2008年07月08日

絵本、わたしが読んであげるね♪

bg080708-1.jpg

以前は、大人しいなあ、静かだなあと思うと、100%イタズラしていた娘^^; ところが、最近は、こんな風に1人で絵本を読んでいることが多くなりました。平仮名自体は2歳半で全部読めていたのに、絵本となると、単語をひとつ、ふたつ読む程度。どうなってるの〜?と訝しがっていたら、3歳ちょっと前から、わたしが読んであげてると、「今のどこに書いてあるの?」と聞いては、繰り返していました。おお、いよいよ興味が出てきたか!? と思っているうち、今では、「ママ、絵本、わたしが読んであげるね。」と持ってくるように。

bg080708-2.jpgbg080708-3.jpg

<左>写真のは、大好きな「はらぺこあおむし」。ちっちゃな指でひとつひとつ文字をなぞって、たどたどしく…ですが、一冊読みきります。聞かれるままに教えていたら、「は」を「わ」と発音すること、小さい「つ」、「ぎゃ」「じゃ」などもすぐ覚えました。カタカナは、里帰りした時100円ショップで買った本で、いつの間にか半分くらいマスター。あとは、このまま絵本を読むうちに学んでいけそうです。結構、几帳面で、作者や訳者、出版社の名前なんかも読みたがります。(漢字は読んであげてます)

<右>時々、自信のない音は、ママの顔を見て確かめながら。間違えを指摘しても、前のように癇癪は起こさないかわり、ページの最初に戻って読み返さないと気が済まないので、1冊読むのに30分以上かかります。最近、寝る前にベッドで絵本を2冊読み聞かせるのがお約束。昨日の夜は、長めの本だったのに、全ページ、「今度はわたしの番」と読み直し、なんと1時間! 娘が読んでいるところでは、わたしがうつらうつらしてしまい、「ママ、ちゃんと聞いてよ!」と叩き起こされてました。今晩は短い絵本を選ばないと(苦笑)

話す方は、会話が楽しめるようになった反面、口答えも多くなりました。前は単なる「イヤイヤ」でしたが、最近は、いちいち変な理屈をつけてごねます。「今、疲れてるから」(片付けなさい)、「それは4歳になってからね」(自分でやりなさい)、「あおむしみたいに、食べ過ぎておなかが痛くて泣きました、ってなったら大変だから。」(ご飯を残すとき)。悪いこと、危ないことを注意しても素直には聞きません。「ファンに触らないで。指が切れちゃうよ。」と言えば、外側を触りながら「ここは大丈夫だから。」 わざとちょっと違ったことをして、「これならいいでしょう。」と挑戦的な態度。かわいくないっ(笑) たま〜に「ハイ」って言われると、「えっ、どこか悪いの?」って心配しちゃいます(苦笑)

英語は、日本語に比べるとまだまだ。アメリカ人の子達とも、同年齢なら遊ぶには不自由しませんが、公園で、4歳半ー5歳の女の子2人と会ったときは、会話についていけず、仲間に入れてませんでした。でも、以前の、日本語しか話せなかった印象が強いらしく、July 4thの時には、「今やパーフェクト・バイリンガルだねえ」とみなに感心されました(笑) アルファベットは大文字、小文字ともに全部読め、簡単な単語いくつかや自分の名前はスペルを言えます。読み書きに関しては、今のところ、アメリカ人の子に比べてもあまり遜色はなさそう。

数は、日本語では200まで、英語では100まで数えます。オマケのスペイン語は20まで。こっちは、わたし自身の勉強がストップしているので、当然、進みません。あとは、最近、曜日がわかるようになりました。朝起きると、「ママ、今日はXX曜日だね」と必ず言います。日月火水木金土がわかっているので、きのう、明日もすらすら。英語ではThursday とSaturdayがまだ苦手。時間は、デジタル時計なら読めますが、普通の時計はまだ。「今何時?」と半年以上聞かれ、そのたび教えてはいるけど、頭に入らないみたい。

言葉に関しては、こんな感じです。娘との会話は、いまだに「日本語オンリー」。でも、さすがに、英語の本も頼まれれば読むし、「これは英語(スペイン語)でなんと言うの?」と聞かれれば教えています。友人は全員アメリカ人、の環境下では、もう避けて通れないというのが実状。何とか、日本語の補習校に通い始めるまで(あと3年)、持ってくれればいいのだけど。

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(3) | トライリンガル教育
この記事へのコメント
おはようございます。
そちらは夕方ですよね。

順調に興味を持ってくれて何よりです。これが、本人はサッパリなのに親が熱心、ではイヤイヤになっちゃいますから。
ここは頑張って興味につきあってあげないと、ですね。
子供を育てるとガマン強く、粘り強くなります(笑)。
Posted by teapot773 at 2008年07月11日 06:46
Vちゃんみたいな小さな子でバイリンガルってどんな感じですか?
Vママさんと日本語で話している最中に英語で他の人に話しかけられたら、ぱっと切り替えられるとか、相手によって自然と言語を変えて喋れるとか???
どんな形でも凄い、凄すぎる〜。
ハーフでもバイリンじゃない子も結構いるのに、本当にVママさんは努力していて
素晴らしいですね。

ところで、文字が好きだとか数字が沢山覚えられるとか、
賢そうな要素ありあり!
賢い子は吸収したがるっていうけど、Vちゃんはまさにそれですね〜。
うちのMに爪の垢を送ってくださいw
Posted by やまいも at 2008年07月11日 13:36
★Teapotさん
こんにちは〜。
そうですね、今のところは何にでも興味がんがん、知りたくて覚えたくてしょうがないの!って感じです。
この忍耐力が、他にも活かせればいいのですが… 自分しだいですよね^^;

★やまいもさん
そうですね、相手の言語に自然に反応して、日本語、英語を使い分けてますね。家庭内で、母親と父親がすでに日本語と英語にきっちり別れているので、切り替えはしやすいかもしれませんね? 日本語の定着率は悪そうですが^^; 
Violetは、今のところは、何でも自発的に興味を持ってどんどん吸収していきます。でも、しつこく聞くけど全然覚えないことも多いので、それはそれで面倒ですよ〜。もう、まだ早いんだから、聞かなくていいじゃん!って時々思います(笑) 
それに、子供って本当にその子その子で、のびる時期、輝く時期が違いますよね。私自身、小さい時に一番光って、中学くらいからはたいしたことなくなりました。長い目で見ると、遅咲きの方がいいのかもしれません!?

Posted by Vママ at 2008年07月12日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。