2008年01月05日

英語が急に伸びてきました

アメリカで生まれ育った日本人の子達。英語で苦労している話は聞いたことがないけれど、多かれ少なかれ、日本語をキープするのは大変らしい。ずっと話していたのに、4歳くらいで理解はできても全く話せなくなった子もいました。なので、うちではとにかく日本語を強調した教育をしてます。わたしは日本語のみで話しかけ、ジャパンTVと契約してできるだけ日本の番組を見せ、日本語の絵本を読み聞かせる。英語の本を持ってきても、「ママは英語読めないから。ダディに頼んで。」とつっぱねて来ました。

さて、それが功を奏し、日本語のみどんどん上達した娘。ダディには英語で返していたけど、日本語がレベル100だとしたら英語は5くらい(笑) ほとんど単語だけで文章にはなってない。1ヵ月半の里帰りでますます日本語のみに磨きがかかっていたのですが、それが帰国してから数週間、急に英語が伸びてきました! 帰国後、水疱瘡にかかったりしてほとんど外出していなかったので、英語を話す相手はダディだけ、以前よりむしろ機会は減っていたのに。今まで蓄積されていたものが、年齢と共に一気に表に出始めたってことかもしれません。

最初にあれ?と思ったのは、10日ほど前。クリスマスにLEGOをもうひとつ買ってあげたのですが、前のと両方指差しながら、「ふたつのレゴ、Same」と言ったのです。今まで英語に日本語単語が混じることはあっても、逆はありませんでした。「何? もう一度言って。」「ふたつのレゴ、Same」「Sameって何?ママわからない。ちゃんと日本語で言って。」「……」「Sameは英語でしょ? 日本語で何て言うの?」「……」「わからないの?」「わかんない。」 ええ〜っっっ!!! そ、そんなバカな!!! 「”一緒”でしょ? ”同じ”でしょ?」 かなりうろたえました。そんな簡単なことがわからないってどういうことよ!?

その後はそんなことはなかったのですが、目に見えて英語が上達してきました。何気に聞いていたら、ダディとちゃんと会話ができている! 先日アビーが久しぶりに遊びに来たのですが、アビーママに対しても、積極的に話しかけていって、アビーママも何度もびっくり。秋まではアビーママが話しかけても全く反応なしだったので、すごい違いです。昨日なんて、義妹メアリーと電話でも一応会話ができちゃってました! 電話は、日本語でも里帰りした時点ではまだ無理だったのに… TVも「Curious George」が一番のお気に入りになり、日本のものは押さないと見ません。

いずれは学校に行かなくちゃいけないので、まあ、英語が全然できないのは困るのですが、こんなに早くなくてもなあ。デイケア(保育園)に行くまでは大丈夫だと思っていたし、長期里帰りの後だったので、正直焦っています。やはり父親も友達もアメリカ人、という環境がよくないのかしら。もっとがんばって日本人とのプレイデイトに行かないとダメかなあ、小学校からのつもりだった日本の補習校も、幼稚部から行かせた方がいいかなあ、とちょっと考え始めました。

日本語は日本語で、ゆるやかですが伸びてはいます。内容は相変わらずチンプンですが(笑) 昨日も模様替えしたBlogのトップバナーを見せて、「ほら、雪だるまだよ、かわいいでしょ。」と言ったら、「覚えてる? Vちゃんとママちゃんとで一緒に作ったんだよ。」「はあ?いつ?どこで?」 これ、ネットのフリー素材からお借りしたんですけど(笑) 平仮名は読みはほぼマスター、五十音表もすらすら読めるように。今、濁音、撥音、カタカナを練習中。数字は1年も前から読めたのに、数えられず、どうなってるんだろう?と訝しがっていたら、突然10までは数えられるようになりました。「数える」という概念を理解したようです。英語では5まで。

周りに同じ環境下で、あまり成功している例がないのでなんとなく不安です。本人のヤル気、語学に対する資質もあると思うけど、上手く行ってる方、何かアドバイス、感想があったらぜひ教えてくださいね。勉強させていただきたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。応援クリックいただけるとうれしいです♪ また6位です。やっぱり5位は一瞬でした(笑) でも、応援ありがとうございます^^

posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(7) | トライリンガル教育
この記事へのコメント
周りのいろいろな例を聞くと、時に不安になったりすることもありますが、やっぱり一人一人アプローチの方法が違うのは当然なのかもしれませんね。

うちは長男は、英語が強くて、日本語のほうが緩やかに入っていって、今は日本語補習校に通っているのでずいぶん伸びてきたように思います。

次男は、意識して日本語で育てたのですが、プリスクールで英語をぐんぐん吸収しました。

末っ子は、英語と日本語半々です。兄弟間で、なるべく日本語で話そうね!と呼びかけていますが…どうなることやら・苦笑。


永住者にとっては、日本語教育いろいろ考えさせられますね。でも、日本語を母国語とする親としては、子供に上げられる大切な宝物だと思います・笑。小さいころ触れていれば、少し期間があいても、大人になって、興味を持ったときに吸収しやすいと思いますから、マイペースでいいかな、と個人的には思います。やっぱり本人の興味の度合いも関係あるのかもしれませんね…。

応援ぽち♪
Posted by まーすぃ at 2008年01月06日 19:25
はじめまして
”あいうえお と ABC ”のトラコミをつくった者です。参加者がずっといなかったので、このトラックバックを今朝見つけて驚き、さっそく訪問しました。
私は自分の娘たちを日本語で育てていません。その後悔は大きいものです。この夏より今年の5月生まれの孫の子守りを始め、日本語を話しています。そういう意味ではバイオレット ママさんのほうが先輩です。
数ページを読ませてもらい、とてもしっかりと育児をなさっているのが、目にみえるようです。
産まれてからの3年間に聞いた言葉は脳にしっかりとひとつの回路としてできると聞きます。
日本語を日本語として理解ができる。それ以後の外国語は母国語で理解をする言葉になってしまうとか、、、。そして その言葉は大人になって興味を持った時に学び易いものになるそうです。
ママは日本語しか分からないから日本語だけと 強制されていた子どもで奇麗な日本語を話せるようになった例も聞きました。乱れた日本語を聞かない分、変な意味では恵まれています。英語もそうですが、日本語も乱れてきているんじゃないですか?
今は、ビデオとか日本のテレビを見せたりでき、いい時代になったと思う事です。日本語の補習校を利用できる環境にあるなら、行かせてあげるといいでしょう。
日本語を学ぶ事で言葉だけでなく子どもが学ぶ大切な事はたくさんあります。言語って面白いですよね。日本で子どもをバイリンガルにさせたいと 意気込んでいるママさんたちと外国で子どもを育てる中で日本語を学んで欲しいと思うママさん達の願いは違うものに感じます。言葉でなく文化を教えたいんです。

長々とつまらない事を話してしまいました。
ちょっとふざけた生き方をしてきている私ですが、よろしくお願いします。
Posted by Ba-Chama at 2008年01月06日 23:25
追加です
バイオレットちゃんの好きな"Curious George" はジョージ君はさる語を話すからその時 日本語でジョージ君になって話ながら一緒に見ると楽しいかも、、。
出来る限り楽しいものにする方がいいですよね。
Posted by Ba-Chama at 2008年01月06日 23:32
こんにちは。
ばっちりバイリンガルに育つといいですね!
私の中国人の友人夫妻は日本語オンリーで育てたのでその娘さんは中国語がまったくできず、後から苦労していました。
日本語はすごーく滑らかで完璧だったのに。。。
Vママさんのところは大丈夫みたいですね。楽しみです。
Posted by teapot773 at 2008年01月07日 10:14
★まーすぃさん
コメントありがとうございます! どういうわけだか、周りには上手くいってない方が多いので、急に英語を話しだした娘を見ていたら動揺してしまいました。
まーすぃさんのところは3人3様なんですねえ。長男君は、最初は日本語ができなくても、補習校に通いだしてからできるようになったんですね。幼児のころに徹底させないと難しいかと思っていました。次男くんが、娘と似たパターンだと思いますが、英語が入ってきた今でも、日本語は変わらず話せますか? 
そうですよね、本人の興味が大切ですよね。無理に押すと、それだけで拒否反応が出てしまうかもしれないし。いろんな意味で、日本語を忘れないでほしいです。わたしは英語では細かい機微まではとても話しきれないので、娘と将来英語でしか会話ができないのではとても寂しいと思うのです。これからも試行錯誤だと思いますが、いろいろご指導ください^^
応援、ありがとうございます☆
Posted by Vママ at 2008年01月07日 11:05
★Ba-Chamaさま

いらっしゃいませ! 昨日、検索をかけていて、あまりにもぴったりのコミュだったので、早速トラックバックさせていただきました。思いがけずご訪問いただき、大変光栄です。ありがとうございます。
お子様は日本語でお育てにならなかったとのことですが、その経験からも、沢山学ばれていらっしゃると思います。Ba-chamaさまの方が、子育てに関しては、ずっとずっと先輩です^^ わたしは、何せ初めての子育てで、全てが手探り状態です。しっかりと育児をしているだなんて、恐れ多い感じすらします。でも、正直うれしいお言葉です。
いろいろ、深いお考えをお聞かせいただき、感謝します。こちらで育てた方が、綺麗な日本語になるというのは面白いですね。たしかに、昨今の若い世代の日本語は、乱れていますよね。何か、日本語特有の雅やかさが全く感じられません。そういうわたし自身も、使う機会が少ないので、どんどん正しい日本語、難しい言い回しを忘れてはいますが(苦笑)
言葉ではなく、その背景にある文化そのものを教えたい、という気持ちはわたしも同じです。できるだけ、日本古来の季節行事などにも触れさせてあげたいと思います。そういう意味では、補習校に早くから通わせてあげるのもいいかもしれませんね。
まだまだ先の長い話ですが、お互い、上手くいくといいですね。これからも、ご指導のほど、よろしくお願いいたします。

Posted by Vママ at 2008年01月07日 11:25
★Teapotさん

こんにちは! いつもありがとうございます^^
中国人のご夫婦は、日本在住ということですよね? そういうお話を聞くと、やはりがんばらなくっちゃ、と思います。
うちはどうでしょう? ちょっと危なくなりかけてる感じです。日本語で、話かけまくるしかないですね〜(笑)
Posted by Vママ at 2008年01月07日 11:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。