2007年11月24日

Thanksgiving Dinner 2007

bg071122-1b.jpg

去年同様、義弟マイケル宅へターキーディナーに行ってきました。義妹アンジェラのテーブルセッティングはいつもとてもきれい。彼女は一般的に派手なことを好むとされるイタリア人。シンプルアイリッシュのJの家族とはまた一味違います。ターキーのパン籠は例年と同じですが、今年は背の高い麦の花瓶とトウモロコシのキャンドルがセンターピースに加わりました。麦はホンモノで、花瓶にはシェードの違うブラウンの小石が詰められています。いかにもThanksgivingの雰囲気。飾りつけや器に気を配ってムードを高めようとしてくれるアンジェラの心遣いは、とてもステキだなあと思います。見習わなくてはね。

ターキーを焼くのはマイケルの役目。ターキーはどこかケモノ臭さがあって、わたしは苦手。ハムでも燻製以外は食べられません。マスタードでもあればまだいけるかなあと思うのですが、こちらの伝統は甘いクランベリーソース。去年も口に入れたとたんうっと来てしまったので覚悟していたのですが、今年は意外にも大丈夫。しっとりしていて、ターキーとしては(笑)今まで食べた中で一番おいしかったです。グレービー(ターキーを焼いた汁で作るソース)に味がしっかりついていて、それでごまかせたのもありますが。マイケルがすごい勢いで切りまくり、配りまくってしまったので、写真はありませんが、見た目は全く同じなので去年のを見てくださいね^^;

bg071122-5.jpg

今年も娘は甥っ子たちと上へ下への大騒ぎでした。写真は義妹メアリーの夫ジョン(あの14人兄弟の一人)とダンスしてるところ。ちゃんとくるくるターンしてました。

bg071122-4.jpg

ソニーのステレオをがんがんに鳴らし、この後も一人でおおはしゃぎ。ダンシングクイーンと化してました。

bg071122-3.jpg

従兄弟勢ぞろい写真。左から年齢順です。10時過ぎに撮ったのですが、娘はまだおめめパッチリ。スマイルとはいかなくてもちゃんとカメラの方は見れているので、去年と比べたら進歩です。ファミリーの中で、ブレンダン(娘の左)と娘は、とてもよく似ていると言われてます。実際、ブレンダンの赤ちゃんの時の写真を見たとき、一瞬、娘かと思ったほど。上の写真からも何となく似てるように見えるけど、どうですか〜?

里帰りして少し成長したか、1週間に2回続けて会ったのがよかったのか、この日の娘はみんなにとっても打ち解けてました。妹たちの膝に乗ったり、甥っ子たちの手をひっぱって家中連れ歩いたり。慣れすぎて、しまいにはなんとメアリーに鼻くそをあげてました! 「別に構わないけど、うちの子たちからも鼻くそもらったことはないわ。初体験。」と言うメアリーに、マイケルが、「それはみんな食べちゃってたからだよ。(げ〜)」と返して大笑いする一幕も。私自身も含め、みんなかなり飲んで酔っ払い、お開きになったのは夜中の1時半でした。飲むと話が盛り上がって時間を忘れるのは、洋の東西を問わず、同じようです。

ホリデーは、家族の大切さを再認識するときです。同時に、失った家族を思い出すときでもあります。今年、アンジェラのお父様がなくなったので、今回は彼抜きの初めてのThanksgiving。マイケルが行ったディナーの前のPrayer(クリスチャンのお祈り)では、みんなちょっとしんみりしちゃいました… 来年も今年のメンバーみんなが元気で、楽しいThanksgivingが迎えられますように! 
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | ファミリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。