2008年01月12日

ねぎと根菜たっぷり! トン汁でぽかぽか♪

bg080112-4.jpgbg080112-1b.jpg

日系スーパーで買ってきた豚コマと太ネギが残っていたので、昨日の夜はからだの芯からあったまりそうなトン汁にしてみました。日本ではしょっちゅう作ってましたが、なぜか存在をすっかり忘れていて、こっちにきてからは初めて! 

bg080112-2.jpgbg080112-3.jpg

<左> タイトルに根菜たっぷり…なんて書いちゃったけど、なかなか入手しにくいので、今回は日系スーパーで買った冷凍の和風野菜を使用。煮物用なのでしいたけなんてトン汁にはミスマッチなものも入ってるけど、れんこん、ごぼう、さといもはぴったり。大根、にんじん、ネギは生で足しました。 <右> 本当は板こんにゃくがおいしいけど、これも手抜きで乾燥いとこんにゃくを。これは母が送ってくれたもの。お湯で戻すだけ、トン汁や鍋にはそのままポンッ。あまりに便利でおいしいく、軽くて送料も安いので、母に再度リクエストしたほど。特にアメリカにお住まいのみなさま、これ、本当にオススメですよ! わたしは鍋は基本的にしないけど、肉じゃが、肉豆腐はよく作るので重宝しています。

Jは最初からあきらめてたけど、娘は、しいたけとネギ以外はまあまあ食べてくれました。しいたけは「ちょっとだけ食べてごらん。」と小さなかけらを口に入れ、「どう?」と聞いたら、「どうじゃないよ。まずい〜!!」とすぐ吐き出し、その後も独特の味が残ったらしく、水をがぶ飲み(苦笑) 今日のお昼はこのトン汁に卵を割り入れ、半熟程度でごはんにかけてみました。卵大好きの娘は大喜び。昨日の晩より、ずっとよく食べました。子供にはこの方法がいいかも?

とてもおいしくできたけど、反省点がひとつ。お肉を早く入れすぎてしまい(長く煮過ぎてしまい)、だしはよく出たけど、肉自体はかすかすになったこと。ただ、今日のお昼に食べたときには、かなり柔らかくなってました。一晩置くと、汁を吸い戻して肉は柔らかくなるものなのでしょうか? 実はビーフシチューでも同じことが起こりました。当日はかすかす、翌日はしっとり。昔よく料理していたころは、肉がかすかすになる失敗自体があり得なかったので、ちょっと戸惑っています。詳しい方、教えてくださ〜い。

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。応援クリックいただけるとうれしいです♪
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(8) | クッキング

2007年12月19日

中国系スーパーの冷凍食品

日系スーパーは遠いので滅多に行きません。ここ数年は半年に一回くらい。なので、どうしても普段は、中国系スーパーに頼っています。行き始めた当初は物珍しくて冒険してたのですが、これが臭いがきつかったりして大外れ。面倒くさくなって最近はもっぱら定番食品のみの購入でした。お米、うどん、焼きそば、冷凍シューマイ、ギョーザ、豆腐、みそ、しょうゆ、もやし、白菜、大根、カレールーなどなど。かなり大きいお店なので、日本食もまあまあ揃っていて、基本的なものはそれなりに調達できたりします。もちろん、日系スーパーに比べたら、足元にも及びませんが。

最近は、少し(ほんの少しね)、食と言うか料理の幅も広げようかと思っているので、久々に新しいものに挑戦してみました。

bg071219-3.jpgbg071219-4.jpg

まずは「COMBO-A」というブランド?の「野菜あげ&風味かにボール」。以前、似たような海鮮団子を買ったら、臭くて食べれなくて捨てちゃったので不安でしたが、これは結構いけました! 大根としらたき、卵を加えておでんに。何より娘が大喜びで、山ほど食べてくれました。なんだかんだで、これが一番うれしい^^ 同じブランドでゴボウテンもあったので、今度はそっちも買ってみます。

ちなみにJは、元々おでんがダメなので、全く口つけず。実はおでんは、一般的にアメリカ人には不評。日本食大好きでも、おでんだけはちょっと…と言う人、多いんです。不思議ですよね? わたしたちには「おいしそうなにおい」なのですが、アメリカ人には「クセのある強いにおい」と思う人が多い。特に大根を煮た時の、ちょっとすっぱいような臭いがNGみたいですよ〜。まあ、わたしが中国食品を臭いと思うのと、同じ理屈なんでしょうね。

bg071219-1b.jpgbg071219-2.jpg

次は「味全」の所謂「ワンタンスープ」。3種類ほどあった具の中で、「ブタ、中国セロリ、えび」の組み合わせを選びました。これもまあまあ。スープが液体じゃなくて粉末なのにはがっかりしたけど、干しえびが入っていて、あっさりの中にもそれなりに風味あり。わたしはワンタンそのものが皮が薄くてかなりおいしいと思ったのに、娘はスープしか飲みませんでした。ワンタンの中の中国セロリの香りが嫌だったのかな? 日本では薄い皮が当たり前のワンタンですが、アメリカでは、厚いのがほとんど。中身より皮の方が多いくらいで、薄皮のワンタンはそれだけで貴重なのです。スープに浮いているネギは、わたしが切って入れたもの。袋には入っていません。

ご紹介したブランドはローカルなもので、アメリカの他の地域には売ってないのかな? 少しでも他の方々の参考になるとうれしいのですが。うちはまだ行こうと思えば行ける距離に日系スーパーがあるけれど、全部中国系スーパーに頼るしかない方も沢山いるはず。海外生活ではとても重要な日本食。疲れたとき、病気のとき、日本食以外のどを通らなくなりませんか? 年と共にこの傾向は強くなっているけど、娘なんて、すでに一日一回は「しろごはんたべる!!」って言います。日本人やねえ^^;

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。海外育児カテゴリーでは、思わぬ9位ランクイン。いつまで続くか?わからないけど、応援してくださったみなさまのおかげです。ありがとうございます!!
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(4) | クッキング

2007年12月17日

娘も大好き簡単ランチ! カニカマ炒飯

bg071217-1.jpg

お昼ごはん、いつも悩みます。夕飯は、お肉や魚をメインに野菜の付け合せを作ればいいから問題ないのですが、逆に軽くささっと、という昼の方がわたしには難しい。みなさんはそんなことないですか? それでも自分一人ならまだ楽なんだけど、娘は、焼きそば、ミートソース、トマトソース、炒飯が食べれないんです。まだスパイシーなものもダメだし、結構限られちゃう。

そんな中、他の方のブログで拝見したカニカマ、レタス、卵で作る「カニカマ炒飯」。(レシピはこちらからお借りしました。)ちょうど日系のスーパーでカニカマを買って来たのでダメ元で作ってみました。卵、ごはん、カニカマの順に加えていため、塩コショウとしょうゆで味付けし、レタスを入れてひと混ぜするだけ。めちゃくちゃ簡単なのですが、これがたしかにおいしい! 正直、味だけを追求すると、ベーコン、ネギ、しょうが、にんにく、ごま油、オイスターソースなどを入れる、普段作ってる炒飯の方が上だと思うのですが、手間を考えたら、こっちの方に軍配あり。

しかも、なんとわたしのその大人気の炒飯をなぜか食べなかった娘が、このカニタマ炒飯はぱくぱく…おかわりまでして平らげたんです!! これはもう、快挙!!(笑) 大げさだけど、お昼のレパートリーがひとつ増えたっていうのは、わたしにとってはスゴイことです。難はカニカマが入手しにくいこと。なかなか日系スーパーまで行きませんからね。中国系スーパーでは見たことがないんだけど、今度もう一度探してみようかな。以前実はカニ缶で作ってみたのですが、そのときは敢えなく失敗。これは不思議なことに、カニカマの方がおいしい炒飯なのです。

bg071217-3.jpgbg071217-2.jpg

ついでに、娘の大好きなお昼メニューベスト3をご紹介しちゃいます。まずは左のワカメ卵うどん。市販のうどんに乾燥ワカメと卵を入れただけ。これはたまたま母が送ってくれた「限定品:三陸カットわかめ十府ヶ浦」を使っているので特においしいです。普通のカットわかめとは厚さ、味わいが全然違う! お母さん、ありがとう♪ 逆にこれには入ってませんが、いつもはほうれん草を入れます。ほうれん草と卵のうどんは離乳食のころからの大好物。右のは卵とツナのサンドイッチ。卵とツナをマヨネーズであえただけだけど、パンは「Pepperridge Farm」の「12 Grain」。ホットサンドでもなんでも、普通の食パンよりずっとおいしくできます。

bg071217-5.jpgbg071217-6.jpg

これはパスタのクリームソースあえ。「CLASSICO」の瓶詰めアルフレッドソースを使ってます。このソースとハム、にんじん、ブロッコリーなどをフライパンで暖め、そこにゆでたパスタを加えて軽く煮るだけ。残り野菜が使えるし、それなりに栄養あるし、娘はぺロッと食べるし。このソースは、こまめに買い足して、絶対切らさないようにしています。この写真で使っているのは、子供が大好きなアルファベットパスタ。何でも構わないけど、娘が食べやすいよう(こぼして汚さないよう^^;)、長いパスタじゃなくて小さいものにしています。

ちなみに今日のお昼も娘はこれで、わたしは明太子パスタ。明太子パスタも、酒とオリーブオイル、レモン汁少々で延ばした明太子にゆでたパスタを加えて混ぜるだけ。一皿で出来ちゃう楽々メニューです。パスタが茹で上がったときにザルを3−4回ふって粗熱をとり、明太子やたらこが半生になるように(完全に火が通らないように)すれば、とってもおいしくなりますよ! そうそう、日系スーパーで、「ままかり」を買ってきて娘に食べさせてみたら大好きでした。結構クセのある味なのにね。娘の好き嫌いは…読みきれません^^;

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加してちょうど7日目。今、子育てカテゴリーでは初日の905位から130位までUPしました。ウレシイ! 応援してくださったみなさまのお陰です。どうもありがとうございます♪ これからもがんばって更新しますので、よろしくお願いします^^
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(6) | クッキング

2007年12月08日

簡単! 骨付きチキンカレー

bg071208-1b.jpg

わざわざブログに載せるようなシロモノでもないんですけど(笑)…娘に「カレーごはん、カレーごはん」、とせがまれて急遽、グリル用の冷凍チキン(皮付きもも)で作ったら、いつもよりおいしくできたのでUPしちゃいます。

この前少し手をかけよう、とか何とか書いたのですが、やはり娘がいるとなかなか時間がかかるものは作れません。もうキッチンに立つや否や、あっという間に踏み台を押してきて横に並んじゃいますからね。最近の娘は、踏み台と一体化して台所中を移動してます(笑)
もっと読もーかな♪
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | クッキング

2007年12月06日

塊ハムとハイネケン・ドラフトケグ

さて、雪は一旦溶けたものの降ったり止んだりの寒い日が続き、今日はまたうっすら雪景色でした。そういう日はおうちでぬくぬくビール!? ってことで、今日のディナーは「ハム&ハイネケンドラフトケグ」。そうそう、Jがあまりに好き嫌いが多く、食べれないものだらけで料理熱がすっかり冷めてしまっていたのですが、最近娘も味がわかるようになってきたし、また少し力を入れようと思います。「クッキング」カテゴリーを作ってみました。たいしたご飯はご紹介できないと思いますが、励みにもなりそうだし、たまにUPしてみま〜す。

bg071206-1.jpg

うっかり焼く前に写真を撮り忘れてしまったので、焼いたあと、しかも切り分けちゃったあとです。7パウンド=3キロの塊ハム。Thanksgiving前になると、いつも使っているスーパー「Path Mark」で、ターキーかハムをただでもらえちゃいます。ターキーは毎年マイケル宅なので、うちはいつもこのハム。焼くと言ってもすでに調理済みで、アルミ皿に1センチほど水を張り、そこに乗せて325Fに熱したオーブンで1時間半ほど暖めるだけ。大きな骨付きのハムは、最後に大鍋でスープのだしになります。

bg071206-2b.jpg

お皿に盛り付けるまで待ちきれない誰かさん。切り分けるやいなや、カウンターに踏み台を持って行き、かぶりついてます。

bg071206-7.jpg

シンプルすぎるほどシンプルなディナー。ハム、マッシュドポテト、にんじんのグラッセ、アスパラのガーリックソテー、プチトマト。彩りだけはきれいでしょ?(笑) マッシュはつぶすのに力がいるので、うちではJの仕事。わたしがやるときは粉ふきいもです。単純なんだけど、おいしかった! アメリカで、心からおいしいな〜と思う料理って、なぜかこういう素材の味を生かした簡単なものが多いです。腕が足りないだけ?^^; でも、娘もこういう方が残さずきれいに食べてくれます。

bg071206-3.jpg

さて、これが主役の「ハイネケンドラフトケグ=Heineken Draught Keg」。たしか今年出たばかりの新しい樽ビールです。写真のように上についているタブを開け閉めして、簡単に注ぐことができます。まるでうちにいながらにして、バーの感覚。味もフレッシュでおいしい!! 残った分はタブを閉めてまた冷蔵庫へ入れておけば、いつでも新鮮な生が楽しめます。(ただ大きいので冷蔵庫のスペースはとっちゃうけど。) ビール好きの方はぜひ試してみてね♪と言いたいところですが、残念ながら日本では発売されてないようですね。HPに行ってみたけどなかったです。アメリカ在住の方、限定になっちゃうのかな? 緑のサイボーグばりの女性が、グラスを持ってダンスフロアを蹴るテレビCMも、おしゃれで商品の特徴をよく表している、と評判でした。ここから見れます。雰囲気だけでも味わってみてくださ〜い!

-----------------------------------------------------------

ところで…娘は今寝たところ。今日は、自ら自分のベッドに行くと言い、「パイパイ?」とねだったのも1度だけでした。すごい進歩です。このまま一気にお姉ちゃんになっちゃうのかしら?^^;
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(8) | クッキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。