2007年05月04日

英語と日本語の区別

まず日本語の発達状況。擬音語、擬態語がよく出るようになってきました。「ぽとん」「ジャブジャブ」「もぐもぐ」「ざぶーん」などなど。プレイグランドで遊んでいるとき、「危ない」「できない」「無理」とやりかけたことをちゃんと自分で判断してやめれるように。「もういいかいよ〜」と顔を手で覆って言うのでかくれんぼをしたいのかと思ったら、「ばあ〜」と出てきました。いないいないばあ〜とごっちゃになってます。「食べたい」「したい」「見たい」など欲求の表現ができるように。そんな感じかなあ。

最近あまり「あいうえお積み木」で遊ぶことがなく、たまにダディと積み重ねているくらいでした。外遊びが増えてきた分、本を読んであげる時間も激減。久しぶりに積み木を取り出したので、ためしに文字の方を見せて「これ何?」と聞いてみました。ほとんどできなくなってるんじゃないかと思ったのですが、意外や意外、半分以上言えるようになってました。「あ」「い」と文字をちゃんと言えるもの、「おに」「なす」と絵柄を答えるものと半々ですが。ダディは日本語はできないし、何でだろう?と一瞬不思議だったのですが、考えてみたら、絵柄自体はほぼ全部自分で言えるようになっているので、わたしの助けがなくとも、何となく見て触っているだけで覚えられたってことでしょうね。恐るべし、子供の記憶力。マミィに半分分けておくれ…(笑)

さて英語。たいして伸びてませんが、アメリカ人に「Thank you」「Hi, How are you?」と言っているのを聞いてびっくり。「ありがとう」「こんにちは、元気?」とは言えないのにね。

少し前まで、日本人、アメリカ人かまわず日本語で話していたのですが、最近、あきらかに区別しています。わたしが一緒でも、アメリカ人には英語のみ。必然的に、とても無口な子です(笑) 日本人といるときは日本語なので、うるさいくらいしゃべってます。娘の言葉は遅いと思っていましたが、同じ環境下の日本人の子たちと比べると、むしろ早い方らしいです? 先輩ママたちに指摘されました。通常遊ぶ子達がアメリカ人なのもあって、わたしにはピンときませんが。どっちにしても、片言がかわいくて仕方がないので、わたしとしては、このままかたつむりのごとく、ゆっくりゆっくり上達してってほしいです^^ 












posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | トライリンガル教育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。