2009年02月05日

結果発表…優勝ならず! 

bg090205.JPG

残念ですが、Violetの優勝はなりませんでした。一日だけですが、明日の告知に先がけてこちらで発表しますね。

BabyGirl部門の優勝は、ジェイシー(黒人と白人のハーフ)でした。

他は、BabyBoy:Caleb、KidsGirl:Jovana、KidsBoy:Kellenです。

結果的に、FAB4と名づけてチームアップした子達からは、CalebとKellenの2人が優勝。Sidneyと娘は×という風に結果は別れてしまいましたが、2人だけでも優勝できてうれしいです。誰もできなかったら、ちょっとむなしくありませんか?(笑) ストアに貼り出される写真を見るのも、少しは楽しみです。

さて、ジェイシーですが、わたしは娘がダメであれば彼女に勝ってほしかったので、それなりにほっとしました。オードリーだったら、PRのせいじゃないか、とヤキモキしてしまったと思うけれど、ジェイシーは実力だと納得できます。前にも書いたように、写真とビデオはそれほどの仕上がりではなかったのですが、実物は、本当にゴージャス。はっとするような存在感のある子なんです。

ちなみに、人種的には、去年は3人白人で1人だけが黒人x白人のハーフでしたが、今年は、なんと3人が黒人系で白人は1人だけでした。「オバマ効果」でしょうか!?(笑)

応援してくださったみなさま、投票してくださったみなさまには、申し訳ない結果となってしまいましたが、改めて御礼を言わせてくださいね。一緒に興奮してくれて、励ましてくれて、本当にありがとうございました! と〜ってもうれしかったです。いい経験、思い出になりました^^

そしてVioletはと言えば、「GAPのコンテストに出たの。SFで写真撮ったの。」と周りにうれしそうに言いながらも、結果うんぬんについては全然わかってなくて聞こうともしないので、助かってます。娘がもっと大きかったら、精神面のケアも必要だったしもっと大変でしたよね。

これで、わたしたちのGAPジャーニーは幕を閉じました。ちゃんちゃん。でも、来年トライしようと思っている方たちの役に少しでも立つかもしれないので、応募写真のことを少し書きたいと思います。

TOPの写真が、最終選考をパスしたものです。が、応募要項に5枚まで可、と書いてあったので、5枚送りました。全身(微笑んでいる顔)、全身(伏目がちのまじめな顔)、アップ(ふざけている顔)、アップ(笑っている顔)、そしてこのまじめな顔のアップです。いろんな表情のものを送ったのは、子供らしいパーソナリティを伝えるため、全身を送ったのは、それなりにスリムでバランスがとれていることを伝えるためです。

写真は、3ヶ月以内のものだったので、全て夏に撮ったもの。たまたま2回もフロリダ旅行に行ったため、写真は山ほどあり、ほとんど全てそこからピックアップ。この年頃は、いざ撮るよ、と意気込むと自然な表情が出ないことが多いです。だから、わたしはそのための写真撮影をせずに済んだことが、とてもラッキーでした。

ちなみに、TOPのものは、フロリダから帰った翌日。ブログにも載せた、200個以上のミニトマトの鉢を撮影中に、乱入してきた娘を撮ったもの。下をずばっとカットして顔と足だけにしたのですが、実は、娘は鉢を抱えているのです! そんなわけで、トマトにも感謝です^^

店舗でカメラマンが撮ってくれるイベントがあることは、ファイナリストに選ばれてから知ったので、当然行きませんでしたが、ファイナリスト20名のうち、店舗での写真で応募したのは、1人のみ(ジェイシー)でした。今年の投票にはSFでのプロ写真が使われたわけだし、フィナリストに残るためには、イベントに行くより、むしろ応募の3ヶ月前から、ナチュラルな状況で、できるだけ多くの写真を撮りまくるのが一番いいような気がします。

そうそう、コスチュームがGAPのものかどうか、気になさる方が多いようですが、関係ないと思います。娘の場合、5枚のうちGAPの服は2枚のみ。しかも、両方とも一昨年のものでした!(笑) あくまでGAPはカジュアルイメージなので、フリフリドレスやフォーマルなものはやめた方が良さそうですが、シンプルな服であれば何でもいいようです。

それから、これも、ファイナリストに選ばれてからよくよく応募要綱を読んで気づいたのですが、選考のポイントは、以下の3点でした。

1.全体的な外見
2.写真から伝わる性格
3.写真そのもののクオリティ

わたしの写真は、4年ほど前に買った4メガのコンパクトデジカメで撮ったものですが、選んだ写真は、全てピントが合っていました。娘自身がかわいくても、ぼけたものや、レゾルーションの悪い(画質の悪い)ものは避けました。結果的にそれもよかったのだと思います。

さて、こんなところかな? 何か他に疑問に思うことがあれば、聞いてくださいね。わかることであればお答えします。

早いもので、Violetは、来月、4歳になります。あと6週間。それまでは、初心に戻って(?)、育児ネタを中心に書いて行きたいと思います。3歳最後のときを記録に残さなくては! 

最後にもう一度。応援しくてくださって、宣伝してくださって、楽しみにしてくださって…本当にありがとうございました♪

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(21) | GAP Casting Call

2009年02月04日

サンフランシスコ:くねくねロンバードストリード

またまた間が空いてしまいました。先週末から娘の鼻水が復活し、やっと今日の午後、少し止まって来たところです。たんのからんだ咳は相変わらずで、もう春になるまで完治はしないような気がしてきました。そして、昨日の夜からまた雪。結構積もりました。雪かきと運転は面倒だけど、窓から見る木立は幻想的でとってもきれい。Violetも「木に雪の飾りがいっぱいついてクリスマスみたい!」と喜んでました^^

さて、サンフランシスコトリップの最終章です。ケーブルカーとアルカトラス以外のものを集めてみました。写真中心にささっとご紹介しますね。

bg090204-6b.jpg

Lombard Streetという住宅街の一画。絵葉書や絵本などにもよく登場します。8つの急カーブがあるくねくね道で構成された急斜面。お花がびっしり植えられているので、もう少し早い時期の方がもっときれいです。行った時は少し枯れかけてました。車でスリリングに降りて来られるところがまたひとつの特徴。くねくね加減がよくわかるのもあって、プロの写真も、こんな風に車の入ったものが多いです。

bg090204-7.jpg

道を渡ったところで記念撮影。

bg090204-8c.jpg

上から見るとこんな絶景。向こうの方の海まで見渡せます。

bg090204-9.jpg

坂の途中にあるお花のきれいなおうち。こういう場所に住むのってどんな感じなんだろう? 有名でいい気分? でも毎日わんさか見物人が訪れてうるさいだろうなあ。車をガレージから出し入れするだけでも大変そうだし。お値段は高いのかしら? などなど、いろいろ考えてしまいました(笑)

bg090126-1.jpg

フィッシャーマンズワーフ。港を観光地っぽくアレンジしたところ。NYで言うと、サウスストリートシーポートですね。アルカトラスの船に乗るために行きました。娘は木の葉を並べて遊んでます。港らしさも何もない写真なのですが、後ろのアイスクリームの看板がかわいくて、なんとなく絵になっているので載せてみました。

bg090204-1b.jpgbg090204-3.jpg

<左>ジャパンタウンにあった五重の塔。夜、しゃぶしゃぶを食べに行った時のもの。昼間も見たのですが、ライトアップされてる方がきれいでした。 <右>ストリート名も日本語で。別にどうってことないのですが、NYにはジャパンタウンがないので、物珍しくて。SFはさすが西海岸だけあって、日本のレストランもいたるところにあったし、日本人も多かったです。ホテルの前にも小さなラーメン屋さんがあって、着いた日の昼食はそこで食べました。かつおだしが効いてておいしかった!(Jは、なんか臭いって言ってましたが^^;)

bg090204-4.jpg

ケーブルの発着所にあったGAPストア。古い建物がおしゃれです。

bg090204-5.jpg

せっかくなので前でパチリ。何といっても、今回はGAPトリップだったので。

さ〜て、お粗末ながら、これでサンフランシスコ旅行は終わりです。1週間弱のものを、2ヶ月もかけてUPしたことになりますね(笑) 気長におつきあいいただき、ありがとうございました。あとは応募写真のことだけですね。発表までぎりぎりのタイミングとなりましたが、明日、UP予定です!

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(4) | GAP Casting Call

2009年01月29日

サンフランシスコ:アルカトラス島

オフの日は何をしよう?といろいろ考えた末、アルカトラス島へ行くことに。クリントイーストウッドの名作「Escape from Alcatraz」でも有名な、脱出不能な牢獄があったところです。かのアルカポネも入ってましたが、牢獄として機能していたのは1934年から1963年までで、今では観光名所となっています。詳しいことは、オフィシャルHPをどうぞ。

最初は、娘もまだ小さくてわからないし、と思ったのですが、SFって、特に他に子供が喜びそうなものもないんですよね。わたし自身、過去2回行っているし、Jも何度も行っているし…2人が未踏の地で歴史好きなJがすごく行きたいところ、ということで決定。考えてみたら、Violetは若干3歳ながら、ワシントンやジェファーソンの邸宅、リバティベルなど、USAの歴史的名所は結構制覇してます^^

せっかく一眼レフを買ったばかりだったので、ボートの上からいろいろ風景を撮るのもいいかなあ、とも思ったのですが、当日は天気が急変。天気予報では、ブラウス一枚でも汗ばむほどの陽気だった前日と同じはずだったのに、フェリー乗り場についたころから冷たい風がびゅんびゅん。セーターを着ていたのですが、震える寒さで、よっぽどホテルにコートを取りに帰ろうかと思ったほど。真夏以外は、どうもコートが必要みたいですね。しかも霧が出てきて、すぐそこにあるはずの島さえ全然見えず… なので、島に着いてからの暗い写真しかありません。悪しからず。

bg090126-93.jpg

フェリー乗り場では冷たい海風で寒かったものの、ご覧の通り、澄み切った青空。最初はそれでも写真を撮ろうとデッキに陣取ったのですが、あっという間に中に入りました。

bg090126-94b.jpg

アルカトラス・クルーズ、と書かれたフェリー。

bg090126-3b.jpg

着いてすぐ。牢獄の建物。15分ほどの距離なのに、島の周りは霧に包まれて何も見えず。空も一気に灰色に変り、まるで違う季節にタイムトリップしたかのよう。下のほうに他の観光客がちょっと見えてますが、ほとんどの方たちが薄着で震えていました。ダウンコートに帽子、マフラーと完全防備の方たちもいましたけどね。う〜ん、賢い!

bg090126-4.jpg

ボードの前でポーズ。しけた顔してますね〜(苦笑) まあ、寒いから仕方ないか。

bg090126-6.jpgbg090126-7.jpg

中に入ると、こんな感じで、両側にずらりと独房が並んだ通路が3本ほどありました。3階建て。通路には、Broadwayとか、ストリート名がついてました。赤いペンキが少しだけ明るさをプラス?

bg090126-8.jpgbg090126-5.jpg 

<左>2-3畳の小さな部屋。狭いベッドとトイレ、洗面所のみ。極悪非道なことをしたんだからしょうがないのかもしれないけれど、こんなところで生活するなんて気が狂ってしまいそうです。 <右>外にあった見張り塔。外についている螺旋階段が怖すぎ。ここに登れと言われたら、それだけで高所恐怖症のわたしには拷問です(苦笑)

bg090126-9.jpg

全ての窓にはこんな頑丈な鉄格子が。脱獄しようという気すら失せますね。

bg090126-95.jpg

最後はお目目直しに、海鳥ちゃんの写真を。フェリー乗り場の前の岩に、一羽だけず〜っととまってました。バックの海、まるで真冬。

bg090204-10.jpg

つけたしです。これは霧の出てなかった最終日に撮ったもの。夕方なので薄暗い。陸からそれほど離れているわけじゃないけれど、泳ぐにはつらい距離ですよね〜。まわりも岩ごつごつの切り立った崖で、近づきがたい雰囲気をかもし出してます。

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(5) | GAP Casting Call

2009年01月25日

サンフランシスコ:ケーブルカー

もう、ほんっとに更新できてなくて申し訳ありません。風邪は、わたしの方はほぼ完治。娘は、いまだにタンのからんだ咳と鼻づまりがとれません。でも、そのほかは元気一杯なので、無理しない程度に出かけています。

ただ、娘が夜中に咳き込むのもあって、わたし自身がなかなか眠れず、睡眠薬を飲んでいたので、娘と同時に寝て起きる生活。ぜ〜んぜん自分の時間がなくて… で、年末から始めたリコーダーとピアノ。今までPCに当ててた時間が、そのまま移行した感じです。

娘は、まだまだ1人遊びが出来ません。塗り絵やら工作やら、なんでもちゃんちゃんと自分で始めるけど、横で見ててあげないとダメなんですよね。以前は、「見てる?」と聞かれ、「見てる、見てる」と言いながらPCしてても大丈夫だったのですが、最近は知恵がついてきたので、ちょっと目を逸らすと、「見てないじゃない。ずっと見てて! ちゃんと見てて!」と叱られます(苦笑)

さて、話は変わり、応援いただいた「GAP Casting Call」ですが、結局、発表の2月6日まで、結果はわからないということになりました。なんだか間が空きすぎてしらけてきましたが、その前に、なんとかサンフランシスコでの自由時間の様子と、応募写真のことをUPしてしまいたいと思います。

サンフランシスコ入りした1日目と2日目はとてもよいお天気だったのですが、フリーデーの3日目から急に寒く霧が出てしまい、あまりいい写真は撮れませんでした。娘もめちゃくちゃ非協力的だったし^^; でも、わたし自身の記念にもなるので、いくつか載せますね。

さて、サンフランシスコと言えば、ケーブルカー。ゴールデンゲートブリッジとか、他にも有名なものはありますが、わたしにとっては、SF=街中にある急な坂+そしてそこを上り下りするケーブルカーなんです。

bg090125-1.jpg

ホテルから2ブロックほどで、ケーブルカーの発着所だったので、いつもそこから乗りました。3台、連ねて向かってきてます。

bg090125-2.jpg

発着所に来ると、ターンテーブルの上に乗り、ゆっくりとUターン。カメラマニアみたいな方たちが写真を撮ってました。

bg090125-3.jpg

ケーブルカーから見た風景。娘がいたため外には乗れなかったので、中から身を乗り出しての撮影。ずっと先まで続く上り坂を見ると、わくわくします(笑)

bg090125-4.jpg

海の向こうにぼんやり見えているのは、脱出不可能な牢獄で知られるアルカトラス島。

bg090125-5.jpg

娘は、街を走るケーブルカーを見るたび、「あのチンチン電車乗りたい! 今すぐ乗りたい!」とわめいていたので、大喜び。

bg090125-8.jpg

無料のケーブルカーミュージアム。古い車の座席部分。

bg090125-9.jpg

ケーブルカーが走る仕組み。こーんな大きな歯車が、地下には埋められているのです!

bg090125-10.jpg

赤い車体がおしゃれな旧モデルの前でにこっ。

次回は、アルカトラス島へと続きます。

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(6) | GAP Casting Call

2008年12月22日

投票終了です★ありがとうございました!!


終わりました。はあ〜〜〜〜〜。

正直、ほっとしています。昨日も、少し残ったビジネスカードを配ったり、インターネットで最後のお願いをしたり、ぎりぎりまで粘ってました。夜の10時過ぎに自分の最後の票を投じ終え、大きなため息と共に、「It's over!!!!!」 燃え尽きました(笑) その後、チームアップしたママたちとお互いの努力をねぎらいあい、いよいよ明日結果発表だね、何があっても友達でいようね、と再確認してベッドへ。

今日は、久しぶりに朝寝坊。娘はダディに任せて、昼ごろまでベッドでごろごろ。しばらく脱力感で、何をする気もしませんでした。午後からは、3人でようやくクリスマスショッピングへ。とにかく、昨日までGAP一色の日々。他のことは全て後回しだったんです。

パーティなど行かなくちゃいけないものには参加していましたが、どこにいても、何をやってても、常に頭の中はGAPのこと。どうやってカードを配ろう、とか、どうしたらもっと宣伝できるだろう、とかそんなことばかり考えていて、身体はそこにいても全然楽しめてませんでした。まさにOBSESSION(苦笑)

ファイナリストの通知を受けてから7週間。長かった。でも終わってみたらあっという間だった気もする。変な感じです。SF旅行までは最高に興奮してて楽しくて。でも票集めが始まってからは苦しかった。一般投票だということは最初から知っていたけれど、自分自身がこんなPRマシーンにならなくちゃいけないなんて… 予想外でした。それは他のママたちも同じ思い。

でも、他のママたちがいたからここまで頑張れました。1人じゃ出来なかった。4人はそういう意味でも強い味方でした。誰かがくじけそうになると、他のみんなが励ました。誰かが体調を崩したら、休んで、その分わたしたちがカバーするから、と慰めた。シドニーのママ以外は、それほど仲よかったわけではなかったのだけど、この凝縮された2週間を共に戦った仲間として、今や、ものすごく親近感を覚えます。それほど、これは特別な時間だったということですよね。

終わった今、ストレスや疲労も含めて、やはり、本当に貴重な体験だったと思います。ビジネスカードを作って配ったり、新聞社に自ら売り込んだり… 今回のことがなければ、一生しなかったかもしれません。

そうそう、新聞と言えば、4日ほど前、と遅すぎるタイミングではあったのですが、何誌か載せてくれたのです。ひとつは、このあたりの10市ほどをカバーするローカル誌。写真と共に紙面半分ほどを使い、「Local 3-year-old girl seeks your vote for BabyGap contest」というタイトルで。もうひとつは、Tri-Stateエリアを網羅する日系日刊誌「Daily Sun New York」。イベント告知のページに「GAPモデルサーチ:ファイナリスト5人にママが日本人のエレンちゃん」というタイトルで紹介してくれました。

さて、気になる結果なのですが…なんと1月までわからないんです!!!!!(涙)

金曜日に、GAPから案内メールが来たものの、一般発表のことにしか触れてなかったので、わたしたちだけには、今日知らされるんだと思ってたんです。だって、オフィシャルルールにそう書いてあるんだもの。他のママたちからも、何度も携帯に、「まだ何も言って来ない?」とメッセージが入ってました。で、ショッピングから帰ってきてメールを開けてみたら、わたしの念押し質問に対し、やっとGAPからの回答。「個人的にも1月まで知らされません。」… え〜〜〜〜〜、そんなあ!!! どういう結果にせよ、気持ちを切り替えて、クリスマス&新年を迎えようと思っていたのに。こ〜んな宙ぶらりんの気持ちのまま、どうせえっちゅうねん!!!

と言うことで、みなさまにも期待させてしまって、本当に申し訳ないのですが、結果は来年です。あれこれ考えるには脳が疲れすぎてしまって麻痺状態なのですが、忘れかけた頃に、知らされるって感じでしょうか。

さて、最後に、改めてお礼を言わせてください。発表直後から、一緒に喜んでくれて、応援してくれた方たち。毎日、投票してくださった方たち。お友達にいっぱい宣伝してくれた方たち。ご自分のブログでわざわざ紹介してくださった方たち。全然知らない同士だったのに、どこかで見かけて、共感して助けてくださった方たち。感謝の気持ちでいっぱいです。これをきっかけに、ネット上でのお友達も増えました。これからも、末永く、どうぞよろしくお願いします。

今振り返ってみると、細かいところでは、ああもできた、こうもできた、とは思います。でも、その時考えられる範囲内で、できるだけのことはしました。結果がどう出ても、わたしは満足です。応援してくださった方たちのためにも優勝したい。もちろん自分のためにも、そして娘のためにも。でも、できなくても、沢山の方たちが、娘を誉めてくれた、時間を使って投票してくれた、コメントを残してくれた。それだけで、かけがえのない思い出となりました。これは偽りのない気持ちです。

Many many thanks to you♪ By エリー、J & Ellen

(娘は、明日からまたVioletに戻りますね〜笑)

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。TOP10圏内維持へのご協力、ありがとうございました♪ これからも、ポチットよろしくお願いします^^
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(17) | GAP Casting Call

2008年12月12日

サンフランシスコ:ベストフレンドのシドニー

こんなはずじゃなかったのですが、なんだか滅茶苦茶忙しくて、なかなか更新できません。そしてわたし自身の気持ちも意外な方向へ。何の期待もしてなかったはずなのに、優勝目指して目の色変えてがんばるなんて! まるでステージママです(苦笑)

正直、ものすご〜く興奮してて楽しかったのは、サンフランシスコまでだったかも。その後は票集めがかなりのストレスになってます。ビジネスカードも、見知らぬ人に渡すわけだから、楽じゃない。何度も何度も同じことを説明。それでも反応があればうれしいけど、無関心だったり、むっとされるとがっくり。

ライバルの新聞登場にヤキモキしたり、さっぱり上手くいかないメディアとのやりとりにいらいらしたり。結局、娘はどこの新聞にも掲載してもらえず、メディアの応援はゼロ(泣) TVのニュースには朝と夜、出てたらしいのですが、事前に知らなかったので見逃しちゃいました。残念〜。

昨日、3人のママたちとコンフェランスコール(同時通話)で1時間あまり話し、ストレス発散(笑) もう、みんな、同じように煮詰まってるんですよね^^; でも、そのおかげか、今日はだいぶすっきり。別に優勝してもしなくても、それで娘の将来が決まるわけじゃなし、優勝しなくても、何かいいことがあるかもしれない。とにかく、せっかくもらったチャンスなんだから、ポジティブに考えて、もっと楽しもう♪ と気分を切り替えました。

さて、前置きが長くなってしまったのですが、今日は、サンフランシスコでのベストフレンド、シドニーのことを。シドニーは5歳になったばかり、と「Kids Girl」部門の最年少。娘は、「Baby Girl」部門の最年長。会った瞬間からマグネットのようにくっついてました。

Kidsの子達はBabyたちより一日遅れでSF入り。だから、着いた日のワインレセプションは、Babyだけ。これが、強制ではなかったのですが、ほとんど来なかったのです。ジェイシーと男の子2人だけ。ジェイシーはおばあちゃんの膝から離れないし、男の子たちはまだ歩くか歩かないかの赤ちゃん。わたしたちは、最終的にはライバルになるけれど、滞在中はみんなと交流を深めて楽しくやりたい、とはりきっていたので、これにはがっかりでした。

なので、2日目のKidsのレセプションで、とってもフレンドリーなママたちや子供たちと会えて、すごくうれしかったです。親同士も沢山話せたし、娘もみんなに混じって本当に楽しそうでした。他の子供たちと撮った写真もいくつかあったのですが、4人でチームアップしているため載せられず、シドニーのみの写真になりますが、以下、ご紹介します。

bg081211-1.JPG

これは、2日目、知り合った日の夜。一緒にディナーを食べに行きました。娘は、SFで始めた、妙なキッス顔が炸裂してます。写真にはないけど、この夜はKELLEN(Kids Boy)も参加してました。

bg081211-2.JPG

3日目の夜。2人でお澄まし? さすがにすでにモデルのシドニー。おしゃれな着こなしが決まってます。

bg081211-3.JPG

にゃーにゃー、猫のマネ。

bg081211-5.JPGbg081211-4.JPG

じゃれまくる2人。

bg081211-6.JPG

これはパーティで。ママと。ママも素敵でしょ? シドニーはとにかく優しい子。この年齢にありがちな、からかいや意地悪が「全く」ない。娘のことを妹みたいにかわいがって、面倒みてくれました。生まれ持った性格もあるとは思うけど、こういう風に育てられるママはえらい、見習いたい、って素直に思いました。 

bg081211-7.JPG

そして、最後の日。わたしたちがホテルを出発した朝。シドニーは撮影から帰ってきたところ。ギリギリで会えました。シドニーは泣きそうになりながらもこらえてたけど、娘はぎゃん泣き(苦笑) お別れのハグハグは笑顔でね♪

kellen.jpgcaleb.jpg

ところで、今回、わたしたちは、票を伸ばすために、それぞれ違う部門からの4人でチームアップしています。上の写真は、「Kids Boy」部門の「Kellen」と、「Baby Boy」部門の「Caleb」です。「Kids Girl」はもちろん「Sidney」。みなさま、ELLENに投票する際、ぜひ、この3人にも投票してあげてくださいね。3人も、同じように、娘のことを宣伝してくれてます。4人揃って、優勝できたら最高。どうぞ、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。今日、一瞬かもしれませんが、4位になってました!! びっくりです。ありがとうございます♪ 
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(6) | GAP Casting Call

2008年12月05日

サンフランシスコ:ホテルモナコ

今日は泊まったホテル、「Hotel Manaco」をご紹介します。もちろん、GAP側で用意してくれたところ。去年もここだったとか。デパートなどがあるユニオンスクエアから2ブロック、ケーブルの発着駅から4ブロック、と便利な場所にあります。古いので部屋は狭く、使いにくい部分もありましたが、新しいホテルにはない、独特のオールドチャームがありました。自分で予約するとしたらないかもしれない選択肢ですが、GAPトリップとしてはぴったりで、面白い経験でした!

bg081205-5.JPG

ロビー横にある階段。ここは、壁にかかっている絵画がどれも趣があって素敵です。

bg081205-7.JPG

エントランスを入るとすぐにある、不思議なオブジェ? おサルさんが木の下に座ってます。

bg081205-6.JPG

高い天井には、気球や飛行機の絵。空に吸い込まれそう。

bg081205-8.JPG

エレベーターの奥にある、ラウンジ。ここで、毎夕、ホテル主宰のワインテイスティングがあり、お客さんたちが集います。チップのみのフリーマッサージ師もサービス出張。わたしも、早速やってもらいました。気持ちいい〜。

bg081205-9.JPG

赤いソファの向こうにはパチパチ燃える暖炉が。

bg081205-10b.JPGbg081205-11b.JPG

同じラウンジ内。いろんなカウチが沢山あります。

bg081205-1.JPG

こちらは部屋。2日目のフィッティングを終えて帰ってくると、GAPからのギフトバスケットが届いてました^^ 気遣いに感謝。「仲良しで撮るの」と珍しく自分からポーズ。

bg081205-2.JPG

大喜びで開け始めました。中身は、お菓子とパズル、ボールなどのおもちゃでした。抱えているのはスポンジボブの本。

bg081205-4.JPGbg081205-3.JPG

このホテルは、独特のセンスがあって、備え付けのバスローブはアニマル柄。しまうまと豹。どっちが似合うかな〜?

格式はあるけれど、こじんまりしていて、気取らずフレンドリー。ホテルからも、トランプや、スポンジダックなどの、キッズプレゼントをいただきました。レストラン「Grand Cafe」では、朝食を1度食べたのみでしたが、と〜っても綺麗な盛り付けでおいしかったです! ワインテイスティングで他のお客様とも話しましたが、必ずここに泊まる、という根強いファンもいるようでしたよ〜。

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。おかげさまで、まだ10位にとどまってます。今までで一番多くのクリック数です! ありがとうございます♪
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(4) | GAP Casting Call

2008年12月01日

サンフランシスコ:ディナーと他のファイナリストたち

みなさま、「投票してくださいね♪」の記事に、沢山の応援コメントをありがとうございました! 実生活でも、「バナーが出たら写真を撮らなきゃね」と周り中と言い合い、夢にも、でかでか張り出されたバナーが出てくる始末。親戚にいたっては「スーパーモデルの誕生だ!」(これは300%ジョークですが)と会うたび言われ… こ〜んなに盛り上がってて、ダメだったら、どうなるんだろう? クリスマスとニューイヤーはショックで寝込みそうです(笑) 一般発表は1月じゃないかと思いますが、わたしたちは22日に結果を通知されるそうです。その日は、何も手につかないだろうなあ。今から怖いわ〜(笑)

海外から多分投票不可、の件は、本当にごめんなさい。期待させてしまい、宣伝させてしまい、申し分けないです>< 母も、がっかりして電話してきました(苦笑) 詳細を教えてくれないので、ただの建前かも?っていう気持ちはまだあるのですが… 日本以外にも、わたしたちはアイルランドにも期待してました。Jはアメリカ生まれですが、親戚一同はみなアイルランドです。何せ子沢山のアイルランド、従姉妹は山ほどいるんですよね〜。両親、祖父母がアメリカで生まれ育っていれば、祖父母の代までのネットワークが使えます。Jの両親はすでに亡くなっているのもあるし、結構、厳しいなあと思います。救いは、Jの兄弟姉妹が5人と多いことかな^^;

さて、今日は最終日のディナーの様子と他のファイナリストたちをご紹介します。撮影が終わったら、どうも気が抜けてしまったようで、ワイン一杯飲んだらぼけ〜っとなってしまい、ろくに写真は撮れてないんですけどね。

bg081119-15.JPG

ディナーはGAPの本社のパーティスペースで。会場を入ると風船の山、山、山。子供たちはしばらく風船取りに夢中でした。ケータリングで、片側にお料理がずらり、反対側に飲み物がずらり。各自、勝手に取るスタイル。わたしも娘もワンピースで多少ドレスアップしてましたが、他のみなは”カジュアル”でした。いかにもGAP(笑) お料理は、ローストビーフ、さつまいものグラタン、サーモンなど。特に凝ったメニューではなかったのですが、ものすごくおいしくてびっくり!! 

bg081119-20.JPG

仲良しになった「Kids Girl」部門のシドニーと。彼女のことは、また別途書きますね。

bg081119-22.JPG

食べてからは風船アタック。もうみな風船を持って走り回り、結構すごいことになってました。レストランじゃなくて、よかったな〜という感じ。子供中心のパーティは、こういうスペースが一番ですね。あまりにすごくて風船が割れそうになったので、注意された後のポーズ。怒ってます(苦笑)

bg081119-19.JPG

お絵描きしているところに来てくれた、フォトグラファーのAzario氏。とっても子供好き。にこにこしていたのに、カメラを向けたら、こんなしょぼい顔に〜><

bg081119-18.JPG

こちらは、ずっとお世話をしていただいたスタッフの方。この方は、毎日、娘と遊んでくれました〜。娘も慣れているので、大きなVサイン。

bg081119-16.JPG

GAP側の挨拶が終わったあとで、1人ずつマイクを持って、自己紹介&コメント。もうこれは流石に面倒になってしまい、Jにお願いしました^^; そして、子供たちみなで記念撮影。小さくてよく見えないと思いますが、どうですか? みんなすごくきれい? …でもないですよね?(笑) こういうのは人それぞれですが、わたしの感想は、「かわいい。キュート。欠点がなく、誰にでも好感をもたれる顔立ちと雰囲気。でも、特にものすごくきれい、目立つ、ゴージャスってわけじゃないなあ。」というもの。やはりブランドイメージというのは大切です。「GAP」はあくまでカジュアルで、幅広い層がターゲット。だから、逆に、あまりにも美人だと受からないのかもしれませんね? 

そして、「Kids」部門で共通していたのは、みな、笑顔がいい! ということ。特に、カメラを向けられた時の自然な笑い方を知っている。実際、みな、すでにモデルをしている子達か、アクター、モデル志望の子達でした。

bg081119-17.JPG

さて、一番気になる、「BabyGAP Girl」部門のファイナリストたち。ちょっと大きくしてみました。1人はなぜか集合写真にも入っていないので、4人のみ。欠けてる子は白人金髪の2歳。映っている子は、左から、白人と黒人のハーフ(3歳半)、多分アジア人100%(2歳)、娘、アジア人(中国Xフィリピン)と白人のクオーター(2歳)。

えっ、アジア系が5人中3人!? びっくりですよね。逆に「Kids」部門には男女ともに、1人もいませんでした。そして、なんと、5人中3人が、NJ出身だったんです!! これまた「Kids」部門にはゼロ。めちゃくちゃ偏ってますよね〜。GAP側曰く、全くの偶然。写真のみで選考し、蓋を開けてみたらそういう結果だったとか。少なくともこれで、人種はともかく(全体的には散らばっているので)、地域ごとに分けたブロック選考はしてないってことですよねえ。ちなみに去年は、たしかNYから2人出てましたが、今年はゼロでした。

しか〜し! 人間、同じ人種を応援したい、ローカル(地元)の子を応援したい、っていうのは自然な気持ちです。だから、これは、わたしには不利。お互い足を引っ張りあうようなもの。この観点からだけ言うと、有利なのは、白人金髪の子、ということになります。

ま、それはさておき… 白人x黒人のハーフちゃん、めちゃくちゃきれいじゃないですか??? 白人の子も美人なのですが、このハーフちゃんは、一目見たとき、ドキっと胸が高鳴りました。「ザ・モデル」というか、オーラが出てるというか… ほとんど笑わない子なのですが、それでも目が釘付けになってしまう存在感。わたしは、最初、一般投票っていうのはイヤだったのですが、この子を見た途端、一般投票でよかった、って思いました。娘にもチャンスはまだあるかもって。もしGAP側が決めるなら、100%この子になるはずですもん(苦笑) 

正直、この子は、将来モデルになるだろうし、なるべきだと思います。そもそも大のカメラ好きで、撮影本番もパーフェクトな出来だったとか。しかも、彼女の衣装は白いドレスにデニムジャケット、という一番オシャレなもの。むむ〜っ。応募写真も見ましたが、抜きん出てました。ストアでのプロ撮影ということだったので、多少、納得はしましたけどね… 

わたしは、小さい子がヘアを染めたりお化粧したり、アクセサリーをつけるのは好きじゃないし、かわいいとも思いません。でも、ママがヘアドレッサーらしく、部分的に染めて作り上げたヘアも、ピアスも、この子にはとても似合ってますよねえ。こういう風に生まれてきたんじゃないかと思えるほど自然。不思議です。

でもでもでも!! もちろん、「投票は娘に!!!!!」ですよ。この子を応援しているわけではありませんからね〜。あくまで、ライバルです、ライバル^^; 相手の強さを認めた上で、策を練り(?)、最善を尽くす、ということであります。きれいすぎるのは、GAPのイメージじゃないはず!?(笑) さ〜て、燃えてきたぞ〜。メラメラ。

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。なんとかまだ10位です! 確実に票は伸びているのですが、なぜか他の方たちも上がって来てて(苦笑) 今日もポチッとありがとうございます!!
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(8) | GAP Casting Call

2008年11月26日

サンフランシスコ:ドキドキの撮影はいかに!?

引き伸ばしてしまって、ごめんなさい! すぐに撮影風景を書きたかったのですが、姪っ子の洗礼式やら、娘の友達の誕生会やらで、バタバタバタバタ… 日常に戻ったら戻ったで、また忙しい毎日です。明日はサンクスギビングだし^^;

さて、撮影当日。フィッティングやインタビューの失敗に加え、この滞在中、娘はカメラを向けてもふざけるか逃げるかで、全くポーズをとってくれない。元々、カメラ好きってわけでもなかったけど、聞き分けがいいのがとりえのはずだったのに、それもまた、最大のイヤイヤ期到来か!?ってほど言うことをきいてくれない。な〜んでこのタイミングでこうなるんだ… いったい、撮影はどうなっちゃうの? と気をもみっぱなしの2日間でした。とは言え、今更ジタバタしても始まらない。結果はどうあれ、楽しむっきゃない、と開き直ってスタジオへ。

bg081119-12.jpg

この前、フィッティングをしたのと同じスタジオ。白い壁にずらりとモノトーンの写真が飾られてます。

2歳の女の子がまだ撮影中、難航しているからしばらく時間がかかるよ、と言われてぼ〜っとしていたら、大泣き&癇癪を起こしてどうにもならないから、間に入ってくれ、と言うことで、大急ぎでスタンバイ。この前と同じヘアメイクさんが、娘の髪をささっと梳かし、生え際にクリームみたいたものをちょちょっと。娘はUPのヘアスタイルが一番似合うので、リクエストしようかな〜なんて思ってたのですが、そんな暇は全くなく、ちょっと拍子抜け。

bg081119-02b.jpg

唇にグロスを塗り塗り。これで、ヘアメイクは終わり! ものの3分でした。さて、どうしよう、と思う間もなく、フィッティングの際にアクセサリーを選んでくださったスタイリストさんが来て、娘をさっと抱き上げ、「かわいいね〜。用意はいい? そろそろ行こうか〜?」などと話しかけながらスタジオへ。泣くかな〜と心配したけど、泣かない。笑顔もなかったけど、とりあえず抱っこされるがままなので、逆にここはそっとしておいた方がいいかも、とお任せしました。

bg081119-03.jpg

そしてスタジオ内へ。先に終わった他のママたちから、写真を撮ろうとしたら止められた、と聞いていたので、撮影風景は、遠くからズームで撮ってます。これは、まだ前の女の子の撮影中。左手のソデで、かがんでいるのが、スタイリストさんと娘。手前の人影は、マーケティングの方、右の方はTVクルー。

bg081119-04.jpg

前の女の子は一旦ブレイク、と言うことになり、いよいよ娘が連れて行かれました。左から、スタイリストさん、ヘアメイクさん、娘、フォトグラファー。遠くから見てても、緊張のあまり、固まってる感じの娘。もう今にも泣き出すんじゃないかと、冷や冷や。

bg081119-05.jpg

と、娘の顔に、ぱっとこぼれるようなスマイルが!!! え〜っ、ウソでしょう!? ここで、隠し撮りはやめて近づいたので、画像なしですが、ここからは最後まで笑顔満面、次々と言われるポーズをこなし、まるで別人!! わたしの出番は全くありませんでした。スタッフからも、「ナチュラルだね、すごくいいね」と言われまくり、ものの15分ほどで撮影終了。「え、もう? もっと楽しみたかったのに〜(←贅沢)」と思ったほど、スムーズで簡単でした。わたしはと言えば、心配してただけに、超ハイムード。撮った写真が映し出される画面を見ながら、「Wow, She is sooooo photogenic♪」などとはしゃぎたて、いつの間にか横にTVカメラがいてぎょっ、という有様でした(笑)

あの様子を見ていたら、娘は実はスポットライトが好きなのかも? モデルに向いているのかも? と思ってしまったのですが、ヘアメイクとフォトグラファーの方が、子供を扱うのにとても慣れていたことが大きかったと思います。フォトグラファーは、イタリア在住のフランス人写真家、Stefano Azario 氏。子供のキラキラと輝いた魅力を引き出すのに定評のある方で、GAPモデル日本版の撮影もしています。「今度、日本にも行くんだよ〜。」「去年も撮られてましたよね。写真、ウエブで拝見しました。とてもステキですね〜^^」なんてちょっとおしゃべりもしました。

そうそう、そして娘のヘア。UPにもせず、前髪が垂れた状態でどうするんだろう? 顔にかからないかな、と心配していたのですが、始まった途端にそんな不安は吹き飛びました。前に、巨大なファンが設置されていて、娘の髪はずっと後ろになびいていたのです。そして、これがまた、とても自然できれいだった!! シンプルなコスチュームとも、動きのあるポーズともマッチしてて、娘の顔が引き立って見えました。

さて、そんなこんなで、撮影中は元気いっぱい、飛び跳ねて笑顔を振りまいていた娘だったのですが、終わったとたんに、抱っこ〜、とわたしにかじりつきで、みんなに「上手かったね〜。楽しかった?」と声をかけられても知らん振り。スポットライトのマジックが消えてしまったら、また元のシャイなVioletにもどっていました(苦笑) 

撮影後は、娘は、広告用の写真をパチパチ撮られ、わたしは、ウエブ製作の方からまたもインタビュー。こっちのインタビューは、カメラもなく、撮影後の興奮状態だったのもあって、喋り捲り。一聞かれたら百答える勢いでした(笑) 今回の内容は、「今までモデル経験やコンテスト経験はあるか? ファイナリストに選ばれた時はどう思ったか? 周りの反応は? もしウィナーになったら何をしたいか? フォトジェニックだと騒いでいたけど(苦笑)、今まではそう思ってなかったの?」…などなど。

bg081119-13.jpg

これは、帰りがけに撮ったショット。スタジオの外観。

bg081119-14.jpg

道の向かい側の壁。いかにもスタジオが集まってそうな、アーティスティックな雰囲気。

さて、撮影中の様子と、いくつかの写真は画面で見たものの、実際どういう風に仕上がっているのか興味津々。投票サイトに載る写真は、全てGAP側が選びます。娘は果たして期待どおり、きれいに写っているのか、ライバルたちの出来は??? そしてわたしと娘のインタビューのテープは??? 投票サイトが出来上がるまで、わからないことがいっぱい。気になります〜。早く見たいような、見るのが怖いような… 不思議な感覚です^^

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。みなさまのおかげで9位に返り咲きました!! 投票終了までTOP10をキープしたいと思いますので、よろしくお願いします。Violetからもありがとう♪ チュッ(笑)
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(6) | GAP Casting Call

2008年11月23日

サンフランシスコ:ファースト・ヘアカット

インタビューの後、着替えて控え室に戻り、ヘアカット。実は、Violet、初のプロによるヘアカットです!! 2歳までは、前髪だけわたしがちょこちょこ切ってはいたのですが、それからは前髪も伸ばしていたし、1年半ほど全くはさみを入れておらず。最近、娘も「髪切りたい〜。ママみたいに短いのがいい。」と言い始めていたし、先も痛んできた。ショートはわたしが楽しめないからダメだけど(←オイ!)、そろそろ、ヘアサロンに連れて行こうかな〜と思っていた矢先に、ファイナリストの通知が! ちょうどよかったです^^

bg081117-10.JPG

鏡の前に座り、まずヘアを濡らします。腰まで届いてますね。鏡の前には沢山のおもちゃ。ヘアメイクの方は、子供たちのために、エルモのTシャツを着てくれています。子供の気を引き立て、リラックスさせるのがとても上手で、元気いっぱい。この方、最高のヘアメイクさんでした!! 娘はそれでも、インタビューの後遺症か、緊張の面持ちですが…^^;

bg081117-11.JPG

くしでとかしながら、切りそろえていきます。

bg081117-12.JPG

もうすぐ終わり。一番長いところから10センチ以上切りました。

bg081117-13.JPG

時折見られた貴重な笑顔。なのに手前のおもちゃにフォーカスがあってしまった〜。残念。

bg081117-14.JPG

フィニッシュ!! これでおろしてもきれいだし、こういう風にアップにもできるし、ふたつに分けてしばってもかわいいでしょう?と説明してくれてます^^

bg081117-15.JPG

最後にちょちょっと手直し。

bg081117-16.JPG

ぶすっとしてるのが惜しいけど… はい、プリティガールの出来上がり♪ すっきりしたね^^

次は、撮影の様子で〜す。

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。なかなかTOP10に戻れません。上位に居た方が、投票にも結びつくと思うので、押してください!! Violetからのお願い〜(笑)
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(7) | GAP Casting Call

2008年11月21日

サンフランシスコ:フィッティングとカメラインタビュー

高い天井と白い壁の、シンプルなスタジオ。控え室には、ピラフやサーモングリルなどのランチが用意されてました。わたしたちは1時に着いたのですが、大量の朝ごはんを食べてしまったため昼食をとっておらず、まずここで腹ごしらえ。子供たちが飽きないように、カラーブックやぬいぐるみなども用意されてました。

bg081117-1.JPG

その後、フィッティングルームへ。広々とした部屋でした。壁に沿って、ずらりと洋服が。

bg081117-2.JPG

「Baby Girl」部門のラック。娘の服は、上の写真ではありますが、この写真ではすでに着ているためありません。ちょうど真ん中あたりの空いたところにありました。かかっているのは、他の子たちの服。

bg081117-3.JPG

スタイリストさんが靴をはかせてくれています。娘は足が大きく、あわや合う靴がない、という状態でしたが、サンダルだったので、なんとか入りました。

bg081117-4.JPG

別のスタイリストさんが、アクセサリーを選んでくれています。

bg081117-5.JPG

細いビーズのネックレスに決定。髪を直してくれてます。

bg081117-7.JPG

台の上で、ブラウスにピン打ち。この時点では、上は3T、下は2Tを着ています。

bg081117-8.JPG

別のスタイリストさんがジーンズにピン打ち。ここで、なんとブラウスも2Tに。袖が短くなってるのわかりますか? 娘は背は平均よりわずかに高めなのですが、何せ細いため、一旦、上下とも2Tになったのですが、マーケティングの方の意見で、結局ブラウスは3Tに。ジーンズは、本当は足首までのデザインらしいのですが、この方がかわいいってことで、2Tをカプリのようにはくことで決定。

どうやら、スタイリストらしき方は4人もいました。靴、アクセサリー、トップ、ボトム、と分かれているのかしら??? 特に疑問は持たなかったけど、今思えば、娘1人に4人がかりって多すぎですよね(笑) 娘はこの直後に、「寂しいの」と泣き始め、この後のポラロイド撮影は、からだをよじり、下を向いた悲惨な出来でした。

bg081117-9.JPG

わたしと一緒のカメラインタビューまでの待ち時間。ダディがピンボールをして、機嫌をとってくれてます。よく見えないと思いますが、ブラウスにも、ジーンズにも、大きな安全ピンが沢山ついてます。娘の下着はぶかぶかなのですが、後でジーンズを脱ごうと思ったら、下着も一緒に留められちゃってました(笑)

そして、この後のインタビューは、先日書いたとおり、二人とも失敗。小さな部屋に、カメラ、強い照明、見知らぬ男性二人。むずがる娘を膝に乗せていざ始まったのですが、わたしは極度に緊張し、最初の質問では、しばらく何も言えませんでした。「じゃあ、とりあえず、この小さいの(娘のこと)から話してください。」って言われたんですけど、漠然とし過ぎてて、何を言えばいいのやら。「質問者の声は入らないので、必ず、冒頭に質問を繰り返してください。」と言うのもなんだか難しかった。やはり英語なので、相手の質問を間違えずに繰り返すことに神経が集中してしまって、答えを考えられない。事前に質問を教えておいてくれたら練習できたのに… できるだけ自然な答えを引き出そうという狙いだったのかもしれないけど、結果的にはろくなことが言えませんでした(涙)

このインタビューも投票ページに掲載されるそうなのですが、娘もぶーたれて一言も発せずじまい。しかも髪はカットの途中でくしゃくしゃ。本来の娘の魅力はぜんぜん出ていないので、この際、載せないでほしいです(笑) どうしてもって言うなら、思いっきり編集してくれ〜。

ところで、娘のコスチューム。ものすご〜くシンプルですよね。わたしは、BabyGAPの大ファンですが、これは、わたしだったら絶対買わない服。もっと沢山の中から選べると思っていたら全て決まってしまっていて、正直、ちょっとがっかりしました。娘は、頭が大きく、足が短い体型。だから、すそ広がりのドレスが一番バランスよく見えます。こういう、上が大きく下のすぼまったものは、最も苦手。

しかも、他の4人の子たちは、もっとおしゃれな服。2番目の写真でもわかるでしょう? ワンピースやスカート、カーデガン… 特に、一番の強力ライバルが、ピンクのタンクトップに白いドレス、デニムのショートジャケットで表れた時には、なぜ!? なぜよりによってこの子がこんなステキな服!?!?!? と大ショック(苦笑)

今回は、撮影本番の写真が投票に使われます。コスチュームで差がつくのは不公平、の声は他のママたちからも聞かれました。「Kids Girl」部門では、2人が文句を言って変えてもらったとか。わたしもそうすべきだったのかなあと後悔したのですが、娘は本番では、この服でとてもきれいに見えたのです!! だから、結果的にはラッキーでした。強い個性がある顔ではないので、凝った服だと逆に負けちゃったかもしれません。やっぱりプロだなあ、ちゃんとわかってるのねえ、なんて、感心したりも(←調子いいって?^^:)

さて、次は、ヘアカットの様子に続きます。

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(13) | GAP Casting Call

帰ってきました〜

昨日の夜遅くに、サンフランシスコから帰ってきました。ドキドキしっぱなしの5日間!! あっという間でした。一生に一度の、貴重でエキサイティングな体験。「GAP Inc.」には、このイベントを企画してくれたこと、選んでいただいたことに対し、感謝の気持ちでいっぱいです。

ファイナリストに選ばれてから、興奮しつつも、怪我や病気など神経質になっていたので、とにかく、今は終わってほっとしています。特に娘はこれでやっと普通の生活?に。今日は、ダディと、庭で落ち葉の山にすべり台から突入したり、大暴れ(笑) こんな風に、好きなように走り回らせてあげられたのも久しぶりだな〜。明日はスィミングも復活です^^

でも、わたしの方は、まだまだこれからが勝負です!! 票集めにがんばるぞ〜(笑)

さて、5日間のラフ・スケジュールは下記の通りでした。

1日目: 移動(NJ→SF)・ホテルにてワインレセプション
2日目: フィッティング・ヘアカット・カメラインタビュー
3日目: フリーデー(観光日)
4日目: 撮影・GAP本社にてディナー
5日目: 移動(SF→NJ)

フィッティングや撮影は、効率よく行くように、それぞれ時間差で予定を組まれています。その時間によって、別々にホテルからスタジオに運ばれるので、思ったよりかなり自由時間がありました。当初は、Jの仕事の休みが取れず、わたし1人で行くはずだったのですが、一緒に行けて助かりました。

書きたいことは沢山ありますが、一番気になる撮影関係のことから、順に写真を添えてご紹介していきますね。まずはフィッティングです。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | GAP Casting Call

2008年11月19日

いよいよ撮影本番です!!

これから、撮影に行ってきます。いよいよ本番。ちょっぴり緊張気味かな?^^; 写真を含め、詳しい内容は後日またUPしますね。時間もないので、簡単に。

撮影関係のことでは、これまで、フィッティング、ヘアカット、わたしと娘のカメラインタビューを済ませたのですが… どうも娘はこういうことには向いてないらしい(苦笑) 

フィッティングでは、「寂しかったの」と突然泣き出すし、インタビューでも、わたしの服に付けられた小型マイクを指差し、「Vちゃんの声が聞こえない…」とわけかわらんちんなことを言いながら大粒の涙をポロポロ。なだめすかして、泣くのは治まったものの、最初から最後までぶーたれ顔で、一言も発せずじまい。いつもの元気はつらつ、無邪気さはどこへやらで、Violetらしさが全く出せませんでした。

わたしのインタビューも、文法的な間違いぼろぼろ。英語の方が気になってしまって、気の利いたことなんて全然言えなかった。J曰く、わたしは最初から最後まで張り付いたような笑顔だったとか(苦笑) 見るのが怖い〜。

他にも、フィッティングの服が好みじゃないと言うか、わたしとしては娘の体型に合ってない、良さが出せない、と思うスタイルだったり… いろいろあって、この日はちょと落ち込み気味。でも、終わったことはしかたない。今日は、気分を切り替えて、再挑戦。どうか娘がリラックスして臨めますように!! しっかりしているようでも、まだ3歳。緊張したり、ネガティブモードになると、わたしにもなかなかコントロールは効かないのです。

さて、結果はどうなるかわかりませんが、1度のチャンス、楽しんできますね♪ 

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。


posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(4) | GAP Casting Call

2008年11月15日

ついに一眼レフ購入♪

ついに買っちゃいました!! ここ半年ほど、考えつつも値段や何やで踏ん切りつかなかったのですが、今回のコンテスト結果で、ぐいっと肩を押されました(笑) ま、単純バカっぽいですけど、これ以上悩まなくてすむのでよしとしましょう^^

購入したのは、「Canon Rebel XSi/ EOS 450D」。ほぼ100% 「NIKON D80」を買うつもりだったのですが、お店に行って実際手に取ってみたら、あれ? Canonのほうが断然持ちやすい! グリップが深いので手にしっくり馴染み、安定感があるのです。それでも、「一眼レフ=NIKON」の印象がとても強く、家に帰ってからネットでさんざん調べ…かなり迷いました。で、やっと昨日決心してお買い上げ。

持ちやすさ以外に、Canonがいいと思った主な点。ご参考までに。

1.12メガピクセルと大きい。(D80 は10メガ)。全身を撮ってから、顔だけクローズアップして切り取る場合には、2メガの差が大きいかな〜と。

2.LCDが3インチと大きい。LCDを見ながら撮影可。(D80は2.5インチ、ライブビュー撮影は不可)

3.連写のシャッタースピードが3.5コマ/秒と速い。(D80は3コマ/秒)

4.今年1月発売のニューモデル。(D80は2年前)

5.替えのレンズがCanonの方が安そう。(マクロとか多分増えていくと思うので)

6.Canonの工場がすぐ近くにある。(故障の際、便利なの〜)

もちろん、NIKONはとってもいいカメラです!! 下取り価格も高いらしいし、玄人好みで渋い。正直、周りでCanonの一眼レフ持っている人はいないけど、NIKONはみんな持ってて定評あるし… わたしもかなり悩んだんですけどね。

ま、カメラ云々よりも、ここまで来たら肝心なのは個人の腕!!^^; どこまでちゃんと使いこなせるか? 何せ昨日の夜買ってきたので、今日、この間際にバタバタと使用説明書を読んだり、充電したり、ソフトウエアをインストールしたり。まだ慣れてないので、本当にちゃんと撮れるかちょっと心配。一応、今までのコンパクトデジカメもバックアップ用に持参するつもりです。

さて、洗濯もパッキングも終わり、準備万端! 今日はこれからお隣さんのお宅へのディナーに出かけてきます。娘は、まだ少し喉が赤く声が変ですが、昨日の夜は、久々にいっぱい食べてくれました^^(ローストポークだったよ) 明日の機内で変なウィルスでも拾わなければ、大丈夫そう。このPCは持って行きますが、更新は帰ってきてからになっちゃいそう。時間があったら、ちょろっと書くかもしれません。

とにかく、行ってきます♪ リラックスして、がんばってきますね〜!! みなさま、暖かい励ましや応援の言葉をありがとうございました^^

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☔ | Comment(4) | GAP Casting Call

2008年11月14日

ショッピング三昧!!

出発まであと2日に迫りました! ジムもスイミングもパス、特に予定は入れてないのですが、旅行に向けてのショッピングや何やで、結構バタバタしちゃってます。

娘は、嘔吐した翌日、元気になったと書いたのですが、なんだか調子が悪いです。鼻水や熱、嘔吐など目立った症状はないし、飛び跳ねてはいるものの、食欲はがた落ち。いつもの半分も食べず、すぐ疲れる。昨日の朝は普通だったのでモールに行ったのですが、すぐ抱っこと言うし、夕方帰ってきたら、夕食前にコトンと寝てしまいました! こんなことは本当に珍しい。そのまま12時間も眠り続け、今朝はお腹が痛い、と言いながらも少し食べ、その後また2時間ほど昼寝(朝寝?)。今は起きてTV見てます。

受かったことは、紛れもない幸運だと思うけれど、ここで悪化して撮影が出来なかったら、これまたものすごい不運ですよね(苦笑) とは言え、特に病気ってわけでもないので、医者に連れて行ってどうなるものでもないし。あれだけ派手に嘔吐したから、まだ弱ってるってことかしら? ゆっくりして様子を見るしかないです。

ところでショッピング。かなり$が飛んでいきました〜。まず、娘の服。最初は、撮影用の服はあちらが用意しくれるわけだし、スタッフの印象も投票には関係ないし、別にいらないな〜と。でも、やっぱりせっかく選んでくれたのに、去年や他社の服じゃ失礼かも、感謝の気持ちは表すべきかなあと思い始め… GAPで一通り新調しちゃいました。服を買えば、当然、合ういい靴も欲しくなる。ってことで靴も購入。

そしてわたしの服。これまた、脇役だからどうでもいいや、と思ったのですが、わたしにもインタビューがあるらしい。しかも、それが投票のウエブサイトに載るとか!! え〜、どうしよう。ってことで、慌ててこちらもGAPにて調達。BabyGAPは好きだったんですけど、わたし自身はGAPの服ってゼロなんです。これまたどこのブランドでもいいのだろうけれど、何となくプレッシャーで。不思議なものです。しかも、普段わたしの服ってほとんど買ってないので、久しぶりに行ったら勢いづいてしまい、沢山買ってしまった^^; さすがに靴は止めといたけど。

オマケに、Jまで服を新調。一緒に行くのに、あまりみすぼらしい格好もねえ、なんて言いつつ、別に今回は必要ないだろう、ってものまで大量に買ってきた(笑) しかもやはりGAPとOld Navy(GAPと同じ会社)で。わたしたちって、オメデタイ?^^;

そんなわけで、旅行自体はタダでも、なんだかんだと出費が嵩んでます。プライズ合計金額に対して、かなりのTAXも払わないといけないし。(賞金=エキストラの収入、とみなされるます。) Jも、この旅行、高くついたな〜とちょいぼやき気味。でも、これは「一生に一度」のエキサイティングな経験。文句は言えません!! 今年のクリスマスは質素に迎えよう(笑)

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(4) | GAP Casting Call

2008年11月10日

お礼と勝手な当選理由分析

みなさま、「GAP Casting Call ファイナリスト」の記事に沢山のお祝いメッセージをありがとうございました!! とってもうれしかったです♪ レスの内容が似てしまうので、今回はこちらでまとめてお礼を言わせてください。あとで、必ず訪問して、コメント&応援させていただきます。

みなさまは「かわいいから、当然〜」なんて、うれしいことを書いてくださってますが、99%、運だと思ってます。これからは、バカにしないで、ロタリー(宝くじ)買おうかな、って真剣に考えてるくらい(笑)

もっときれいでかわいい子はた〜くさんいるわけで… 単純なくじ運以外にラッキーだったのは、多分、アジア人の血が強いハーフだったことだと思います。日本だと、日本人離れすればするほど受けますよね。それだけレアなわけだから。でも、こっちだと、彫りの深い白人の子達ばかりなので、よりアジア人ぽい顔立ちの方が、得なのかもしれません。あくまで、今回のGAPの場合だけ(そもそも他を知らないので)ですが… 

Baby GAPは、普通にウエブサイトのモデルを見ていても、100%白人か黒人の子たちばかりで、たまにアジア人100%の子を見かけるくらい。アジア人と白人のハーフは見たことないような?

当選してから、BabyGirl部門の去年のファイナリストたちの写真を見たのですが、それも、白人3名、ヒスパニック系1名、アフロヘアに細い目のアジア人系?1名になってました。一昨年の、優勝者の写真では、BabyBoy部門は100%アジア人(中国、韓国、日本のいずれか)の赤ちゃんのようでした。

とにかく、娘は、こちらで、アメリカ人からハーフだと思われることはまずありません。ダークストレートヘア、ダークアイ、鼻ぺちゃ、普通に二重の目、短足なので(苦笑) かたやダディは、昔金髪、今ブラウン+白髪、ブルーグレイアイ、高い鼻、くぼんだギョロ目、足長。どうも、わたしの遺伝子を、強〜く受け継いじゃったようです^^;

普段から、大きなお目目やくるくる巻き毛、或いは金髪のハーフちゃんを見ると、うらやましいな〜って思ってたんですけど、今回ばかりは、アジア人顔が有利に働いたのかな? だったら、それも悪くないかも(笑)

アメリカは、移民の国です。だから、ある程度、いろんな民族を混ぜないといけない、っていう暗黙の了解があります。「Casting Call」に関しても、アジア人であることは強みなんだと思います。日本のコンテストだと、ハーフの方が断然有利のようですが、こちらでは、むしろアジア人100%の方が、受かる可能性は高いんじゃないかな? 昔の山口小夜子じゃないけど、切れ長お目目はこちらでは神秘的に映るよう。ハリウッドスターのLucy Liuも、アジア人独特の目元が印象的ですよね。

な〜んて、勝手に、当選理由を分析してみました! ハズレてるかもしれないけど、そうでもなければ、やっぱり娘が選ばれるのは不思議すぎるんです(笑) 今年の応募者は、去年より少し増えて、90万人だそうだし。

さて、なんだかんだと大騒ぎしている母ですが、肝心の娘の方は、今日は病気で寝ています。朝から6回も吐いて、熱も少し。土曜日に、お友達に誘われてチャッキーチーズに行ったのですが、ものすごく混んでたんです。子供たちがうじゃうじゃで、トークンも半分も使えないほど。どうやらそこで、ウィルスを拾ってきちゃったようです。

来週の旅行に向けて、今は健康管理をきちんとしなきゃいけない時。まさに大失敗、ですが、来週ひくよりは今ひいといた方がいいですよね^^; 今週は、ゆっくりして、ベストの体調で臨みたいと思います。スイミングも止めておいた方がいいかな〜?

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(14) | GAP Casting Call

2008年11月07日

★Gap Casting Call★のファイナリストに選ばれました!!

信じられないことが起こりました(笑)

Violetが、Gap Casting Callのファイナリスト20名に選出されました!


ご存じない方も多いと思いますが、「GAP」では、毎年、キッズモデルを一般公募しています。Kidsboy、Kidsgirl、Babyboy、Babygirlのカテゴリーから、それぞれ5名ずつ、計20名がファイナリストとして選出されるのですが、Violetが、そのBabygirl部門、5名の中に、なんと入ったのです!!!

賞品はいろいろありますが、一番大きいのが、サンフランシスコでの撮影会への招待。11月16日から20日まで、親子3人で行ってきます♪ フライトやホテルはもちろん、家から空港やホテル間もリムジンでの送迎つき。なんだか、夢を見ているようで〜す。

娘の洋服は90%が「Baby GAP」なので、しょっちゅうウエブサイトは見ています。「Casting Call」があることは去年も一昨年も知っていましたが、全然興味なし。ところが、今年の広告を見たとき、なぜか、やってみようかな、という気になったんです。ネットで応募するだけなら、15分だしって。ぼんやりとだけど、娘にモデルの可能性はないかな〜って考え始めてたこともあったし。でも、まさか受かるなんて思いもせず、その後は全く忘れてました。だって、去年の応募数は、80万人以上なんですよ!? その中の20人ってことは、4万分の1の確率。普通、有り得ないですよね。

実際、1ヶ月後にGAPから電話があったとき、ちょうどお店で買い物をした後だったので、てっきりクレジットカードを忘れてきたのかと思いました(←バカ^^;) 「Casting Call」と聞いてびっくり。でも、「Finalistsに選出されました」と言われても、実は詳細を読んでいなかったので特に感動もなし。電話を切る直前に、「Finalitsは何人ですか?」とマヌケな質問をし、「20人ですよ」と言われて初めて、「えっ、すごいかも!?」って(笑) それまでは、Finalistsって言っても1000人ほどいるのかと思ってたんです。しかも、その時点でもまだ、サンフランシスコに行けるのは優勝者の4人だけだと思っていて… 本当に大喜びしたのは、もう一度よくよくサイトの説明を読んでからでした(苦笑)

最終的には、各カテゴリーから1名ずつ、計4名のグランドプライズウィナーが選ばれるのですが、それは一般の方たちの投票にかかっています。ウエブサイトにファイナリスト全員の写真が載り、ネット上で投票するのです。期間は12月8日〜21日。今は、去年の優勝者の写真しか載っていませんが、サイトはこちらです。

もし、もし、もし… 娘が優勝したら、1ヶ月間、全米のGAPストアに、Violetの大きなバナーが飾られます!! 何の期待もしていなかったはずだけど… ここまで来たら欲が出てきました。娘の写真をストアで見てみたい〜!!!!!!!! 親ばか、母心(苦笑) なので、投票が始まったら、みなさま、ぜひ娘に一票を♪^^;

投票には有効なメールアドレスが必要なだけみたいなので、「America decides」とは書いてあるけど、日本からも投票できると思います。と言うか、できないと困る!!(笑) だって、わたしはアメリカにそれほどネットワークはないんだもの。Competitorの4人のママパパは多分みなアメリカ生まれだと思うし。すでにハンデなのでありま〜す^^;

投票はまだ一ヶ月ほど先ですが、その前に、サンフランシスコでの撮影の様子なんかも、できるだけUPして行きますね。来週は、娘が風邪を引いたり、顔に怪我をしたりしないように、外出は控えるつもり(笑) 時間があるので、更新のペースも上がるかもしれません?

まずは、「Violet's Big News」のご報告でした♪

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(13) | GAP Casting Call
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。