2010年02月05日

足底腱膜炎になってしまいました

なんと、もう2月になってしまいました。ついこの間、「Happy New Year!」と言ったような気がするのに。すでに今年の12分の1が終わったのかと思うと信じられません〜!

何よりも、娘の成長記録を残したいという思いで続けているブログなので(他のこともたまに書いとりますが)、抜けていた間の写真もUPしたいと思っているのですが、日々のことに追われているうちに、あっという間に時間がたってしまいます。特に先週は、友人が泊りがけで来ていたのに加えて、いよいよ地下室の工事が始まり、もうぐ〜ったりでした。

さて、娘の傷痕は1.5センチとかなり大きく、赤く、まだまだひどいです。朝晩、「薄くな〜れ、薄くな〜れ!」と唱えながらクリームを塗ってマッサージ。外出時や友人に会うときは、バンドエイドをつけています。バンドエイドだと他人も凝視したりしないし、紫外線防止にもなるので当分続けるつもり。

当の本人は、鏡に向かって、「こんなになっちゃったね〜。きれいだったのにね〜。いやだね〜。」なんてヘラヘラ言うばかりで、全然気にしてません。女の子の絵を描いて、おでこに赤い線をつけて、「これ誰かわかる〜? ギャハハ〜!」という具合で、むしろジョークになってます。

相も変わらずドタバタ走りまわっているのを見ると、もう少し懲りろ! 反省しろ! 気をつけろ! キ〜ッ!! となるのですが、まあ、気にしてくよくよされるよりはいいんでしょうね。

ところで、わたしの話。ZUMBAインストラクターの資格を取得し、ジムで教えるためにグループエクセサイズインストラクターの免許もとり、さあ、これからいよいよ応募開始、というところで、足を痛めてしまいました(泣)

足底腱膜炎と言う、ランナーによくある障害。特にひねったとかではなく、単に足底の筋肉のオーバーユース(使いすぎ)が原因。試験に備えて勉強した時にも、一番よく起こる障害としてテキストブックに載ってましたが、偏平足やハイアーチの人に多い、ということだったし、まさか自分に起こるとは思ってもみませんでした。

今思えば、試験の前後、室内で「裸足」で練習したのが引き金だったかなあ。試験の前は、実技のエアロビクスを、試験の後は、オーディション備えてZUMBAのカリオグラフィーを覚えようと、かなりがんばってしまったんですよね。まあ、年齢やサポート不足のシューズなど、他の要素も積み重なったんでしょうが。

特に効果的な治療法はなく、安静にしていれば自然に治るらしいのですが、最初に甘く見てきちんと対応しなかったのが良くなかったようで、一時期は、裸足では家の中を全く歩けない、足の指が全く反らない、常に鈍痛があって眠れないほど悪化しました。さすがにこれはマズイ、と自覚し、ジムはお休み、家の中ではふかふかスリッパ着用、外ではスニーカーのみ、一生懸命マッサージを約1ヶ月。今、ようやく痛みが軽くなってきたところです。シューズも何足も試して、やっと足にぴったり合う、クロストレーニング用のものを入手。アーチをサポートするクッションも買いました。

来週くらいから、様子を見ながら、少〜しずつ練習を再開しようかと思っています。ジムからも、延期になっていたオーディションをもうすぐやるよ、と言われたので、なんとかそれには間に合わせたい。せっかくここまでがんばったし、わたしには向いていると思うし、あきらめたくない!! とここでいきまいても、からだがついていかなきゃどうしようもありませんが、とりあえず気合だけでも示しておきます(笑) また随時報告しますね〜。インストラクター実現を祈って、「ZUMBA」のカテゴリーも作ってみました^^

posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | ZUMBA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。