2008年01月21日

A,B,C,D,E,F,G♪ もう英語は止まらない

娘の英語が急に伸びてきてから1ヶ月あまり。プレスクール(保育園)も行かせてないのに早すぎる、こんなはずでは…と焦りました。でも、こっちがどう思ったところで、娘の英語吸収を止めることはもうできないんですよね。

「ABC」の歌も、歌い始めたな〜と思っているうち、あっという間に全部できるようになっちゃいました。「L,M,N,O,P」のところは早いのでもたついてますが、最後の「Now I know my ABCs, next time won't you sing with me?」もちゃんと歌います。ちなみに日本のバージョンはこちらのとは別。日本のは全部均等に歌ってますが、アメリカのは、LMNOPと一気に続けて歌うのです。ついこの前まで、「ちょうちょう」「おおきなくりの木の下で」「げんこつやまのたぬきさん」とかだったのに、「ABC」やら「Twincle, twincle…」やら最近は英語の歌ばっかり。

まあ、英語ができるようになって、よかったな、と思うこともあります。まず、ダディと会話ができるようになった。今まではわたしと娘だけが話していたので、しつけはほぼ100%わたしの役目。わたしが厳しく叱っているとダディは全く蚊帳の外になってしまい、わたしとJの間で、多少誤解や摩擦もありました。わたしも感情的になっているときには娘と向き合うことで精一杯で、いちいちそれをJに訳している余裕はなかったのです。でも、今はJが直接娘に聞けるからか、自然に、2人が同じスタンスで娘に対することができるようになりました。

娘と友達のかかわり方も変わってきました。先日、アビーが遊びに来たとき。ちゃんと2人で会話をしながら、一緒に遊べてました。「チキンを買いに行くの、次はジュースを買いに行くの。」と言いながら電車ごっこをしたり、「お腹すいている? ピザ作ったよ、食べて。」と言いながらキッチンで遊んだり。3歳になると、大人とだけではなく、子供同士で話せるようになり、並行遊びから交わり遊びに変わって行きます。もし英語ができなければ、娘は仲間に入りづらくなってしまったかもしれません。

あとは、いかに日本語をキープするか、です。最近、わたしに対する返事も、「はーい」から「OK」に変わってきました。小さいことだけれど、わたしは毎回、しつこく言いなおさせてます。最初はイヤイヤからか「Vちゃんは英語話すの!」と拒否反応でしたが、粘り勝ちだったようで、ここ数日は「OKはダディちゃんにね。ママちゃんには日本語だからハイね。」と自分で言ってます。カウチに横並びに座っていて顔を見ていないと、突然、英語で何やら話し出すこともあるけれど、必ず言い直させます。「ママちゃんは日本人だから。日本語しかわからないよ。英語で言っても返事しないからね。」とそのたびにしつこく、ねちこく…(笑)

週末の日本語の補習校。思い切って3歳の幼稚部から行かせようかとも考えたのですが、それはとりあえず止めました。というのも、実際に通わせている方に話を聞いてみたら、定員15人のうち、13人がうちと同じ国際結婚組み。ほとんどの子が英語が第一言語になっていて、クラスでは英語が飛び交い、先生が、「ここでは日本語だけです〜!!」と怒鳴っている状態だとか。それじゃ意味がないですよね。国際結婚の場合、母親が日本語で通していない、あるいは働いているのでデイケアや夫の両親に面倒を見てもらっている、という家庭が多いらしく、うちのようなパターンは珍しいのだそう。一気に熱が冷めてしまいました(苦笑)

人間、誰しも得意、不得意分野があるように、言語にも、長けている子、苦手な子がいます。娘の場合、同じ環境下で比べると、日本語、英語ともによく話せるし、平仮名、アルファベットも早くマスターしました。もしかしたら、言語に強いのかもしれません。だったら、母親のわたしだけの努力でも、大丈夫かもしれませんよね!? …と、ここは楽観的に考えて、見守ることにしました。日本の絵本を読んで、日本のTVを見せて、日本食を作って、日本のおもちゃで遊ばせて、日本の季節行事もして…総合的に、「ねちこく」攻めてみたいと思います!!(笑)

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。今日も読んだよ、とついでにポチっとお願いします♪
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(12) | トライリンガル教育
この記事へのコメント
そこまで日本語を維持できたら凄いと思います!

うちの次男は、意識して日本語で育ててきたこともあって、そして、プリスクールに入れるのも遅かったし、最初は週2日、午前中だけ、にしました。だからかどうかわかりませんが、今プリの2年目ですが、日本語と英語、話す相手によって完全に切り換わります。長男に比べて言葉の才能が断然あります・笑・やっぱり個人差なんですよね♪

幼稚部に今年から通わせる予定です。こちらは日本からの駐在員の家庭のお子さんが多いので、凄くいい刺激になっています。

でも、私もVママさんの調べられた学校がそういう状況であれば入れないと思いますね…。

近くに日本人のママ友いますか?

私は長男の補習校入学準備も兼ねて、ベイエリアで日本語親子教室のサークルを立ち上げて、10家族ぐらいで、季節の行事、歌、読み聞かせ…アクティビティ、そして、日本語の読み書きなどを毎週一緒にしてました(今ちょっと休憩中ですが・笑)。

そして、その教室では、決して英語は話さない、というルールを作って子供たちと頑張りました♪

気の合う日本人のお友達と何かサークルみたいなことができるといいですね♪

小さいうちに日本に頻繁に帰れたら、それが一番いいと思いますが…なかなかこれは…お金もかかるしね…汗。

長々とごめんなさい…でもVママの真剣な気持ち、凄く伝わります。

応援してますよ♪

ぽち!
Posted by まーすぃ at 2008年01月22日 06:13
友人の多くはやはりママが日本人、パパがアメリカ人という人がほとんどです。
その中で、子供たちはしっかりとママには日本語、パパには英語と教えなくても自然に分けて話しているようです。
私が何よりも後悔しているのは、日本語教育を徹底しなかったことです。
主人はアメリカ人ですが、日本語が流暢に話せるので、ホントは小さい頃からしっかりと日本語だけで話せばよかったのに、言葉の混乱を恐れてしまって英語をメインにしてしまいました。
たとえ多少の出遅れがあったとしても、学校に行ってしまえば自然に英語を話すようになりますよね。
だから、あえて日本語を家庭で実践することはすごく大切だと思います。
これはVママさん、しっかり実行されていて素晴らしいと思いますよ。
自信をもってこれからも頑張ってくださいね♪
子供って思っている以上に器用です^^

うちの娘はもうすぐ13歳ですが、今になって日本語、頑張って意欲的に勉強しています。 ^^

応援ポチ★
Posted by クリスタル at 2008年01月22日 08:17
はじめまして。
私はハワイで子育てをしています。
Vママさんはテニスをされるんですね。
私は子供の頃から主人と結婚するまでテニス
ばかりの生活だったんですよ。
世代的には伊達君子さんやグラフ同じです♪
近くでしたら一緒にテニスできるのに-と
思いました。
そしてうちの娘は1歳になったばかりなので
Vママさんのブログはとても勉強になります。私も日本語の勉強を娘にちゃんとしてもらいたいと思ってます。
長くなってごめんなさい。これからもよろしくお願いします。応援★

Posted by ちいこ at 2008年01月22日 11:42
初めまして!私のブログにコメントを残して下さってありがとうございました(^^)Vママさんのブログは充実していて、とっても可愛いですね〜!!これからも時々読ませて下さいね。

うちはプリスクールにいかせてないので、娘は3歳なのにもかかわらず、日本語しか話せません。「英語大丈夫かな、、」という心配も少しだけありますが、やはり日本語をキープする方が絶対難しいので、今は焦らず日本語だけでいいかな〜とのんびり育児をしています。これからプリスクールになったら大変だろうな、、頑張らないと!

Violetちゃん、すっご〜〜く可愛いですね!本当にお人形さんみたいです(^^)
Posted by ゆりかママ at 2008年01月22日 19:40
★まーすぃさん
いろいろありがとうございます!
次男君はプリ2年目でも、ちゃんと日本語はキープできてるんですね。長男君が英語強そうなのに、すごい。よく二人目の方が上と英語で話してしまうので難しいと聞きます。やっぱり個人差なんですねえ。
補習校、駐在のお子さんが多いなんて理想的。学年によって違うみたいなので、夏くらいになったら、1度うちの子が通う学年がどうなのか、また聞いてみようと思います。英語が強いのは1年上になるんです。(娘の学年はまだ始まっていないので)
日本語親子教室のサークルはいいアイデアですね! 立ち上げるなんてさすがまーすぃさん、行動派! うちも30分くらいのところには日本人が固まってるんですけど、なんとなくわたしたち浮いていて(苦笑) ついつい足が遠のいていたんですけど、溶け込めるよう努力しないとダメですよね。
これからもいろいろ教えてくださいね♪
応援、ありがとうございます^^
Posted by Vママ at 2008年01月23日 06:47
★クリスタルさん
クリスタルさんのまわりでは、お父さんがアメリカ人でもみんなキープできているんですね。なんか、たまたまわたしの周りが出来てない人が多いのかな?(笑)
わたしの場合は、逆にダメになってる例をよく見たので、ラッキーだったみたいです。そうじゃなかったら、多分、ここまで日本語は徹底できてなかったと思います。実はわたし自身の仲良しの女の子も、両親日本人でこちら生まれなのですが、日本語、全然できないんです。小さいころに言葉が遅くて、それを恐れた両親が英語に切り替えたからだそうです。彼女は今でも、それがすごく残念って言ってるんです。
でも、お嬢さんは、今、ヤル気になってるんですね。13歳だったらまだ十分若いし、ママという先生もいるし、本人がその気ならあっという間に上手くなると思いますよ! その年だと面倒になっちゃう子が多いと思いますけど、エライですね!! がんばれ♪
わたしも、ポジティブ志向でいきます。娘は、きっと語学の才能があるんだ〜!!(笑)
応援、ありがとうございます^^
Posted by Vママ at 2008年01月23日 06:58
★ちいこさん
ご訪問&コメント、ありがとうございます。
ハワイですか〜、いいですね〜。特に今週は、最高が零下という冷え込みなので、暖かいところに憧れます♪
テニス、なさるんですね! ほんと、お近くだったら是非お手合わせいただきたかったです。伊達公子にグラフ、わたしもよく見てましたよ!! あのころの女子テニスには品がありましたよね(苦笑) ヒンギスも大好きで、久々にTVの前で熱くなってたのに、また引退しちゃいましたね。素晴らしい選手なのに、あんな形の幕切れで、残念でなりません。悲しすぎてブログにも書けない^^;
ハワイは日本人も多いから、日本語教育には最適ですね!
またいらしてくださいね。わたしもあとでお伺いします^^ 応援ありがとうございます★
Posted by Vママ at 2008年01月23日 07:04
★ゆりかママさん
こんにちは! いらしてくれてありがとうございます^^
ゆりかちゃんもプリスクールまだなんですね。今年の9月からですか? わたしは4歳の9月から始めようかと思ってます。の〜んびりすぎ?^^; 3歳で日本語だけは理想的だと思います! 英語は、一旦入り始めたら、あっという間みたいですよ。うちの娘みたいに(苦笑)
Violet、お人形みたいだなんて、ありがとうございます♪ とってもうれしいです^^ ゆりかママさん、いい方(笑) また遊びに来てくださいね^^
Posted by Vママ at 2008年01月23日 07:10
とてもいい。
私も元気をもらえます。
見習わなくっちゃ!
ハーフの子は普通より成長も早く、物ごとも教え易く産まれます。いろんな面で可能性が高い。それにこの年代の頭はスポンジのようなものたくさん教えてあげるといいね。
環境にも恵まれてるから、つかえる事はたくさん利用するといい。
Posted by Ba-Chama at 2008年01月23日 23:04
★Ba-Chamaさん
こんにちは!
ハーフの子は覚えが早く、からだも丈夫ってわたしも聞いたことありますけど、本当なのでしょうか? だったらうれしいです^^ 娘の学習スピードを見ていると、自分まで若返った錯覚に陥り、一緒に喜んじゃってます(笑) これからもがんばりますね〜!
Posted by Vママ at 2008年01月24日 00:38
こんにちは。
先日はブログにコメントしていただいて
ありがとうございました。

バイリンガル教育のお話、興味深く読ませていただいています。
メキシコに住んでいた時にスペイン語と日本語のバイリンガル(父親メキシコ人母親日系人)の方で、すごい!と思う方がいたので二つの言語を同レベルに習得するって
どういうふうなのかなあと興味がありました。
親御さんの考え方も大きく影響するんですねえ。
Posted by くさこ at 2008年01月27日 00:29
こんにちは!
ご訪問&コメントありがとうございました^^
海外にいる場合は、親の考え方、やり方がすご〜く大きいと思います。大きくなってからでも本人がヤル気になれば大丈夫だと思いますが、ならなければアウトですよね(笑) メキシコにお住まいだったんですね。カンクンとシティと2回行きました。メキシコ人ってのんびりしていい人たちですよね。仕事でかかわると、のんびりしすぎで、大変ですけど^^;
これからもよろしくお願いしますね!
Posted by Vママ at 2008年01月27日 03:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。