2010年01月18日

Violet、顔に怪我!!

今年は健康管理に気をつけたいと書いたばかりですが、実は、新年早々、親子でトラブル続きなのです。まずはViolet。

顔、しかも真ん中、眉毛の間にひどい怪我をしてしまいました(泣) 起こったのはしばらく前、1月5日の夜。私はキッチンで母とSkypeで会話中。娘はファミリールームでダディとTVを見てました。で、突然こっちに来ようと思い立ち、カウチから飛び上がってダッシュした途端につまずき、キッチンとファミリールームの間にあるステップの角に顔を強打。

つんざくような叫び声ではっと見ると、Violetの顔から血がドバーっと噴き出し、眉毛の間がパックリと大きな穴が!! 一瞬、あまりに驚いてしまい、何が起こったのか、よくわかりませんでした。「怪我をしたんだ、顔の真ん中が切れてしまった、大変だ」 とスローモーションのように頭に入ってきた後は、泣き叫ぶVioletと共に、私もパニック。Jがテキパキと娘をテーブルに寝かせ、ペーペータオルで血をふき取る横で、「Oh my gosh! Oh my gosh!」とただ繰り返し、ぶるぶる震えて泣き始めてしまいました。さすがに5秒ほど後には、泣いている場合じゃない、と我に返りましたが…

Jの指示でなんとか止血をし、血だらけのパジャマのまま、車で近くのER(緊急病院)へ。Violetは病院に行きたくないと暴れまくり、車の中でもずっと大泣きでしたが、病院に着いた時には、幸いにも疲れ果てて寝ていました。

病院では、普通の外科医ならすぐいるけれど、美容外科医を呼ぶなら1時間ほどかかる、どうする?と聞かれ、迷わず美容外科医を。Violetを抱きながら待っている間も、「どうしてこんなことに…」と涙が止まりませんでした。

いよいよ美容外科医が到着。みなが、彼は最高の腕だから、と言うので少し安心。Violetはすでに目を覚まし、緊張の面持ち。親は動揺して、それが子供にも伝わって逆効果だから外に出て欲しい、と言われたのですが、不安そうな娘を1人にする気にはどうにもなれず、「冷静でいるから」と約束してわたしだけ残りました。

Violetは板のようなものにくくりつけられ、腕もからだも全く動かない状態。麻酔がなかなか効かず、何度も注射針を刺しまくるので、途中でこらえきれず泣き出したものの、娘は、想像していたよりずっと強く、最後までよくがんばりました。ようやく麻酔が効き始め、縫合開始。かなり細かく縫ったのもあるのですが、全部で14針、両側なので針は30回近くさしました。わたしは、麻酔が効いて娘が痛みを感じなくなったので安心したら、縫い終わりのころに突然吐き気が。手術?のようなものに慣れていなかったので、あまりに近くで見ていたら気持ちが悪くなっちゃったようです。下の写真は翌日の朝のもの。

bg100106.jpg

Violet自身は、その後はケロリとしていて、家に帰ったら「おなかが空いた!」と、大好物のピーナッツバターパンをパクパク。痛みもなく、元気になったのは勿論よいことなのですが、食べ終わってすぐに、またダーッと走り出したのには参りました。全然懲りてない…。それからも、毎日、ドタバタドタバタ。何度注意しても聞きません。走るのが、異常に好きというか、落ち着きがないというか、困ったものです。

子供だから仕方ない、元気なのが一番とは言うものの、実は顔に怪我をするの、これで4回目なんです。まだ4歳ですでに4回って、かなりじゃないですか? 最初は、2歳半の時、里帰り中の実家で。洗面所にあごの下を打ち、いまだに小さな痕が残ってます。2回目は、3歳ちょっとのころ、家で甥っ子たちと走り回ってて。転んで壁の角におでこを打ちつけ、かべはカケ落ち、おおきなたんこぶとたてに大きなかさぶた。幸いにも皮膚は破れなかったので、痕は残ってません。3回目は、この前の里帰り時にNYの空港で。わたしは一緒にいなかったのですが、キャンディースタンドで興奮して飛び跳ねていて、石のカウンターにあごをぶつけたそう。出血はそれほどなかったものの、パクッと開いていたので、フライトを捨てて医者に行くかどうか少し悩みました。結局、行かず、あごの下に少し痕が残っています。

そして今回。顔の真ん中、しかも14針も縫う始末… からだが大きく、重く、走るスピードも速くなっている分、転ぶとダメージも大きいのでしょうね。年を重ねるごとに怪我の程度ががひどくなっているのが恐ろしい。わたしは人一倍気をつけていて、アイススケートなど危なそうなことはまださせていないし、外では出来るだけパンツ、スニーカーを履かせるようにしてきました。でも、ずっと手をつないでいるわけにはいかないし、むしろ、家の中で怪我をするんですよね。これ以上、守り切れません。

これからも怪我はするのだろうけれど、せめて顔だけはこれで最後に、と切に願います。医者からは、はっきり「深いから痕は残る」と言われてしまい、最初の3日ほどはかなりブルーでした。陶器のようにすべすべした肌だったのに…と思うと、今でもとても悲しいです。肌のケアにも本当に気を使っていて、去年の夏は、どんなに疲れていても忙しくても、サンローションや帽子は欠かしませんでした。う〜ん、なんて皮肉なんだろう。でも、もっと悪かったかもしれない。あと数センチ下だったら、鼻が折れていたかも、目を打っていたら失明していたかも、それよりはマシ、むしろラッキーだったんだ、と思うことにしています。

傷は化膿することもなく順調に塞がり、2日前に、バンデージが半分ほどはがれました。覚悟はしていましたが、少し曲がった赤い線がくっきりつき、その両側がうっすら盛り上がっていて、またちょっとショック。これから6ヶ月、クリームを塗り続けます。クリームは、病院で高額のものを買ったので、それがミラクルを起こしてくれるのを期待するしかないですね。少しでも、痕が薄くなりますように!!

なんだかとても長くなってしまいました。わたしのことはまた次回にしますね。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(7) | 育児(4歳半-5歳)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。