしちゃいけないのかもわからない。去年の秋ごろから、言葉のたっしゃな女の子たちに時々意地悪されるようになり、本人よりも私の方がカチンと来てました(苦笑) でも、最近は、それも成長の大事なステップ、これでまたこの子はひとつ貴重な体験をしたんだわ〜と、どんと構えていられるように。親も一歩前に進んだってことかしら?(笑) 

今のうちにそういうことも沢山経験して、学校に行くころには、本格的なイジメに加担したり、そのターゲットになったりしないで欲しいなあと思います。そんな単純じゃないかもしれないけど。日本はもちろん、こちらでもイジメはあるのですよ〜。エスカレートして登校拒否になった子も知っているし、からだが小さい男の子のママたちは、今から心配してます。子供のイジメは本当に残酷。わたしも実は経験者。娘にはそんなことには巻き込まれず、のびのび楽しい学校生活を送ってほしいと切に願います。

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(6) | 育児(3歳半-4歳)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。