2009年03月29日

Please Touch Museum @ Philadelphia

娘の誕生日当日。何か娘の好きなことを…と思い、親子3人で、ペンシルバニア州はフィラデルフィアにある、「Please Touch Museum」に行ってきました! 「Lion King」や「Mary Poppins」など、ブロードウエィミュージカルも検討したのですが、来年でもいいし、マンハッタンならわたし1人で連れて行くことも可能。せっかくJが休みを取ってくれたので遠い所へ、ということで決定しました〜。

以下、写真のオンパレード(笑)

bg090318-1.jpg

最近、街中から移転したばかり。広大な公園の中にでんと構える、Memorial Hallの中にあります。1876年にArt Galleryとして建てられたそうで、威風堂々。動物園から10分くらいのところです。

bg090318-2b.jpg

とてもお天気のよい暖かな日でした。お日様も「Happy Birthday!」って言ってくれてるよう^^ 入る前にダディとちょっとお散歩。

bg090318-4.jpg

サインを見た娘。「どうしてPlease Touchなの?」「どうしてPlease don't touch museumはないの?」「Please don't touch museumに行ってみたい」… 相変わらず、べらべら訳の分かんないことを言い続けてました(笑)

bg090318-5.jpg

エントランスを入ると、広々としたとても美しいホール。その真ん中に、この巨大な、自由の女神のたいまつオブジェが聳え立ってます。道路標識や、スキー板、マネキンの足など、身の回りのあらゆるものがコラージュされてます。

bg090318-6.jpg

かわいい女神の誕生♪

bg090318-7.jpg

全てが新しく、天井が高いので気持ちいい。車もピカピカ。壁に書いてある細かい絵を見てるだけでも楽しいです。

bg090318-8.jpg

バスの運転手さん。発車オーライ?

bg090318-10b.jpg

ハンドルをうんしょと動かすと、水が出て水車が回ります。

bg090318-13.jpg

何でもないけどかわいかったので。スワンに乗ってどこへ行くのかな?

bg090318-14.jpg

これ分かります? 古典的な童話「Goldilocks and the three bears」の1シーン。

bg090318-15.jpg

アマゾンみたいな森にある数々の楽器たち。

bg090318-16.jpg

足で踏むと音が出ます。

bg090318-18.jpg

大きな象さんのドラム。

bg090318-17.jpg

色とりどりのフロッギーちゃん。並んでいるものを見ると、まだまだ数えたくなっちゃいます。

bg090318-19.jpg

「Alice in Wonderland」コーナー。そう、不思議の国のアリスです! うわあ、なつかしい〜、とわたしも一緒に楽しめました。

bg090318-20b.jpg

ここではトランプのクィーンに。男の子用にキングのもありました。

bg090318-22c.jpg

有名な一シーン、”Mad Hatter”と”March Hare”とのティーパーティを再現。

bg090318-23.jpg

お茶を入れてあげてる娘を、March Hareがちろりんと見てます(笑) 

bg090318-23b.jpg

不思議不思議。奥へ入っていったら、娘が大きくなっちゃった! 身をかがめないとドアに入れませ〜ん。

bg090318-25.jpgbg090318-26.jpg

<左>後ろに写ってるわたしの足が長〜い^^ <右>あらら? 娘の胴が長〜い^^;

bg090318-27b.jpg

マクドナルドの店員。「バーガーはいかが?」

bg090318-28.jpg

足で押してまわします。下の方を持ってしまうので難しい。てこずってました。

bg090318-29.jpg

空飛ぶ自転車。こちらもつま先がぎりぎりペダルに着く状態なのできつい。係りの人に少し手伝ってもらってふわり。

これ以外にも、アート教室、ブロック部屋、飛行機を作って飛ばす部屋、大きなスーパーマーケットなど、盛りだくさん! 一日中、たっぷり遊べます。特によかったのは、フリーシアター。わたしたちが行った時は、「There is something under my bed!」という指人形劇でした。客席を走り回り、子供たちに質問して答えさせる参加型のショウでとってもよかったです。

Children's Museumも、これで5つ目ですが、今まで行った中で最高でした。ここ、超オススメですよ〜。機会があったらぜひ行ってみてくださいね♪
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(4) | おでかけ

2008年09月29日

娘と2人でマンハッタンへ♪

18日で3歳半になってしまったので、新しく育児(3歳半-4歳)のカテゴリーを作りました。「4歳」と書きながら、また焦りが… どうしよう、どんどん大きくなっていく。(…って、ならなくてどうする! 笑)

まあ、大きくなればいいこともあるわけで、最近、ずいぶん言うことも聞けるようになってきた^^ そろそろ、わたしだけで娘をマンハッタンに連れて行けそう、と、夏の終わりに、マンハッタンでの初プレイデートに挑戦しました♪ いざとなると、ストローラーを持っていくか、持っていくなら大きいの小さいのどっち、荷物はどれだけ? などなど考えることが一杯。この辺だと、車移動だから荷物の心配はしたことないし、ダディが一緒だと、ストローラーはいつもダディが持ってくれたから、考えたこともなかったんですけどね。

悩んだ末、結局、荷物をできるだけ減らし、小さいストローラーを持参。この日は結果的に、これで◎。バスのターミナルからセントラルパークまで、10ブロック歩いたところで、娘が疲れた、というので押していき、パークからFAOシュワルツは荷物を載せてゴロゴロ。FAOからバスターミナルまでは地下鉄に乗ったので使いませんでしたが、小さいので、娘と手をつなぎながら、もう片方の手でたたんで引きずれたので楽々。

でも、先日またマンハッタンに行ったときは、荷物も少なかったし、涼しかったので娘もそんなに疲れまい、とストローラーはなし。行きも帰りも地下鉄を使ったら、全然問題なし。今後は、ストローラーなしで大丈夫そうです。

bg080916-1.jpg

さて、行ったのはセントラルパークの大きなプレイグラウンド。去年の夏も行ってブログに載せたところです。去年は、娘がまだしょっちゅう転んでいて、怖くてとても遊ばせられなかった石造りのプレイグラウンド。今年はだいぶ安定したきたものの、途中からちょっと心配になり、水着の上からパンツだけ履かせました。

bg080916-2.jpgbg080916-3.jpg

<左>半年ほど上の○○ちゃんとは、相性抜群! お顔を載せる許可をとってないので切ってしまったのですが、左横には○○ちゃんが。二人で、ぴょんぴょん跳ねながら、変なポーズをとっては笑い転げてました。娘のこの笑顔から、どんなに楽しんでたか、わかるでしょう?^^ <右>お砂遊び。ビーチのように2人で寝転んだり、本当にかわいかった。半年くらい上だと、上手くリードしてくれるので、娘も一番遊びやすいみたいです。歩くときは手をつなぎ、おもちゃもシェアして、最初から最後まで仲良しこよし。多分、ケンカも1度もなかったんじゃないかな?

bg080916-6b.jpg

おしゃれなおもちゃ屋さん、FAOシュワルツで。これも、実は前の方に○○ちゃんが。一緒にふざけあっているからこその、娘のこの炸裂顔(笑)

bg080916-7.jpgbg080916-8.jpg

家では触らせないようにしているPC。だから、こういうところに来ると、夢中になっちゃいます。これは、バービーの着せ替えゲーム。顔つきも真剣。右手に撒いている青いリボンは、○○ちゃんがお店からもらってきてくれた、お揃いのブレスレット。いい香りがするの。

ママも、実はネットで知り合って、お会いするのは初めてだったのですが、とっても明るく気さくな方でした^^ 子供のことに限らず、いろんなことを本音でお話できて、あっという間の一日。また会いたいね!と言いつつも、○○ちゃんは、9月からフルタイムのプリスクール。おうちも遠いし、なかなか2回目のプレイデートが実現できずにいます。でも、10月中にはなんとか! 娘も、よく覚えていて、週に2,3度は、「また○○ちゃんと遊びたいなあ」と言っています。プリスクールがお休みできそうな日があったら、教えてね。連絡待ってま〜す♪

ちょっと話はずれるのですが、この日、パークであきれた事件がひとつ。ベンチで、○○ちゃんのママが日本のスーパーで買って来てくださったお弁当を食べていると、なにやら異様な匂いが… ふと隣のベンチを見ると、なんと、5歳にはなっている男の子が、ベンチの裏で大きいのをしている! トイレ、沢山あるのにですよ! しかも、お母さんやおばあさん?らしき人も一緒で、明らかに指示してそこでさせている。それでも十分有り得ないのに、その後、そのままで去って行ったのにはもう仰天。これって、動物以下の行為ですよね!? だって、猫だって砂かけるし、犬は飼い主が始末するわけで…

これは、実はマンハッタンならでは。マンハッタンは大好きな街だけれど、こういう、信じられないことや人も多い。やっぱり、いろんなタイプの人が混じりあっているからでしょうね。貧富の差も人種の差も激しい。だからこそ面白いんだけれど、嫌な面もある。わたしが住んでいたころも、今考えてみればいろんな人に会いました。酒乱の人や頭のいかれた人。平気でお金を騙し取る人、相手を蹴落とすことしか考えない人。人をバカにした態度の店員。郊外は刺激はないけど、人はもっとのんびりしているし優しい。もちろん変な人はいるけど、当たる確率は圧倒的に少ない。

まあ、いいことだらけのところはないってことですよね。若いころは、そういうマイナス面も含めてマンハッタンの魅力、と思えたけれど、子供が出来た今は、郊外でのんびり暮らしつつ、たまにマンハッタンに出かけるのが一番いいような気がします。マンハッタンから帰ってくると、正直ほっとする。郊外暮らしの良さを再確認できるような。でも、価値観は人それぞれ。子供がいても、マンハッタンで暮らしたいっていう人の気持ちもよ〜くわかりますよ! ママにとって心地よければ、きっと子供にとっても心地よい空間になるだろうし。ママがストレスをためないことが一番ですよね。…って、話がまたまたずれてきた(笑)

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(4) | おでかけ

2008年07月27日

Wild Safari でポニーライドに初挑戦!

「Wild Safari」から出て横のピクニックエリアに行ったら、ポニーライドがありました。いろいろなところで何度か見かけていて、そろそろ試そうと思っていたところだったので、早速挑戦。

bg080714-9.jpg

メリーゴーランドでさえアップダウンするものは怖がる娘。これも「やるやる!」と言ったものの、いざとなると乗る段階でしり込みするんじゃないかな〜と思っていました。でも、係りのおじさんはさすがプロ! 目にも留まらぬ早業で、あっという間にベルトをしめてくれ、気づいたらすでに馬上の人。怖がる暇もなかった(笑)

bg080714-10b2.jpg

ぽっくり、ぽっくり。大人しい馬だし、ゆっくりなんだけど、始終緊張の面持ち。「Violet、笑って〜。」と言っても、スマイルどころか、こっちもろくに見ない。

bg080714-11.jpgbg080714-13b.jpg

<左>かすかな笑み??? <右>一方、すでに数回目のシャノンは、堂々たるもの。前かがみの娘とは違い、背筋も伸びてます。

楽しんでいたかどうかはよくわからないけど、泣かなかっただけ上出来。これは別料金で$5なのですが、その割りには時間が長く、馬も比較的大きくお得感がありました。(娘には逆効果だったかもしれないけど^^;)

bg080714-12.jpg

ポニーライドの後は、いつものようにお隣の遊園地へ。今日は、「Tazmanian Devil」の前でパチリ。馬から下りて生き返ったのか(笑)、張り切ってポーズしてます。

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(8) | おでかけ

2008年07月25日

Six Flags Wild Safari (サファリパーク)

これも6月中の話ですが… 「Great Adventure」に隣接する、「Wild Safari」に行ってきました。シーズンパスで、両方入れます。わたしは、サファリパーク自体、初体験だったのでワクワク。結果は思った以上で、感激しました。窓越しなので、シャープじゃないのですが、動物君たちの写真を。

bg080714-5.jpg

きりんさん、近くで見ると大きい! 横の車の向こうだったけど、かえって全体の入ったいい写真が撮れました^^

bg080714-6.jpgbg080714-3.jpg

<左>きりんさんって、こーんなに優しい顔だったのね。はるか高くから見下ろされてても、全然圧迫感がありません。 <右>ぞうさんは、流石に道路には出てこれなくなってました。車つぶれちゃうよ^^;

bg080714-1.jpgbg080714-2.jpg

<左>ダチョウ!? 車の前に来て、わたしたちをじ〜っと、じ〜っと見つめてました(笑)

bg080713-4.jpgbg080714-7.jpg

<左>ラマかなんか。列を作って、車の前をゆっくり横切ってました。超マイペース。 <右>立派な角。何十頭もの群れは、緑の草にまだら模様が生えてとてもきれいでした。

bg080714-8.jpgbg080714-15.jpg

<左>お昼ね中の子供たちを、優しく見守ってるママしまうま。 <右>くまちゃんも、のしのしすぐ近くまで。シャノンママは、もっと寄らせるつもりだったのだけど、わたしの側の窓でちょっと怖かったのと、ピカピカの新車に傷でもつけられたら…と気遣ってしまって、この後すぐ移動。

bg080714-14.jpgbg080714-16.jpg

<左>バブーン。おサルさんの一種。とにかく動きが激しくて、見ててあきません。写真には上手く撮れなかったけど、子供をおんぶしたまま、一気に柱を駆け上ったり、抱っこしたままタイヤスィングをしたり。子供たちはどれも自力でしがみついてて、よく落ちないな〜って感心しました。 <右>オマケ。遊園地の方で買った「Smiley Potato」とか言うもの。揚げたて、あつあつ、ふっくら…で、こういうところのスナックとしてはとてもおいしかった。子供たちもニコニコ^^

サファリは、とにかく動物が近い! 動物園だと、動物が寝てたり疲れてたりして、せっかく行っても全然見れないこともありますよね。ここはそれがない。放たれた環境だからか、元気もよく、のびのびしていて、見てて気持ちいいです。動物園は、特に夏場だと、子供づれで歩き回るのも大変だけど、それも車だからラクラク。一気に大ファンになっちゃいました! しかも、シャノンママ曰く、ディズニーワールドのサファリパークより、ずっと充実してるそう。ここ、とってもオススメです♪ 

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(6) | おでかけ

2008年07月23日

蕎麦屋ランチとSOHOショッピング

Jに娘を預け、朝の9時半から夜の8時半まで、女友達とマンハッタンに出かけてきました。いつまでここにいられるかわからないので、NYには行けるうちに出来るだけ行っとこう、と思ってます。

しかし、こんなに一日中出歩いても平気だなんて、やっぱり娘は楽になったな〜。つくづく感じます。前から、夫は、月に一度は息抜きに出かけて来いと言ってくれてたけど、ご飯のこととかやっぱり気になって。出るときも大泣きされてたし。

今回は、先にお気に入りのDVDをつけておいて、「行ってきます」のチュ。「Violetもマンハッタン行くの」と一瞬わななき声にはなったものの、「今度ね。すぐ帰ってくるから(←また嘘つき!)。泣かないで待ってて。」と言ったら、渋々キスを返して、視線はつつつとTV画面へ。ちょい拍子抜けでした(苦笑)

さて、マンハッタンでは、まず「蕎麦屋」でランチ。冷やしざるうどんとお弁当セットにしました。お腹一杯、デザートまでついて$15。やっぱりランチはお得です。お弁当の中身は、エビと野菜のてんぷら、シャケのグリル、サラダ、筑前煮。シャケは家でもよく料理するのでちょっと残念だったけど、筑前煮はうれしかった。久しぶりに食べた味。煮物もJが食べないので、なかなか我が家では登場しないのです。デザートは、パンナコッタ。うどんは、流石、看板メニューだけあってシコシコツルリ。初めて見て興味半分にオーダーした「そばビール」もすっきりしてておいしかった。ここは、またぜひ行きたいな。

その後は、NOHOとSOHOでショッピング。わたしはアッパーサイドとミッドタウンに住んでいたので、ダウンタウンは苦手。しかもしばらく来てなかったので、すっかり忘れてしまっていた&変ってしまっていて、何度も道端で地図を広げ、まるでお上りさん状態でした(苦笑) やっぱりもっと頻繁に行かないとダメだわ。

bg080721-1.jpg

ダウンタウンの消防署。あまりにかわいいので思わずシャッターを押しちゃいました。Cityでは何でも絵になる〜。(ゴミゴミしたところももちろんあるけれど)

暑い中を歩き回り、無駄も多かったけど、とっても楽しかった!! いつもながら、いろいろ発見♪ 今回は、特に子供服のお店を物色しました。いくつか印象に残ったお店を。

「Lucky Kids」 Lucky Brand JeansのKids版。いかにもアメカジ、かっこいい。ジャージーのワンピで$70くらい。

「Z'Baby Company」 はっきりした色が多いけど、がちゃがちゃしてない。適度に目立つ感じで個性的。ワンピで$100。

「Sense of Wonder」 スカートにてんとうむしのアップリケがついてて、アレ?と思ったら、なんと日本のブランドでした。オーガニックを売りものにしてるみたいだけど、わたしはそれには興味なし。もう3歳だし、アトピーも出ないし。シンプルで品のいいお店とデザイン。ワンピで$100。ひとつ、赤のタータンチェックのワンピが、ものすご〜く気に入りました。でも夏ものは山ほど持ってるので、パス。

SOHOの子供服=オシャレでないわけがない! 今まで、娘の服はほとんどGAP。人気なだけに友達とよくかぶるし、3年目ともなると、パターン化してきて飽きてきた。マンハッタンのブティックで買えれば理想的なんだけど、問題はお値段^^; 大体、GAPの3倍。娘は3歳になってから、服の汚し方が激しくて…。ワンピに$100は痛いよねえ。でも、1シーズンに数点なら買えるかも!? そもそも今までは、数を買いすぎて、ほとんどが新品状態でサイズアウト。それよりは、本当に好きなもの数点を、何度も着た方が意味があるかもしれない。ま、とりあえず、秋になったら、娘を連れてまた行ってみようと思います。

さんざんウィンドウショッピングをした後、お気に入りの有名ブランド食料品店「Dean & Deluca」へ。ロゴ入りトートバッグとフルーツティを買いました。そして、日系スーパー「Sunrise Mart」に寄り、ひじきや焼肉のたれを買って帰途へ。それにしても、マンハッタンには日本食レストランやスーパーが増えました。それだけブームなのか、日本人が増えたのか? 駐在員の数は減ってるはずだから、自力で勝手に来てる人が多くなったってことですよね。(わたしのように)

ところで、帰宅してからの娘の反応。「マミィだ〜」と走って抱きついてくれ、その後、寝るまでハイパー、ハイパー。大はしゃぎまくり。一体何事? と驚いていたら、J曰く、「マミィが帰ってきたからだよ。昼間はずっとローキーでつまらなそうだった。」とのこと。本当かな? だったら、ちょっとウレシイかも(笑)

娘にも約束しちゃったし(最近よく覚えているのサ)、次回は娘連れのマンハッタンかな。さ〜てどこへ行こうか。すでに楽しみ♪

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(13) | おでかけ

2008年07月14日

Great Adventure 3回目・走らせないよ!

6月中の話。3回目のGreat Adventureに行ってきました。このときは、シャノンたちに加え、シャノンの従兄弟たちと。シャノンママは、他に行く人がいても、わたしが自力で行けないのを知っているので、必ず声をかけてくれます。ほ〜んとうに、いい方! 

bg080713-1.jpg

エントランスにある、バッグズバニーの植え込み。ここのもうひとつの魅力は、とてもきれいに整備されている木や花たち。特にガーデニングにはまっているわたしには、たまらない。種類も多いし、結構珍しいものもあって、本やネットでしか見たことのないものに、ここでお目にかかることもしばしば。ランドスケープもプロがやっているので、勉強になります。

bg080713-2.jpg

このバッグズバニーの顔の周りに、それぞれのキャラクターの刈り込みが4つあります。Tweetyの前でにこっ、のはずが、またまた全然笑えてない。シャノンはいつもスマイル〜。こういうところは、やっぱりお姉さん。

bg080713-3.jpg

ケンカにならないよう、必ず2個ずつ同じスナックを持ってきてくれるシャノンママ。気配りもばっちりの方です。わたしも見習い、ジュースやビール?は必ず2個ずつ。(注:本当は食べ物、飲み物は持ち込み禁止。ゲートで見つかったら、没収です^^;)

bg080713-4.jpg

壮大なスケールのジェットコースター。足がすくむ〜。通るたびに、「あれ乗る。乗りたいっ!!」と叫ぶ娘。ティーンになったら、お1人でどうぞ!

bg080713-9.jpg

Wigglerよりも、もう少し大きい子供向けのコーナー。大人と一緒だったら、娘でも乗れるものが沢山あります。

bg080713-5.jpgbg080713-6.jpg

シャノンママが一緒に乗ってくれてます。助かる〜。右のは、「乗るっ!!」と勇ましく行ったものの、ものすごいスピード。最初こそ手をふってましたが、最後は引きつった顔で降りてきました。去年、違う場所で同じようなものに共に乗った時は、泣き叫ぶわたしの横で、娘はへいちゃらりんでした。今年の方が怖がるようになったもののひとつ。

bg080713-7.jpg

飛行機。シャノンは平気でしたが、娘はびえー。これも、去年、ダディと乗ったときは大丈夫でした。

さて、Great Adventureは刺激的なものがいっぱい。娘は興奮のあまり、あっという間に走り出し、大声で呼んでも全く止まらない。いちいち追いかけて捕まえるのも大変だし、転ぶのも困るし、迷子にでもなったらそれこそ一大事! 1回目で懲りたので、2回目行った時には、走るたびに、横に連れて行き、厳しく注意。「走らず歩きなさい。常にママがどこにいるか確かめながら移動して。勝手に走っても、もう追いかけない。ママには二度と会えなくなるよ。」と、しつこく、しつこく。(と言いつつ追いかけないわけにはいかず、説得力薄し…^^;)

「わかった」と頷くも10分で忘れるので、20回は繰り返しました。こりゃあ、夏中かかるなあと覚悟していたのですが、意外にも効果は早く表れ、3回目に行ったこの日は5回ほどで済んだし、1度も転ばなかった!! これは快挙です(笑) このまま行けば、ショートパンツをはかせられる日も来るかも!? 

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(4) | おでかけ

2008年07月11日

Children's Museum of Manhattan

スプレイグラウンドだなんだと、暑い中、相変わらずお出かけしてるものの、更新が全く追いつきません。これもしばらく前の話ですが、記念日にマンハッタンに行けなかったリベンジを!、と、娘と3人で繰り出してきました。娘にとっては、多分4回目のNY・Cityです。(前回はSt.Patrick Day Parade) どうしても娘中心のコースなので、CMOM(Children's Museum)→セントラルパーク→日本食レストラン。以下写真で〜す。

bg080709-9d.jpgbg080709-9.jpg

<左>地下鉄の駅からMuseumへ向かって歩くダディと娘。「お手手つながないの、ひとりで歩くの」とのことですが、のろいのよ〜。一緒にちんたら歩いてたら当日中に着かないので、ダディが先に歩いては時々止まってせかしてます。地下鉄は娘には初体験。「電車、電車、でんしゃっしゃー♪」(いないいないばあより)と喜んでました^^

<右>セントラルパーク内で、ストローラーを押してます。背中にしょってるバタフライリュックは、先日Jと二人で出かけた「Liberty Science Center」でお土産に買ったもの。最近、ピロウケースに腕を通し、「ちょうちょう」にもしょっちゅう化けているので、ちょうどいいかと(笑) 去年までは、バッグ類は、結局わたしが持つ羽目になってましたが、この日は移動中はずっと自分でかついでました。中はセーターとクレヨン、ノート、絵本。

この日は、このバタフライのおかげで、久々に、街行く人たちに声をかけられました。「かわいいねー」「いくつ?」などなど。わざわざ立ち止まって見てくれた人たちもいて(マンハッタンではすごく珍しい)、ちょっとうれしかったです。(←親ばか、ばかばか〜^^;)

bg080709-1.jpg

bg080709-2b.jpg

Museumでは、ちょうど「Adventures of Dora & Diego」をやっていて、それを目的に行ったのですが、今ひとつ。ドラの絵があちこちにあるのと、スペイン語が踊っている以外は、特に新鮮味はなし。色が派手でかわいかったけどね。

bg080709-4c.jpgbg080709-4b.jpg

<左>つむぎの棒みたいのを回すと、画面の羊ちゃんの毛がそられ、みるみるうちに丸裸?になっちゃいます。 <右>ハンドルを回して、ブロックを運びます。単純だけど子供には面白いみたいで、他の子にも人気でした。

bg080709-7.jpgbg080709-6.jpg

消防車の横にあった、火消しマシン。火の下にホースもどきを向けると火が消えます。重いので調節が難しく、真剣な面持ちの娘。

CMOMは、建物の一角にあります。NJのMuseumと比べると、場所が限られるので、どうしても迫力には欠けます。全体的に、どれも新しくきれい。センスのよさは流石マンハッタン。でも、1階のエジプト関係は娘には難しく、2階、3階は物足りない、と実質的にはちょっと中途半端でした。外の水のコーナーが、時間切れ(1時間早く閉まるのを知らなかった)で見れなかったのですが、そこに行けてたらもっとよかったかも。2時間ちょっとしかいなかったのに、帰る時も特にごねませんでした。

bg080709-8.jpg

CMOMがウエストサイド、レストランがイーストサイドなので、セントラルパークを横切りながら散策。Reservoire(貯水池)に続く、太鼓橋がきれい。

bg080709-12.jpgbg080709-11.jpg

セントラルパークは、そこかしこに、絵になる風景が一杯! わたしのポンコツカメラ(焦点が上手く合わない)とへぼ腕でも、それなりの写真が撮れちゃいます。NJのだだっ広いばかりの公園とは、一味も二味も違う。子供がいると、庭なし、電車移動のマンハッタンでの生活はやっぱり考えられない。でも、世界の先端を行く都会でありながら、ここまで広大で趣のある公園が真ん中にどんっとあるところは、他にないのでは? 古い町並みも、光り輝く高層ビルも、エンターテイメントも、世界各国の一流の味も、人間も、刺激も、怪しさも、そして自然さえ合わせ持つ街。それがマンハッタンです。つくづく、魅力的な街だな〜と感じずにはいられません。(最近、ニューヨークシティ賞賛ブログになってますね^^;)

ディナーは、「Gajumaru」に初トライ。行きなれた日本食屋はいくつかあるのだけど、最近新しいレストランのオープンが目覚しく、浦島花子状態のわたし。レストラン開拓に燃えたい気分なのです。ここは新しいかどうか知らないけど、思いっきりアッパーイーストなので、行く機会がありませんでした。

自家製豆腐(のりの佃煮つき)が一押し。とろとろで、最高! あじとトロの刺身は、おいしかったけど、値段が… トロ、小さいの二切れだったのに、$16!! 一切れ8ドル(1000円弱くらい)だよ!!! お会計見てびっくり。メニューに書いてなかったので、時価だとは思ったけど、聞けばよかった。他の値段がそれほどじゃなかったので、油断してしまったの。知ってたら、もっと味わって食べられたのに〜。あじのしょうが醤油につけてぺろっと食べちゃったのよね… あじは$18。丸ごとで、盛り付けも粋だったけど、「たたき」を注文したのに、なぜか「刺身」。刺身系はわたししか食べられないので、もったいないオーダーでした。お会計はチップ込みで$140(15000円ちょっと)。ビール計4本頼んだけど、Jはほとんど食べてない(日本食ダメ)ので、1.5人前くらい。思ったより高くつきました。

お客さんは、日本人1人にアメリカ人が4人。テイクアウトが多いお店みたい。混んでないので、子連れで行くにはいいかも。でも、場所がネックだし、多分、もう行かないかな…

bg080709-9c.jpgbg080709-9e.jpg

<左>デザートのカボチャプリンに舌鼓を打つ娘。生クリームとほろ苦いカラメルのバランスがよかった。料理自体、ここは結構おいしい。デザートを持ってあるお皿がいかにも日本風。NJに住んでいると、こんなことでもうれしくなってしまう。 <右>付きだしのひじきから豆腐、鶏のポン酢おろし、てんぷら、つけもの、プリンとフルコースで食べて大満足。「おいしかった〜。おなかいっぱい〜♪」 よかったね。

娘を連れてのマンハッタンも、ずいぶん楽になりました。ストローラーも、ほとんど使わないし。これからは、もっと頻繁に出かけられそうです^^

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪ いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(2) | おでかけ

2008年06月23日

IMAX & シャンパンディナー、そして移住先

予告させていただいたとおり、昨日は、娘を置いて、結婚記念日&わたしの誕生日・合同セレブレーションに行ってきました(←なんじゃそれは…笑) 例年通り、マンハッタンのつもりだったのですが、生憎の悪天候予報。午後は降雨率60%でしかもストーム。マンハッタンに2人で行く機会はほとんどないし、悩みまくったのですが、はっきり言ってマンハッタンは悪天候だと最悪。何せ歩き回るのが楽しい街ですからね。で、渋々、予定を変更して、Jersey CityのIMAXシアターに行くことに。橋を超えればマンハッタン、摩天楼をすぐそこにしながら指をくわえて…って感じでしたが、それでも、NJ内はまだ車で楽々移動できるんです。実際、ドカンと豪雨が来たので、まあ、結果としてはよかったかな。

さて、そのIMAXシアターは、自由の女神を臨むLivery Parkのすぐ横の、、「Liberty Science Center」内。せっかく来たので、と、展示物とIMAXと3D映画が見れるコンボチケットを購入。3D映画はたいしたことなかったけど、IMAXはすご〜くよかったです!! 過去にもマンハッタンで何度か見たことがありますが、ここのは迫力が違う。プラネタリウムみたいなドーム内での上映なので、スクリーンにぐるっと囲まれていて臨場感ばっちり。上映前に、機材やスクリーンを透かしで見せる演出も新鮮だし、エンターテイメント性がとても高くて楽しめました。

rushmovie.jpg

見たのは、「Adrenaline Rush」 という、スリルをこよなく愛する、スカイダイバーたちの話。まるで、自分自身が崖から突き落とされたような感覚で、気づいたら、Jの腕をひっつかみ、足をつっぱり、身体はイスにへばりついてました(笑) 高所恐怖症、遊園地の乗り物一切ダメ!なわたしだけど、これならなんとかぎりぎり楽しめる^^; 怖いからこそジェットコースターが好きっていう人の気持ちが、ほんのちょっぴりわかりました。

bg080623-2.jpgbg080623-1.jpg

展示物は、ファミリー向け、子供向けだったので、たいしたことはありませんでしたが、娘が5歳くらいになったら、1度連れてきてもいいかなあ。写真のは、エントランスロビーの階段のところに吊るしてある球体。計算しつくされた組み合わせで、小さいのが、ばっと大きくなります。同じ仕組みのプラスチックのおもちゃも沢山売ってました。ここの目玉かしら? 面白いけど、娘は中に入ったり出たりして、顔を怪我しそうなので、買わず(苦笑)

bg080623-3.jpg

さて、ここで問題。これは何でしょう? 枝? いやいや、枝はともかく、いくつか虫がいるんです。名前は忘れちゃったけど、枝にそっくりな虫。探せますか? 答えは、横に伸びた2本のぐにゃぐにゃ枝の間にいる、細くまっすぐなのがそう。横一文字に真ん中に一匹、右の方に斜めにもう一匹。難しいでしょ? 直に見てても、わずかに動くまで、ぜんっぜんわかりませんでした。自然のワンダーだ、と結構、感動してしまった。1度気づいたら、うようよいるの。

で、この後、ディナーは、コンテンポラリー・アメリカンのレストラン「The Frog and The Peach」へ。いろいろネットで調べ、評判がいいのでチョイス。温室みたいな半アウトドアのテーブルがあり、雰囲気、サービスは一流。ちょっと席を立つとさっとやってきてナプキンをたたむ、お酒もすかさず注ぎに来る。せっかくなので、シャンパンをボトルでとったのですが、それも甘すぎずまろやか。期待はどんどん高まり…でも、肝心のディナーが、おいしくない! まずいとは言わないまでも、この値段(メインが$30-50)でこれはないでしょう。マンハッタンだったら、とっくにつぶれてるよ。

いつものことだけれど、マンハッタンに比べると、周辺のレストランの質はがたりと落ちます。どんなに有名どころでも、せいぜいマンハッタンの二流止まり。最初は東京の味に慣れていて、マンハッタンは全然おいしく感じなかった。それと同じで、1度マンハッタン基準になってしまうと、どこもおいしく感じないの。わたしたちは、Jが早期退職した後、もっと物価や家の値段、税金が安く、気候の温暖な他州に移住するつもりなのですが、ここに来て、迷い始めています。理由はいろいろだけど、ひとつは、マンハッタンまで1時間の距離を捨てれるか? 

年齢を経て子供が出来、価値観も変ってきました。刺激よりも、ゆったりした生活や自然を求める気持ちが高まってきたのは確か。でも、今住んでいるところなら、その両方を楽しむことが可能なんです。レストランだけじゃなくて、ショウや変った映画、アートなど、カルチャー的にもマンハッタンは充実。変化が激しいので、歩き周るだけで、毎回、必ず何かしら新しい発見もあります。今は年に3回くらいしか行かないけど、娘が大きくなれば、月一くらいでは行ける。とにかく、行こうと思えばいつでも気軽に行ける距離、というのは魅力です。

寒くて長く厳しい冬も、最近は、地球温暖化だかなんだかで、それほどじゃないし。逆に夏が妙に暑いので、南に行くのもちょっと怖くなってきた。寒さにも弱いけど、暑さにも弱いの、わたし^^; もちろん、一年中、Tシャツ、短パンで過ごせるというのはいろんな意味で楽だとは思うけど… 結局、一長一短ですよね。は〜。

ただ、この辺に住むとなると、土地を買って、ドリームハウスを建てる、というのは諦めないといけません。まともな土地は、全てディベロッパーが買い占めてしまってますからね。せいぜい、今より少し広めの土地に、少し大きめな家を、新築でディベロッパーに建ててもらうしかありません。(自分で一から設計はできないということ) 

さ〜て、マンハッタンをとるか、ドリームハウスをとるか。毎日のように気持ちは揺れているのだけど、昨日のレストランでは、マンハッタンに一票。早期退職まであと4年を切りました。まだ先だけど、そんなに遠い将来でもない。さあ、わたしたちは、いったいどこに納まるのでしょう? 「住めば都」とは言うけどね^^

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(6) | おでかけ

2008年06月16日

Great Adventure 「Glow In The Park Parade」

Violetの風邪は、2週間たってようやく治りました。やれやれ… 元々熱もなく、鼻だけだったんですけど、本当にしつこくて。寝るわけでもなく、家や庭では飛び回っているものの、友達とは会えず…わたし一人でずっと相手しなきゃならなくて、一番きついパターンでした(苦笑) わたしの方は、まだ夜になると急に喉が痛みだしてなかなか寝付けないけれど、日中は大丈夫。昨日からぼちぼち外出し始めまています。

ところで5月中の話ですが、「Great Adventure」にまた行ってきました。1回目と違う写真だけ載せておきますね。1回目の様子はこちら

bg080606-3.jpg

小さい子向けの遊園地、「Wiggles' World」のゲート。新しくてきれいな乗り物が沢山あって楽しい。6歳くらいまでOKです。

bg080606-2.jpg

そこで乗った、カンカンボート。前後のシートにひとつずつ鐘がついているので、ケンカにならない。よかった〜^^

bg080606-1.jpg

「チューチュートレイン」と子供たちは呼んでますが、馬車です(笑) 馬に乗って、ガタゴト走るだけなんだけど、あちこちにお花が咲いてたり、木立があったり。馬車自体もきれいで絵になります。

bg080606-4.jpgbg080606-5.jpg

ちょうど夜のパレード「Glow in the Park」の初日だったので、頑張って見てきました。ディズニーのエレクトリカルパレードなんかと比べるとちゃちいけど、それなりにキュートでした。1度は見といてもいいかも。左はプリンセス、右はバットマン。

bg080606-6.jpg

最後の〆は、バッグズバニー。最近、ハマッて、小さなバッグズバニー人形を胸ポケットに入れたりしている娘は大喜び。セサミ・プレイスのパレードみたいに、車から降りて握手とかしてくれるかと思ったら、そのまま行っちゃいました。ちょっと残念。パレードは9時半から始まったので、公園を去ったのが10時過ぎ。疲れ過ぎた娘たちは、帰りの車の中でわめき散らして大騒ぎしたあと、死んだように爆睡でした(笑)

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(0) | おでかけ

2008年05月18日

The Crayola Factory in PA

またまた一週間あいちゃいました。勢いに乗ってドドッと更新するつもりだったんですけど…。どうやら、出かけた日は無理みたいです。帰ってきてシャワー浴びてご飯食べて寝かしつけたらもうぐったりで、ぼーっとTVを見るくらいしか出来ません。体力ないのよね〜^^;

さて、「Crayola Factory」。クレヨンやマーカーメーカー「Crayola」の体験ミュージアムです。「Great Wolf Lodge」からの帰り道に寄ってきました。娘は工作好きなのでとても楽しんでたけど、正直、わざわざこのためだけに遠路はるばる行かなくてよかったな〜、と言うのが、Jとわたしの感想。ファクトリーと言うわりには、街中にあるので小さいし、駐車場もない。結構みなこのためだけに行く有名どころで、「とてもいい」と聞いてたんですけど、やっぱり人の価値観それぞれだな〜って思いました。特に2歳そこそこで行った人たちは、子供本人は大して何もできないわけで、いったい何がそんなによかったのやら? 近場のChildren's Museamで十分じゃない? 行くなら、4歳以降の、お絵描きや工作好きな子にオススメです。

bg080430-5.jpg

大きなクレヨンの前でポーズ? 顔は相変わらずバカ笑いです。

bg080430-2.jpg

初の水彩画に挑戦! これは1度やらせてあげたかったのでとてもよかった。嬉々として色塗りしました。出来上がったら、大きなドライヤーマシンに入れて乾かします。

bg080430-3.jpgbg080430-4.jpg

<左>クレヨンカップの前で塗り絵。 <右>型で抜いた動物粘土に、マーカーでお目目とお口を描きます。この粘土もクレヨラメーカーのものですが、通常のPlay-Dohと違って、なぜかボロボロと屑が出ない優れもの。帰りに少し買って来ました。

bg080430-6b.jpg

全館、1度の入場料でいいのですが、クレヨラ自体は1階だけで、2階、3階は別の美術館になってます。ここは、運河美術館?とか言うところで、一人一人ボートをもらい、高低のある運河を運行する仕組みを学びながら、ボートを動かして行きます。要所要所で係りの人が説明してくれるんだけど、娘には当然チンプンカンプン。ボートを押すことのみに専念してました(笑)

bg080430-9.jpg

また別のフロア。パネルを好きなように組み替えて、流れを作り出し、ボートを動かします。これも娘にはちょっと早い? 背が低くて手が届ききらないので、思うようにできてませんでした。

bg080430-7.jpgbg080430-8.jpg

こちらは、まさに娘のためにあったようなもの! 本領発揮で、どんどん組み立ててました。後ろにある写真が実際の世界で、それをおもちゃで表現するとこうなるよ〜っていう構想。他にも、丸太小屋の写真の前には、ログハウスを作るおもちゃ、レンガの壁の写真の前には、レンガ色の大きなブロック、というように、組み立てるおもちゃが沢山ありました。

bg080430-1.jpg

オマケ。チェックアウトした後のホテルの廊下で。モリーンからいただいたクリスマスプレゼントのスーツケース、初めて使いました。ばっちりVioletサイズ。ちゃんと最初から最後まで、ゴロゴロしてましたよ〜^^

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪

posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(5) | おでかけ

2008年05月12日

Six Flags Great Adventure

最近、新しく出来たVioletの友達、シャノン。娘より7ヶ月上でとっても活発。性格が似ているためか相性抜群、二人は今やベストフレンド状態です。シャノンたちとは近所の公園で会いました。ママも気さくで話がはずみ、うちと隣接したディベロップメント、歩いても行ける距離に住んでいるとわかり一気に意気投合。会った2日後にはうちに遊びに来てくれ、それから毎週のように会っています。

そんなシャノンママに誘われて、「Six Flags Great Adventure」に行ってきました。「Six Flags」は世界最大のテーマ&アミューズメントパークチェーン。中でもNJ州の「Six Flags」は、遊園地の「Great Adventure」、車から動物が見れる「Wild Safari」、アウトドアのウオーターパーク「Hurricane Harbor」の3つが集まった、有名どころです。

運転が問題だし、Jは「Great Adventure」はもっと大きな子供が行くところだと大反対。でも、小さい子用の乗り物も沢山ある、シャノンは実際去年行って大喜びだった、一緒に車で連れてってあげるから、とシャノンママに説得され、思い切って共にシーズンパスを購入。結果は大正解!! とても充実した一日で、シャノンママに感謝です。

ここは、この数年でどんどん小さい子用の乗り物が増え、キッズセクションの「Wiggles World」もオープン。だからいろいろ新しくて、気持ちもいい。Jよ、あなたが知ってた大昔とは、もうすっかり違うのよ〜(笑) テーマキャラクターのバッグズバニーもいて、最近、古いテープからファンになった娘は、「(人間が着ぐるみに入った)大きいバッグズバニーと遊びたい!」と大騒ぎでした。

bg080424-1.jpgbg080424-2.jpg

ミニミニ観覧車。これは余裕か、と思ったのですが、なぜかわたしたちの車が一番上になったところでしばらく停止。ゆらーりゆらーり揺れる中、子供たちがふざけて窓をがんがん叩き始め…やめて〜、もっと揺れるじゃないか〜!! 多分30秒くらいだったんだろうけど、5分くらいに感じました。わたし、絶望的かも。

bg080424-3.jpg

去年の夏は、わたしが一緒じゃなきゃ何も乗れなかったのに、成長したもんよ。シャノンがいたのも大きかったかもしれないけど、とにかく、何でも2人できゃっきゃ、きゃっきゃ、おおはしゃぎで乗ってました^^

bg080424-4.jpg

野生の動物がモチーフになった、大きなプレイグラウンド。白トラの口からびゅーん。

bg080424-9.jpg

これはほんの半分で、右に同じようなのがくっついてます。こんな大きなプレイグラウンドも、もう子供たちだけで平気。わたしたちは外でのんびり座って待っていられるので楽ちんです。

bg080424-5.jpg

どこでも登るくせに、未だにブランコは苦手な娘。ちょっと揺らしただけで怖がります。かなりのスピードだし心配だったけど、ごらんのように、終始笑顔。「ぜんぜんこわくなかったよ。」だそうです。じゃあなんでブランコはダメなのよ? 謎。

bg080424-6.jpg

孔雀?の馬車もどき。2人一緒だと、何やっても楽しいみたい。

bg080424-7.jpg

くるくる回るティーカップは、シャノンママが乗ってくれました。わたし同様、遊園地の乗り物は苦手らしいけど、これは大丈夫だそうです。(って当たり前?)

bg080424-8.jpg

なぜか身長制限にひっかかったので、4人で乗りました。平らなレールの上をゴトンゴトンと走だけだったので、さすがのわたしもOK^^; 世界の国を回る設定で、東京もありましたよ。

今回気づいたこと。娘の足がものすごく速くなった! こういう場所では目が離せません。2秒逸らした、と思ったら、すでにはるか遠くにいるんです。これにはシャノンママもびっくり。興奮状態なので、ママと一緒にいなさい、と言っても全然聞いてなくてすぐ走り出すし。迷子にならないように、気をつけなくちゃいけません。

午後1時から、閉園の7時まで6時間。子供たちはまだまだ遊び足りない様子。娘はこういう時は相変わらず聞き分けがよいのでまあ大丈夫でしたが、シャノンは癇癪起こして大泣きでした。まだ5月。今年の夏は、何度も行くことになりそうです♪

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪
posted by エリー | ニューヨーク ☔ | Comment(11) | おでかけ

2008年03月27日

Violet、3歳になりました。おめでとう♪

最近インターネットの調子が悪く、同じことをするのに以前の3-4倍の時間がかかるので、ついついPCから遠ざかってしまってます。

そんなわけで、もう1週間以上もたってしまいましたが、娘はめでたく3歳を迎えました♪ 1歳や2歳の時と比べると、ショックは少なく、「ずっとこのままでいて!」ともそれほど強くは願わずにすんだかな(笑) もう3回目なので、心の準備ができてたのが大きかったみたい。もちろん、「この前おぎゃあと生まれたばっかりなのに、早いな〜」、という一抹の寂しさはありましたが。「3歳になったら、もう2歳にはもどれないんだよ〜。」とうっかり娘に言ったら、どうも言い回しが気に入ったらしく、「3歳になったらあ、もう2歳にはもどれないの!」と意味もわからないままにしょっちゅう繰り返されていて、そのたびに、こっちはちょっぴりしんみり(苦笑)

さて、当日は、娘が喜ぶことを、と3人で「Children Museum」に行ってきました。「Museum(美術館)」といっても、疑似体験を通していろいろなことが学べる、という意味で、子供にとっては大がかりな遊び場です。暗くてどれも写りが悪いのですが、記念なので写真を載せておきますね。

bg080318-1.jpg

食料品をお買い物。あれも、これも欲しい〜、迷っちゃうわ。

bg080318-2.jpg

今度はレジ係。ママが買ったものを計算してます。手に持ったロブスター、こわい〜!!

bg080318-7.jpg

ホンモノの消防車。この年頃って、消防車とか救急車に興味を示しますよね。赤いのと、サイレンの音が面白いみたい。娘は、「消火栓」が大好きで、この前マンハッタンに行ったときも、この辺で車に乗っていても、「あ、しょうかせん! あそこにも!」と指差し、「今度はママちゃんね。ママが探してね。」とゲームをしては喜んでます。

bg080318-8.jpg 

かわいい消防士にへんし〜ん。

bg080318-5.jpg

ブルドーザーも操作しちゃうぞ。

bg080318-3b.jpgbg080318-4.jpg

<左> 化石を発掘中。 <右> 大工見習い? 夢中になってた釘うち。手前のも、全部娘が打ち付けました。

bg080318-9.jpg

30種類くらいのお部屋があった中で、一番とりつかれてたのは、なんとこのコンピューター。アルファベットや数字が出てきます。最近覚え始めたのと、うちではコンピューターは全く触らせてないのでうれしかったんだと思うのですが… 常にこのコンピューターに戻る姿を見ていたら、もしかして将来はコンピューターオタクになるんじゃないの?と少し心配になっちゃいました。もちろん、コンピューターは必要だし、ビルゲイツはすごい人だけど、オタクはいやよ〜。少なくとも今は、もっとからだを使って生き生きと遊んでほしい。

ブログにはUPできなかったのですが、去年の9月にも、モリーン&ジャスティン親子と別の「Children Museum」に行ってきました。今回のは、そっちに比べると、古いし、規模も小さかった。でも、5時間もいたのに、帰るときは泣いて逃げ回られたので、3歳の娘にとってはどちらでも同じ、十分楽しんだようです。次回は、フィラデルフィアのに行ってみたいなあ。

bg080318-10.jpg

夕食は、子供連れでも安心な、「Outback Steakhouse」で。「おたんじょうびのプレゼントのケーキがたべたい。チョコレートケーキ!」と一日中言っていたので、ブラウニーのアイスクリーム添えをデザートに注文。ろうそくを立ててね、とお願いしたら、ウエイターたちが来て歌ってくれました。娘はびっくりしてお眼眼パチクリ(笑) 

沢山遊んで、おいしいもの食べて、娘にとっては楽しいバースディだったようです^^ お友達を招いてのパーティは、今週末の日曜日。本当は先週を予定していたのですが、今年はEasterが早くて重なってしまったので、一週間ずらしました。また少し後になっちゃうと思いますが、当日の様子、UPしますね。今のところなんとか晴れそう。お庭で出来るといいなあ。

にほんブログ村 子育てブログへ
←「ハーフ育児」ランキング参加中。一日一回押していただけると順位がUPします。今日も読んだよ、とついでにポチットお願いします♪
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(14) | おでかけ

2007年12月24日

ランチとMacy'sのクリスマスウインドウ

bg071223-8.jpgbg071223-9.jpg

さて、昨日の続き。ショーのあとは、みんなで近くのレストラン「Seven Bar & Grill」へランチに行きました。マジソンガーデンのあたりは、ごちゃごちゃしていて、このレストランも、外から見るとビルの外壁工事に埋もれてて全然パッとしないのですが、中はご覧の通り、とってもおしゃれです。吹き抜けの天井まで届く組み込みのワインセラーに、大きなシャンデリア。このシャンデリア、豪華なのにケバくなく、うちの玄関にほしいな〜と見とれてしまいました。でも、実際うちに持ってきたら、立派すぎちゃって、アンバランスなんだろうな(笑)

総勢20名で、奥のお部屋を貸切。ランチメニューなのにディナーのお値段、しかもキッズメニューもなし。甥っ子たちはみな一人一品頼んでいたけど、食べるかどうかもわからない娘には高すぎる(2000円くらい)、とクリスマスなのに相変わらずケチなわたしは自分のサーモンディッシュのみ注文。皮がカリカリでとてもおいしかったのに、なぜか娘は口をつけず。でも、甥っ子たちは案の定全員残したので、それをちょっとずつもらって、娘はご機嫌でした。

bg071223-10.jpg

ランチから飛び入り参加した、大学時代の友人、ジェニファー。同じクラスを2つとっていただけなのに、不思議と気があっていまだに続いています。性格も、環境も、ぜ〜んぜん違うのだけどね^^ ずっと大切にしたいお友達です。娘を見るたび、「モデルにしなさいよ! めちゃくちゃかわいいんだから!!」と強く勧めてくれるのですが、カメラシャイだからね〜。この日も結局スマイルはでず。ジェニファーも納得してました(笑)

bg071223-11.jpg

4ヶ月下の従兄弟エイダンと。偶然同じようなポーズで、妙にかわいいツーショット。

bg071223-12b.jpg
bg071223-13.jpg
bg071223-14.jpg

デザートまでしっかり食べてお腹一杯になった後は、すぐ近くのデパート「Macy's」のクリスマスウインドウを見物に。NYのクリスマスデコレーションは有名ですが、中でもこの「Macy's」と「Saks Fifith」は代表格。大人っぽい「Saks」に対して「Macy's」は子供向けのデザインが売りで、家族連れでごった返してました。人、人、人の波。迷子になったら大変なので、娘はずっとストローラーに。家族とはしょっちゅうはぐれ、携帯で探し合ってました。混乱の中でいくつか撮影しましたが、ほとんどぶれてるか、人の頭で見えないか。マシなのが3個しかありませんでしたが、ウインドウ自体は、30個くらい。ひとつひとつ凝っているので、わざわざ出かける価値は十分! <中>トナカイのそりに乗ったサンタがすごいスピードで地球の周りを駆け抜けてます。 <下>自由の女神像とタイムズスクエアのビル群。 

この後、ロックフェラーセンターの巨大ツリーを見に行く予定だったのですが、あまりの人ごみに断念。わたし自身は以前Cityに住んでいたときによく見てたし、娘はまだわかるようなわからないような。来年のお楽しみにとっておくことにしました^^

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。応援クリックいただけると、とてもうれしいです♪

ちょっと長くなるので、この後は読みたい方だけどうぞ。クリスマス精神について触れています。
続きを読む
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(3) | おでかけ

2007年12月23日

サークドソレイユ「WINTUK」@マジソンスクエアガーデン

bg071223-4.jpg

ラスベガスでは、今やセリーヌディオンのコンサートと並んで大人気の「Cirque de Soleil(サークドソレイユ)」。大掛かりな舞台装置と美しく幻想的な雰囲気が呼び物の、体を張ったアーティスティックなアクロバットショーです。1度ベガスで妊娠中に見たのですが、そのときは、ひとつひとつのパフォーマンスが長く、繰り返し気味で、後半は眠気をこらえるのが大変(苦笑) 舞台は評判どおり豪華なのだけど、ブロードウエイのショーに慣れた目には、そんなに新鮮に映らないのかなあ、なんて思ってました。

が、この「WINTUK」は新しい子供向けのクリスマスショー。義弟マイケル夫婦の企画で、ファミリーみんなでグループチケットを買い、出かけてきました。場所はマンハッタンの真ん中、マジソンスクエアガーデン。娘が生まれる前は、JがNYレインジャーズ(アイスホッケー)のシーズンチケットを買っていたので、たまに行ってましたが、劇場は初めて。しかもスクエアガーデン自体久しぶりだし、それだけでなんとなくワクワク!

bg071223-1.jpg

Jはあいにく仕事の都合がつかず、娘と二人だけ。マンハッタンまでは運転できないので、わたしたちは鉄道で行きました。娘はこれが汽車初乗り。真っ赤なケープとボンボンのついたバッグで、クリスマスチックに決めていたので、「かわいい〜」と結構人目を引いてました^^

bg071223-2.jpg

劇場の中。企画+スポンサーの義弟マイケルの隣の席で。

bg071223-3.jpg

これも席で。ケープを脱いでお澄まし顔。会場は、子供連れで満席でした。

bg071223-6b.jpg

フラッシュがたけなかったし、娘がずっと膝の上にいたので上手く撮れませんでしたが、雰囲気だけ。背景には高いビルが立ち並び、都会っぽい演出。転車やスケボーを使ったトリックがあったり、工事現場の作業員の格好でみなが登場したり、特に第一幕は、NYCを意識して、ヒップにアレンジしてる印象でした。

bg071223-7.jpg

第二幕は、典型的なサークドソレイユ調。天井を突き抜けそうな大きな怪物が出てきたり、豪華絢爛な装に身を包んだ人たちが登場したり。ただただ美しく優雅な舞台に見とれてしまいます。写真のはラスト。天井から観客席に、無数の雪の結晶の紙吹雪。子供たちは大喜び。娘も一生懸命拾ってました。

絶対最後まで座っているわけない、途中で連れ出さなきゃ、と覚悟していたのですが、意外にも娘はちゃんと見れてました。第一幕のビルが風で飛んでいってしまうところでは、「おうちがなくなっちゃった〜。」と突然泣き出すハプニングもありましたが、騒ぐことはありませんでした。子供向きのショーなら、もう劇場に連れて行ける年齢になったんですねえ。

この後は、ランチ+クリスマスウィンドー見物に出かけたのですが、その様子はまた改めて。もう、夜中の12時! これから魔のラッピングが待ってます。今日はお隣のミタちゃんたちが突然手作りケーキを持って来てくれたのもあって、予定が狂っちゃいました。まだまだ寝れない。ジンジャーブレッドハウスは、もう明日が最後のチャンス。果たして作れるんでしょうか!?(苦笑)

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。WINTUKよかったな、と思ったらポチっとお願いいたします♪
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | おでかけ

2007年12月16日

キッズ・クリスマスパーティ

週末は2日続けてアメリカ人ママ友とのクリスマスパーティでした。初日のは図書館の無料ミーティングルームを借りてママと子供だけ。2日目のは少し大きめの会場を借りて、ダディ込みのファミリー参加。食べ物は両方ともポットラックで、初日のはサンドイッチなどスナック、2日目のはディナーでした。

メニューは、それぞれ好きなものを早い者勝ちで申告する形。わたしは水疱瘡のせいで出席できるかわからず、出遅れてしまったら、すでに必要なものは揃っていて、スナックのは紙コップなどペーパー製品、ディナーのは冷凍のえび+かにシューマイ、と非常に楽な結果になってラッキーでした。パスタやチキンなど、似たようなものが多かったのもあって、シーフードシューマイは大人気! つまみやすいし、これ、実はうちでパーティをする時にも必ず登場させるのですが、アメリカ人にも大好評で、あっという間になくなっちゃうんです。お寿司が苦手な人はいても、シューマイがダメっていうアメリカ人には未だ会ったことがない(笑)

2日目の方は写真を撮りました。でも、今回は娘に全然手がかからず、ほったらかしでも大丈夫だったため、逆に食べるのと話すのに夢中になってしまい、ろくな写真が…(苦笑) とても凝った鉄道型のケーキやカラフルなクッキー(全部手作り)など、写真栄えしそうなものが沢山あったのに。女の子もいっぱいいて、華やかだったのに。いつも思うのですが、最初から「今日はブログに載せる写真を撮るぞ!!」と気構えていかないと、なかなか撮れないものなんですよね。とりあえず楽しんで後で…なんて思ってると、ケーキもクッキーも無残な姿に。次回はまず撮って後で楽しむ形にします(笑)

bg071216-6.jpg
ふわふわドレスを着せたので、髪はアップにしてみました。わたしの花飾りを合わせてみたら、ぴったり。ドレスは去年のですが、なんとか着れました。今年は、新調しなくても済みそう。

bg071216-5.jpg

パーティではDJが居て音楽をかけてくれました。チキンダンスが始まると子供たちはみんなチキンになってくわっくわっ。娘はアメリカの音楽に慣れてないので、わけかわらず、みんなに混じって飛び跳ねてただけですが、十分楽しそう^^ 4歳以上の子達は、マイクに向かって歌も歌ってました。娘は歌はま〜だまだ。あと1年でマイクが持てるとはとても思えません。

bg071216-3.jpg

娘が急に興味を示し出したのが、このクラフト(工作)コーナー。初日のパーティでも友達そっちのけで写真フレームを作ってました。そろそろ図書館などでやってるクラフト会にも連れて行けそう。

bg071216-4.jpg

何やら一生懸命描いてます。クレヨンの持ち方、めちゃくちゃなんですけど、ちゃんと直るなあ?^^;

bg071216-1.jpg

真っ赤なハートをほっぺにぺたっ? 逆だけど、キュート♪

これでキッズのクリスマスイベントは一段落。今週は残りのショッピングを済ませ、ジンジャーブレッドハウスをいよいよ作って!? のんびりクリスマスを迎えるつもりです。

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキング参加中。押していただけるととってもうれしいです♪
posted by エリー | ニューヨーク ☔ | Comment(2) | おでかけ

2007年12月12日

クリスマスディナー@「BONEFISH GRILL」

Jと2人っきりでディナーに行ってきました! ただ単にディナーに行っただけなんだけど、こういう機会はそうそうないので、ちょっと早いけど、これがわたしたちの「クリスマスディナー」だね、ってことにしました。

きのうUPしたダンキンドーナツは、週末に遊びに来てくれた義姉リタのお土産。わたしたちはJの家族から離れて住んでいるし、リタは仕事があるし、他の妹たちは複数の子供がいるしで、家族のヘルプはほとんど期待できません。でも、リタは年に2−3回くらいこうしてやってきて、わたしたちに二人っきりの時間をプレゼントしてくれます^^ 前回は6月、マンハッタンにわたしの誕生日と結婚記念日を兼ねたディナーに行ったときでした。どんなに娘がかわいくても、やっぱりダディとマミィ同士の時間は大切。結婚前、子供が出来る前は、しょっちゅうディナーやショー、旅行に出かけてました。たまにこうやって2人でデートすると、恋人同士に戻ったみたいで気持ちがリフレッシュ! 特にアメリカでは、子供ができても大人同士の時間を大切にする傾向が強いのです。娘ももうすぐ3歳だし、そろそろベビーシッターを探さないといけないねえ、と話しています。

…と、前置きが長くなりましたが、今回は寒いし天気も悪かったので、地元のレストランにしました。夏にオープンするや否や、おいしいと大評判で、ずっと行ってみたかった「BONEFISH GRILL」。全米展開しているチェーン店なのですが、これが期待以上の味でした! アペタイザーはクラブケーキをシェア、メインはわたしがマヒマヒ(白身魚)のグリル、Jはテンダーロイン(豚)、デザートはブラウニーのアイスクリーム添えをシェア。食べきれず、メインの一部はお持ち帰りに。アメリカでは量が多いので、アペタイザーをとるとまずメインは食べきれないとわかっていたのですが、いろいろ見るとつい目移りしちゃって…絞りきれないんですよね(笑) 

ドリンクはJがドライマティーニを、わたしはシーズン限定の「Winter White Cosmopolitan」。ホワイトクランベリージュースを加えて作ったカクテル。白いドリンクに赤いクランベリーが浮いていて、とってもきれい。味もフルーティでおいし〜い♪ 以前はレストランではほとんどワインかビールだったのですが、それなら家で飲んでも同じなので、最近はできるだけカクテルを頼むようにしています。これで税チップ込みで$80ほど。この雰囲気と味だったら、この辺りでは十分リーズナブルです。お肉のメニューも充実しているので、お魚ファンじゃなくても大丈夫。もし近くにあったら、ぜひぜひ行ってみてください。超おススメです!! 

にほんブログ村 子育てブログへ
←ランキングに参加中。応援クリックいただけると、とても嬉しいです♪
posted by エリー | ニューヨーク 🌁 | Comment(2) | おでかけ

2007年09月09日

ピンクのギター

bg070806-1.jpg

かわいいでしょ? 突然ギタリストとして登場で〜す。なんちゃって。実はモリーン一家が遊びに来てくれたので、みんなで今年2回目のPt.Pleasantに行ってきたのですが、これはそのときのダディの戦利品。一回目の様子はこちら

続きを読む
posted by エリー | ニューヨーク ☀ | Comment(4) | おでかけ

2007年09月07日

マンハッタンデビュー

いや〜、また更新さぼってました。実は急に10月初めから1ヵ月半里帰りすることにしました。それで多少バタバタしていたのと、忙しい夏が終わって気が抜けちゃったのと。どうせもうすぐ連れて帰ると思うと、それほどおばあちゃんに娘の様子を知らせなくても…っていうのもあったかな? 今少しまたやる気がまた出てきたので、しばらくがんばろうと思います。

ところで日本はまだまだ暑いのでしょうか? こっちは8月中旬にぐっと涼しくなって夏も終わりかと思いきや、先週からぶり返し、結構残暑です。でも湿度はぐっと低くなって日中でも影だと爽やかだし、夜は冷えてきました。秋はもうすぐそこですね^^

さて、娘は2歳半前にして、とうとうマンハッタンデビューを果たしました。今まではゴミゴミしてる中をストローラー押して歩く気がしなかったのですが、だいぶ長く歩けるようになったし、理解力も増してきたし、ってことで3人で出かけてきました。せっかくなので、NYに住んでいるお友達のハナコちゃん一家も合流。

まずは5thアベニューのおもちゃやさん「FAO Schwarz」へ。いろいろな映画に登場して観光名所もどきになっているので、NYに来たてのころ1度行ったことがあります。ふうん、なるほど大きなおもちゃやさんだなあ、という程度の感想しかなくそれっきりだったのですが、子供ができると違うものですねえ。置いてあるおもちゃもディスプレイも雰囲気も店員さんの態度も、何もかもがトイザラスなどとは雲泥の差。オシャレ度満点だし、珍しいものも沢山あって、娘と一緒なら、丸一日でも楽しめそうでした。

bg070805-3.jpg

「Raggedy Ann」の前で。わたしも娘も知りませんでしたが、Jやハナコちゃんたち曰く、昔からあるとっても有名なお人形だそう。写真には入りきらなかったのですが、壁一面、飾られていました。

続きを読む
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(3) | おでかけ

2007年08月20日

お隣の町営プール

これもリタの滞在中の話。お隣の町の町営プールに行ってきました。ここは今年2回目。20センチくらいのベイビープールから、ボートの流れるプール、2メートルの大人用のプールまで、6種類ものプールがあり、パラソルやデッキチェアも揃う充実ぶりですが、お値段もそれなり。特にわたしは町民ではなく、そこの税は払っていないので、大人$17+子供$14、〆て$31(3500円強)。しょっちゅうは行けません。ちなみに町民であれば半額。最初はリタも高いね〜と驚いてましたが、着いてからは「$17だけのことはある。十分元はとったし楽しんでる。」と何度も言ってくれたので、まあ相場なのかなあ?

bg070731-5.jpg

娘がほとんどを過ごすキッズプールで。リタと仲良くツーショット。浅瀬からだんだん深くなり、立つとちょうど首のところまで水が来ます。足が立たないのはまだまだ怖いようで、浮き輪やボートがないとわたしにかじりついて離れませんが、足さえ立てばへいちゃらなので、この深さは娘には最高! こういう中途半端な深さのところってわたしが知る限りここだけ。普通はもっと浅いか深いか。わたしにとってはそれがここの一番の魅力です。

続きを読む
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(3) | おでかけ

Sandy Hook ビーチ

昨日、今日と雨が降り続き、気温は最高でも17度。トレーナーを着ていても肌寒いくらいでした。遡って書いているのですっかりとんちんかんな話題になってますが、日本はまだまだ暑いようなのでちょうどいいかも? 海やプールを見て涼んでください(笑) さて、しばらく前に義姉のリタが休暇で3日間泊まりにきてくれていた時の話。4人で久しぶりにSandy Hook ビーチへ行ってきました。ここも2年前に行ったっきり。どうも去年はジャージーショアには行かなかったみたいですね。

bg070730-3.jpg

バケツをさして「洗濯じゃぶじゃぶ〜♪」と喜んでます。どういうことかと言うと…

続きを読む
posted by エリー | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | おでかけ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。