2008年07月15日

図書館のストーリータイム

市立図書館ではいろいろキッズプログラムがありますが、夏休みの間は特に充実。わたしたちのところでは、「Catch the Reading Bug!」というタイトルで、虫にちなんだストーリータイムを毎週、年齢別にやってます。3-4歳のグループに、昨日、初めて参加してきました。

図書館のプログラム自体は、以前に何度も行ったことあるのですが、そのころのは低年齢向けの、親も一緒に踊ったり歌ったりするものでした。娘ももう3歳だし…とストーリータイムに連れて行ったのがちょうど3ヶ月ほど前。親は後ろのイスに座って見ていて、子供のみが先生の周りに輪になって座るパターン。娘は、何度注意されても、他の子の前に立ったり、本に触ったりをやめない。先生は、と〜ってもいい方で、優しく注意してくれてるのに、何度かは泣いて戻ってくる。それ以外にも、何かあるたび、私の方を振り返って「ママ、xxxだって!」と日本語で言ったり、いちいち何か見せに来たり。そのうち、もう1人の男の子とわたしたちが座っているイスの間を走り始め、参加できてないどころか、他の子たちの迷惑。先生は、「3歳になったばかりだからしょうがない。特に他言語が第一言語の子にはよくあること。そのうち慣れるから、どんどん参加して。」と言って下さったのですが、なんとなく遠慮してしまって足が遠のいてました。

で、昨日。また同じだろう、と思っていたら、これがまるで別人! じっと座っているのが苦手らしく、何度か立ってましたが、注意されればすぐ座る。途中でこちらをちらちらと見ることはあっても、「先生を見て」と指で合図するとすぐ従う。何より驚いたのは、先生の問いかけにきちんと反応できてたこと。答えは「I don't know!」とかでしたけど(笑)、物怖じせずに英語で返せるだけ大きな進歩。手や口でこういう風にマネをして〜というのも、他の子たちと一緒に出来てました。以前は、自分だけ別世界にいる感じだったんです。途中で大好きなお絵描きがあって、それをわたしに見せには来たけど、それ以外はずっと輪の中で楽しそうにやってました。1時間弱、集中も切れなかったし、大変化です。

この3ヶ月の間、特に何もしていなかったので、やはり年齢でしょうね。娘の場合は、英語も大きかったと思います。最近は、公園でも、「What's your name?」と自分から話しかけてるし、ダディ以外の人にも英語が抵抗なく口から出るようになったみたい。そもそもストーリータイムは、話がわからなかったらつまらないですしね。

しかし、びっくりしました。と言うのも、1ヶ月ほど前に、シャノンママと一緒に、ダンスとジムナスティクスの体験レッスンに行ったのですが、その時も、ぜ〜んぜんダメだったんです。タップ10分、バレエ10分、ジム30分のクラス。タップとバレエはついていけないし、部屋から1-2分置きに泣いて出てくる。ジムは元々好きなので楽しんでたけど、やっぱり指示には全く従えてなくて、勝手に遊んでる感じ。シャノンもちょっとマシだったけど大差なく、こりゃあまだまだだね、と2人で笑ってたところでした。

この年齢の子供って、本当に変化が激しいですよね。しばらく同じだったり、後退すらしたりするのだけど、特にその後退のあとは、ジャ〜ンプって感じで急成長。昨日、スクールカウンセラーのママから、「キンダー(幼稚園)からじゃ遅い、少なくとも来年はプリスクールに入れないと、Violetがついていけなくて苦労する、特に英語が第二言語なんだから」と強く言われたのですが、どうなんだろう? 今のところは、自然に順応していってるようだけど? わたしたちの市立キンダーは半日じゃなくて全日のフルタイム。いきなりだとちょっときついかなあとは思っているのですが、それでも娘は大丈夫かも。楽観的すぎる?(笑)

それにしても、日本語は大切だけど、そろそろ、英語も出来ないと生活に支障をきたす(?)年齢になってきたみたいですね。英語はどうせ追いつくんだからできるだけ長く日本語オンリー、を目指してたんですけど、現状そうも行かないみたいです。実際、英語を使ってみんなに溶け込んでいる様子を見たら、わたしもすご〜くうれしかったし(苦笑) 昨日は、誇らしささえ感じてしまいました。「Mommy is proud of you! よくやった!」。…って、たかが図書館のプログラムなんですけど(笑)

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(4) | 育児(3歳-3歳半)
この記事へのコメント
vちゃんの成長はとても大きいですね。
お友達の輪の中にいる娘を見られるのはすごく嬉しいでしょうね。我が家はまだまだですが、その日が楽しみです。
市立図書館でそのようなプログラムが行われているのですね。私も参加してみたいですが、何しろ自分の英語がなんともかんとも・・・。
プレスクールは娘も入れようと思っています。こちらで子育てをした義母に↑の先生と同じ事を言われました。「キンダーに入る前に英語がせめて聞き取れるようになっておかないとクラスについていけなくてかわいそうな思いをする」そうです。でもvちゃんはパパが英語を話すからまた状況は違いますね。
Posted by 皐月 at 2008年07月16日 02:23
こんにちは!図書館のエピソード、私も全く同じような経験があります(**)ちゃんと座ってられなくて、先生の言うことも聞けなくてすぐグズルし、でもやっぱり先生はいい人で「どんどん連れてきてね」と言ってくれて、、結局私は行きませんでしたけど(苦笑)

英語はうちの子よりもずっと出てますよね!うちのはプリスクールに通い始めたのに、いまだに日本語オンリーに近い状態。嬉しいような、でもちょっと心配だったり、、キンダー前にはある程度英語ができないと、やっぱり大変なような気はしてます。こっちのキンダーって勉強が中心らしいし、、(汗)ま、でもどうにかなるでしょ〜〜(^^)
Posted by ゆりママ at 2008年07月16日 04:41
3歳の時期って、ホンと日々の成長が著しいですよね。

うちの子は、2歳半から3歳半まで1年間1時帰国してた時期があって、完全日本語オンリーでしたが、プレスクールに入れなくてもスクール入学までに十分間に合いました。
去年の9月入学時、4歳半。
こちらが言うことは理解してるし、日本語のDVDも普通に見てますが、今では日本語が口から出てきません^^;
淋しいーーー><
Posted by やっこ at 2008年07月16日 20:24
★皐月さん
図書館の、いいですよ! 皐月さんの英語の勉強にもなるかもしれないし、ぜひ行ってみてください^^
プリスクールは、たしかにお嬢ちゃんは行った方がいいかもしれませんね。うちは、おっしゃるとおり、父親も親戚も友達も全員アメリカ人なので、日本語の方が心配なんです。来年の春まで様子見ようと思ってます。

★ゆりママさん
こんにちは! お久しぶりです^^
ゆりちゃん、ちょっと娘に似てますよね。ブログ読ませていただいて、前から思ってました。活発ですし^^ あまりにも立つから他の子供たちからもブーイングだったし、こっちも冷や汗もの。なかなかまたすぐは連れて行けませんよね。
こっちのキンダー、まるで学校らしいですね。ゆりちゃんはプリスクール行っても日本語オンリーですか。バイリンガル的には、理想ですよね! 英語が入ってくると、どうしても日本語は弱くなりますもんね。でも、それでも楽しく遊べちゃうものなんですね〜。流石子供! 
ウフフ、最後は、「どうにかなる」ですよね。わたしもそうです♪

★やっこさん
アレ、4歳半でキンダー入学ですか? 娘は再来年の9月なので、5歳半になるんです。アイルランドは制度が違うのかしら??? うちは一人っ子で楽だし、わたしはそれまで待つつもりなんです。5歳半だったら、逆に十分英語は出来てますよね? カウンセラーが言うには、英語以外にも、規律が結構厳しくて、ついていけないだろうって言うんです。
でも、3歳半まで日本語オンリーだったのに、もう日本語が出ないんですか? それはショック!!! うちもそうなりそう… バランスのとれたバイリンガルって、本当に難しいですね。
Posted by Vママ at 2008年07月16日 21:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。